レッボー『ロイス』 やればできるコ。

白いボーダーコリーを家族に迎えた一家の お笑い絆物語。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お知らせ

2009-09-10 15:45:55 | Weblog
このブログをご覧いただいた皆様へ。
 
 
ロイスの成長と生活に絞って綴ってきました本ブログですが、
他の私の趣味を中心に、家族や仲間達や日常を気ままに書いてみたくなり、
ロイ子も下記のブログ、「犬」フォルダーに引っ越しいたしました。
 
 
 
全然更新もない中、いまだに多くのアクセス大変感謝しております。
もしよろしければ、お時間ある時にでも覗いていただければ幸いです。
 
 
 
さっ ロイ子や・・・
ここは最後になるから、キチンと皆さんにお礼とご挨拶をしなさい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤギはやめなさい!
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

恵の広場

2009-04-29 04:07:28 | Weblog

我が家の近辺は住宅が密集しており、開けた場所はだいたい農地な町なのです。
ロイ子を放せるような広場はない・・・。

と、完全に諦めていたのですがナントありました。

自転車でも行ける距離に。

正確には、よく公園にあるような
「犬を入れてはいけません」や「犬はリードをつけること」等の看板が一切ない広場。

つまり、犬を入れてもいい広場。ノーリードでもいい広場。
に、なるのです・・・なるはずです・・・そーゆーことにしてくれ。

 

余談ながら、自転車好きな私が愛用しているのが「ルイガノLGS-RSR4」。
コレがいいんですわ。カッコ良いし、すごく速い。

嫁が長年子供を積んで漕ぎ倒した「脱ママチャリ」の際にプレゼントしたのも、
私の嗜好で「ルイガノLGS-TR2」を。

高性能に馴れず、最初こそママチャリとのギャップにアタフタしてましたが
今ではすっかりお気に入りで、良かった良かった。

こうして、お揃いの白い自転車で白い犬を連れて快走する夫婦・・・・。
気分は逗子マリーナあたりに飛んでます。

(と妄想したものの、真っ直ぐ走りゃしない駄犬をコントロールするのに必死で、
常に転倒の恐怖がつきまとう中年夫婦の危険なプチサイクリング)

 

あーハイハイ。
白い犬が限界みたいなので、そろそろ遊んでやるか。

私の身近なボーダー仲間達は、
皆さんディスク大会の常連になるほど、積極的に参加されてます。

私は仕事の融通が利かないこともあり、ロイ子は完全に大会応援ボーダーになっております。
ディスクが好きなだけに可哀想なのですが・・・許せ。オトナの事情だ。

その代わりココで好きなだけ大会開いてやるから。
レジェカップは、私とオマエがいつも優勝なのだ。

 

そんなレジェカップ第二位につけるのが嫁。

 

キレのあるスタートダッシュを見せるロイ子に

秘技「豆まきスロー」で、ほとんど無回転のまま5メートルはブッ飛ぶディスク。
さすが本大会準優勝の実力者。

 

いかなるシチュエーションでも、
この一瞬にロイ子が燃やす闘志がハンパないのは確か。

何度も何度も飽きることなく走り、チャッチし・・・戻って来ない。
いつものごとく(笑)

レジェカップは主催者側の都合で休憩に入ります。

お腹減っちゃったから。
ロイ子もクールダウンさせないとなりません。

 

近所に美味しいベーカリーショップがあって

この日は、昼食にと買い込んで行きました。
ちょっとしたピクニック気分にもなりますしね。 

 あー うるさいな! だからオマエも早く水飲んで休めっ

 

ようやく自分が熱いことに気づいたのか、涼しいベンチ下に潜ったまま
今度は出てこなくなる始末。。

 

恐いよ・・・  心霊写真レベルでコッチ見るな。

 

コックリさんも止めれ。だいたい昼だし。

じゃ 随分休んだようだからR2行ってみよーかな。
呼び出しは簡単。チョイとディスクを目の前に置いてやると・・・

眩しっ!  未確認発光体、またまたやる気マンマンで発進します。
どんだけやるんだオマエは・・・。

こうしてレジェカップは、「帰って布団入れなきゃ」という主催者側の都合で
無事閉幕の運びを迎えたのです。

さて、自転車で来た以上は、当然自転車で帰ることになります。
あれだけ走り回ったのに、まだリードを引っ張る余力を残しやがった暴犬。

中年夫婦の危険な犬連れプチサイクリングは帰路も続くのでした。
集中しながら何とかコケずに自宅までたどり着き、ふとベランダを見上げると








 

干された豚が、ねぎらってくれました。

チカラ抜ける

 

ブログランキング参加中

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2年目の春

2009-04-22 16:51:19 | Weblog

おおっと 忙しく過ごしてる間に気づけば4月も終わってしまう・・・
その前に、これだけは報告しないと。。

おかげさまで今月の13日、ロイ子は元気に誕生日を迎えました。
色々お世話になってる方々、ありがとうございます。

さぁ オマエもお礼を。

人間で言えばね。 犬年齢、2歳になりました。

相変わらずハイテンションながら、
随分お利口になったなぁ~、と成長を感じる一年でした。

ささやかながら、当日は家族で祝ってあげまして・・・・・おいーっ

舐めてる舐めてるっ  ターゲット移動 目標回避ーッ
なんて始まりで、ロイ子2歳の誕生日パーティを楽しみました。

 

ところでウチではご褒美などをあげる時、必ず「欲しいヒト?」と聞きます。

ロイ子は確実に手を挙げる習慣が身につきました。


とりあえず、もとい・・・。

 

「欲しいヒト?」

 

 

完璧です。 美味しいモノがチラついてる場合は完璧なのです。
さぁ それでは食べようか。

ロイスお誕生日おめでとう! よしっ

 

 

ま、コッチですよね。 当然。
だってフルーツタルトは人間の食べ物ですから。

 

 

これだけ熱中してるので文句は出ないでしょう。
なんせいつもは買わない、ワンコ用ワッフルをご馳走してますから。

 

 

こうして興奮冷めやらぬロイ子の執着は、
全てビデオに納められました。

元気でおバカキャラはそのままでも良いけど、
次の一年は、もーチョットだけお利口になって欲しいと願う親心でした。

家族はみんなオマエが大好きだから、
これからもヨロシク頼むよ。


 

ない。

 

ブログランキング参加中 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

シーサー

2009-04-02 17:30:42 | Weblog

この数ヶ月、すっかり更新サボってた間の話を一つ。

昨年の夏に戻りますが、レジェ一家は沖縄の宮古島へ遊びに行ったんです。
さすがにロイ子は留守番でしたが・・・コリャま仕方なく。

 

