東京Fancy Free Life♪

引っ越しました⇒ http://raviola.blog22.fc2.com/
といいながら、復活したりして…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Le 6eme sens 再訪

2008-09-18 | うまいもんはうまい!

行ってからずいぶん経ってしまったけどご報告。
初回から2ヶ月後、ル・シズィエム・サンズへ早々に再訪しました。

またまた、夜9時までオーダーできる1500円のカフェコースを。
4時とかへんな時間に銀座で食事がしたい時に重宝します。 
並んでたりすることもないから、すぐ入れるのも嬉しいところかな。

この日は、
前菜: 冷たいコーンスープ
 めちゃくちゃクリーミーで旨い! 軽く泡立ててる感じが好きです。
 ランチ価格で出るスープのレベルを遥かに超えてました。
 そういや、今年はとうもろこしが甘くて美味しかったですよね。

 

メイン: ビーフステーキ・赤ワインソース
 かなり大きめでボリュームのある牛肉で、満腹感ありました。
 固めだったので、和牛ではなかったかもしれない。(不明)
 一番気になったのはナイフが“切れない!”
 いつものカメレオンの尻尾のようなナイフじゃダメですって。

 

デザート:モモのジュレと赤いフルーツのソルベ
 前回と同じくカシスとチェリー?のソルベにはスパイスが入ってました。
 あれはクローブかクミン、そんな風味。ピリっとするのはたぶんチリ。
 パティシエさん、ソルベにスパイス入れるの好きなんですね。

飲み物: エスプレッソ
 前回はミルクをお願いしたら、あわ立てた(暖めた)牛乳
 を出してくれたんだけど、今回はなぜかクリームでした。
 ミルクが良かったのに~~~

今回はとにかく、コーンスープが美味しかったです。
しばらく経っても、時々思い出すくらいなので、相当気に入ってます。 
《レシピを知りたい》と思うメニューが
私の中で最上級ランクの味
です。

あとメニュは1つだけだけど、私がステーキを食べ終わる頃に座った
臨席には“メインはチキンです”と案内していたので、
1つが終わると次という感じになってるみたいです。
これがコストパフォーマンスの良さのポイントですね。
「もし肉が苦手だったら他でお願いできるんですか?」と聞いたら、
仕入れ具合にもよるので、当日確認してください、とのこと。
これなら叔母が東京に来たときにも連れていけそうです。
きっと気に入るでしょう。 

食事のあと、近くにできた「ペニンシュラホテル・東京」を見に行きました。
香港とは違って、ひじょ~~~に小じんまりした近代的なホテルで、
想像していたのと違いました。 ザ・ロビーが狭いし普通すぎる。
名物のアフタヌーンティをしようかと思ってたけど、
これだとマンダリンオリエンタルのほうが良いかも?(どうだろう?)
やっぱり、アフタヌーンティーは広い優雅な雰囲気の中でしたいですもんね。
地下にあるブティックのケーキはとっても美味しそうだったので
買いたかったけど、この後予定があったので次回買います。

地下の階段下にある、“石庭もどき” ち、ちっちゃい…

 

ホテルのこじんまりしたところが、こんなとこに表れてます。
橋本夕紀夫氏の内装設計だそうで、
あちこちに和のテイストを取り入れてました。

日本の美意識を伝える内外装デザイン――ザ・ペニンシュラ東京
『グルメ』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リーマンブラザーズ破綻 | TOP | ご報告 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。