関東・東北の歴史をもっと知ろう!〜城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・糠部南部氏・戦国北条氏〜

関東・東北の人に地域の隠れた歴史を知っていただき、地域への誇りと明日へ生きる希望を持っていただけたらいいなと思います。

【日本史大戦略】初代陸奥国府・郡山遺跡【人知れず咲いているところが良いねえ】

2016-05-23 20:07:55 | 八王子・東京・西関東の歴史
 「東国を歩く会」の皆さんは植物に対して関心があって、みなさん良くご存知なのですが、それに比べると私はまったくもって植物スキルが低く、お花の名前もほとんど知りません。

 私の中でお花と言えば、パンジーかチューリップか、というところです。

 しかし最近は皆さんの影響で路傍に咲く花に目が行くようになり、とくに小さくて地味なお花が好きです。

 そして最近、我が家の前の道路傍に、日暮れになると咲き始める黄色いお花があることに気づきました。



 単体で、ポツンポツンと咲いているのです。

 陽が沈み、人目に付かない明るさになる頃に綺麗な花を咲かせるという、この植物の生き方に共感できます。

 さて、今日は「奥州強行旅行」の一日目に行った、仙台市太白区の郡山遺跡をアップしました。



 郡山遺跡は、大化改新の直後である7世紀半ばごろに太平洋側では一番初めに築かれた城柵です。

 それが約半世紀後には、陸奥国府としてヴァージョンアップされ、そののちに陸奥国府は多賀城へ機能移転するわけです。


 ⇒ 「日本史大戦略」内「陸奥国府および郡山廃寺<郡山遺跡>」はこちら


 こちらも9月23日〜24日のツアーで私がご案内します。



 右側の方がそのツアーなので、もし興味がありましたらクラブツーリズムの詳細ページをご覧くださいなの。

 ⇒ 北東北の古代遺跡を一緒に見てみたい方はこちらからどうぞ!

 ところで、お掃除の方は当初は今日から2週間連続出勤の予定でしたが、ちょっと疲れているので今週の金曜日は有休を取って幕府に引き籠ることにしました。

 水曜日は26時までの仕事で、この歳でああいう現場をやると後に響くからイヤなんですよね。

 なかなか回復しない・・・

 まあでも、月に1〜2度くらいは我慢しましょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【日本史大戦略】仙台市太白区の諏訪神社【ちょっと疲れてきたみたい】

2016-05-21 19:57:53 | 八王子・東京・西関東の歴史
 私は歴史が好きなのですが、毎日毎日、家に籠って著述を続ける仕事は絶対にやりたくありません。

 いくら歴史が好きでも2日連続して家の中に籠って研究をしていると2日目の夜には飽きてしまい気持ちが悪くなるのです。

 ですから、歴史の仕事をする場合でも外歩きと自宅作業をバランスよくやるようにしていますし、今は掃除と歴史をメインでやっているため、掃除は良い運動になり、かつ達成感もあってストレス解消になるので、精神的にとても快適な毎日を送ることができています。

 まあその分、ワーキングプアなんですが。

 私の世代はサラリーマンであれば一番ストレスの多い世代かと思います。

 社内でも重要な地位に就いている年代ですし、子供たちも高校・大学と学費が最高潮に達している頃で、とにかく沢山稼いで来ないと奥さんに怒られると思いますし、そもそも奥さんに怒られる以前に家族に対する責任感で自ら一生懸命働くのだと思います。

 私の場合は幸いそういうストレスがないのですが、その代わり、そうやって頑張っているお父さんたちより収入が半分以下なわけで、缶ジュース一本買うのも躊躇する生活をしているわけです。

 お金を取るか、ストレスの軽減を取るか、難しいところですね。

 でも頑張っているお父さん、定年を迎えればそれまでの苦労が報われますよ!

 頑張ったことが報われないなんてことは無いのです。

 あ、何か一日中「日本史大戦略」を作っていたら疲れてしまったようです。

 さきほどは、仙台市太白区の諏訪神社をアップしました。








 ⇒ 「日本史大戦略」内「諏訪神社」はこちら


 ちなみにこの諏訪神社はツアーでは訪れませんのでご注意くださいませ。

 お腹が空いてきたので、高尾幕府食堂(じきどう)に行って、「LEE」の20倍(レトルトカレー)を食べてきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【日本史大戦略】仙台平野の「王」が眠る雷神山古墳【でかいだけではダメですよ】

2016-05-21 14:06:30 | 八王子・東京・西関東の歴史
 今日は一歩も外に出ていませんが、窓から外を眺めると、今日は絶好のお出かけ日和みたいですね。

 しかしだからと言ってお出かけばかりしていると、「日本史大戦略」の構築が進まないので、たまには家に引き籠ってシコシコする日が必要なのです。

 さて今度は、雷神山古墳および小塚古墳(植松城)をアップしました。



 雷神山古墳は全長168メートルの東北最大の古墳です。



 ちなみに関東を含めた東国全体では、群馬県太田市の天神山古墳が210メートルで東国唯一の200メートル級古墳となりトップですが、見学するのであれば雷神山古墳の方が断然面白いです。



 しかし大きさ勝負では、畿内にはもっと大きな古墳が山のように(本当に山のように)ありますから、畿内の人からすると「はーん?168メートル?」ということになるでしょうね。



 でも、歴史を歩いて楽しむ観点からすると、いっくら300メートルあろうと400メートルあろうと、楽しく見学できなければ意味が無いのです。

 そんなわけで超オススメ古墳が仙台平野の「王」が眠る雷神山古墳です!


