さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト

さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト公式ブログです。会報やお知らせ、集会など皆様にお伝えしたい情報を掲載しています。

さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト

2100年01月17日 | さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト
こちらは「さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト」の公式ブログです。
さようなら柏崎刈羽原発プロジェクトに関してはこちらをご覧ください。
またこちらのコメント欄を情報交換の場として是非ご活用ください。なお、タイトルのないもの・無記名のもの・当ブログと関係ないと判断されるものはコメントを保留させていただく場合があります。ご了承くださいませ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

12月4日、市民フォーラム お話を聴く会 『事故現場での原発労働を語る。

2016年11月21日 | 他団体学習会・イベントなど紹介
市民フォーラム お話を聴く会
『事故現場での原発労働を語る。』


今なお、収束つかない福島原発。
この度、『福島原発作業員の記』を刊行された 元郵便労働者
池田実さんに語っていただきます。

日時:2016年12月4日 (日) 午後2時から5時、終了後懇親会あり
会場:万代市民会館 302号室(新潟市中央区東万代町9-1)

参加費:500円

講師:池田 実 ( いけだ みのる) さん
プロフィール : 1970年東京赤羽郵便局入局。1979年全逓労組反差別闘争を闘って懲戒免職。2006年最高裁判決により職場復帰。
2013年郵便局を定年退職。2014年4月から2015年3月まで福島第1原発構内作業員として働く。

主催:脱原発をめざす新潟市民フォーラム
http://nonukesniigata.blogspot.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さようならニュース NO.66

2016年11月20日 | 他団体お知らせ
さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト 会報
「さようならニュース NO.66」

2016年11月7日発行

P1


P2


P3~4 みんなが米山って書いたから 10月16日は脱原発記念日<小木曽>




P4~8 >米山隆一公式ホームページより
米山隆一公式ホームページ http://www.yoneyamaryuichi.com








P9~10 御礼ご報告 19万筆の国会請願署名を提出しました




P11 東京新聞 2016年10月31日 社説


P12 署名 全国に被ばくを強い、環境汚染をする「800ベクレル/kg以下の汚染土を全国の公共事業で利用」方針に反対
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/160416.html


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さようならニュース NO.65

2016年11月20日 | 会報
さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト 会報
「さようならニュース NO.65」

2016年10月6日発行

P1



漫画パンフ
表紙


裏表紙
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月20日、「いのち・原発を考える新潟女性の会」 第56回学習交流会

2016年11月13日 | 他団体学習会・イベントなど紹介
「いのち・原発を考える新潟女性の会」
第56回学習交流会
村上直行さん講演会
「5年後の土壌汚染の実態 いまさら学ぶ放射能・内部被ばく・セシウム汚染」


日時:11月20日(日)13:30~16:00
会場:クロスパルにいがた4階402講座室(新潟市中央区礎町通3ノ町2086)

資料代:500円

今月は、阿賀野市在住の第1種放射線取扱主任者、 村上直行さんの”放射能講座”です。

村上さんは、「あがの市民放射能測定室・あがのラボ」を主宰し、 新潟県内や福島県の土壌汚染調査に取り組んでいます。
「東日本土壌測定プロジェクト・みんなのデータサイト」 にも参加し、 県内の土壌汚染調査の輪を広げる活動も進めています。

村上さんは「空間線量測定では汚染状況はつかめない。 土壌汚染調査が必要だ」と言っています。
専門家として、市民として、 福島原発事故による放射能汚染に向きあい続けている村上さんなら ではのお話しをぜひお聞きください。

主催:いのち・原発を考える新潟女性の会
http://kminochigenpatu.blog.fc2.com/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原発に関して長岡市長選立候補予定者へアンケート(10/15更新)

2016年10月09日 | お知らせ
アンケート依頼文

2016年9月28日


長岡市長選立候補予定者各位
磯田達伸様
おぐま正志様
藤井盛光様
(五十音順)

さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト
平和と緑の会
環境と平和のネットワークハーモニー
長岡市民放射線測定会


初めまして 
 長岡市民のため、皆様方の長岡市長選立候補予定の表明、敬意を表します。
質問が告示直前になり、回答時間が少なくなり申し訳ありませんが、質問の意図を汲んで、ご回答を私佐藤まで、よろしくお願いいたします。
 さて、表記の4団体は、長岡市民の命と暮らしを守り、社会の持続可能性を確立してゆく立場から、長岡市長選立候補予定者へ以下の質問させていただきますので、ご回答のほどよろしくお願いいたします。これらの4市民団体は、いただいたご回答を各団体のHPやブログ、長岡市のFBページなどで公表し、報道機関にもお知らせすることにしております。
  立候補予定者各位には、可能な限りで、ご回答をよろしくお願いいたします。皆様のご健闘を願っております。

