小春奈日和

赤ちゃんは、人間は、どのように言葉を獲得するの?
わが家の3女春奈と言葉の成長日記です。

言い返せるということ

2017年08月14日 01時09分53秒 | 日記
2013年9月28日(金)(5歳5か月)
 
 
 みんたと春奈の寝室となっている和室はリビングの隣にある。
 
 寝床に就いたふたりだけど、僕がリビングにいると、ふたりの
話し声が聞こえてくる。
 
 僕が和室を戸を開けて、
 
 「いつまでもしゃべってないで早く寝えや」
 
と、声をかけると、春奈が言った。
 
 「お母さんとしゃべってたら止まらへん」
 
 人のせいにすんなよ。
 
 でも、お母さんもおしゃべり好きやなからなあ。
 
 その血を継いだか?
 
 ってか、今はそういう問題じゃない。早く寝ろ。
 
 でも、言い訳ができる、というのはそれだけ言葉が育っている
ということでもある。
 
 もし、あなたが外国の人から外国語で何か責められた時に、
その言葉で言い返すことができるだろうか?
 
 それができるのなら、それだけあなたがその言葉がたくさん
話せるということだ。
 
 日本語だって、語彙が少ない幼児には難しいことである。
 
 春奈ももう5歳だから、言い訳くらいはできるのだろうけど、
いつの間にかそれだけ言葉が育ったということでもある。
 
 おまけに「止まれへん」と自然に関西弁で返すあたり、自然に
言葉が育った証拠でもある。
 
 ちょっと極端な例になってしまうけど、勉強した言葉なら、こ
の場合の言い方も「私にとって話さないことはとても困難な
ことです」となってしまうからね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 606 八千矛の神 その11 | トップ | 607 八千矛の神 その12 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。