川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

七変化の花

2017年07月13日 12時59分52秒 | ソフトテニス

 きょうは、リバーの練習をお休み。明日出発する東日本大会の準備も終わりました。そして夕方には、チビッ子たちのパパが到着。川越までお迎えに。皆、きっと大喜び。あと1週間で“台風”が去ります。やっと肩の荷は下せますが、寂しくなることでしょうね。

 「面白いな」と思ったけれど、書ききれなかった昨日の「あかんべえ」の続きです。調べると、もともとは「指で下目蓋の裏の赤い部分を見せて相手を侮辱する」こと。明治時代の自然主義派の小説家で「蒲団」を書いた田山花袋をご存知ですか。彼の「田舎教師」という作品には「赤目をしてみせる男生徒も居る」とあり、この「赤目」が転じたのが「あかんべえ」。いつの頃からか、「べえー」と同時に舌を出すようになったのだそうです。「侮辱」だけでなく「照れ隠し」の動作のようでも。あの20世紀の天才物理学者、アルベルト・アインシュタインが、カメラに向かって舌を出している写真を見たことがありませんか。「笑ってください」と言われて笑いかけたところで、天才のシャイな心が働いて「いやだよ」と半分照れ隠しの西洋の「あかんべえ」。これ、本当かどうかは知りませんが、1枚の写真の裏側の話です。また、チベットには、尊敬する相手に同じように「舌を出す挨拶」があるとか。

 花は「ランタナ」。南アメリカ原産。赤、橙、黄、白など様々。色も次々と変わるので、和名は「七変化(しちへんげ)」と。でも、いくら調べても写真の色は出てきませんから、別の花かも。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤んべえの花 | トップ | 帝釈天の花 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-07-13 23:55:28
ハーブの仲間のヘリオトロープではないでしょうか

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事