落選医師候補の提言

参院選に落選した勤務医こがひさしのブログです。
このブログを通して政治への提言をしていきたいと考えています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私がみた舛添 要一さん の人物像

2012-02-14 10:54:14 | 政治
私がみた舛添 要一さん の人物像

あまり個人の批判はしたくないですが、政治家を見ていると言わずにはいられ ません。

かくゆう私も「新党改革」という党から参院選挙に出馬した経験から、何人かの議員を近くから拝見しました。

もう選挙から2年近く がたつので、当時の自己批判も含めて、当時の「新党改革」について触れたいと思います。

当時の私はあまりの政治の不甲斐無さに自ら政治家 になろうと考え、「新党改革」の公募に応募しました。

「新党改革」にしたのは、舛添 要一 さんの本を何冊か読み、この人はかなりしっかりした政策を持っていると判断したからです。

彼は厚生労働大臣としても、それなりに役職を果 たしていて、医師である私はこの人ならと思ってしまったのです。

でもそれは大きな間違いでした。

舛添 要一 さんと話す機会は結局2回しかなくて、色々政策のことを話したかったのですが、「選挙は勝てば良い、政策なんて後からついてくる」ってな 言い方しかしないのです。

この時点でおかしいなと思いましたが、出馬が決まったのが遅く、もう初めての選挙活動のことで自分自身は手一杯 になってしまいました。

選挙が終わってみると案の定僕も含めて新人はみんな落選、荒井広幸 新党 改革 幹事長だけがかろうじて比例で当選しました。

みんな落ちたのに選挙本部のス タッフは意外と気落ちしていないのです。

なんかおかしいなと思っていると得票率が2%を超えたことに歓喜しているのです。

後から知ったの ですが(本当に勉強不足で恥ずかしいことですが)、2%取らないと政党が維持できず政党交付金が支給されないのです。

結局のところ僕たち 新人は「新党改革」は政党交付金獲得のために、僕たちを利用したのです。

その後も色々政策などを話機会があるかとまだ多少期待はしていま したが、結局食事会が一度あったきりで、以来何の連絡もありません。

その食事会では「今後もこのような会を持って、政策を深めよう」みた いなことを舛添 要一 さん言っていましたが…

今彼や荒井広幸さんが政治家として何をやっているかは全くのところ謎です。

国民の血税から交付されている政党交付金を有効に使ってもらうことを祈るばかりです。

また彼らが良くテレビに出たり、口演会をやって小遣 い稼ぎをしていますが、そのような活動は本来の政治活動の妨げにこそなれ、日本のためには全くなっていないと思います。

このような活動を 制限し、本来の政治活動に集中してもらうことも、政治倫理審査会などで真剣に議論してもらいたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

資本主義の行方

2012-02-14 10:52:29 | 政治
資本主義の行方

これまで私たちは高度経済成長を経て資本主義の恩恵にどっぷりとつかってき ました。

またソ連や東欧での社会主義の崩壊を目の当たりにして、資本主義の優位性を改めて実感してきました。

しかし21世紀に入り世界的 な経済活動の停滞や、発達した金融システム(本当に発達かは疑問ですが…)による弊害が随所で現れるようになり、資本主義自体に行き詰ま りを感じています。

私は経済のことは全く不勉強ですが、やはりITが進化しグ ローバル化した社会では、デイトレーダーのような方々が利益のためだけに株や証券を動かすとますます不安定な経済になってしまうのではな いでしょうか?

ITが発達する以 前は、その会社の営業活動以外に社会的意義も考え株を買い、社外の方々が会社を育ててきたのではないでしょうか?

会社を愛して長いスパン で育てようという方々に株を持ってもらいたいと思います。

東日本大震災を契機として、多くの国民がリターンを期待しない東北地方の会社や 団体にファンドを行っています。

これこそが本来の「金融」の姿ではないでしょうか。

年金の運用にも株や証券が使われていますが、昨今はこの運用の失敗で数兆円 規模の財源が失われています。

年金改革も重要ですが、運用の在り方もしっかり議論してもらいたいと思います。

国民から預かった大切なお金 を運用し赤字を出して、年金積立金管理運用独立行政法人の誰が責任を取るのでしょう?