正にスカイブルーの空と、エメラルド色に輝く海。

 


見るもの全てが美しく、沖縄料理がとても美味しく、
お年寄りが妙に元気な宮古島を堪能してまいりました。

やはり沖縄の風土と料理が長寿の秘訣でしょうか。
「老後はここに住もう」・・・そう思わずにはいられない私でした。

 

余談ですが、飛行機を乗り換える時間調整で立ち寄った那覇市内で
偶然ながら私達、テレビ出演までしちゃったり・・・

 

 

街頭でね。

 

 

沖縄に行くと、よく目にするのが「シーサー」です。

ここ宮古島でも、
民家や施設の屋根や門など、シーサーが睨みを効かせていました。

一般的な神社や拝殿で見かける「狛犬」と同じ意味合いで、
守護や魔除けとして置かれているのが、沖縄独自の「シーサー」なのです。
言葉の由来は「獅子」からきてるんだとか。

 

 

宮古島で、そんなシーサーを手作りできる店があり
「これは やってみたい」と初挑戦してきました。

目の前にドーンと置かれた粘土と小道具。

基本的な作り方は店の人が教えてくれるので、
初めてでも心配はいりません。

ポイントは、既存のシーサーの形に囚われる必要はなく
「自分の好きなように楽しく作る」が良いとのコト。

ナルホドね。
たぶんセオリーはあるのでしょうが、
ウチら観光客ですから自由に作らせてくれるってワケ・・かな。

作り方は分かったものの、さーてどうしよー。
粘土の塊をボーっと見つめて悩んでしまう。。

「そだ! アイツがいたじゃないのっ」

2040Km彼方で留守番している格好のモチーフがいた事を思い出すと、
作業はサクサク一気に進み、作ってみました・・・

「ロイスシーサー」

ボーダーコリーと獅子の融合体。
たぶん業界初。

 

 

それから店の釜で焼かれたロイスシーサーは
二週間ほど後、空輸で我が家に降臨したのでした。

 

ほぉ~ ちゃんと焼き物っぽくなったじゃないの。
脳天気な犬の化身、ついにロイスシーサーの完成です。

これを見せたら、ロイ子は一体どんな反応するんだろう・・
ええ。もちろんやっちゃいます。

 

 

いきなり奇妙な物体が現れ、とりあえずクギづけ。

 

 

一気に距離を詰め、よくよく見てみる

 

 

とってもウケた模様。 気に入ってくれたか?

 

 

これ オマエなんだけど

 

 

知らなかったのか?

オマエこんなんだぞ。 


ほれ・・・

 

 

おんなじだから。

 

 


こうして我が家の守護神となったロイスシーサー。
降りかかる魔の手から、末永く一家を守ってくれるでしょう。

その神秘的な力を存分に発揮しておくれ。

さぁ吠えろ ロイスシーサーよ!























ちっさぁ~

 

ブログランキング参加中

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

遊ボー会inさがみ湖

2009-03-23 01:42:02 | Weblog

8ヶ月間、ぶっつり更新が止まっておりました。
アレコレ多忙に過ごしているうち、こんなに時間って経ってしまうのですね。

 あぁ人生は短い (と詩人ぶってやり過ごそう)

 この間、チョロチョロとディスク大会を応援に行ったり、
コソコソmixiでネタを書いたりしてましたが

本ブログの主役、ロイ子はとっても

です。

 

そう。ブログ更新の起爆剤になったのはヤッパ「オフ会」。

これは記録に残しておかねば・・・って、
思い出したように決意した次第です。

アハハ~ (笑ってやり過ごそう)

 

3月20日、
我が一家は<さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト>で
恒例「ボーダーコリーと遊ボー会」に参加してきました。

幹事ランディ家の集計発表で
25家族、計38頭のワンコが集まりました。

つーかココ、
旧さがみ湖ピクニックランドが名称変更したみたいですが


・・・覚えられない。 私、古い日本人ですから。

とっても「ド日本」な景観ながら
こちら<リゾートプレジャーフォレスト>でございます。

ボー達が一斉に遊び回る姿を見れるのがこのオフ会の醍醐味であり、
それが飼い主達の喜びでもあり、
毎回フレンドリーな輪が広がっていきます。

中でも、幹事さんが思考をこらして楽しませてくれる「ゲーム大会」は、
今や遊ボー会の目玉企画になってると感じます。
(幹事へのプレッシャーをかけ続ける善良な一参加者)

さて、そんな期待高まる今回のゲームは、
数十メートル先に待たせた愛犬を飼い主の元に呼び寄せ、
お座りさせるまでの時間を競うタイムレース。

順番に一組づつチャレンジします。

その間、周りのギャラリーは「誘惑隊」となって大いに邪魔しようという、
飼い主とワンコの信頼関係が白日の下に晒されるゲームなのです。

おそろしや。

ウチって、呼び戻しの練習などまともにやった記憶が・・ねー。

私とロイ子の出番は最後から二番目。

既に、

一直線に飼い主の元に戻り、見事な記録を出すペア・・
とか
イタズラな誘惑隊にソソのかされて、まんまと遅れたボー・・
とか
飼い主の絶叫むなしく放浪の彼方へ消えたボー・・
とか

私の前で、挑戦者達は様々な記録を残していきました。

さて、ロイ子の挑戦やいかに。。

 

とりあえず何のコッチャか分からないまま、


長女に遠くのスタートラインまで連れて行か~れ、
ロイ子を知る周りがズッコケを期待する空気を感じつ~つ、

 

いざ! スタート!

 

長女にGOサインを出され、離されたリードなのに懸命に喰らいついてみる。

 

ボケたれ・・・

 

ゴールラインでは、どうにか自分の存在をアピールする私。
私に気づかなければミッションを遂行できない犬。

ナンダカンダ懸命に叫び続け・・・


あ、気づいた

気づくやいなや、予想に反して一直線に私の元に駆け戻り、
餌付けで鍛えた「Sit!」もキマリ、
私も意外な一発ゴールとなりました。

 

やればできるコ。 みくびってすまん。

 

タイム計測の<さちママ>、記録係りの<ましゅさん>、
思わず寄って来てた<豆父ちゃん>達もこの笑顔。

「意外だった」と祝福されてる図。

 

順位は中間くらいでしたが、思わぬロイ子の健闘ブリが発揮され
大変楽しく満足な結果でした。

その他でも、
参加者の<武蔵さん>が、体験版アジリティを設置してくれました。

これはチャンスとばかり、ちょいとロイ子も初挑戦を試みます。

飛ばんかい。

 

