リツゲイ稽古場日誌

劇団立命芸術劇場の稽古場日誌です。

2016/10/14

2016-10-14 23:24:09 | 2016年度秋公演

どうも、照明チーフです。

チ~フで~す。


早いもので、今日は稽古納めでした。
僕の体半分くらいは舞台装置班みたいなものなので、今日も舞台作業をしていたのですが、
ちらっと稽古場を覗くと、みんな真剣な顔をして演出の話を聞いていました。

真剣なふりをした顔ではなかったので、なんかそれで充分でした。

――この圧倒的文章力の欠如ッ。

最近は「ふぁー」とか「おっおっ」とか言ってると周りが何とかして拾ってくれるので
文章力とか語彙力とかそういった類のものはかなぐり捨ててしまいました。

本当に人に恵まれていますね。
それに気づくのに二年半かかりましたが。

私生活におけるリツゲイの比重がかなり大きなっていてチョービビります(※語彙力)。

二年前はボックスを腐海だと捉え、足すら踏み入れなかったのに、
今では空きコマには必ずと言っていいほど寄るし、ソファで爆睡してしまうほどです。
というか、ボックスに入った瞬間眠くなります。布団かッ(※語彙力)。

生活の一部になってるんです。そう思うと卒団すると抜け殻になりそうで怖いです。

ただ怖かろうが、なんだろうが、あと1週間。
それも仕込みと本番だけになってしまいました。

三年間あっという間だったので、この一週間なんて体感にして数秒程度なんじゃないかと思ってしまいます。

小屋入りしたときに空気を思いっきり吸うのが好きだし、脚立に上るのも、灯体に触れるのも、シュートや絵作りも、
役者が自分の作った明かりで動くのを観るのも好きなので、どこでその体感数秒を使うべきかすごく迷います。

控室にいる時間とか、飯を食ってる時間とか、その辺に使ってしまいそうです。


卒団公演、良い照明にします。
終わった後、良ければ感想を聞かせてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きみのためにつよくなりたい | トップ | 最後じゃないけど、最後。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む