ここでもきっと天下りの役人が自分はしっかり退職金 や年金をもらって、辞めて行っているのでしょう。

年金運用の失敗の責任も取らずに。

著名な経済学者ケインズの有名な言葉があります。

「資本的成長を遂げる一国の事業が、カジノの副産物となった時、その事業が効率的に行われる可能性は少ない」銀行も同様です。

顧客から預かっ た預金を、しっかりと運用する姿勢を取り戻してもらいたいと思います。

政治家や官僚への期待は少ないですが、銀行に関しては城南信用金庫 のような銀行があるのがわずかな希望かもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほとぼりが覚めると

2012-02-14 10:51:07 | 政治
ほとぼりが覚めると

久しぶりに国会中継を見ていたら民主党の石井一議員が活発に意見を述べていました。

それもいつの間にか参議院予算委員長という要職に復帰しているではないですか?

もうすぐ去年の3月11日から1年がたとうとしていますが、石井一さんはあの震災から間もない2011年5月5日に、生方幸夫民主党衆議院議員、那谷屋正義民主党参議院議員らと共に、セント・エレナ ゴルフクラブでゴルフに興じていたのです。

多くの若者がGWを返上してボランティアをしていた時期にです。

「被災者の方から見れば『何だ』という気持ちになるでしょうね」と意識しながらも「国外であれば目につかないと思った」として震災後初のゴルフを満喫したと報じられましたが、確信犯ですよね。

新聞の別の小さな記事では、管内閣で内閣府特命担当大臣(防災担当)を務め、任期中に不適切発言で辞任した松本龍さんが1月23日付けで衆院政治倫理審査会長に就任したそうです。

唯の長ではなく「倫理審査」会長です。

もうここまで来るとほとんどゾンビと変わらないと思います。

「政治家=ゾンビ」こんな構図のままで、日本にすばらしい未来がくると思いますか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議事録

2012-02-14 10:50:10 | 政治
議事録

会議において議事録を取ることは誰が考えても当たり前です。

第一議事録がなければ2回目、3回目の会合はどうするのですか?

「前回議題になった…」とはじまって会議は永続するのではないでしょうか?

人員不足?

ならレコーダーに記録させればよいではないですか?

国会議員・官僚たちが大勢集まって会議をして、議事録がないなんて、隠蔽ととられても仕方ないでしょう。

本当に腐りきっています。

これを責める自民党だって今まで同じことをしてきたのではないですか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

33億円

2012-02-14 10:48:56 | 政治
33億円

この額は何だと思いますか?

昨年の振り込み詐欺でのわかっているだけでの被害総額です。

日本の経済が悪くなっている一方、この被害総額は年々増加しています。

日本の警察の不甲斐無さを今更指摘する気もしませんが、警察がだめなら厳しい「法」によるタガをかけるしかないと思います。

イスラム法典とはいかないまでも、ご高齢の方から残りの人生のための大切な資産を奪った人間には厳罰で対処すべきです。

詐欺罪の懲罰を調べますと、刑法246条に則って「犯罪をおこなったものは10年以下の懲役に処され、犯罪によって得たものは没収(19条)または追徴(20条)される。」とのことです。

こんな刑で良いのでしょうか?終身刑もありうるくらいにしないと、振り込み詐欺は減らせないと思います。

電話の音声を自動録音して声紋判定するなどの試みもありますが、この手の努力は結局犯罪者とのイタチごっこです。

飲酒運転での人身事故における刑罰など、改正されたといってもまだまだ刑罰としては甘いように思います。

どうして日本は被害者に側に立って刑罰を作らないのか不思議でなりません。

国会議員などの日本の代表者たちが悪いことをしても、ほとぼりさめるとまた何もなかったかのように振る舞う、そんなことが当たり前になっているのが日本の法制度の甘さの元凶ではないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加