長岡市長選立候補予定者へのアンケート

1、原発再稼働に賛成ですか、反対ですか。
2、規制委員会が柏崎刈羽原発を審査して新規制基準に「適合」していると判断したとき、再稼働のための安全が確保されたと考えますか。
3、より実効性のある避難計画を新規制基準に組み入れ、そうした避難計画についても規制要件として審査対象にするよう,政府に求めますか。
4、原子力災害に対する避難計画には様々な問題があることを認識していますか。
5、避難計画を、市民と避難経験者の意見にもとづいて、より実効性のあるように改善しますか。
6、より実効性のある避難計画を電力会社と自治体の安全協定の合意事項に組み入れますか。
7、長岡市に避難されている方々への支援の条例と制度を作り,予算措置をしますか。
8、脱原発の方針に沿って、市の体制を取ってゆきますか。
9、分散自立の再生可能エネルギー社会へ向かう方針に沿って、市の体制を取ってゆきますか。

以上 よろしくお願いいたします

回答状況
藤井盛光様の回答
「 長岡市長選立候補予定者へのアンケート 藤井盛光回答
1、 原発再稼働に賛成ですか、反対ですか。
A1、柏崎刈羽原発の再稼働に反対です。
2、 規制委員会が柏崎刈羽原発を審査して新規制基準に「適合」していると判断したとき、再稼働のための安全が確保されたと考えますか。
A2、規制委の人選に難があり、また万が一事故が起きた際の補償の明確なルール化等、再稼働を容認するには未確定の要素があると考えます。
3、 より実効性のある避難計画を新規制基準に組み入れ、そうした避難計画についても規制要件として審査対象にするよう,政府に求めますか。
A3、今後の検討課題として受け止めます。
4、 原子力災害に対する避難計画には様々な問題があることを認識していますか。
A4、認識していますが、未だ不勉強です。
5、 避難計画を、市民と避難経験者の意見にもとづいて、より実効性のあるように改善しますか。
A5、市民の為になるよう、地域住民、自治組織と意見交換をし、改善します。
6、 より実効性のある避難計画を電力会社と自治体の安全協定の合意事項に組み入れますか。
A6、必要とあらば組み入れますが、市単独でも取り組む必要があれば取り組みます。
7、 長岡市に避難されている方々への支援の条例と制度を作り,予算措置をしますか。
A7、避難者の気持ちを汲み、長岡市民の感情にも配慮しながら、支援策を研究したいと思います。
8、 脱原発の方針に沿って、市の体制を取ってゆきますか。
A8、原発がなくてもエネルギーの発展的な供給ができるように、様々な新技術への支援を行います。科学者として新技術への興味もあります。
9、 分散自立の再生可能エネルギー社会へ向かう方針に沿って、市の体制を取ってゆきますか。
A9、スマートグリッドに依るロスのない「まちなか発電」が実現できれば理想的です。Q8の回答とも重複しますが、新技術への大きな期待を持ち、体制を整えます。
以上 よろしくお願いいたします」

おぐま正志様の回答
9月28日付けの4団体からの質問事項に対する回答
1.柏崎刈羽原発に限っての心積もりをお伝えします。
長岡市民の生活の現状維持が確実に保証できる条件が整わない期間は発電
のための再稼動を容認することはできません。

2.上記とも関係しますが、原発稼動時の安全とは市民生活の現状維持が可能
であることを意味すると考えます。新規制基準の細目にはシミュレーショ
ンによる解析予測も含まれているはずであり、必ずしも実績に基づかない
部分もあると思います。一人間である私が「安全が確保された」と判断す
ることは到底できません。

3.新規性基準と避難計画とは別次元の対策であると考えます。実効性のある
避難計画は事故発生後における放射性物質の拡散領域や被害の継続時間等
の明確化、ならびに要配慮者の避難方法なども含まれますので、避難計画
基準を国・県・長岡市・専門家および電力会社等が深く係わって構築すべ
きと考えます。

4.これまでに起きた国内外の原子力災害が教えるように、原発事故は人類が
築き上げてきた技術科学では解決できない数々の、しかも想定外の問題を
生むことが明らかです。それらを回避するための避難計画を構築すること
は至難の業と思いますが、少しでも効果的な避難計画となるように努力す
べきとも考えます。

