思いつくまま

時事、社会現象、その他・・・
何を書くかはわかりません。

タイトルどおりの「思いつくまま」(^^)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「絶歌」 18年前の元少年A手記

2015-06-19 01:14:15 | Weblog
あれから18年過ぎたのか。校門の近くに子供の首を置くという猟奇事件。
少年Aは32歳となった今、手記を出した。

表紙をめくると、祖母とその膝に抱かれた幼児の写真が出ている。この幼児は元少年Aだ。
なぜ、この写真が掲載されているのかは手記を読み進めると理解できる。
元少年Aにはこの祖母が大きく影響を及ぼしている。

おばあちゃんっ子だったらしい。おばあちゃんの死をきっかけに彼は「死」の哀しさを学んでいる。
どんな相手とも、生と死、この二極で別れなければならない無常さを体験している。
にも関わらず、なぜ、あのような残虐な殺人を行ったか?
手記には状況が述べられているが、やはり私が以前想像したとおり、
彼は被害者幼児のなかに自らの「善なる部分」を見つけていたようだ。

彼は自虐的・自罰的な思考のようで、「自分は受け入れられない存在、精神的奇形児」である事に一種のエクスタシーと安心感を感じていたようである。

しかし、幼児・淳君は彼に懐き彼を受け入れた。彼は淳君を「髪には天使の輪が出来て、大きな瞳の虹彩は僕の邪悪さを映し出す」と形容している。

彼は怖かったのだ。その純粋無垢さが、その清らかさが。自分の邪悪な部分を溶かしてしまいそうな瞳が。
そして、加えて彼の征服欲。
この清浄な魂をこの手で掌握したいという想いに駆られて、この子を生から切り離した。
・・・わかるような気がする。屈折した愛情だ。

ちなみに、彼は阪神神戸大震災の影響を受けた人である。復興のため、エネルギッシュに動く人々を見て、
そのパワーに感心するという、極めて「まともな感覚」も持ち合わせている。

と同時に死亡者の数を聞くと、「死というのは数字でしかない」とこれまた虚無的な想いも述べている。
同年のオウム真理教の毒ガス事件も然り。「死というのは数字でしかない」。

彼は述べている。
「阪神大震災と地下鉄毒ガス事件。このふたつは『死は死であって、それ以上でもそれ以下でもない』という
僕の考えに大きく影響を与えた」と。

しかし、この元少年Aとやら、文章がうまい。(ゴーストライター作でなければだけど)

風景や心理状態の描写の叙情豊かな事!そのときの情景が浮かんでくるわい。そして読者を引っ張り込む筆力、読んでいると自分がこの少年になったかのような錯覚が起こり、少年と気持ちを共有しそうになる。
これだけの文章が書けたら大したもんじゃ焼き。

そういえば、事件当時の「バモイオモド神」とかいう彼の作は、
読んだ人が「げっ!これ中学生が書いたん?めちゃうまいやないか」と評していたというのを聞いた事もある。

さてさて、この書籍は書店取り扱いしていないようである。全国10万部だそうだが、今朝の新聞では、「出版社は増版予定している」となっていた。図書館は貸し出し制限しているそうだし、被害者の弁護団は回収を要求の方向だそうである。
今後はいかなる事か?

神のみぞ知る!
にぱ~☆





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【拡散お願いします】牛さん達がピンチ!

2013-08-05 23:37:37 | Weblog
拡散お願いします☆ ご協力お願いいたします。

↓を拡散協力お願いします。

-----------------------------------------------------------------

【拡散願】希望の牧場では、タダでいただける・ #りんご粕 ・もやし粕・野菜クズ(果物入りならなおうれしい) などを探しています! ご連絡先はこちらまで⇒http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/ 規格外、傷物、売残り、売り物にならない野菜や果物ありませんか?