更に、エサで釣られてたまるかとばかり

この悪態。

おいコラ、気さくなおぢさん@<そらパパ>に謝りなさい。

 

やはりロイ子、アジリティへの道は果てしなく遠そうでした。

 

個人的には、
ウチの次女が<さら家のお姉ちゃん>に大変お世話になりました。

ランディ家の<大河>も一緒に遊び満面の笑み。
実に楽しそうです。

ほのぼのと姉妹、姉弟のよう。


<お姉ちゃん>はその後、

40秒数えてから隠れた<大河>を探す、
「ミステリーごっこ」なる意味不明な遊びまで付き合ってくれました。

聞けばウチの息子と同い年。。全く妹を遊んでやらない兄。。
見習わせたい・・・

 

さら家のお姉ちゃん、本当にありがとう。

 

こうして今回の遊ボー会も大成功に終わっていきます。

私が多忙の為、ギリギリまで参加表明できなかったのですが
次の機会も参加できた際は、大いに楽しみたいと思います。

実は集合時は豪雨だったものの、午後にはこんな素敵な

虹の青空が現れました。

幹事ランディ家、参加のみなさん、お疲れ様でした。

 

 

ブログランキング参加中

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の大勝負

2008-07-28 21:11:10 | Weblog

日本で合法的に認められてるギャンブル・・・

競馬、競輪、競艇、パチンコ・・・。
私、一切やらないんです。

と言っても
別にギャンブルを否定してる訳ではなく、
過去に手痛い失敗をした訳でもありません。

そりゃ昔、多少は遊んだ事もありますが全くピンとこず・・・
私にはギャンブルのセンスがないんです。きっと。

 

酒は元々飲めないし、浮気するほどモテないし、先日タバコもやめました。
あれ?もしかして私は何とつまらない人生を・・・

・・・って、そんな話じゃないんです。
ヘンな方向へ脱線するじゃないですか。これでも結構幸せですから。

 

 

いやね、こんな私でもこの時期大きなカケに出るのですよ。

 

サマージャンボ宝くじ。
一等前後賞合わせて3億円でんがな。

これもギャンブルと言えばギャンブルですが
予想も技術も経験も一切いらないギャンブル・・・

運のみ。 しかも巨額。
この安易に大金を掴めるチャンスだけは、私も逃すワケにいかないのです。

なんて40枚ぽっちで力説。 されど40枚。

モチロン本気。

 

そこで買ってきた宝くじが当たってるか
さっそく先生に占ってもらいました。(やっぱヘンな方向へ)

「先生 この中に当選クジありますか?」

 

 

おぉ! やった素晴らしい


人間の数億倍の嗅覚で、ついに金の臭いまで嗅ぎ分けたロイ子先生。

これで我が家も億万長者か?  やったやった

 

 

 

・・・・なんだよイイとこなのにぃ  つまらないなぁ
もうちょっと天才宝くじ犬ゴッコしたかったのに。。

・・・って

 

 

そんなにフードが気になるか。

 

この宝くじ、オマエにとってはただの紙切れでも、
人間にとっては夢とロマンが詰まった紙きれなのだ。

 

 

ヨダレを付けるな。

あーあー やっぱ目先の欲に走るのか。 チッ 視野が狭いな。

 

もし宝くじ一等が当たったら、
オマエが室内を走り回れるほどデカイ家に住めるかもしれないんだぞ。

いや、いっそ屋上に専用ランを作ってやろう。
友達もいっぱい呼んで毎週ドッグパーティを開くんだ。
これは楽しいぞ。ワクワクする。

な? フード一粒より興味の沸く話だろ。
私はオマエにもそういう夢も持ってもらいたいのだよ。

しかも、その夢の一歩はもう踏み出してる。
それがこの40枚なのだ。確実に可能性は・・・

 

ある。

 

だから狭くても苦しくても重くても我慢しろ。
当選したらその夢叶えてやるから。












 

絶対だ。

だから今は頑張れ。

 

購入:8月1日(金)まで  抽選日:8月12日(火)。

夢に興味ある方お早めに(笑)

  

ブログランキング参加中


コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の定番

2008-07-22 15:37:24 | Weblog

↓このマーク、もう有名ですよね。

 

ここ数年で一気にブレイクした感のある夏の定番。

 

 

最近はジビッツの種類も豊富です。

その名も・・・

 

クロックス。

 

でもコレ、サンダルじゃないんです。
何かと言うと・・・

 

 

携帯電話ホルダー。

 

ちょっとオモロイので思わず買ってしまいました。

既にサンダルは、家族全員で愛用しているのですが
売れるモノにはワケがある。

あのバツグンの履き易さ、一度履いたら止められません。

この時期街は、老若男女crocs。猫も杓子もcrocs。

ついに

 

犬まで

 

 

crocs。


だけどダメ。折角見つけたお気に入りだから。

 


 

しかも、一応嫁とペアで買ってたりするので
片方だけあげる訳にもいかないのだよ。

 

コラ コラ コラ
ますますダメに決まってるだろ。

ま、オマエも家族だからお揃いを持ちたい気持ちは分かるけど
これは無理だな。 出来ない相談だ。

さ 早く戻しておきなさい。

 




























 

諦めろっつーの!

 

ブログランキング参加中

コメント (15)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

憧れの姉妹

2008-07-19 14:38:43 | Weblog

とある日曜日、私とロイ子は地元の公園で
ワクワクしながら友達を待っていました。

まだだ。 落ち着くのだ。

その前にオマエ、耳の向きがおかしいぞ。
仔ヤギっぽいから早く直しなさい。

こうして犬のブログを書いていると、それをキッカケに仲間ができます。
いや私の場合、犬仲間が欲しくてブログを始めたと言うのが本音です。

当初、お気に入りの先輩ボーダー達のブログを日常的に読み逃げしながら、
パソコンの前で一方的に親近感を覚えて行きました。

ですから、いよいよオフ会で対面を果たす時など
私の嬉しさは巨大なのです。

そんな時は精一杯の気持ちを込めて、明るく挨拶しようと心に決めてます。
私、いつでも居酒屋の即戦力になる自信はあります。

そしてこの日、私が熱望して友達になってもらった家族より
「今日ソッチ行くけど都合どう?」という嬉しいお誘いが。

今日は時間がある! これは行くしかない!

