一日一蟲 

徒然なるままに『蟲』への思いを綴ります 

クヌギカメムシ属の一種

2016年12月07日 | カメムシ


本日、9514歩。


私が子供の頃から遊んでいる「裏山」では見られなくなった『蟲』が何種かあります。
私が子供の頃は、[ ウスタビガ ] や [ シロスジカミキリ ] も見る事が出来ました。


『今日の蟲』は、【 クヌギカメムシ属 Urostylis の一種 】 です。
実は、この『蟲』も4~5年前から見られない『蟲』の一つになっていました。
「裏山」では2種の 【 クヌギカメムシ属 】 に含まれる種を見る事が出来ました。
[ ヘラクヌギカメムシ ] と [ クヌギカメムシ ] です。
特段珍しい種と云う訳でもナイのデスガ、4~5年前の冬、突然見られなくなりました・・・。


ソノ『蟲』を今日、再び見る事ができました!!
[ クヌギ ] の幹で産卵していた♀個体です。
産卵中ですから触る訳にもゆかず・・・・・
[ ヘラクヌギカメムシ ] なのか [ クヌギカメムシ ] なのかはワカリマセンでした。。。
でも、産卵中の樹皮の隙間をLEDライトで照らすと、「卵隗」を見る事が出来ました。


最初は OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO 60mm MACRO でスピードライトを焚いて普通に撮りました。
帰宅後、パソコンで画像確認をすると・・・・・
被写界深度が浅く、何を撮っているのやら?
・・・・・な、写真。
改めて撮り直しに行き、今度は深度合成モードで撮りました。
深度合成モードで撮るのだから、三脚を持って行けばヨイのに・・・・・
持っていなかったので、手持ちでの深度合成撮影。。。
幹に押し当てて撮れればヨイのですが・・・・・そうもゆかず・・・・・
膝を固定し、腕に載せてナルベク振動の無いように息も止めて・・・・・撮影。
ドウニカ・・・・・な1枚です。。。


この「卵隗」から幼虫が出て来る場面を撮れる様に・・・・・見守って行きたいと思います。


クヌギカメムシ属 Urostylis の一種  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro  深度合成モード
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ウラギンシジミ

2016年12月06日 | 


本日、通院日。三浦半島の突端まで行きます。


で、診察後、バス待ちの間に『蟲探し』・・・・・
数年ミテイナイ、[ オオキンカメムシ ] はイナイか。
と、周囲の照葉樹の葉陰を探すのデスガ・・・・・ミツカリマセン。


ソンナ時に陽当たりのヨイ電柱に止まってくれたのが『今日の蟲』、
【 ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta 】 です。
久しぶりに見る♀個体です。
ソウイエバ、♀個体は数年に一度しか撮れていないかもしれません。


現在、【 ウラギンシジミ 】 は [ シジミチョウ科 ] として分類されますが、
独立した、[ ウラギンシジミ科 ] として分類される事もあります。
その場合、日本国内では、この種が唯一の [ ウラギンシジミ科 ] の種と云う事になります。


ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta  神奈川県 横須賀市
RICOH GX200 Built,inn-speedlight
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キタキチョウ

2016年12月05日 | 


小春日和の本日、ちょいと少な目の4760歩。
「裏山」を散歩します。


[ クロスジフユエダシャク ] ♂個体の飛翔を狙いますが・・・・・
コレがフワフワと飛ぶわりには射程圏内に入らせてくれません。。。
まぁ、シバラクは飛んでいる事でありましょうから、アセラズニ・・・・・
♀個体も探しますが・・・・・今日も♀個体はミツカラズ・・・・・


『今日の蟲』は、越冬態勢に入っていた 【 キタキチョウ Eurema mandarina 】です。
陽当たりのヨイ場所では飛んでいる個体も目にすることが出来ました。
この個体の様に陽の当たらない場所で眠りに着いたモノは越冬態勢を続けるのでしょう。
真冬に 【 キタキチョウ 】 を見ると嬉しくなるので、この場所を覚えておきましょう。。。


キタキチョウ Eurema mandarina 鱗翅目 シロチョウ科 神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 + SAMYANG 7.5mm FISH-EYE + FL-LM2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カイガラムシ上科の一種

2016年12月04日 | 半翅目(カメムシ以外)


ヨイ天気の本日、4950歩。
「裏山」へ行きました。
「裏山」には同好の Ksan がいらっしゃって、一緒に撮影をしました。


まず、一昨日から成虫が活動を始めた、[ クロスジフユエダシャク ] を撮ります。
結構な数の♂が見られた事から、「♀も羽化している筈」と、探しますがミツカリマセン。
Ksan には、近隣のフィールドの情報や分類の事等、多岐にわたる事を教えて頂きました。