----------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------

【拡散願】東北関東の汚染された、売れない、放置された牧草や稲藁に関する情報を希望の牧場までお寄せください 約350頭分の餌が来月で底を尽きます、、 連絡先:03-3496-2177(24H対応) kibouno.bokujyou@gmail.com 担当:針谷(はりがや)

-------------------------------------------------------------

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拡散希望☆拉致問題解決に向けての署名嘆願中の方のブログ

2012-01-19 22:50:34 | Weblog
朝鮮総連への署名活動をされている方のブログを紹介いたします。
拡散お願いします。

http://ameblo.jp/jo-hiroyuki/entry-11133707734.html

-----------------------------------------------------------------
ぼくが拉致問題に取り組む必然性? 2012-01-12 13:30:01

テーマ:ブログ

昨年十二月に某月刊誌の取材を受けた。担当記者はぼくの過去の事件を取り上げても面白くないので、むしろぼくの価値観や現在の活動に焦点を当てて記事を書きたいと言ってくれた。ありがたい。事件の事など既に終わった事だ。そんなもの書いてどうなる、という思いは僕の方こそ強く感じていた。

インタビュー記事の内容は、2月に出るであろうその雑誌が出るまでお待ちいただきたいが、ひとつだけエピソードとしてご紹介したい。

インタビューの中で、ぼくが拉致問題に取り組む必然性は?と問われた。必然性?一瞬、言葉に詰まった。担当記者によると、読者は、殺人犯であるぼくが出所後に突然拉致問題を訴えても、なぜあいつが、と首を捻るだろうという。

なるほど。

読者とはそういうものかも知れない。殺人犯と拉致は一直線に繋がらない。どう説明すればいいのか。う~ん。と、ぼくが首を捻ってしまった。とりあえず思いつくままに必然性と思われる理由を話した。どんなことを話したのか、覚えていない。2月に出る誌面で確認するほかない。

金正日総書記が北朝鮮による日本人の拉致を初めて認めたのは、ぼくがまだ旭川刑務所に収監されていた2002年のことだ。それから10年の歳月が流れている。そして、5人の日本人拉致被害者とその家族を日本が取り戻してからは、日朝間の交渉はこう着状態に陥ってしまった。

それ以降、拉致問題に関心を持ち続け、何とか拉致問題の解決をと願ってもきた。しかし、そのような感情を抱いている人は日本中に大勢いる。にもかかわらず、なぜぼくが声をあげ、署名を集め、朝鮮総聨に民衆の声を届けなければならないのか。その理由とは?明確には答えられなかった。

インタビューを終えたあとも、今日まで「なぜ、ぼくが…」と自問自答してきた。そしてようやくその答えが見つかった。

「理由は無い」

それが、ぼくの答えだ。ぼくが拉致問題に関わる必然性など何もない。必然性がなければ、拉致問題の解決を訴えてはならないのだろうか。そうだとしたら、拉致被害者の家族と警察や政府関係者以外、拉致問題に取り込めない事になってしまう。

殺人犯と拉致問題は繋がらなくていい。拉致問題を解決したいと思う情熱がある人間が、自分ができる事を自分なりの方法で取り組んで行けばいいだけのことだ。

※拉致問題の解決に向けて、皆さんの署名を集めています。下記のアドレスにアクセスのうえ署名にご協力お願いします。
http://my.formman.com/form/pc/1ETseQLRiBve8CTd/
----------------------------------------------------------------------

非常に説得力のある文面です。
「理由はない」・・・短く、しかもそれ以上でもそれ以下でもない的を得た明確な答え。

拉致被害者のご家族に安らいでいただきたい、国と国との諍いが静まってほしい、
それに何の理由やモチベーションが必要でしょう?

この方の考えに賛同いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拡散希望☆検察審査会審議の全可視化を望みます。平成時代に特高はいらない

2011-02-11 21:45:45 | Weblog
戦前の特高警察を復活させるな!

小沢氏、村木氏に代表されるが「冤罪」被害者を生み出す危険性は極力防がねばならない。
公権力機関は本来国民を守るために存在するはず。
国民の力でお互いを守りあいましょう。
私たち国民は微力であっても無力ではない!