お互い忙しくてなかなか会うチャンスに恵まれず
この再会はとても嬉しく心躍るものがあります。

私はいそいそとロイ子を車に詰め込んで、
早々に家を飛び出しました。

あぁ楽しみだ楽しみだ

会えない時間が愛育てるのさ
ヒロミGOも言ってます。

 

来た来た。来ちゃいました。


人間3人 ボーダー2頭
それではご紹介しましょう。 

 

 

 柚子 と ひよ 

ついにやった。 私のブログでこの決めゼリフ。
(一度やってみたかった)

詳しくはご両人のブログを見てもらえば分かりますが
この子達は姉妹のような信頼関係を築き
ディスク競技におけるポテンシャルは大変高く優秀なボーダー達なのです。

柚子とひよは、いつも一緒。
互いに寄り添い、食べ、遊び、寝、競い、学び、そして

 

ヲチをキメる。

 

そう、決して笑いも忘れません。
生粋のお笑いボーダーでもあるのです。

ロイ子が目指すモノ全てを持っているこの姉妹。

もしロイ子も彼女達と日常的に交流を持っていたら・・
3姉妹だったらどんなに素敵であったろうか。。

 

「ひよでし!」

「柚子です!」



「三波春男でございます」

こんな40歳以上にしか分からないギャグだってできたのに。

ポッキー3姉妹に負けないアイドルにだってなれたのに。

今の流行りで言うなら、Perfumeよりテクノに踊ってみせるのに。

etc・・・・・・

 

柚子とひよの迷惑などお構いなしに、妄想はいくらでも膨らむのでした。

 

 

忘れちゃならないのが、そんな彼女達の親です。
自ら名乗るハンドルネームで紹介すると、

柚子の両親 母:ロドリゲス 父:柚子父ちゃん
ひよの母:ひよママ

これがまた、皆さんの我が子に注ぐ愛情が深い。ものすごく深いのです。

私が短時間で目の当たりにした体験談で語っても
躾に厳しく、時に厳しく、鬼の様に厳しく、私も正座しかけるほど厳しく、
遊びの中では、甘く甘く甘く甘く甘ぁ~~~~~~く全身全霊で誉め、
溢れる愛情を注いでました。


飼い主として親として、私は教わる事だらけです。
ただ、ただ、尊敬です。



そんなロドさん、お父ちゃん、ひよママちゃんと
ドップリ陽が暮れるまで投げ練やお喋りを繰り返し、
有意義で楽しい時間を過ごしました。

え?今回写真が少ない?
えぇ確かに。夢中で遊んでしまったので。

でも、それなりにパチパチ撮ってはいたのです。

ロド夫妻やひよママちゃんの
愛犬柚子&ひよと戯れる姿とか、素晴らしい投げ練フォームとか。

しかし、ここで私がドーンと写真をアップしてはいけない気がしたのです。

だって、決して彼らは一言も言いませんでしたが、本当は









嫌だったんじゃないかと。


私の愛すべき方々、また一緒に遊んでください。
お会い出来る日を楽しみにしています。

 

ブログランキング参加中

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ハイパーフライトジャパンin秋が瀬公園(紹介編)

2008-06-02 03:49:34 | Weblog

5月18日、ディスク大会デビューを果たしたロイ子と私。
一緒に参加した仲間、応援に駆けつけてくれた仲間の紹介編です。

・・・と言っても全く大した写真を撮っていなかった私。
たとえば

全然わからない。何故この写真を撮ったのかすら、わからない。

 

あ、あった・・ かろうじて大豆と小豆。
そんなワケですから、今回は飼い主にスポットを当てて
私目線で紹介させていただきたいと思います。

豆パパ。

体もデカくて器もデカイ。
犬と飼い主は似るといいますが、あっぱれデカボー大豆のお父ちゃん。
面倒見のとても良い方で、我が家も大変お世話になってます。
そんな豆パパをコントロールしてるのは豆ママとの噂も・・(笑)

デカボー大豆は前日にレトリーブで大会デビューを果たしました。
おめでとうございます。
連日にもかかわらず、この日はさや&さやパパ共々応援に駆けつけてくれました。
こういう方々がいるから初心者の私は心強いのです。

「ちぇりん」

今大会はパパ、ママとディスタンスからフリーまで大活躍。
この小さな体のどこにそんなパワーがあるのか・・・

そして、ちぇりんパパ。
私と同学年とは思えない落ち着き。大人のオトコの色気ムンムン。

もし高校あたりで出会っていれば、
私は休み時間にパンやジュースを進んで買いに行ったでしょう。
えぇ パシリますよ。彼の為なら。


ちぇりんママ。向上心の塊。
私から見ればカナリの上級者なのに「まだまだ」と自らを許さない人。
大会に対して、常に人に優しく自分に厳しい人。


この細い体のどこにそんなパワーがあるのか・・・
キュートなレディっぷりもちぇりんにソックリ。
ここでも「犬と飼い主は似る法則」が成立してます。

そらパパ。

大会への並々ならぬ意気込みは、気合いの入った広いスタンスが物語ります。
人柄の良さと真面目さの中にオモシロオーラを隠し持ってるのを私は見逃さない。
共にズッコケオヤジ道を歩んでくれないか、虎視眈々と狙いを定めております。

また我が家の常宿として、そら家のテント&タープにはお世話になってます。
いっこうに道具を揃えなくても我が家が不自由を感じないのは、そら家のお陰です。
いつもありがとうございます。

そら姉。

ブログで知り合ってから最も早く対面を果たし
友達付き合いをしてくれた現在ハタチのお姉さん。私ヨンジュウニのお兄さん。

実年齢よりグッと大人な精神を持ち合わせるそら姉と、
実年齢を遙かに下回る神経の私で年齢差を埋めた奇跡のユニット。
また、そらママは写真&裁縫とアートなセンスで何でもこなす満点ママ。
ウチの嫁を弟子入りさせたいと真剣に思う今日この頃・・・

目下ディスクのガチンコライバルでもあるそら家の皆様、
今後ともよろしくね。

一日、そら姉とそらパパのダブルヘッダーで頑張った「そら」は・・・

終わってました。

 

「アスカ」

ウチの長女と同じ名前であり、
その親近感から即座にすり寄って仲良くさせていただいてる
カワッパ家のマッタリボー娘。

この日は応援隊として駆けつけてくれました。感謝。

そして、自他共に認めるパパっ子。はっきり言って羨ましい。
どうしたらそうなるのか、以前周囲に聞いたところ私が悪いらしい。
なるほど・・・多々思い当たります。あっさり納得しました。

肝心のカワッパさんの画像が・・な、な、ない。申しわけありません。
え?私はなくていい? またそんな謙虚な。
本当はボケたらキッチリ突っ込んでくれる関西出身のオモロイ人。

