今日もどこかで・・殿様釣り♪

ほぼ毎週、熊本天草方面に主人と一緒にルアー釣りに出かけてます。

ヒラスズキ釣りたし・・

2015年03月01日 | ルアー

こんばんわ、ヒロスズキです。

早いもので、もう3月

1ヶ月ちかくヒラスズキに行ってません。

サラシの広がる海に向かう高揚感を!

 

今日は雨のち曇り、北東の風⇒北風⇒北西の風、波は1.5mのち2.5mの予報

ベストな条件では無いですけど、もう我慢の限界です

 朝マヅメ

サラシなし!さすが北東の風

このサラシで釣る技量はありません

 

今日はベテランのアングラーとお会いしました。

その方はマルスズキを年間200本以上釣られてるんですが、ヒラは始めて2ケ月、まだ釣ったことはないそうです。

で、そのタックル、モアザンブランジーノにステラSWで計18万円ナリ

「入門用を買っても、結局イイのが欲しくなるから」

羨ましすぎます

ミーハー(死語?)なもので、持たせて頂きました・・欲しい〜〜〜

(無理なのは、分かってますヨ)

その方は、サラシを求めて移動されました。

 

我が家は風向きが変わってからのサラシを待ちます

午前10時を過ぎるころ

北風が吹き、波が立ち始め、ガラ子も波にビビッてます(笑)

サラシもバッチリ

でもベイトは寄って来ず、結局ノーバイト

雨と飛沫でビチョ濡れですが、ルアーのロストは無かったし、波の予測は当たったし、次につながる釣行になるハズです

来週頑張ります

コメント (1)

ジグ単修行(>_<)

2015年02月25日 | ルアー

2月25日波予報は1m、流石に主人もヒラスズキは諦めました。

なので来年の壱岐釣行に向けて、ジグヘッド単体でのライトタックル練習

マヅメ時はジグを投げるんでしょうが、それ以外はジグヘッドを使いますから

主人は軽量のジグヘッドをキャストし、しっかり底を取る

私は2g前後をとにかく遠くへ、正確にキャストする

それぞれに課題を持っての釣行です。

 

龍ヶ岳からスタートしT島まで、夜中頑張ります

龍ヶ岳に到着したのが午後11時、街灯下の岩場に上がって釣りますヨ

主人の1投目

丸々太ったメバル、キープサイズです

その後も連続ヒットしてます。

私にも

久々まともなサイズのメバル、ガラカブじゃありません

今日はクーラー満タンかな?

 

しばらくしてアワセ切れした主人が、戻ろうとすると、潮が満ちて戻れません・・

今日はウェーダーでなく、長靴でもなく、スニーカー

主人はサッサと靴を脱いで、裸足で戻りました。そして・・

「もうすぐ満潮だけん、潮が引いてから戻れば?」

時間は12時前、素直にその言葉に従いました。

 

ところが、まだまだ潮は満ちてきます??

しばらくして路の上から釣ってる主人が

「ゴメン、時間を間違えた。満潮は午前1時前や!」

取り残されてる私、一歩濡れれば済むんですが、寒いからイヤ

潮が引くのを待ちます

満潮潮止まりになると、アタリは少なくなり、釣れても豆サイズばかり

そして、お約束の1匹(笑)

潮が引き戻れたのは、午前2時半すぎ。

ずっと岩の上で、もう足がパンパンです

 

こんにちわ、ヒロスズキです。

決して悪気があったわけでは無いのですが・・・申し訳ありません

一山超え、次の釣場に着く頃には、疲れたガラ子は爆睡中

起こすのも可哀想なので、1人ロッド一本だけ持って行きます。

街灯の下で1投

「ギラッ!」魚体が白く反転するのが見えました。

やば〜〜

シーバス、しかもスズキサイズのよう

なんとか寄せても、タモがありません

リーダー4℔で抜き上げは無理、スズキですから

ガラ子を起こそうと、携帯電話を手にした時「ジィーーーー」激しくドラグが鳴りラインブレイク

それっきり静かになっちゃいました。

 

