川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

隠元さんの花

2017年07月15日 18時16分46秒 | ソフトテニス


 東日本大会です。シニア男女60〜80までは、福島市庭球場です。天気予報では午後から所により雷雨。駅前の24時間営業の飲食店で6時過ぎには朝食を済ませ、7時には会場入りしました。日陰を考慮して車を止め、7時半から練習開始です。リバーのKコーチやレフティー名人、富士見や上福岡の水曜会の仲間もいます。代わり番こに乱打やサーブ、レシーブ、そしてボレーとスマッシュ。湿度が高く、あっという間に汗だく。やがて開会式。雲の切れ間から日が差し始め、気温は30度超え確実です。
 出番は4試合目。相手は神奈川のペア。先の関東大会では準決勝まで進み、Kコーチ、レフティー名人ペアとファイルを戦っていました。先行されて追いつきを繰り返してファイルです。ここでも追いかける展開になりましたが、最後は逆転して初戦突破。7試合間があって2回戦は、石川のペアと。1-02-0、2-1、3-1と快調に進んでいたのに3-2、3-3のファイル。最後は3-7でゲームセット。一度ならずメイク・マッチがあったのに無念です。隣のコートのKコーチ、レフティー名人もリードしていたのに逆転負けでした。
 きょうは「インゲン(隠元)」の白い花。原産地は南北アメリカ。コロンブスが2度目の航海でヨーロッパに持ち帰り、その後、中国に伝播。中国から帰化した黄檗宗の開祖、隠元禅師が日本に伝えたそうです。会場南を走るJR線の側の畑で、天に向かってツルを伸ばしていました。夕方からは、明日の3回戦に進んだ仲間の話を聞きながら反省会。テニスは難しい。

                       (64蛍)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帝釈天の花 | トップ | 成長する花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事