川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

帝釈天の花

2017年07月14日 17時40分27秒 | ソフトテニス

 昨日の花は、教えて頂いた「ヘリオトロープ」が正解のようです。どなたか分かりませんが、ありがとうございました。ヘリオトロープは南米エクアドルの原産、ギリシャ語の「太陽に向かう」という意味。香りのよい花で、「香水草」や「匂い紫」という和名を持っています。明治時代に日本に。ヘリオトロープは日本で最初に輸入されて販売された香水で、夏目漱石の小説「三四郎」にも登場するそうです。園芸種で香りが弱く店頭で多く見かけるのは「ビッグヘリオトロープ」だとか。
 さて東日本大会です。11時過ぎに相棒の一本道さんと車で関越、圏央道、そして東北道を走って福島へ。宇都宮を過ぎると道の両側は、緑が濃くなっていきました。3時前には大会会場に到着、あすの出番とコートを確認して練習開始です。乱打からサーブ、レシーブ、最後にボレーとスマッシュで1時間あまり。日射しや風の方向などもチェック。練習中に出会ったレフティー名人ご夫妻から「どうでも医院」の薬袋に入った「勝負に勝つ飴」を頂きました。試合の前に服用することとありました。感謝、感謝です。そして、チェンジコートでタオルを取るたびに、勇気を持って集中して闘うことを、思い出そうと思います。
 きょうの花はお隣の「オニユリ」。その姿が似ているから「天蓋百合」とも。勝負の神様、帝釈天がお釈迦さまに天蓋をかざしたのだとか。百合の仲間は96種、日本には15種が自生し、うち6〜7種は日本固有種だそうです。さあ、これから夕食。あすは、頑張ろう。
(64蛍)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七変化の花 | トップ | 隠元さんの花 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (起きないダルマ)
2017-07-15 13:11:02
頑張ってください

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む