Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (2011) / アメリカ

2012-02-10 | 洋画(ま行)


原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE
監督: スティーヴン・ダルドリー
出演: トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック 、トーマス・ホーン 、マックス・フォン・シドー 、ヴィオラ・デイヴィス
試写会場: よみうりホール [2012年2月18日公開]

公式サイトはこちら。



何と、この公開盛りだくさんな今月始まって早々に、子どもにパソコン壊されてしまい…
ったく、何てことしてくれたんだよと。(怒) すごい困りましたよー。
そんなドタバタな中試写行ってきました。


 





※ネタばれ断片的に存在します。 読まれる際はご了承ください。
お嫌な方はここでお帰りを。







ストーリーですが、オスカー少年が、9.11による父親の死後、懸命に自分の心の置き所を探しに行くわけです。
父が遺した鍵がたった一つの手掛かりになる。 そこから彼は驚異的な方法で捜索を開始していきます。
ここのところ、物騒なNYでよくそんなこと大胆に思いつくなという方が先に来てしまったのですが。。。


この中では「間借り人」マックス・フォン・シドーが上手かったですね。 
口が利けなくなった役柄なのに、この存在感が素晴らしい。 彼が登場するところからは話が展開してきて面白くなってきます。  黙ってオスカーの手伝いをする彼の中に秘められた想い。 それも話の大きなポイントです。
それと本作が映画初出演という、オスカー役のトーマス・ホーンくんの演技ですね。 彼はすごいです。
そしてこのオスカー少年の家族の仲の良さというか、親が徹底的に子供に向き合う姿勢は学ぶべきものがありますね。
子どもはあくまでも未熟であり、自分しかない世界から、少しずつ他者を認識していったり、複雑な心情も汲み取っていけるようになる。 それを見守る作品と言えるでしょう。
ですが、1点だけ。
サンドラ母がそうなのか…というネタ明かしが唐突に入るのはどんなもんかしらとも思います。
劇中にちりばめてくれればまだよかったけど、このあたり、監督の手腕の問題のような気もしますが…





予告やチラシからして9.11を前面に出しており、家族の喪失から立ち上がる少年の成長物語と、
そこにまつわる周辺のエピソードが本作のテーマ。
想定内ではあったんですが、観客を傾斜させるべき要素はかなり存在しました。
まずは9.11。
そして少年の成長。
さらに少年が、とある病気の検査を受け、不確定要素と診断されていること。
全編を通じて「オスカー少年が父を9.11で失ったことに立ち向かう」視点で描かれているのですが、彼の行動は果たして彼の心情からくるものなのか、それとも気質からくるものなのか、その見極めが非常につきにくい。
そのため、この視点でずっと入り込まないといけないのは正直かなりのエネルギーを使います。 1つ1つの行動はどっちなのか? と判断する作業が先に来てしまい、話にどこかすんなりと入り込めない部分を感じるかもしれません。


それを差し引いたとしても本作、想像通り、文句のつけようがないくらいのいい話です。
ですが、「あんなに酷いことから、子どもがこんなに一生懸命立ち直ろうとしてるんだよ! しかも9.11だし。」といった部分で、本作は絶対に正義であるという感じが各所にしてしまうんですね。
もちろん、誰だって愛する人を失ったら悲しいに決まってます。 私だって当然そうです。
ですがその表現は、必ずしも声高にしなければならないというものではありません。
世の中には「私はこんなに悲しい」と同意を求める人もいれば、人知れずひっそりと悲しみを堪える人もいる訳です。
ですので本作、いろんな意味でアメリカ映画だなと感じる部分が各所にありました。 
特にこれは9.11です。 アメリカ人にとっての9.11と、日本人にとっての9.11とでは、重みは相当異なります。
人の命が奪われる事への無念や悲しみは共有できたとしても、出来事そのものに対しての捉え方はまるで異なると思うのです。
恐らくアメリカ人が、日本人が考えるように東日本大震災を決して捉えることができないのと同じことかもしれません。
共有できる人間としての在り方や、共感そのものは必要です。 が、それ以上に求めるものがこの作品にはかなり感じられてしまいました。


別の言い方をすれば本作は、9.11から10年経ったからこそ制作することができたのではないでしょうか。
この舞台となる時期も2001年~2002年から少し経ったくらいの時点ですので、オスカー少年は今だったら成人している設定です。
その彼が当時の自分の混乱や絶望をどのようにして克服していったのか。 もし振り返ったとしたら、懐かしくて涙が出てしまうのではないでしょうか。
その当時はとても見つめることもできなかったし余裕すらなかった。 けど10年経ったから語れることもある。
そのくらい深い傷を負ったのでしょう。
昨年未曽有の国難に襲われた日本で、もし東日本大震災の被災者の視点で映画が作られることがあるなら、一体どんなものができるのか。 あるいはその日は来るのだろうか、ということをなんとなく思い浮かべたりしました。
本作は、到底立ち直れない苦しみ悲しみを抱えたとしても、いつか抜け出せるかもしれないという希望を抱かせてくれるファンタジーなのでしょう。


★★☆ 2.5/5点



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (2)   Trackbacks (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テーブルウェア・フェスティ... | TOP | 『ポエトリー アグネスの詩』... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
わーい! (まっつぁんこ)
2012-02-15 15:37:47
「アメリカ映画だなと感じる部分が各所にありました。」たしかにそうですけど、神様や正義が出てこなかったのは良かったと思います。
「ネタ明かし」のくだりは唐突で過剰でしたね。もっと伏線はってチラッくらいの方がいい。うまく行き過ぎだと思わせといてやっぱり!みたいな。
まっつぁんこさん (rose_chocolat)
2012-02-15 17:26:59
何喜んでんのよー(苦笑)

