古民家のお宿一休   ℡0980-47-3323

一日1組限定☆☆☆ごゆっくりおくつろぎ下さい








ばっさりと!

2016-07-19 18:32:49 | 暮らし

日照り続きの瀬底島に昨夜、やっとしっかり雨が降ってくれました。人も草木も農作物も一息ついたようです。
桑の葉、台風前に、葉が傷む前にやぎさんに食べてもらいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山に行ってました

2016-07-04 21:34:46 | 暮らし

和歌山では船に乗せてもらったり、大いに楽しみました。

3日に帰ってきましたが、暑さがとてもきつい!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飢え死にはしない!

2016-06-27 09:55:07 | 一休

自宅のバナナ、頂き物の木もも、ゴーや!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飢え死にはしない!

2016-06-27 09:55:07 | 一休

自宅のバナナ、頂き物の木もも、ゴーや!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大きなバナナが出来そうです!

2016-06-27 09:50:37 | 暮らし

今迄で一番大きな房をつけています。

台風にもめげずに持ちこたえてほしいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エコですね~

2016-06-05 08:28:58 | 暮らし

Mさんが素敵な車に乗ってやってきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーケストラ 京都フィルハーモニー

2016-06-04 09:25:47 | 暮らし

目を瞑って音楽に浸っていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の音楽鑑賞

2016-06-04 09:04:52 | 暮らし

名護の市民会館で京都フィル、夏川りみのコンサートがありました。

こうして、やんばるでも時々オーケストラを聴く機会があるのです。

夏川りみの[さとうきび畑]の熱唱はとても感動しました。

この歌は寺島尚彦氏が作詞、作曲されたもので、ご家族の話などによると、「さとうきび畑」を作ったのは67年5月。沖縄戦で戦死した人への思慕を込めたという。  その3年前に初めて訪れた沖縄県南部の戦跡で、案内してくれた人から「あなたの足元に今も遺骨が埋もれている」と聞かされ胸を突かれた。さとうきびが風に触れる音を、1年半かかって「ざわわ」と表現した。(asahi.com)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家中の水が軟水になりました!!

2016-05-13 09:26:42 | 一休

念願の軟水器設置しました。あらゆる所に付いていた石灰!消えました!お風呂もヌルヌル、飲料水もこれで安心!

お陰で毎日ルンルン気分です。

石灰って大変です。金武町、今帰仁村、本部町が特に硬度が高いそうで、此処に住んでいる限り覚悟はしないといけないんですね。

お水の有難さがよく分かります。

お客様にも喜んで頂けそうです!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

組み直し

2016-04-25 08:16:31 | 暮らし

やはりこの方がカッコいい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加