セーチンズワールド

都内の食べ飲み歩き、大宮アルディージャ&欧州サッカー観戦記、日本酒&クラフトビール利き酒レポを更新してます!

プレミアリーグ第8節、FW22シャドリに古巣弾喰らうも辛うじてドロー!@ザ・ホーソンズ!

2016年10月18日 | 欧州サッカーリーグ16-17シーズン!
イングランド・プレミアリーグ第8節は、2位スパーズVS9位ウェストブロムとの一戦をスカパー録画観戦!結果はアウェイでFW22シャドリに古巣弾を被弾しつつも、終了間際にMF20デリ・アリ弾を追い付いて、辛うじて1ポイントをゲット!

スパーズはリーグ戦4連勝ストップも未だ無敗。この後はアウェイでチャンピオンズリーグのレバークーゼン戦がありますので、連戦が続きますが、選手をしっかりとターンオーバーして厳しい日程を乗り切りたいですねー。

両チームともワールドカップ予選を終えたばかりだったので、FW9ソン・フンミンやDF3ローズなどはベンチスタートとなりましたが、この後の日程を考えると致し方ないところか。

2016/10/15(土)15時キックオフ【会場】ザ・ホーソンズ(ウェスト・ブロムウィッチ)【主審】ケビン・フレンド【入場者数】24,263人【天候】晴れ【得点】82分 FW22シャドリ(ウェストブロム)、89分 MF20デリ・アリ(スパーズ)

ホームのウェストブロム(監督:トニー・ピューリス)の布陣は4-2-3-1。1トップはFW9ロンドン、3シャドーは左からMF14マクレーン、FW22シャドリ、MF10マット・フィリップス。ダブルボランチはMF5ヤコブ&MF24ダレン・フレッチャー(キャプテン)。DFラインは左からDF2ニョム、DF6エバンス、DF23マコーリー、DF25ドーソン、GK1フォスター。FW22シャドリは古巣対決。

アウェイのスパーズ(監督:マウリシオ・ポチェッティーノ)の布陣は4-1-4-1。1トップはFW9ヤンセン、中盤4枚は左からFW11ラメラ、MF23エリクセン、MF20デリ・アリ、MF17シソコ、アンカーはMF12ワニャアマ。DFラインは左からDF33デイビス、DF5フェルトンゲン、DF4アルデルワイレルド、DF2ウォーカー、GK1ロリス(キャプテン)。FW7ソン・フンミンはベンチスタート。

前半はやはりポゼッションで圧倒するスパーズに対して、自陣で守りを固めるウェストブロムの展開。10分にはFW9ヤンセンがPA内ポストプレーでキープすると→FW11ラメラが左足シュートもゴール右枠外へ。

20分には右サイドからMF23エリクセンの高精度右足FK→PA内でMF24フレッチャーがヘディングクリア→DF33デイビスが左足一閃!もFW9ロンドンに当たってコーナーへ。

26分にもFW9ヤンセンがPA内でポストプレーで落とすと→最後はMF23エリクセンが右足シュートもDF6エバンスに当たってコーナーへ。30分にはDF2ウォーカーの右足クロス→PAでFW11ラメラが右足シュート→こぼれ球にMF20デリ・アリが詰めましたがクリア!

直後にも左サイドからFW11ラメラの左足FK→PA内でこぼれ球に反応してバイシクルしたMF20デリ・アリでしたが、ゴール右枠外へ。34分には左サイドを上がったDF33デイビスがPA左に侵入して左足シュート炸裂もGK1フォスターがナイスセーブ!

41分には左サイドからMF20デリ・アリ→FW9ヤンセン→PA左からMF20デリ・アリがマイナスに折り返すと→MF23エリクセンが右足シュート!も再びGK1フォスターがセーブしてコーナーも決定的。

前半はスパーズが優勢に試合を運んでいただけに、先制したいところでしたがGK1フォスターの好守に阻まれてスコアレスのまま後半へ。

前半温存していたウェストブロムが後半から反撃開始!5分にはMF10フィリップスの高精度左CK→PA内でDF25ドーソンがヘディング弾も→DF23マコーリーには合わず、スパーズが懸命にクリア!

しかーーしアクシデント発生したのはスパーズ!6分、自陣でDF5フェルトンゲンと交錯したDF4アルデルワイレルドが右足太もも裏を負傷したらしく手痛い交代!DF15ダイアーをスクランブル投入!

20分にはMF17シソコに代えてMF19デンベレを投入!ウェストブロムは25分前後、MF10フィリップスに代えてMF11ブラントを投入!26分にはFW11ラメラに代えてFW7ソン・フンミンを投入して勝負に出たポチェッティーノ監督。

しかーーし、36分に先制したのはウェストブロム!MF11ブラントの高精度左CK→ファーサイドに流れるとMF14マクレーンが左足一閃!これをGK1ロリスが一度はセーブしたんですが、こぼれ球を右足で豪快にゴール天井に突き刺したのはFW22シャドリ!まさかの古巣弾が決まって、ウェストブロム的には理想的な展開。

これで終盤になってよーーやく試合が面白くなってきました。38分にはFW9ヤンセンがPA左外から左足一閃!もGK1フォスターが何とかセーブ。ウェストブロムはFW22シャドリを下げてMF8ガードナーを投入!試合をクローズしにかかりましたが、ロスタイムもかなり長めが予想されただけに、何が起こるかは分かりまへんねぇ。

スパーズが追い付いたのは43分!DF15ダイアーが右サイドを上がってのアーリークロス→PAファーサイドでFW7ソン・フンミンがキープすると→折り返してのMF23エリクセンの左足シュートはMF5ヤコブなどがブロックもMF23エリクセンがパス→MF20デリ・アリが右足アウトでゴール右隅にねじ込む執念弾!

ロスタイム4分にはカウンターからFW7ソン・フンミンが左サイドでDF6エバンスに倒されてFKゲット!MF23エリクセンの高精度右足FKがゴール右上を強襲したんですが、ここもGK1フォスターが反応してコーナーへ。

DF4アルデルワイレルドの負傷交代時間の影響で、ロスタイムは5分と長かったですが、ややオープンな展開をなんとか凌いで貴重な!?勝ち点1をゲットも、FW22シャドリに古巣弾を決められたのは手痛かったですなー。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セリエA第8節、ディバラ弾2発... | トップ | 欧州CLグループC第3節、FW10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL