コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

CLANNAD~AFTER STORY~ 第22話(最終回) 「小さな手のひら」 感想 その1

2009-03-14 18:36:36 | CLANNAD 1&2期AFTER STORY(2007-2009)

 クラナドアフター22話・本編最終回。約4クール続いてきたクラナドも遂に今回で終わりを迎えます。前回汐まで失った朋也。果たして朋也は運命を変えることはできるのでしょうか…。今回はもう小さな手のひらがかかっただけでも満足です…。京アニは最後まで期待に応えてくれました。

 と、いうことでこれまで語ってきた思いを胸に、全力で語っていきたいと思います!そんなわけで今回も2分割です。TBはできればこのその1に下さると嬉しいです。


 始めは幻想世界の僕と少女の様子から。いよいよこちらの世界も今回結末を迎えることになります。辺りは雪が降り注ぎ、一面白い世界。そこで少女は寒さにより倒れてしまいます…。僕は少女を掘り起こそうとしますが、力が足りず…。そんな中、僕はあることに気づきます。

『そうだ…僕はずっとこの子と一緒にいた。
 この子と二人きりでずっといたのだ…
 この、誰もいない、物悲しい世界で……』

 
 それはずっと僕が少女と二人きりでいたこと…僕も徐々に何かを思い出してきました。
 今回は提供のバック絵に注目です。この絵と放送終わり時の画面を見比べてみると…ここまで再現してくるとは思わなかったです。

 前回また坂道の前に立った朋也。朋也はまたここで渚を呼び止めるべきかどうか迷っていました。幻想世界の方の僕も彼女を連れてこなければよかったと後悔していました。でも2人とも、ここで終わりたくないと思っていて…。2人の思いがリンクし始めていました。
 そうしてまた朋也の横を通り過ぎていく渚。ここから流れてきた音楽もまた良い感じでした。今の状況にとても合っています。幻想世界の僕も少女を助け出そうと頑張ります。と、ここで少女は僕にこう話しかけます。

「ねえ、君はそこにいるよね」
『もちろん。僕はいつまでも君の傍にいるよ』
「ありがとう…」『?』
「君の声、やっと聞けたね」
「ほんとだ…」
「私はもう人じゃなくなるから…だから君の声も聞こえる」

 今、少女は僕の声も聞くことができるようになりました。今まで会話できなかった2人にとっては喜ばしい瞬間でした。でもそれは少女がもう人でなくなるということで…何だかこちらも話が暗い方向へ進みだしそうな予感が…。
 そこで少女は僕へこう話します。

「夢を見ていたの。そうしたら色々なことが分かったの。
 私のこと、君のこと…聞いてくれる?」
「うん」
「私と君は同じ世界にいたの。それも、すぐ近くに…。
 ずっと昔…ううん、今でもそうなのかもしれない」

 ここで少女と僕はかつて同じ世界にいたことが明らかに。僕が朋也だとすると少女は…。ようやく2人が誰だったかも明かされようとしていました。
 そう聞いて僕はこの世界から出るべきだと言いますが、それに少女は、

「ごめんね。私はここに残らなければならないの」
「どうして?」
「私はこちらの世界では、この世界そのものだから」
「分からないよ。だって約束したじゃないか!」

 と、答えます。少女はもうそれ以上の存在になりつつありました。

「私がいなくなったら、この世界はなくなってしまうの。
 そうすれば、たくさんの光が不幸になる」

「光…?あのたくさん舞っていた光?」

 あの光は少女がここの世界からいなくなると維持できなくなるようです。そしてここで少女から光が何だったのか明かされることに――。

「そう。あれはね、向こうの世界の住人の想いだったの。
 君も光のひとつだったんだよ。
 一番遠くて、一番近い、もうひとつの世界…。

 私達はずっとそこにいたんだよ。
 そう、同じ場所にいたの。ただ見え方が違うだけ」

「もうひとつの世界…?そこに僕もいるの?」

「君には分かるはず。
 だって君は2つの世界に存在しているから――
 世界という距離を越えて、私達は出会うことができた。
 私はそれで十分。」

 ここでこれまで朋也が関わってきた・救ってきた人々の振り向く姿が。そして渚・汐、朋也――。ここの画もとても良かったです。最終回はこれまで以上に演出が光っていた気がしました。あの光の玉はやはりあの世界の住人の想いでした。そして僕もまたその世界にいたことも明らかに。
 そう話した後、少女は僕へこれからすべきことを教えます。

「君はこれからこの世界での意識を閉じる。
 そうして向こうの世界で目覚めるの。
 色々な人と出会って、色々なことがあって、
 そして君は私と出会う――」

「また会えるの?向こうの世界で?」

「大勢の人の想いがこちらの世界では光になって見えるように、
 私の思いもいくつかの光になって輝くの。
 ひとつひとつの光が小さくても、たくさん集まればきっと、
 とても、大きな力になるはず…」

 僕はまたこれから違う世界でやるべきことがあるようです。話がいよいよ朋也の世界と繋がってきそうな予感が。その果てに少女はいるのでしょうか。
 と、ここで光の筋が見え、そして少女があのだんご大家族の歌を口ずさみます。この歌を知っているということは少女は2人のどちらか…。

「その歌…知ってる」
「そう、いつも私に歌ってくれていた歌」

 で、これで大体少女の正体も分かってきました。ここは何だか嵐の前の静けさのようでした…。

 で、ここで遂に光が降り注ぎ、幻想世界が変わる時が――。それにより遂に2人にも別れの瞬間が。僕の体は光により吹き飛ばされていってしまいます…。ここは映像がつくと更に悲しい感じがしました。砕けっぷりが…。そしてその別れ際、少女は僕へ、こう別れの言葉を呟きます――。

「さよなら…パパ」

 そうしてここで少女が汐、僕が朋也だったということが明らかになりました。僕が朋也なのは何となく分かってはいましたが、1期の時は少女が渚なのかなと思っていたので、原作で初めて少女が汐だったという、この事実を知った時は驚きました。おかげで汐が死んだ悲しみもどこかに…。
 そして少女はその後光の玉となって砕け散り、幻想世界と同化していきます――。切ない別れでした。音楽が何だか泣かせます…。少女が消える瞬間が切なかったです。こうして幻想世界での僕と少女の話は終わり、そして朋也の世界の話へと繋がっていくことに――。ここから朋也の物語はまた始まりを迎えていました。

 そして坂に立つ朋也の話へ。この時点で朋也は既に少女の示した通りに光を集め、ある条件を満たしていました。朋也はここで色々なことを思い出し、決意し、そして渚を呼び止めようと必死に叫びます――。

「渚ぁ――――っ!!」

 この叫びはもう…。ようやくこの時がきたんだなって感じがしました。朋也はようやくすべてを受け入れました。そうしてその後、朋也は渚を追いかけ、後ろから抱きしめます――。

「渚!!」「あっ…」

 ここの朋也の必死に抱きしめる姿は朋也の想いが深く伝わってとてもよかったと思いました。渚の靴が脱げるのがいい効果だったかも。ようやく来たこの瞬間にはグッときました!ピアノ演奏で更に涙が…。そして朋也は渚へこう伝えます。

「渚…俺はここにいるぞ!」
「朋也くん…」

 朋也はそう全力で渚と出会ってよかったと、肯定をします。渚もそんな全力な朋也に一瞬戸惑いつつも、朋也の今の表所を見て、その気持ちを徐々に受け入れ、こう話します。

「よかったです。声かけてもらえて…」
「渚…」
「もしかすると朋也くん、私と出会わなければよかったとか、
 そんなことを思っているんじゃないかって、すごく不安でした」
「くっ…」
「私、朋也くんと出会えてすごくよかったです。
 とても幸せでした…」
「渚…」

 渚もまたそう、朋也と出会えてよかったと心からそう思っていました。渚のその言葉も聞くと切なく暖かく感じてきます。また今こうして2人の心は重なり合いました。そして渚は朋也にこう伝えます。

「だから、どうか、もう迷わないで下さい…。
 これから先、何が待っていようとも、
 私と出会えたこと、後悔しないで下さい。
 だめ…でしょうか?」

 ここで朋也が渚の頬に触るのですが…ここの渚がかわいくて何だかヤバかったです。最終回の渚は更にかわいさが増していたような気がしました。渚の朋也への想いが伝わってくるような言葉でした。それに朋也は涙を流しながら、あの坂でこう渚に呟き…

「そう…だよな。ありがとうっ…!」

 そして、渚の手を取りキスをし、渚を抱きしめます――。ここの甘い空気がまた良い感じで…。唇にキスをするより何だかドキドキしました。それに戸惑いつつも嬉しそうにする渚の姿もまた良かったです。こうして朋也は渚と出会えたことをよかったことだと肯定し、渚を気持ちをまた通わせました。ようやく安心しました。

 それにより、幻想世界とかくされた世界が交じわり合い、新たな世界が開かれる時が――。ここからは光が街を駆け回っていく描写に。ここは原作ゲームと同じようで驚きました。ちなみに自分の家のPCのスペックに問題があるのか、原作ゲームのここのシーンのムービー再生は激重で動きがすご~く遅く、もやもやせられたのをよく覚えています。しかも5分以上はあったような…。OPも同様。アニメでもこのシーンは1分と結構長く感じるとは思いますが、それでも短い方だったと思います。
 その話はそれまでにして。光の玉はそうして街を駆け回り、世界に影響を及ぼしていきます。このシーンの最中には作中でも意味深な渚のこのセリフも。

  ―お連れしましょうか?この街の願いが叶う場所に―

 そして次に朋也・僕が感慨深そうにこう呟きます…。

    ――ああ、今終わる…。長い長い旅が――

 ここは原作で見た時も、ああ、ようやく終わるんだな…とドキドキしたのを覚えています。原作ではもう何十時間もそうしてプレイし続けていたのでこの言葉がとても心に沁みました。こうして朋也の旅も本当の終わりを迎えようとしていました――。



 新しい世界が開かれた瞬間、まず聞こえてきたのが汐の産声。そう、朋也は渚が出産で尽きたあの瞬間の時に戻ってきました。朋也にもそれまでの記憶があるのか戸惑いを見せます。でも朋也の手は渚の手を握っており…。そして渚も笑みを浮かべつつ、生きていました。この世界では渚は生き残ることができていました。その事実に朋也は、

「渚…」

 と、感涙します――。そして渚も目覚めます。

「朋也…くん」
「渚!?」
「どうかしましたか?」
「今、俺達、一緒にいたよな?」
「私達はずっと一緒です。
 朋也くんと…いつもそうお話ししていました。」
「ああ…そうだな」

 この瞬間を見て、この瞬間は色々思うところもありますが、こうしてまた出産後も生き続ける渚を見れてよかったです。朋也はあの坂でのことを渚にたずねますが、あのことをはっきりと覚えているのは朋也だけのように思えます。渚も心では覚えていると思いますが。ここで愛しそうに渚の手をさわる朋也がまたよかったです。
 その後朋也は八木さん・秋生にこう言われます。
 
「赤ちゃんもお母さんも心配ありませんよ。
 よく頑張りましたね」

「よく頑張ってくれた。ありがとよ」
「朋也さん、産湯につけてくれませんか?」
「あっ、はい!」

 秋生・早苗の心からの笑顔がとてもよかったです~。この瞬間がみれただけでもこの世界ばんざいと思ってしまったり…。
 早苗からそういわれた後、朋也は汐を産湯に。この産湯につける時の描写も細やかでよかったです。赤ちゃんの表情がすごいです。この瞬間は幸せに満ち溢れていたように思えました。
 汐を産湯につけた後、渚は朋也に労いの声をかけた後、汐のことを心配しますが、

「ごくろうさまでした、朋也くん」
「元気な赤ちゃんですね~」
「大きくなっても、ずっと元気でいてほしいです」
「大丈夫だ!
 心も体も強い子になる!絶対にな!!」

 すべてを見てきた朋也はそう強く断言します!街とのつながりがなくなった今、これから、明るい未来が待っているように思えました。それに渚も頷きます。と、ここで外ではある変化が…

「はい…朋也くん、窓の外を見て下さい。
 とてもきれいです」
「えっ…」

「雪のことじゃない…これは――」

 外では雪が降っている…わけではなく、光の玉の数々が空へ舞い上がっていっていました。それは街全体から起こっていました。これを見ると本当にフィナーレという感じがします。街から光が溢れ出るこの現象――それを渚は笑みを浮かべて、朋也はそれに戸惑いながら見つめていました。


 ここから話は新しい世界での朋也・渚達の話のその後に続いていくのですが、分量の関係でその2へ続きます。その2に送っても大丈夫ですが、TBはできればこちらにお願いします。

 その2にはこちらからどうぞ~。

 

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GIANT KILLING(ジャイアント... | トップ | CLANNAD~AFTER STORY~ 第22... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幻想世界 (岡さん)
2014-01-06 13:13:07
渚も汐も生きてて良かった                    いい最終回だったと思う
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2014-03-27 01:03:29
岡さんコメントありがとうございます!
本当ハッピーエンドでよかったですよね~。
本当によかったです…。
ではでは。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
CLANNAD~AFTER STORY~第22話「小さな手のひら」 (アニメのストーリーと感想)
 汐の為に運動会で出場するリレーの練習をする朋也。しかし前日になって汐が倒れてしまった。渚と同じ病気で診察した医師は、処置する手段が無くしばらく続くと説明した。話を聞いて気落ちする朋也を励ましたのは、付き添っていた秋生だった。父親として娘を支え守ってや...
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話「小さな手のひら」 (つれづれ)
「ねえ、あたいも十分大人なんだよ」  風子はやはり面白すぎです。まさかの風子劇場に驚きました。
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話 (おちゃつのちょっとマイルドなblog)
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話、「小さな手のひら」。 ゲーム版はやっておりません。
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22回(終) (まぐ風呂)
[関連リンク]http://www.tbs.co.jp/clannad/最終回 小さな手のひらいよいよ最終回倒れた朋也そして再び白い闇に囚われた朋也は一体どこへ向かうのか?幻想世界。雪が降る中倒れた少女僕も倒...
CLANNAD~AFTER~ ♯22 (烏飛兎走)
オラに元気をわけてくれっ★光の玉が朋也のもとへ結集・・ついに元気玉が無事完成しました~。・゜・(ノ∀`)・゜・。並行世界の「女の子」は汐だったのか。渚だとばかり・・。あぁ・・そうだ、渚なら「女の子」はいなかったはずだもんな、そっかそっか。さよなら、パパ・....
クラナドを最終回まで観た感想 (破滅の闇日記)
CLANNAD AFTER STORY 4 (初回限定版) [DVD](2009/03/04)中村悠一中原麻衣商品詳細を見る いろいろあってクラナドの感想は書いていませんでした。せっかく最...
CLANNAD AFTER STORY #22「小さな手のひら」最終回 (White wing)
ハッピーエンドでしたね。 あちらの世界の女性とガラクタは、てっきり朋也と渚じゃないなあーっと思いながら視聴を続けてきたんだけど、女性は汐ちゃんで、ガラクタはパパの朋也でした。その世界でもガラクタは一緒に居たかったが、望みは叶えられず、離れ離れになるんじ...