いずれドーンとピンのアップで紹介させていただきますのでご勘弁。
え?ふざけんな? またまたそんな謙虚な。 プッ

番外編ながらコチラ、おなちゅ家のコーギー「しめじ」。

実はウチの娘達、
オフ会で小型犬を見るやいなやロイ子を放り出す薄情姉妹なのです。
しめじも大のお気に入り。触りまくり拉致レベルで散歩に連行します。

おなちゅさん、毎度スミマセン・・。 
また遊ばせてくださいませ。

我が家がお世話になってる方々は、まだまだいらっしゃいますが
またの機会に紹介させていただければと思います。

この秋が瀬で我が家の大会デビューを盛り上げてくれた皆様、
本当にありがとうございました。良い思い出がまた一つ増えました。

そんなレジェンジャー一家、
今回に限り感謝の顔出しカーテンコールです(笑)

 


あれ 一人だけ変装?(まーまー)

 

ブログランキング参加中

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

ハイパーフライトジャパンin秋が瀬公園(デビュー編)

2008-05-24 17:08:30 | Weblog

5月18日(日曜日)
ついに運命の日がやってきました。

私とロイ子、ディスク大会デビューの日です。

 

早朝より会場入りし、この「競技」が始まる雰囲気を目の当たりにしていると
子供時代の運動会が思い起こされ徐々に興奮が高まります。

「やれる やれる気がする」

私は必死にイメージトレーニングを繰り返します。

思い出せ!
今日の晴れの舞台を迎えるにあたって、黙々と日々練習を重ねて
…いない事を。 

もう成功する自己暗示をかけて挑むしかない私なのです。

開会式で参加者の志気も高まると、いよいよ競技開始となります。

今回私がエントリーしたのは初心者にあたる「ビギナークラス」。当然です。
しかしながら皆さんウマイ。 
中には到底ビギナーと思えない方まで居やがります。(上行きなさいよ、上)

「ま、いいだろう・・・相手にとって不足はない」
不足だらけの男の口元がニヤリと歪みました。

 

いよいよ私達の出番が近づいて来ました。
スタートで一気に爆発させたいので
ここはロイ子の沸き上がるテンションを抑えるクールな私。


まだ早い! ったく油断もスキもないヤツだ。

そして、ついに私とロイ子の名前が呼ばれ、
いざ勝負!スタートラインへと・・・・

カニ歩きで進むロイ子なのでした。
完全にディスクしか目に入らない恐るべき執着心。

 

スタートライン際で最後の「すりこみ」を行います。

もうやる事は何もない。 
後は二人の呼吸を合わせるだけ

 

 


さぁ 始まりました一投目。
未完の大作「金色夜叉」。愛する二人の呼吸は一つ。

自分の少年時代にフリスビーが流行ったおかげで、
大して練習してないのに真っ直ぐ飛んでくれたディスク。飛距離もそこそこです。

ロックオンしたロイ子は強い。
期待に応えて、一気にディスクの落下ポイントまで迫ります。
さ、取れるのか・・・

 

決まったゾ
野生の本能が炸裂する、オオカミ男飛び。

 

そして順調にレトリーブするロイ子。

 

やったよ ゴールだよ。 
JFAルールにより、このゴールラインまで帰って来ないと一切ポイントになりません。

このブログでも過去に投げ練風景を紹介しましたが
ロイ子、最大の不安要素はココでした。とにかく私の手元まで戻って来ない・・。

その打開策が見い出せないまま迎えた本番に、
やればできるコは見事にやってくれました。

イケるっ  ほんとにイケるかもーっ

予想以上のロイ子の出来にスッカリほだされた私は
更なる気合いを入れるのです。

 

投げる。
運命で結ばれた二人。 呼吸は一つ。

 

投げる。
こうなりゃ誰でもいい。 呼吸は一つ。

 

 

連投を重ねても、ロイ子は懸命に落下ポイントまでフル加速しながら

 

取る。

 

取る。

 

取る。

 

犬はオオカミ男となり、そのオオカミ男はやがて

チュパカブラになった。 

 


 

本日キャッチ率100%のロイ子は意気揚々とレトリーブ。
両手を大きく広げ、煽りながら待つ私の元に

 

戻って来なかったんです・・・・・半分以上。
なんたる悲劇か。残念ながら不安は的中してしまったのです。

あの白線が憎い。 
ここにはオマエと家族の幸せが待っていると言うのにっ
その国境を自分の足で越えて来い!


結果、5投して2投分のポイントしか付きませんでした。
あぁ もったいない・・・でもロイ子はよく頑張ったと思います。

さぁ 気持ち切り替えて、2ラウンド目で巻き返そーゼっ

 

 

再びスタンバイ。 まずは飛びつかれない様、ディスクを隠しながら

 

お馴染み、カニ歩きでスタートラインへ。

 

いくぞ!

弾丸の様にディスクを追いかけ

 

安定したキャッチを見せながら順調に戻り


さぁー ココからぁ勝負っ・・・

 


ほぼ白線の上に・・・  あの国境沿いに・・・

止まった。

もしやオマエそれ、ボーダーコリーのボーダーギャグ?
普段なら笑ってやるが今日は勘弁してくれ。 

その後も同じような展開で振るわず
結局1ラウンド目より悪い1投分のポイントしか取れず惨敗でした。

 

こうして私にとって初の大会は終わりました。

しかし、とても満足しています。
一緒に参加した方々や応援に駆けつけてくれた方々と
とても楽しい時間を過ごせたのが一番です。

本当にありがとうございました。

そんな感謝の気持ちでいっぱいになりながら、舞台裏へと戻って行く私は・・・

 

解かれた緊張でムセておりました。

それでもまだディスクをガン見するロイ子・・・。 

おまえ、どんだけ。


……………………………………………………………………………
■ハイパーフライトジャパン『第1回秋ヶ瀬定例大会』 

【大会結果】

レジェンジャー&ロイス ペア

1R:17ポイント 
2R:6ポイント 

◆合計:23ポイント  ◆順位:30位(参加47組中)

………………………………………………………………………………

初参戦でこの結果に満足してますが、ゴールライン攻略に悩ませされていた中、
雑談中に突然一筋の光明が見えた事を最後に報告したいと思います。











 

転向しようかと(爆)
キャッチするとポイントが付くNDAに。(あぁなんて安易)

 


それでは次回、
一緒に参加された仲間と応援に来てくれた仲間の紹介編に


つづく。

 

ブログランキング参加中

 

コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

GWは豪華別荘で

2008-05-05 03:43:59 | Weblog

ゴールデンウィークも本番を迎えた5月3日、
我が一家は早朝5時に自宅を出発して
一路、河口湖方面へ向かいました。

なんと本日は大豆小豆家(通称:豆s家)の別荘へ乗り込んじゃうのです。
あいにくの雨模様も何のその。

なんたって室内ですから。別荘ですから。
この高揚感に水を注すなんて、文字通り雨粒の奴らだって出来やしません。

早朝の市街地を颯爽と走り抜け
滑るように中央高速、調布インターのゲートをくぐりました。

 

