ゲームデザイナーMystaの制作メモ

将棋ミステリー『千里の棋譜』を制作中。PS3フォークスソウル/人形の傷跡/RPG「Lost Memory」が代表作

アニメ好き・高橋九段(将棋)の往復はがき

2014-08-31 | その他
将棋ミステリー『千里の棋譜』制作中

ニコニコ生放送での告知のため、7/17 加筆。
既報の通り、まさか高橋九段に出演していただける展開は思ってなかったので、
今こうした制作ができて本当にうれしいです。
しかし、これを書いたのは去年の夏なので、一部をリリースしただけで安心せずに
さっさと続編を作っていかないといけませんね。


――――――――――――――――

アニメ好き・高橋九段の素顔とは?という記事が出ていて、うれしくなりました。
というのは、昔私が小学生の頃に将棋をやっていた頃、将棋雑誌の質問コーナーを当時若手棋士だった高橋九段が担当されていて、特別に往復はがきでの質問も受けつけており、私も質問はがきを出したことがあったからです。
返ってきた返信はがきには、私の質問に対する詳細な解説が手書きではがき一杯に書いてありました。子供ながらにもうれしかった思い出ですが、大人になると尚更このありがたさと大変さが分かります。編集部に届いた質問はがきは大量だったでしょうから、その一枚一枚にこれだけ丁寧な返信をされるその苦労は計り知れません。しかも、私のような小学生の質問などは汚い字で非礼な面もあったでしょう。それを将棋の普及のために当時活躍中で多忙な若手棋士でありながら、ファンのために自筆で全てに返事を書いてくださったのです。
質問コーナーは毎年担当者が変わりますが、一般的には当然ながら、届いた質問の中から抜粋したもののみ、記事の中で回答を載せています。これは手間を考えれば普通のことで、メールも無い時代で、高橋九段のように往復はがきで募集して全員に自筆で回答されていた方は後にも先にも無かったと思います。
なので、それ以来、私はずっと高橋九段を応援しているのですが、最近はアニメ好きを公言してブログなども活発に発信されて、ネットでも人気が高まっているようでうれしい限りです。

突然、将棋ネタになりましたが、実は今考えている新シナリオは将棋ものです。アニメとは異なるジャンルですが、高橋九段にもあの時のはがきの御礼と共にお見せできれば幸いなことだと密かに思っています。そのためにはもっと企画を練って棋士の方が見ても面白いものにしたいですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンケート御礼 | トップ | Androidアプリの容量制限と音... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。