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話(最終回)「小さな手のひら」 (日常と紙一重のせかい)
TRUE END CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話(最終回)「小さな手のひら」
CLANNAD~AFTER STORY~ #22 (せれせれにっき)
22話、「小さな手のひら」。 えーと… これは喜んでいいんですよね…?? それでは、こほん。 ハッピーエンドで良かったぁぁぁ!!!...
CLANNAD  ~AFTER STORY~  第22話「小さな手のひら」 (ひびレビ)
CLANNAD  ~AFTER STORY~  第22話「小さな手のひら」 幻想世界 吹雪の中、横たわる少女とロボ。目を覚ましたロボは、「こんなことになるなら連れてこなければ良かった」と悔やむ。朋也も同じく「渚が俺と出会わなければ」と悔やんでいた。 しかしここで諦めたくない...
CLANNAD~AFTER STORY~ 最終話「小さな手のひら」 (マリアの憂鬱)
「幻想的な光」
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第二十二話 (ぶろーくん・こんぱす)
 あぁ、文句はない。文句はないともさ。文句なしのハッピーエンドじゃないか。汐どこ
CLANNAD AFTER STORY・第22話 (新・たこの感想文)
「小さな手のひら」 出会わなければ良かった。朋也、そして、幻想世界のロボットの叫び。その叫びが出たそのとき、すべての事実が… 今週...
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話 「小さな手のひら」 (リリカルマジカルS)
最終回にして傷モノにされてしまった風子w 最後はこの人が全て持っていきました(つ∀`)
クラナド CLANNAD AFTER STORY 第22話(最終回) 「小さな手のひら」 感想 (メルクマール)
「人と人の絆が集まると、素晴らしいことが起きるよ。」という、人間賛歌なのでしょう。クラナド CLANNAD アフターストーリー 第22話(最終...
CLANNAD AFTER STORY 最終回『小さな手のひら』 (風庫~カゼクラ~)
番外編があるとはいえ一足早く最終回を迎えたCLANNAD AFTER STORY。 前回感想で「どんな超展開でもいいから幸せな笑顔が見たい」という 切実な願いは叶えられたようで… 泣かずにすむかと思ったEDでしてやられました(涙) ※以下、突然EDから語り出します。要注意。 CL...
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話「小さな手のひら」 (日記・・・かも)
今回がCLANNAD ~AFTER STORY~の本編の最終回になります。 果たして、どんな結末を見せてくれるのでしょうか?
CLANNAD~AFTER STORY~第22話「小さな手のひら」の感想 (新さくら日記)
 幼稚園の運動会の前日に高熱を出して倒れた汐。汐を診た医者からは母親の渚と同じ原因不明の病気だと言われます。朋也の献身的な看病の甲...
(アニメ感想) CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話 「小さな手のひら」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
CLANNAD AFTER STORY 5 (初回限定版) [DVD]クチコミを見る ☆<3/12更新>今回(第21話 世界の終わり」)の感想をポットキャストにて収録しました。「あのシーンは泣けた?泣けなかった?」、「朋也にとっての街とは?」、「クラナドで描かれる家族とは?」等、アニメ...
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話(最終回) 『小さな手のひら』(感想) (アニメ-スキ日記)
この日のため「AIR」「kanon」を見てテンションを上げて来ましたw ハッピー
CLANNAD AFTERSTORY 第22話(最終回)「小さな手のひら」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