 

ガーン

なんてこった・・・。ここからかい・・・・。

 

本来なら2時間程で着く距離なのに
まだ午前6時前で到着予想が10時過ぎ・・・


渋滞予想はしていたものの、この時間なら平気と思った私が甘かった。
この高揚感・・・思わぬ伏兵に水を注されました。

 

進め  進むしかない

 

 

 

結局10時半を過ぎた頃、やっとこさっとこ別荘の管理事務所前に到着。
車から這い出る一同。  おーいロイ子・・・生きてたか

 

豆パパに連絡して迎えに来てもらう間に

 

そら家も到着。

 

 

運転席のドアが開き・・・

 

 

倒れ込むそらパパ。
お疲れさまでーす

 

 

こうしてボーダーの一行は豆パパに連れられ、いよいよ別荘へと向かうのでした。

別荘外観を撮り損ねましたが、そこはお洒落なログハウス調。
室内はと言うと・・・

 

広ぉーーーーい

 

 

広ぉーーーーい


今回参加者は、

主催の大豆小豆家、さや家、ちぇりん家、そら家、カワッパ家、そしてウチ。
ボーの数は7頭。


なんと言うことでしょう。それでも全然余裕で快適に過ごせるこの空間。
あ~こんな家に住んでみたい。

 

 

カワッパ家のアスカと私の長女のあすか。
「アスカとあすか」で念願のツーショット。

後ろでは、この隙を逃さないロイ子がアスカぱぱの膝元を盗みます。
ぬ、抜け目ないヤツ・・・

 

そしてロイ子は仲良しそらと戯れ開始。


私の普通デジカメでは、もう動きは追えません。
懸命に撮ってくれてるアスカぱぱも・・・ムリじゃないかなぁ

 

 

アスカぱぱ・・・ムリじゃないかなぁ?

 

 

あの アスカぱぱ・・・ムリじゃないかなぁ・・と。

 

 

アスカぱぱ消える。

 

一方、次女はデカボー大豆を枕に夢気分。


 

お利口な大豆。気持ちいい大豆。ずっと触っていたい大豆なのでした。

 

 

ちぇりん・・・可愛いすぎる顔。
何を見てるの?ちぇりん?

 

 

ちぇりんママと見つめ合ってたのねー
たまらん!ウチの子になりなさい!

 

天気も回復して、外には陽が射してきました。

 

 

全員ウッドデッキに出てみます。
これがまた広々とした素敵なデッキなのです。
ここで我々が見とれていたのが・・・

 

富士山。


頂上に若干雲がかかっていますが絶景ナリ~。

 

そしてお待ちかね

 

富士を眺めながらBBQの開催とあいなります。

 

 

めちゃウマイ。 めちゃ楽しい。
こんな贅沢なBBQをやって良いのでしょうか。。
あぁ来てよかった・・・(シミジミ)。。

 

途中、豆パパ先生によるクッキング講座も。

 

豆s家秘伝のメニューはナイショ(笑)
受講する女性陣の目はマジなのです。


こうして犬も人も出たり入ったり自由にしながら至極の時を過ごしました。
気づけばアッという間にもう夕方じゃん。。
いけねーいけねー陽が暮れちゃうよ

急いで全員で・・・

ハイ チーズ!

 
最高っ。

すっかり暗くなってからは、室内でマッタリタイム。
話す者、仮眠を取る者、ボーとじゃれ合う者、くつろぎまくりです。
この頃になると、みんな完全に自分の家感覚に陥ってました。 

いやぁ今日も本当に楽しかった。
豆s家のパパ、ママ、こんな素敵な場所にお誘いいただきありがとうございました。
ぜひまた呼んでください。次回伺える日を楽しみにしています。


なんて感謝の気持ちでシメようとしていたら・・・・

 

 

どっぷり日も暮れた頃、やってきました大御所が。 


仕事を終わらせカッ飛んで来た、さちママの入場です。
大河も相変わらず良い笑顔でカワイイ。

おつかれさまでーす。 やはりアナタが来ないと始まらない。

おやロイ子、なぜ怯える?

 


 

ランディ 虎次郎 揃って登場。
同じ様な色合いの奴らが集まった・・・ヤバイっ

 

 

終わりかけてたロイ子のテンション再び急上昇。
当然早すぎて残像しか撮れません。

疲れきった他のボー達の白い視線もお構いなしに、
本日一番、ひたすらハジける2匹でした。


コノォ・・・・アホコンビめ(笑)

こうしてフルに一日遊んだ我が家は、満足しながら帰宅の途につきました。

現在も別荘に泊まってる豆s家や皆さん。
その後いかがお過ごしでしょうか?(笑)


後日、皆さんの報告も楽しみにしています。

ありがとうございました。

 

ブログランキング参加中

 

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

お台場満喫 SCN

2008-04-30 19:33:46 | Weblog

4月27日、小雨の残る早朝から行ってきました。
お台場SCN。

この犬ブログにおいては「SCN? 新種の大会?」とお思いの貴兄、違います。

 

 

ムーンアイズが主催するSTREET CAR NATIONALSの略で「SCN」。


要は車のお祭りってワケ。 会場はアメリカンな雰囲気一色になります。
私が毎年楽しみにしてるイベントの一つで、仲間と連れ立ってやって参りました。

 

天下のフジテレビをバックに、オールディなアメ車がずらり。

 

 

こんなショーティなシェビーバンがいたかと思うと

 

 

犬車がいたり。

そうなんです。以前から欲しかったラジフラを、私ついに衝動買いしまいました。
ここは雑貨や衣類も多く出店されていて、会場全体が誘惑してきます。


ヤバイヤバイ

 

 

70’sのマッスルカーを見ながら昼食は地ベタで。

どんぶりを持つ手も浮かれ気味。

 ヤバイヤバイ


写真を撮るのも忘れて、この後も会場を練り歩きイベントを満喫しました。

さて、折角お台場に来たので外に出て散歩してみるコトに。
ロイ子にとっては初めての地。何が出るかなお楽しみ

まずはフジテレビ玄関前へ

 

 

白いボーダーコリーもかなりナイ。
一日外にいて誰もボーダーって気づいてくれなかったんだぞ。

ラフくんを笑ってる場合か。

 

 

そのまま向かいのアクアシティーに移動してみます。
犬連れで店内には入れないので、人混みのテラスデッキを強行突破。

 

 

外からでも色々なお店が目に飛び込んできます。

 

 

 

 

しない。

 

 

まぁそうイジケるな。 ちゃんと休憩場所は考えてあるから。

 

 

やかましい。 買い物しすぎたから節約なのだ。
ここは缶コーヒーで十分。オマエも水だ。 ・・・我慢せぃ

その変わりスゴイものを見せてあげよう

 

 

どーだ あれが有名なレインボーブリッジさ。初めて見ただろう。
それより何より、海を見たのが初めてのロイ子。

よしよし もっと近くで見せてあげる。

 

 

すごいだろー このスケール。
更に水際まで冒険してみるか?