5.上記の避難計画基準は定期見直しが必要となることは言うまでもありませ
ん。市民や避難経験者の意見に基づいて避難計画を改善することは不可欠
と考えます。

6.質問事項の3とも関係します。避難計画基準を安全協定の合意項目に組み
入れることは自然の成り行きになると考えます。

7.自主避難者に対しても、予算措置に限らず、可能な限りの支援策が必要と
考えます。長岡市議会を含めた関係者から制度化に向けて努力してもらい
ます。

8.原発なくしても十分な電力の確保が可能であると国家レベルで確定した暁
には、長岡が脱原発の方針を打ち立てて、その体制(省エネ策や蓄電策)
を整えていくことは妥当と考えます。

9.電力確保は社会の要請である以上、化石燃料消費型社会から分散自立の再
生可能エネルギー社会へ向かう方針を打ちたてることは妥当と考えます。
そのための長岡市の体制作りは今後の一課題に位置づけます。
以上

磯田達伸様
 10月6日現在 未回答です 
以上
2016年10月12日入手
磯田氏回答
長岡市長選立候補予定者アンケート

1、原発再稼働に賛成ですか、反対ですか。
・市民の不安が解消されないかぎり、原発は再稼働すべきではないと考えます。

2、規制委員会が柏崎刈羽原発を審査して新規制基準に「適合」していると判断したとき、再稼働のための安全が確保されたと考えますか。
・考えておりません。
・審査結果は、再稼働に関するプロセスの一つでしかないと考えております。

3、より実効性のある避難計画を新規制基準に組み入れ、そうした十分な避難計画についても規制要件として審査対象にするよう、政府に求めますか。
・規制基準に組み入れる、組み入れないにかかわらず、十分な避難計画が必要と考えております。

4、原子力災害に対する避難計画には様々な問題があることを認識していますか。
・認識しております。

5、避難計画を、市民と避難経験者の意見にもとづいて、より実行性のあるよう改善しますか。
・避難計画をより実行性のあるものに改善します。

6、より実行性のある避難計画を電力会社と自治体の安全協定の合意事項に組み入れますか。
・基本的に、避難計画は自治体が作り、最終的には国・県が責任を持つべきものと考えます。

7、長岡市に避難されている方々への支援と条例と制度を作り、予算措置をしますか。
・これまで避難者の声を聞き、寄り添って支援してきました。今後も引き続き、しっかりと支援を進めてまいります。

8、脱原発の方針に沿って、市の体制を取ってゆきますか。
・原発の依存度を下げるよう代替エネルギーの開発・活用を積極的に進めます。

9、分散自立の再生可能エネルギー社会に向かう方針に沿って、市の体制を取ってゆきますか。
・設問8と同様です。

 発信団体様へ
  不慣れなため、フェイスブック経由で御質問があったことに気付きませんでした。
  回答が遅れ、御迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。
                              いそだ達伸 拝

以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風船プロジェクト in 柏崎刈羽 調査報告書が出来ました。

2016年09月25日 | お知らせ
風船プロジェクト in 柏崎刈羽 調査報告書

被曝しないで 避難は不可能!
それでも 再稼働が必要ですか?


編集・発行:さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト(風船プロジェクト in 柏崎刈羽) 2016年9月14日

詳しくは連絡先までお問い合わせください。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

さようならニュース NO.64

2016年09月25日 | 会報
さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト 会報
「さようならニュース NO.64」

2016年9月21日発行

P1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月2日、et cinema vol.33「飯館村の母ちゃんたち 土とともに」

2016年09月25日 | 他団体学習会・イベントなど紹介
et cinema vol.33
飯館村の母ちゃんたち 土とともに


公式サイト
http://www.iitate-mother.com/

日時:10月2日(日) 1回目10時~ 2回目13時30分~
会場:et cetera(柏崎市新橋3-29)

前売:1000円(茶菓付き) 当日:1500円

主催:et cetera

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月7日、おしどりマコ&ケンさん公演

2016年09月25日 | 他団体お知らせ
原発を追及するよしもとの漫才師・ジャーナリスト
おしどりマコ&ケンさん公演
― 歯みがきするように社会の事を考えよう ―


日時:10月7日(金)18時30分~20時
会場:十日町情報館ホール(十日町市西本町2)

参加費:無料(事前申し込み不要)

主催:十日町平和センター

コメント
この記事をはてなブックマークに追加