でも堤防の反対側にはシーバスの姿が

堤防の影に隠れ、明暗部で捕食を繰り返してます。

車に戻り、タモ等準備し1投

「ガツッ」「ジィーー」また掛かりました

今度はタモがあるから、大丈夫

ゆっくり引きを楽しみ、タモ入れ

50チョイのフッコでした。ガリガリに痩せてるので優しくリリース

もう1匹

ちょっと小さめ、大きくなってマタ遊んでネ

5回掛けて、2キャッチ

ライトタックルでのスリリングなやり取り楽しかった

 

ガラ子も起きて来て、2人並んで釣りますが

ダブルヒット

もちろん下の奴を釣ったのは(笑)

相変わらずメバルが苦手なようで・・・

場所を代わっても、タックルを交換しても結果の出ないガラ子さん。イジケてます

分かるぞ、その気持ち。少し前俺も壱岐で味わったんだから

腕の差です(爆)

もう少し修行しましょう

 

さあ気分を変えてT島アジング、再びガラ子です

朝マヅメに壱岐の様に爆釣してくれるかな?

新波止に到着、誰も居ません。

ラッキー?それとも釣れてないの?

ジグヘッドを3gに変えてもらい、底まで落として、チョンチョンと誘ってもアタリなし

1.5gで釣ってる主人にはアタリがあるようですが、ノリません。

結局豆アジが1匹釣れただけ・・・

こんなことなら、シーバスはキープだったかな〜

 

ところがエギングを始めた主人が

「タモくれ〜〜」

600gぐらいのアオリイカが見えます

でも最干潮、私ではタモが届きません

主人がタモを握り、堤防に這うように手を伸ばすとギリギリ海面に届きました。

と言う事はロッドは私が握ってるんです

久々のアオリの引きを楽しむ、なんて余裕はありません

バラさないよう必死でロッドを操作するんですが、タモに入ってくれないんです

1度空振りし、2度目のタモ入れで

美味しそうな雌のアオリ

実は壱岐でスルメイカが1杯100円だったので、買って食べたんですがイマイチ

やっぱりイカの王様アオリイカでしょう

晩御飯が楽しみ〜〜なんだけど〜〜

メバルの煮付け、刺身、イカの天ぷら誰か作ってくれないかな

 

主人は思った通り釣れたので満足釣行の様ですが、私はチビメバルといつものガラカブのみ。

なんかスッキリしません ガラ子 

コメント (3)

ワ・タ・シの壱岐遠征!

2015年02月21日 | ルアー

先程帰ってまいりました

でっか〜い最大42cm

 

今回も唐津港から出発

結構風吹いてます

唐津城が見える頃には

主人は爆睡、夜勤明けですから

船酔いも防止できますし(笑)

 

印通寺到着、まだ強風が吹いてます

今日は2人なのでレンタカープラン

可愛い軽自動車、これで十分

着いてすぐに

主人のニュータックルでのファーストフィッシュ(笑)

 

その後は何もなく、夕マヅメに

地元の方が2人

何と一昨日50UPを釣ったそうですヨ

ジグヘッド単体で釣ってる私達に

「この風じゃ無理でしょう?自分達は10gのジグで釣ってますよ」

そんな大きなジグですか!

「ラインもPE0.6号以上、50はエギタックル0.8号で釣りましたよ」

そんな太いんですか!

色々親切に教えてくれます

10gのジグは持ってないので、主人は7g

私はどうしようか迷ってると

「ジグ貸しますよ」と、まで言ってくれます

ロストすると申し訳ないので、闘魂ジグ20gをエギタックルにセットしてもらいました。

流石に20gは厳しいかな〜

しかし

釣れちゃいました

壱岐最初のアジは28cm、尺には足りませんが、ホット一安心

主人も1匹釣り、時合終了

 

地元の方に再び色々教えてもらってると

「アジ要ります?昨日も刺身食べたんで」

もちろん頂きます

締めて、血抜きまでしてくれて、本当親切な方々でした

 

そして夜の部

エギより小さいし(笑)

大物、と思ったら・・

壱岐でもやっぱり

中々夜の部は型が伸びません

ようやく主人に

27

 

朝の時合を待ってると、3人のお兄さんがやって来ました。

同じく熊本から来られたそうで、仲良く並んで釣る事に

主人が前回ジグヘッド単体で釣れた話をすると、1人の方がジグ単で釣り始めました

すると42cm、40、30後半を連発

そう最初の2枚の写真は、そのお兄さん達のです(笑)

私達は・・・釣れません

 

お兄さんのマネをして、底をとって、放置してると・・根がかり

ジグヘッドを3個ロスト、主人の機嫌が

さらに主人に大きな魚が掛かったんですが、ラインブレイク。追い打ちかかります

主人のご機嫌が最悪になりかけた頃、時合到来

後から来られたえらく上手そうな赤いウェアの方が、ジグサビキを投げてるのを見て主人がエギタックルをジグサビキにしてくれました。

よっしゃ〜

1投目でヒット・・・ですがリールが巻けません??

