A touch of sunshine lost years

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新的一天又這樣開始了!

2013-12-30 11:11:59 | 牛欄牌奶粉

我不知眼淚在此刻氾濫意味著什麼。我頽然坐地的模樣,連螞蟻都哄笑著一散而開。

“心浮氣躁”,牛欄牌奶粉用這個詞來形容此刻的心情是再確切不過了。

昨夜蚊子肆虐。你看現在它腆著大肚皮,艱難起飛的動作足以證明我的慘狀!

我不止一次在心裡痛駡自己了。玩物喪志是我最近常用到的和常聽到的成語!

每天清晨五點,和夥伴出門晨練,說得優雅一點就是呼吸新鮮空氣,和大自然進行親密接觸(親近大自然)。從小鎮東頭出發,從西頭回家,環游一周,身體和心靈都得到了片刻的寧靜與輕鬆。

我很懶惰,牛欄牌問題奶粉每每夥伴催促我的時候,我都想著床,半天起不來。“不要半途而廢嘛,堅持嘛,”先生總是如此嘮叨著。口氣愈來愈像父親,我就愈來愈像女兒。

屋子外面是一塊供休的空壩,街道上的人們總是喜歡將糧食曬在上面。無疑整個夏天,我都在這種金燦燦中眩暈!

小鎮不繁華,但一點兒都不代表平凡和平淡,該滋長的情緒同樣膨脹瘋長。

又建了一條新的街道,取名《西回路》。直抵風景區――皇家山。水泥硬化,氣派生。不過小狗散養的多,冷不防就會踩上一腳狗屎,讓你怯生生後怕不敢貿然前往。所以,我們的晨練很少選擇此段,儘管我們喜歡探尋新的路線。

我的衣食父母在這個季節都是充實的,豐盈的。送來的瓜果蔬菜,糧油米麵會堆得像小山似地。

侍弄花草的事我一點都不在行,有幾株蘭草在我的培育下一點都不見長,牛欄牌回收似乎還有容顏漸衰的跡象,不過先生出面一倒騰,卻大有起色,疑有妙手回春之嫌。雖然如此我也有驕傲的時候,那就是,每年我養的水仙會花開似錦,燦爛傲人。

猛然記起朋友所托之事,網上購一羽絨服。於是起身,郵局存款。

新的一天又這樣開始了!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家中的檸檬花開 | トップ | 關於九女塚的傳說 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。