ここをごらんになられた方々、↓のサイトともども拡散お願いいたします。

http://nomichan2001.cocolog-nifty.com/epsiloncafe/2011/02/post-ec0d.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうですか、そうですか

2010-02-26 23:25:50 | Weblog
http://www.asahi.com/national/update/0221/SEB201002210015.html
------------------------------------------------------------------------------
「蛇行バイク頭にきた」 車で追突し少年2人死傷の疑い2010年2月21日21時41分

 走行中のオートバイに乗用車で追突して少年2人を死傷させたとして、福岡県警小倉北署は21日、北九州市小倉南区下曽根1丁目、自称マッサージ師鎌田厚志容疑者(34)を、殺人と殺人未遂の疑いで逮捕したと発表した。同署によると「蛇行運転や爆音をあげていたので頭に来た。殺してやろうと思って追突した」と話しているという。

 発表によると、鎌田容疑者は同日午前1時ごろ、同市小倉北区霧ケ丘3丁目の国道10号で、同県築上町西八田、家事手伝い植田涼介さん(18)らが運転するオートバイに殺意を持って追突、植田さんを出血性ショックなどで死なせ、北九州市戸畑区の無職少年(17)にも打撲などのけがを負わせた疑いがある。鎌田容疑者はけがを負わせた少年については「殺すつもりはなかった」と話しているという。

 同署によると、植田さんらは当時、集団で走っていた。鎌田容疑者は現場から逃走したが、約10分後に小倉南署に自首したという。
-------------------------------------------------------------------------------------

鎌田さんとやら、蛇行運転の人と縁がおありですな。
3年前にも三人組のドライバーに蛇行運転されて怖かったそうな(笑)

今回はライダーが爆音鳴らしたり蛇行運転したんですか。
今日の西日本新聞夕刊でまたこの事件の話が出たようですにゃ。
明日の全国紙に載るかな?かな?

死人に口なしとは言うものの、現場に居合わせた人や住民は生きている。
人の口に戸は立てられないし、モノ言わないでも語る物的証拠、
車のバンパーの破損その他からの検証もありますから、ご用心、ご用心。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ブラックノート詐欺」は事件なのか?

2010-01-25 20:51:28 | Weblog
取材過程で郵便物を無断開封 TBS系番組の特集(共同通信) - goo ニュース

この後に「車に発信機を取り付けた」という取材方法もメディアに登場している。

しかし、開封にしろ発信機取り付けにしろ、当事者が自供しなければわからなかった問題ではないか。
ということは、当事者の記者が告白しているのである。

なぜ?黙っていればわからないことをなぜに告白する?
人間、己に不利な事は秘匿するもの。
わざわざマイナスポイントになるであろう「事実」を告白する理由。
当事者が正直な人間であるなどと馬鹿げた話をする気はない。

最初この事件が話題を呼んだのは「犯人に逃げる理由と機会を与えている。なぜ警察に知らせなかった?得をしたのは犯人のみ。被害回復もできなかった」という点について。

制作側は「広くこの詐欺の手口を知らせたかった」と詭弁。
ブラックノートのトリックやヒントにした詐欺の存在を知らせたいのであれば、
トリックはトリックとして紹介、犯人への接触は自然に接触すれば良いだけ。
犯人の目前で「見破ったりぃ~」と誇示する必要がどこにある?

犯人が逃げた後も放置して数日後に住居を訪ねたら既にいなかった?
当たり前のことだ。
追っていって見張りもしなかったのか?
何よりもその時点で、犯人は取材相手としては用済み。
最悪でもその時点でサツに売り飛ばすのが当然である。

話を元に戻そう。
なぜに記者は「信書開封して本名や国籍を調べた。車に発信機をつけて住居を調べた」と、
姑息な取材方法を告白したか?
この告白は「当事件は実在した事件である」という要素にはなる。

仮に当事件が存在しない事件であるならば、犯人役の本名や国籍・住居はシナリオで決まっている。
通報などするわけがない。いや、通報したら誣告罪が成立してしまう(笑)
しかし、当事件の取材のあり方(犯人をみすみす逃がしてしまう)が話題となり、BPOまでも乗り出してきて事が大きくなり鎮圧しなけらばならないとしたら?
“大難を小難で抑える”というわけで、信書開封だの発信機取り付けだのに話を摩り替えてしまったのでは?