何故かオレンジ色のラインがリールに巻きついてます(前に誰かが切ったラインが風で飛んで来たの?)

主人が慌ててやって来てラインを切ってくれましたが、ラインが巻きこまれてリールは使用不能

主人が手で引いて、何とか上がってきたアジは尺上?

ところがテトラの上にあがる間に「ポロッ」

残念です・・・

 

主人のニュータックルを借り、ジグ単をキャストしてると

「キタ〜〜」

タモで掬ってもらったアジは尺上!

タモを持って上がり、自分で頑張って魚をハズします

だって主人にも釣ってもらわないと・・・

しかし、タモにジグヘッドが絡み外れません

主人は釣れてるようで、かまってくれません

すると赤いウェアの方が親切にもハズしてくれました。

「早く釣らないと時合終わっちゃいますよ」

と爽やかに笑う方は、ラグゼスタッフの大川漁志さんでした

私はよく分からないんですが、3人のお兄さんと主人は大喜び

凄い方にお世話になったようです。

どうもありがとうございました

 

本当の我家の釣果

小さいのはリリースしたつもりでしたが・・

最大は私の33cm

久々の尺上を釣ったし、もう満足です

 

唐津に戻り、昔良く食べてた「牧のうどん」を

美味しく頂き、大満足

また壱岐行きたいです

ガラ子  

 

 

 

コメント (19)

壱岐に行く前に♪

2015年02月18日 | ルアー

こんばんわ、ヒロスズキです。

休日の今日は、壱岐への準備。

ガラ子が仕事に行ってる間にホボ終わらせ、ガラ子の帰りを待ちます

最後のワンピースを埋める為に・・

 

じゃ〜〜ん  本格アジングセット(^O^)/

釣具屋を2軒まわって来ました

 

月下美人2004H

 

月下美人AJING65L-S(AGS) EXは買えません(笑)

 

これを持つと上手になった気がするんですけど(爆)

物欲は満たされました、後は釣果が付いてくるか?

金曜日が楽しみ

 

コメント (6)

壱岐遠征、その前に・・

2015年02月18日 | ルアー

金曜日からの壱岐遠征の前に、昨日課題練習に行ってきました。

私の課題は、ジグヘッドをより遠くに飛ばすこと

風が強いので風裏になるハズのポイントへ

爆風、立ってるのがやっと

 

2か所目は

何とか釣り出来そう

2gのジグヘッドで思いっきりキャスト

力が入り過ぎるのか、中々安定しません・・・

主人が「竿の弾力、腕力は要らん

でも遠くに飛ばそうと思うと、つい肩に力が入るんです

チョット移動し、大きなメバル見える所までキャスト

「キタ〜〜!」

よく引くので、これはメバルでしょう

良型のガラカブ(笑)

主人がカメラ持ってたもので、こんな写真でした

さあ仕事に行ってきま〜す!

 

こんにちわ、ヒロスズキです。

波2.5m、ヒラスズキの好条件ですが、今回は我慢

今日の課題は軽量のジグヘッドで、しっかり底を取ること

普段はキャロを使った釣りが主なので、繊細な釣りの練習です。

0.9gのジグヘッドで、しっかりフォール

腹パン

20UP

強風の中ですが、なんとか底が取れたので・・

でもガラカブしか釣れません、肝心のアジを釣るため移動します

常夜灯があり、サラシの広がるポイント(アジと言いながらヒラセイゴ?)

イイ感じなんですが、爆風すぎてダメ

途中でニッパーを落とし、失意の中、早めに帰路に着きます

ところが帰り道、有料道路が工事の為通行止め、旧道を通ります。

チョット寄り道

今年初メバル

1匹だけ・・・

まぁ遠征前の練習ですから

 

仕事中のガラ子、眠たいだろうな〜(笑)

コメント (2)