で、観撮の途中で見つけた、『今日の蟲』は、【 カイガラムシ上科 Coccoidea の一種 】 です。
最初に見つけた時は、[ ダニの一種 ] かと思いましたが、長円形の形をしていたので・・・
何だろう?となり・・・・・
レンズ越しに見ると、少し大きく見えて、【 カイガラムシ上科の一種 】 だと思いました。


この個体を見つけた [ コナラ ] の幹には、2頭の個体が見られました。
ベルベッティーなスカーレットレッド、シャァもかくやです。。。


楽しい観撮の時間を過ごす事が出来ました。


カイガラムシ上科 Coccoidea の一種  約3mm  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + FL-LM2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サタンオオカブト

2016年12月03日 | 甲虫(鞘翅目)


本日、8364歩。


『今日の蟲』は、【 サタンオオカブト Dynastes satanas 】 です。
【 サタンオオカブト 】 は記載されてから長い間追加個体が得られなかった珍種だったのですが、
2000年ごろに新産地が見つかり、更にクワガタムシ・カブトムシブームの頃に
活きた個体が輸入され、ソレが累代されて現在に至ります。


現在は、CITES のⅡ類にカテゴライズされ、原則的に輸出が認められない為、
この個体も含め、累代繁殖された子孫になります。


で、この個体は、ボリビア共和国 ラパス州 ユンガス山脈 コロイコ近郊産 で採集された個体の子孫になります。


羽化から2ヶ月半休眠していたのデスガ、昨日、写真を撮る為に出し、
イツモノヨウに白い皿の上に乗せたのデスガ・・・・・
脚が絡まり転んでしまう・・・・・
で、木に止まらせて撮影。。。


撮影前に指に爪が引っ掛かったのデスガ・・・・・
コレが物凄い痛さでした。。。


102mm の個体です。MyF1♂と二人、喜んで撮影をしたのでした。。。


サタンオオカブト Dynastes satanas 鞘翅目 コガネムシ科   ボリビア共和国産
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロスジフユエダシャク

2016年12月02日 | 


暖かく、歩いていると汗をかいてしまう本日11676歩。


『今日の蟲』は、「裏山」でも発生を始めました。イヨイヨシーズン到来の「冬尺」
【 クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 】 の♂個体です。


この『蟲』結構気配に敏感な種でナカナカ近寄らせてはもらえません。。。
ソレでもナントカ近寄り、マクロレンズで証拠写真を数枚。
魚眼レンズに換装して角度を変えながら撮って行きます。


Nikon D800 で魚眼レンズを使う場合は完全にノーファインダーで撮ります。
が、OlYMPUS O-MD E-M1 で撮る時は、背面液晶を見ながら撮ります。
ドチラがヨイか・・・・・と云う事はナイのデスガ・・・・・
E-M1 で背面液晶を見ながら撮る時は背景や構図を確認しながら撮る事ができます。
ただし、ピントまではこの小さなカメラの液晶では確認しきれません。。。
写真の出来上がりはどちらのカメラを使っても帰宅後、パソコンで確認せねばなりません。


で、APPLE から、iPhone 用のカメラのリーダーが発売されているそうで・・・・・
コレ、画素数の大きな機種のデータも見られるのでしたら即買いなんですが・・・・・


今シーズンも「冬尺」の季節が来ました。
「裏山」で見る事が出来る「冬尺」は多くアリマセンが、楽しみが増えました。。。
あ・・・・・画面上の方に葉が中途半端に写ってる・・・・・


クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 鱗翅目 シャクガ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 + SAMYANG 7.5mm FISH-EYE + FL-LM2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クサカゲロウ科の一種

2016年12月01日 | 脈翅目


雨で始まる一日・・・・・救いは寒くない事だろうか・・・・・
本日 5952歩・・・・・ちょっとサボリ気味・・・・・


午後には雨も止み、晴れてきたので「裏山」を一廻り。
ナニヤラ、チェーンソーの音が聞こえる・・・・・
立ち枯れた [ コナラ ] を伐採している様子。丁度、場所的に [ ヤツデ ] に近寄れない。
仕方がないので・・・・・人止め柵ルッキング。。。


『今日の蟲』は、【 クサカゲロウ科の一種 Chrysopidae 】 の幼虫です。
自分の捕食した相手や塵等を背負って生きて行く。。。
1/4 サイズにトリミングしても小さい・・・・・
小さな小さな幼虫以外に見られたのは [ テントウムシ ] ダケでした。。。