 

 

分かったか。 飲めないんだよ海水は。 

大人の階段をまた一歩登ったな。

 

 

お台場の締めくくりとして、今日こそあの有名な「像」を見に行かねば。
私、何度も来てるのにまだ見てなかったのです・・・。

 

 

高さ11メートル、重さ9トン。

う~む しばしガン見。
レプリカとは言え、なかなかの迫力です。

ヤッパすげーな・・・・どうだロイ子?  感想は?

 



 

野犬になったら辛いぞ。

 

 

ブログランキング参加中

 

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

ロイ子の誕生日(お祝い編)

2008-04-17 03:26:27 | Weblog

4月13日、一歳を迎えたロイ子の誕生日。
その模様を続編で。

まずは、多くの皆さんにお祝いの言葉をいただき、ありがとうございました。
元気で無事に一歳を迎えられ、これから一年一年
ロイスと楽しい想い出を一緒に重ねて行きたいと思います。

さて、前回のラストでお伝えしたロイ子の顔付きケーキですが・・。

これは、
写真を送ると愛犬にソックリなオブジェを乗せて作ってくれる
Lovina」のドッグケーキでした。

実はボーダー友達のカワッパさんが
以前、愛犬アスカの誕生祝いで紹介されていたもの。
(ボーダーコリー まったりアスカの徒然日記)

私はどうにも気に入ってしまい、ソレ~と真似っこ注文したワケです。
カワッパさん>いただきました(笑)

 

写真はメールで送るのですが、その際ロイ子の色の難しさを特記しました。
折り返し「頑張ります」と返信をいただき、完成を楽しみに待っていると

苦心の程が伺えるような


力作。


似てる、この表情。このボンヤリした色合い。(笑)

人形が、一部ご指摘のライオンのように見えるのも
多分送った写真が耳毛ボーボーだったせいかと・・。

誕生日に向けて先日カットに行ったので
現在はご覧のようなビューティロイ子であります。

似てる似てる。十分満足できる完成度です。ん~カワイイ。
このケーキは見た目だけでなく、材料にも気を配っているのです。

 ね、安心でしょ? 五十八十喜んで。

Lovinaさん、ありがとうございました。

 

人間は平凡にコージーコーナーのケーキです。
こうして、ささやかな祝いの準備は整いました。

今日は特別に私の席に座らせてあげます。
どーだ気分は? ホワイト家族のお父さんみたいか?

「よし お食べ!」


さぁ 始まりました。
画面下の時計にご注目ください。

最初の10秒は全体的に嗅ぎまくりながら舐めまくり。正体を調べてる感じ。

しかし、いくら人間の一億倍の嗅覚でも、
食べた事のないモノが分かるハズもありません。

野生の本能炸裂。
食えると分かるとかぶりつき、もう止まらない。
あーっ ロイ子の共食い。 う・・もったいないっ・・・

最初にデコレーションをキレイに食べ尽くしました。
意外と几帳面だな。もしやA型か?


そして
土台の部分はガシガシと、一気に犬らしく平らげるのでした。

お見事!30秒で完食です。

オホホホ~
普段ドッグフードしか食べていないオマエ。
生まれてこの方、こんな美味しいものは初めて食べただろ。

まー 今日は特別オマエの誕生日だから、こんな日に食べ・・・

 

コラ コラ コラ コラ コラ コラ コラ コラ コラ
紙食べてるぞーっ

 

出せ 出せ。
・・・ったく、油断もスキもない。

さ、食べたら降りなさい。ホワイト家族ごっこも終わりなのだ。

 

椅子にこぼれたカケラでもないか懸命に探すロイ子。

「もうシッカリ拾ったからないよ 残念だったな・・」

 

おぃ それは私のだ。 もう諦めろ。

 

こうして私がケーキを食べる様子を
いつまでもいつまでも股間から眺めるロイ子でした。

こうして誕生日会は、ロイ子の未練を引きずりながら幕を下ろして行ったのです。

また来年な!


さて、普段のロイ子をご存じの方は
「あれ?服きてる・・・珍しい」と、お感じかもしれません。

遡るコト誕生日前日、ランディ家よりこの素敵な洋服等が届いたのです。
私はもービックリしちゃった訳で・・・。
こうして、お祝いの言葉をいただけるだけで十分だったのに・・。

虎之助さん、さちママ、本当にありがとうございます。
ほれロイ子や、オマエもお礼を言いなさい。

ボランティアか。 違う、これは嬉しいプレゼントなんだぞ。 
ソコ分かってる?

ま、しかし、確かにウチには一枚もオマエの服など無いから
いつも裸のオマエを見かねて送ってくれたのかも知れないね。
ありがたい。 本当にありがたい。 大事に着ような。

うん。
きっと見て、「似合う」って言ってくれるぞ。

 

 

一応・・・女だな・・・。

 

しかしこうして改めて見ると、オマエはホントに細いなぁ。
と言うか、誰かに似てるよーな・・・・ハテ?。

そうだ思い出した。

まだウチの子供達が幼稚園の頃、
そのオマエみたいな体型の子とよく遊んでたんだ。

ちょっと会いに行ってみるか。。


懐かしいなぁ~・・・

 


 

トーテムポールくん。

 

ブログランキング参加中

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ロイ子の誕生日(誕生編)

2008-04-14 02:15:20 | Weblog

2007年 4月13日

 

 

東京都日野市の個人のお宅で、ロイ子はこの世に生を受けました。

 

 

母<ルナ>の愛情の元で、兄弟達とスクスク育っていきます。

 

実は当時、我が家はトイ・プードルを迎える予定でアチコチ探していたところ
友人から「知り合いの家で、ボーダーコリー生まれたんだけど・・」と、連絡が。

正直言って、この時点で犬の知識など殆どなかったドシロウト一家。
ええ、トイプーだけ知ってれば良かったんです。ウチ。

「ボーダーコリーって・・・何?」
返した言葉はこれでした。

 

携帯電話に送られてきた、最初の記念すべき一枚。
ロイ子と出会った瞬間です。

「カワイイじゃないか」

写真を見たら本物が見たくなるのが人の欲。
もはやトイプーモードも何処吹く風です。

早々に里親さんと連絡を取って、ドシロウト一家は日野市へ車を走らせました。

そこにはホニャホニャの兄弟達に混じってロイ子の姿が・・。
ヤバイ・・可愛すぎる・・コイツ! 