 ⇒ 「日本史大戦略」内「雷神山古墳および小塚古墳(植松城)」はこちら


 ところで、この雷神山古墳も、9月23日〜24日のツアーで私がご案内しますよ!



 右側の方がそのツアーなので、もし興味がありましたら、クラブツーリズムの詳細ページをご覧ください!

 ⇒ 北東北の古代遺跡を一緒に見てみたい方はこちらからどうぞ!

 そろそろお昼寝の時間かな・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【日本史大戦略】鹽竈神社博物館【漢字、難しくて書けない・・・】

2016-05-21 11:14:05 | 八王子・東京・西関東の歴史
 今日はお掃除の予定が変更になり、お休みとなりました。

 なので7時から「日本史大戦略」の構築をしています。

 さきほど、「奥州強行旅行」の2日目、「鹽竈神社博物館」をアップしました。

 漁港の仲卸市場で6時半から海鮮丼(ご飯大盛)を食べましたが、あまりにも美味しかったのでもう一杯行けそうでしたよ!



 鹽竈神社博物館は鹽竈神社の境内にあるため、宿から45分ほど歩いて塩竈神社へやってきました。



 鹽竈神社博物館は地味な佇まいですが、収蔵品は中々のもので、「資料館」と言わず「博物館」と言っているだけあって、歴史以外の展示も豊富で楽しい博物館です。



 屋上からは志波彦神社と鹽竈神社の鳥居が見えますよ。




 ⇒ 「日本史大戦略」内「鹽竈神社博物館」はこちら


 ところで、鹽竈神社博物館へは、9月23日〜24日のツアーで私がご案内します。



 右側の方がそのツアーです。

 日本の古代国家が東北地方を版図にしていく過程を実際の遺跡を見ながら追いかけるという内容で、鹽竈神社博物館も訪れます。

 もし興味がありましたら、クラブツーリズムの詳細ページをご覧ください!

 ⇒ 北東北の古代遺跡を一緒に見てみたい方はこちらからどうぞ!

 そしてもう一つ、先日お伝えした8月7日の講演ですが・・・



 「歴史への旅」掲載から10日ほど経ち、すでに20名様ほどの受講申し込みをいただいているそうです。

 皆様、どうもありがとうございます!

 これで流れずに無事に開催できます・・・(安堵)。

 もちろんまだまだ席はありますので、興味のある方はぜひ新宿までお越しください。

 ⇒ クラブツーリズムのこちらのページから申し込みができます

 それでは昼ご飯を食べて、午後も続きをします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【日本史大戦略】多賀城!【門マニア垂涎】

2016-05-19 23:33:35 | 八王子・東京・西関東の歴史
 なんか今週もバタバタしていて、「奥州強行旅行」の記事をなかなか書けませんが、今日は2日目に行った多賀城を「日本史大戦略」にアップしました。




 しかし一口に「多賀城」と言ってもかなり広大なので、今日は大畑地区と呼ばれている部分をアップしました。



 多賀城の北東隅部分なのですが、ここだけでも一つの史跡公園としてやっていけそうな素晴らしい場所です。



 白状しますと、私は「門マニア」で、歴史スポットにある建物には(近世城郭の天守閣も含めて)それほど興味が無いのですが、門だけは異様に好きなのです。

 多賀城みたいな古代の役所の門から近世城郭の枡形門、そしてお寺や神社の門や江戸期の名主の長屋門まで、門が大好きなのです。

 多賀城では、最も格式の高い八脚門の跡をいくつか見れて最高でした。



 「高尾幕府整備計画」では、政所は縄文時代みたいな竪穴住居にするつもりですが、門は八脚門にしたいです。

 荘厳な八脚門をくぐるとその先には竪穴住居が!!

 スミマセン、眠くて自分でも意味が分からないです。




 それでは、全国の「門マニア」に贈る、多賀城の探訪記録をどうぞご覧ください。


 ⇒ 多賀城外郭北東隅・外郭東門跡・大畑地区


 ところで、まだ正式には発表されていないのですが、口をつぐんでいることの不得手な私は先走って告知いたします。

 8月7日に、新宿のクラブツーリズム本社で講演する話はすでにお伝えしましたが(「歴史への旅」最新号に掲載されています)、それ以外にも2本、お話させていただく機会をいただきました。

  峺殿綸賈未療治拠点・多賀城の魅力」

 7月30日(土) 10:30〜12:00 新宿クラツー本社

 ◆峺殿綸賈未量院Σ椣弌淵┘潺掘砲瞭罅

 8月27日(土) 10:30〜12:00 新宿クラツー本社

 正式発表は6月10日なのですが、ほぼこの日時で確定と思って大丈夫です。

 それぞれ聴講料が1200円と高めで申し訳ありませんが、もし興味のある方は正式発表後にお申し込みください。

 あー、もう我慢できない!

 寝る!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加