広島の調律なら佐野ピアノ工房へ!

TEL/FAX:082-490-3192
E-mail:sano39u1@drive.ocn.ne.jp

ピアノの中にも虫食いが・・・

2017年08月09日 | ピアノ調律
赤いドーナツ型の部品はバランスパンチング
クロスという名称で、鍵盤下のクッションの
役割があります。

でもこの赤いクロスは通気の悪い湿度の高い
場所だと、洋服でもあるような虫食いの害を
見ることがあります。

元々は綺麗なドーナツ型なのに虫食われて、
その跡は赤い粉が落ちているのがわかります。

まだこの位の虫食いの症状でしたら、部品を
急いで交換する心配はありません。
症状が酷い場合は全てが粉になってしまって
跡形もなくなることもあります!

その場合は鍵盤を細かな部分までしっかりと
掃除をして、せっかく新しい部品に交換して
も虫食いが再発しないように注意しなければ
なりません。

何年放置されたピアノも様々な対処をすると
まだまだステキなピアノにできるのがアコー
スティックならではの良いところです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノの解体ショー! | トップ | カツオブシムシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピアノ調律」カテゴリの最新記事