そう、あの場面でネタばれが唐突に出現したのにはオドロキですよねえ。
じゃじゃーん! じゃないんだからさ(笑)
どっかで小出しにしてもらいたかったかなと。
運びっていうか、つなぎっていうか、そういう部分?があまり上手くないように感じました。

この映画には正義は出て来ませんが、唱えていることに異論を言いにくいんです。
それ自体が正義になってしまっているような印象を受けました。

ということで、これにて本作のコメント欄は終了です。悪しからずー。

Related Topics

35 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (あーうぃ だにぇっと)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@よみうりホール
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客入りはほぼ満席。    ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]Amazonアソシエイト by
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 (映画のブログ)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(試写会) EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (まてぃの徒然映画+雑記)
9.11の爆破テロ事件で最愛の父を失った息子が、長い旅路を経て立ち直るまでの物語。愛する人の喪失からどう立ち直るか、これは3.11後の日本にも重くのしかかってくる課題です。 オスカー(トーマス・ホーン)は、ちょっと繊細で感じやすい、でもとても聡明な男の子。父....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジョナサン・サフラン・フォアの小説を「愛を読むひと」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9.11同時多発テロで父を亡くした少年が、父の最後のメッセージを探すためニューヨ ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ....
少年の一歩 (笑う学生の生活)
9日のことですが、映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 9.11で父を亡くした少年オスカー 父のクローゼットから見つけた鍵 その鍵穴を見つけるべく冒険にでる 鍵の謎で引っぱりながらも 人間ドラマとして非常に胸...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Akira's VOICE)
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (こねたみっくす)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (新・映画鑑賞★日記・・・)
【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、....
映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud & Incredibly Close  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、そのトラウマから立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうとす....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』・・・ブランコの向こうに (SOARのパストラーレ♪)
賢いがちょっと変わった行動を取ることのある少年オスカー。9.11のテロ事件で大好きだった父を亡くした彼に残る心の傷だ。最愛の父を失った悲しみを乗り越えられないでいた少年はある日、父のクローゼットで封筒に入った鍵を見つける。かつて父と遊んだ調査探検ゲームの思...
[映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆昨夜観た『永遠の僕たち』に続いて、今宵も傑作を楽しめました。  試写状が届き、喜び勇んでの公開日前鑑賞です^^  そして、二日連続の「近親者の悲しい死を、ちょっと変わった生き方の主人公が受け入れ、未来に向かって克服していく物語」だった。  また、死に...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (心のままに映画の風景)
9.11アメリカ同時多発テロで、最愛の父(トム・ハンクス)を失ったオスカー(トーマス・ホーン)は、いまだ悲しみから立ち直れず、母(サンドラ・ブロック)と2人暮らしの日々を送っていた。 ある日、父の...
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。 登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆
鍵穴を探す旅~『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (真紅のthinkingdays)
 EXTREMELY LOUD  AND  INCREDIBLY CLOSE  "Are you there?"  2001年、NY。9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、最愛の父(トム・ハ ンクス)を9.11テロで亡くす。一年後、オ...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (・*・ etoile ・*・)
'12.02.10 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(試写会)@よみうりホール rose_chocolatさんのお誘い。自分でも応募したけどハズレ 見たかったのでうれしい♪ ありがとうございました! *ネタバレありです! 「9.11で父親を亡くしたオスカー。ある日、父の...
スティーブン・ダルドリー監督『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(Extremely Loud  (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ジョナサン・サフラン・フォアの小説をスティーブン・ダルドリー監督が映画化『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』出演はトーマス・ホーン、トム・ハンクス、サンドラ・ブロ
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 試写会で鑑賞 (pure breath★マリーの映画館)
                    オスカー・シェル               アマチュア昆虫学者、親仏家、アマチュア考古学者                   平和主義者、発明家 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 監督・・・ス....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (佐藤秀の徒然幻視録)
オスカーを授かったサンドラ・ブロック 公式サイト。原題:Extremely Loud & Incredibly Close。ジョナサン・サフラン・フォア原作、スティーヴン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) ピーンと張り詰める重い空気からの解放感が心地よい
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
古い鍵と472人のブラック。 祖母の部屋の間借人。 6件目のメッセージとブランコ。
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (FREE TIME)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (或る日の出来事)
素晴らしい映画。半分以上は泣きながら観ていたと思う。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (食はすべての源なり。)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ★★★★☆(★4つ) どうせ、お涙ちょうだいだろうと思ってたけど、ふつーによかったです。 良くも悪くも「ふつーによかった」です。。。 思ってたより暗かったかも。 やっぱり9.11がベースになっているので、あの時...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (こんな映画見ました~)
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』---EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー 、ヴァイオラ・デイヴィ....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (風に吹かれて)
ブランコを思い切りこいで飛ぼう  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose原作: ものすごくうるさくて、あり
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画的・絵画的・音楽的)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで....
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 理不尽な現実、そこからの再生 (はらやんの映画徒然草)
主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い '11:米 ◆原題:EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE ◆監督:スティーヴン・ダルドリー「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」 ◆出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン ◆STORY◆9.11同時多発テロ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (銀幕大帝α)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18) -監督- スティーヴン・ダルドリー -原作- ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 -出演- *トム・ハンクス…トーマス・シェル ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (いやいやえん)
誰にでも必ず訪れる大切な人の理不尽な死は、受け入れ難いもの。9.11同時多発テロで父を失った神経恐怖症ぎみのオスカーは、謎の鍵が父からのメッセージだと思い込み、その鍵がどこの鍵のものなのか探すというストー