「お嬢さんを僕にください。一生幸せにします。」

ほどなく、里親さんに土下座してる私が居ました。

こうして乳離れの期間を置いて、昨年6月に我が家にやって来たロイ子。
現在までのドシロウト一家とハイパー娘の成長ぶりは、ブログでご覧の通りです。

・・・・汗ばむ沈黙・・・・

と、とにかく、元気で無事に過ごせたこの一年を、
メールながら感謝の気持ちで里親さんに報告しました。


すると、とても嬉しい画像を返信で送っていただいたのです。

現在里親さんの元には、
ロイ子の父、母、兄(一緒に生まれた一匹)の3ボーが仲良く暮らしています。

「写真を見たら本物が見たくなるのが人の欲」

ハイ出ました。こんなの見たらとても会いたくなってしまう・・・。
今度機会を作って、ロイ子にも再会させてあげようと思います。

そして、本日2008年4月13日。

ささやかながら、気持ちを込めて家族でロイ子の誕生日を祝いました。

 

 

おめでとう ロイス!

 

大笑いしたり、ムカついたり、癒されたり、
完全に我が家の末っ子としてポジションを確立したロイ子。

家族はオマエが大好きだ。
躾の為には厳しい事もするけれど、本当の願いはただ一つ。

ただ

「いつまでも元気で一緒にいてほしい」

それだけ。

 

さてさて、こうして行われた誕生日会の模様は・・・

プレゼントとは・・・

ロイ子そっくりのオブジェが乗ったケーキとは・・・
(あーっ!って言ったそこのアナタみっけ。 笑)


それまた、次回のお話し。


つづく

 

ブログランキング参加中

 

コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

遊ボー会inさがみ湖ピクニックランド(後編)

2008-04-12 04:06:13 | Weblog

4月6日(日)に開催された「ボーダーコリーと遊ボー会」。
50頭近いボーダー達が、さがみ湖ピクニックランドに集結しました。


後編で報告しますのは、飼い主と愛犬がペアで行ったゲームの模様。
幹事ランディ家の虎之助さんが心血を注いて考案した、題して・・・

■【ヨーイ!待て ドン!】■

まず、

1,【愛犬を座らせ、飼い主が向き合ってスタートラインに列ぶ】

どの子もお利口にお座りをしてます。
飼い主同士は、軽い緊張と高揚を隠せないながら談笑ムード。

そんな中、リードを掴まれかろうじて座っているロイ子と
遙か遠くに感じるゴールを、眉間に縦ジワを入れて見据える私。
元々クドイ顔が一層濃くなっていくのです。

我々に余裕などありません。
果たして、やればできるのか?

「スタートぉぉ!」
幹事さちママの怒号・・いえ、号令と共にいよいよゲームは始まりました。

2,【飼い主は「待て」のコマンドを愛犬に入れる】

この際普通、手は「パー」・・・なのに私は「グー」?。


ご褒美にあげるビスケットを握りしめていたからです。
しかしナゼ左手に移し替えなかったのか、今となっては大いなる謎。

アイ・コンタクトは近い方が効果的に違いないと勝手に信じ、
中腰にもなってみました。

 

3,【愛犬を待たせて、飼い主はゴールラインを目指す】

ここで愛犬が動いたら即失格となります。
私はロイ子の側を、慎重かつ迅速に離れて行く必要があるのです。

そう、これは
日頃の飼い主と愛犬の信頼関係が試されるゲームなのです。


ナントこの距離にしてロイ子、未だ微動だにせず。
こんなに「待て」ができたのは私の記憶にありません。

信じられない思いで、ついつい感動してしまいました。

そしてもう一つ信じられないのは、スタートから終始変わらぬ私の姿勢。
実に不気味。今となっては更に深まる大いなる謎。

 中腰で拳を突き出したままバックで走る大人を、あなたは見た事ありますか?

 

4,【飼い主がゴールラインに到着後、愛犬をスタートさせる】

飼い主がゴールしても終わらないのがミソ。


愛犬の頑張りによっては、ここから逆転の可能性も大いにあります。
さすが虎之助幹事、よく考えてマス(拍手)

こうして奇跡のゴールラインに到着した私は、大声でロイ子を呼ぶ事に成功。
解き放たれた矢のごとく一直線にゴールしたロイ子です。

「コレもしかして 二回戦行けるんじゃね?」
そんな期待が膨らみました。

 


しかし結果は・・・

あー 惜しくも敗退。
でも頑張ったから悔いはありません。
普段見れないロイ子も見れて、私はとても満足しました。

んが

全員終えた時点で、敗者復活戦が行われる事になったのです。


話は変わった。

「チャンス これはチャンスだ 今日のロイ子ならやれる」


鎮火したハズの闘志がメラメラと燃えあがり、
最初に感じた不安は既に消え、今は期待で胸が膨らみだし・・・

 

 尋常じゃない程コマンドを連呼しながらスタート。

前回同様、寸分変わらぬこの姿勢。


ビスケットを握る右手も、この中腰の状態も、
全ては勝利の為に必要なんだと確信しています。

 

さぁ行くぞ! あのゴールラインへ!

 


 

ショックで、硬直したまま倒れ込んだ草食動物のような私。


まだ半分も行ってないじゃないか・・・何故だ?

仮死状態の私を後目に、ロイ子は一人でゴールしたのです。

 

とても満足そうに。


こうして各々、愛犬と飼い主のドラマを生んだ会場は大いに盛り上がり
結果ゲームを制したのは、常に安定した実力を発揮されてたこのお三組。


 

おめでとうございます。


私の「運で何とかなるかも知れない」と思った浅はかな夢など
木っ端みじんに吹き飛び、当然ながらやはり実力の世界でした。

入賞された皆さん、カッコ良かったです。

この後は夕刻まで各自楽しみ、それぞれ帰路に着きました。
我が家は本当に楽しい一日を過ごせて大満足です。

また画像が無くて紹介できませんが、
私がお話させて頂いた方々、ありがとうございました。
この機にロイス一家を覚えていただき、ゼヒまた遊んでください。


そして、精力的に幹事をしていただいた虎之助&さちママ、
ほんとにありがとう。また大勢で集れる日を楽しみにしています。

 

では最後に
素朴ながら、なんか癒されるこの一枚を「ポスター風」に・・・

 


 

笑。

 

ブログランキング参加中

 

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加