一面、白い世界----------。ボクは一体ここで何をしていたのか?ずっとこの物悲しい世界で少女と一緒だったボク。そこは一面の銀世界---------。さぁ!!泣いても笑ってもいよいよ「クラナド」最終回!!今思うと、あっという間だった気がしてならないんですけど、それで....
CLANNAD AFTER STORY 第22話「小さな手のひら」(本編最終話) (のらりんクロッキー)
やっぱり笑顔で終わるのが一番! どうなるのかと思いましたが よかったよかった。 原作だと3回やらないとここまでたどり着けないそうで… そりゃ前回ラストで「完」じゃ 待てコルァ状態ですよねw 幻想世界の少女=汐 ロボットくん=朋也 汐ちゃんは幻想世...
CLANNAD ~AFTER STORY~:22話「小さな手のひら」 その1 (FF11とアニメな日々)
【CLANNAD ~AFTER STORY~:22話「小さな手のひら」】の感想です。 Copyright (C) VisualArt's/Key/光坂高校演劇部 Copyright (C) 1995-2009, Tokyo Broadcasting System,...
「CLANNAD ~AFTER STORY~」22話 小さな手のひら (蒼碧白闇)
長かった物語もついに終わった。 あの幻想世界の少女は渚とつながっているのかと思ってたら汐だったのか…。ずっと渚だと思ってた。それで...
CLANNAD -AFTER STORY- 第22話 「小さい手のひら」 (ゼロから)
復活した古河渚。そう、人生のやり直しです。渚は、死なずに岡崎汐が無事生まれましたが2周目で、終わりとは3周目が、欲しかったですね。
CLANNAD -AFTER STORY- #22(最終回)「小さな手のひら」 (ラピスラズリに願いを)
世界は光に満ち溢れる 4クール続けたCLANNAD、ついに最終回です。4クールだったと思うと意外と短い印象を受けちゃいます。 ではクラナド感想で...
CLANNADAFTERSTORY第22話「小さな手のひら」感想 (物書きチャリダー日記)
いつも追い求めていたそれだけが全てだと思っていた2009年03月04日発売CLANNAD AFTER STORY (4)(初回限定版)そんなことを思った最終回の今回。原作をプレイして、幻想世界ってなんだったんだろう・・・ってずっと思っていたし、アニメでそれが何だったのかを明確に...
CLANNAD~AFTER STORY~ 第22話(最終回)「小さな手のひら」 (全て遠き理想郷?なブログ)
ついにクラナド最終回。朋也は、渚は、そして汐は…。 若干分かり辛い部分もあり賛否両論のようですが、私はこの最終回は十分満足ですよw
CLANNAD~AFTERSTORY~第22話「小さな手のひら」 (にき☆ろぐ)
さて、遅くなりましたが本筋の最終回やっと見れたので感想です前回どうなるのかなと思っていたんですが見終わってみれば案外スッキリしたものでした色々と突っ込みたい部分はあるんですけど作品のテーマとしては言いたいことは伝わってきましたまずは今まで引っ張ってきた...
CLANNAD -AFTER STORY- 第22話(最終話) 「小さな手のひら」 感想 (この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・)
渚!!!!!! 俺はここにいるぞ!! CLANNAD -AFTER STORY- 第22話 「小さな手のひら」  の感想です。 一応今回が最終回ということでいい...
CLANNAD ~AFTER STORY~ 最終回『小さな手のひら』  (■モニョ口箱■)
『こんなことになるなら、連れてこなければよかった。僕はただ、彼女を苦しめただけだ…』『そうだ。俺はこの時 渚に声をかけるべきじゃなかったのかもしれない。俺と出会わなければ、渚は…!』 長い長い旅の終わりに辿り着いた世界とは――? クラナド、最終回です。...
CLANNAD AFTER STORY 第22話(最終回)「小さな手のひら」 (無限回廊幻想記譚)
幻想世界ではロボットが少女と雪の中に埋もれてしまっていた。この世界だった2人きりで過ごしていた事実に思い当たったロボットは、こんな事になるなら連れてこなければ良かったと後悔する。自分が少女を苦しめただけ。そして岡崎朋也は古河渚に、桜並木で声をかけるべき...
CLANNAD AFTER STORY 第22回 「小さな手のひら」 (らしんばん@うぇーぶ)
公子さんが本気で心配する結末に・・・ 智代アフターより風子アフターのほうがよっぽど気になるよ・・