メディアも最初の論題は棚に上げ、「こんな手段で取材をしていた」の連発。
世論も乗せられ「そんな方法で相手を探るなんて!」に変わってしまっている。
見事にメディアコントロールに嵌められたのを気がついた人はどのくらいいるだろう?

・・・あれから報道ではピタッと当事件について流さなくなった。
臭いものに蓋で風化させてしまう気配である。



・・・はたして「ブラックノート詐欺事件」は実在した事件なのか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミャンマー人恐喝未遂?事件を裁判傍聴した方々へ

2009-12-04 02:26:58 | Weblog
長井氏のカメラ返還を望んでいる方々で、
裁判傍聴した方などおられませんでしょうか?
あの件がカメラ返還への道を開くきっかけになるような思いがあります。
お気軽にご投稿を。

こちらに投稿しにくければ直接私信でお願いします。
左横に私のアドが書いてあるのでよろしくです。

もちろんそちらのアドはフリーアドレスで結構です。
メールのタイトルに「カメラ」と入れておいていただければわかりやすいです。

内容はもちろん、私信があった、なかったも口外しません。
内々に話を進めていきましょう。
私のほうでも、カメラ返還につき思うところもありますのでお話します。

カメラ返還運動について協力どころか煙たがっている筋があることは知っています。
しかし、妨害に屈せず協力しあっていきましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朽木山・山水人村まつりから帰ってきました♪

2009-09-08 18:31:06 | Weblog
http://yamauto.jp/top.html

アジア系外人が多かったぁ。でもみんな日本語上手(^^)
タイ人の男性に「日本語が上手ですね」と言うと『アタリマエ ゴウニイリテワゴウニシタガエ デス』と格言も知っておられた


肉体詩人・藤枝虫丸氏の舞台も見れたし、三味線弾き語り、ロック、民謡と盛りだくさんでテンション高くなった3日間でした
テントを張ってアウトドアは久々ですがキャンプしながら見る月は輝きが一層見事な気がします。天候にも恵まれて良かった

ステージがロックになったときは、ピョンピョン飛び回ったせいか頭が軽くなりもうした。近くでセージ系のお香を焚いていた影響もあったと思いまする。
おまけにその後、テントで毛布を敷きうつ伏せになってテルミー療法してもらったせいか、だるさが一気に流れ出て体がふにゃふにゃ
夜はよく眠れるだろなと思っていたら・・・夜中に目が覚めてテントの外に出ると、一団がダンスしていたので私も交じって踊って結局テントに戻ったのは明け方、それから昼くらいまでzzz。

先ほど戻ってきましたが、いやはや身も心もかる~くなりましたわい。
アウトドアに音楽や香りを取り入れるとセラピー効果絶大ですにゃ。


※ここから下は来年に大麻持ち込みしようと考えている人には見えません。

8月末と9月はじめに会場付近で大麻所持者が発見されたらしく、私と同行のマスコミ兄さんは「所持者がわかったら知らぬ顔してカメラにおさめてから、サツにチクッてお小遣いをもらおう」と話していましたが、当日はそんな事もなく終了しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わが身に冤罪が・・・(@@;)

2009-05-18 17:23:28 | Weblog
マスゴミ野郎に冤罪をふっかけられましたわい。

私がネットにそいつの個人名を書いたとか死ねと書いたとか。

まったく身に覚えがない。

にも関わらずマスゴミ野郎は「削除して謝罪しろ」とぬかしやがった。
「土下座したら許さないこともない」とまで。

私が弱い人間だと思って舐めてやがるんだと思うけど、
弱き者は弱き者の戦い方がある。
120%私に非がないから、被害者ですと誰に対しても言ってのけてOK。

メール一通で誰にでも知らせることができる。
ネット社会というのは便利なものなのじゃ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

はいチーズ☆

2009-04-19 02:36:18 | Weblog
私はどこにいるでしょう?

うっふ~ん♪
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加