クサカゲロウ科の一種 Chrysopidae 脈翅目 クサカゲロウ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + FL-LM2 Trimming
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホシホウジャク

2016年11月30日 | 


本日、気合を入れて歩いたつもりが・・・・・7816歩・・・・・空回り・・・・・


その道中、市境の花壇で植栽の [ アガパンサス ] の葉にぶら下がっていたのが
『今日の蟲』、【 ホシホウジャク Macroglossum pyrrhosticta 】 です。
先日、幼虫を紹介したばかりですが、成虫にも逢う事が出来ました。


成虫で越冬はしないと思う(蛹越冬だと思います)ので、活動期後半の個体になります。
マクロレンズで撮った後、魚眼レンズでも撮ったのデスガ・・・・・
ナンダカただ魚眼レンズで撮ったダケの写真になってしまいました。。。

ホシホウジャク Macroglossum pyrrhosticta 鱗翅目 スズメガ科 神奈川県 横浜市
OLYMPUS OM-D E-M1 + SAMYANG 7.5mm FISH-EYE + FL-LM2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コクワガタ

2016年11月29日 | 甲虫(鞘翅目)


今日は歩く気がせず・・・・・5105歩。


『今日の蟲』は、【 コクワガタ Dorcus rectus 】 の幼虫です。
「裏山」を歩いている際に倒木片に躓き、その倒木の割れたトコロから出てきました。


私が子供の頃は現在の[ Dorcus 属 ] デハナク、
Macrodorcus 属 ] と云う属に分けられていました。
子供の頃、一番多く捕まえた [ クワガタ ] で、初めて幼虫を飼育したのも、この 【 コクワガタ 】 でした。


今日は意図せず、割り出してしまったのデスガ・・・・・もう、元の倒木に戻せるはずもナク・・・・・
きっと、鳥が食べてくれるだろう。と・・・・・ウッ・・・・・ナンダカ後味悪し・・・・・


コクワガタ Dorcus rectus 鞘翅目 クワガタムシ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + FL-LM2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホシホウジャク

2016年11月28日 | 


冷たい風が吹く本日、7292歩・・・ちょっと少な目です。。。
「裏山」を一回りしますが、メボシイ『蟲』もミツカラズ・・・・・
人止め柵の『蟲』を期待しますが・・・・・[ テントウムシ ] 位しか見つかりません。。。
で・・・殆ど枯れてしまっている [ ヘクソカズラ ] の葉の裏で見つけた
『今日の蟲』は、【 ホシホウジャク Macroglossum pyrrhosticta 】 です。
オソラク3齢幼虫だと思うのデスガ・・・・・
こんな時期に3齢幼虫では蛹化出来ないのでは・・・・・と、思いました。


イツモノヨウニ、マニュアルモードにスピードライトを焚いて撮影しますが・・・・・
色味が変わって落ち着いてしまします。
今日は、逆光でセピアな感じに見えていたので、それを再現したいと思い、
絞り優先モードとプログラムオートも試してみました。
結局、プログラムオートで撮った画像を採用です。。。


この様に、プログラムオートが良かったりする時もアルので、馬鹿にはできません。。。
記念すべき500種目の [ ガ ] は、【 ホシホウジャク 】 の幼虫でした。。。



ホシホウジャク Macroglossum pyrrhosticta 鱗翅目 スズメガ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメヨコバイの一種

2016年11月27日 | 半翅目(カメムシ以外)


天気も悪く寒い一日・・・・・
本日、10623 歩。。。


『今日の蟲』は、【 ヒメヨコバイ亜科の一種 Agnesiella aino 】 です。
標準和名が付いてイナイのデスガ、便宜上、種小名から 【 アイノヒメヨコバイ 】 と呼んでいます。
非常に小さな種で体長:3.5mm 程。。。
幸いにして、[ シラカシ ] の大木の幹を覆う苔の仲間に静止して動きません。
動かないので、深度合成撮影もできると思うのデスガ・・・・・
「裏山」へ三脚を持って出かける事がナイので試した事がアリマセン・・・・・
っていうか・・・・・Velbon の ULTRA LUX i mini しか三脚は持っていないので届きません・・・


この、【 アイノヒメヨコバイ 】 は、寒い時期にナラナイとミラレマセン・・・・・
【 アイノヒメヨコバイ 】 を見ると・・・・・冬の訪れを感じるのです。。。


ヒメヨコバイ亜科の一種 Agnesiella aino 半翅目 ヨコバイ科 体長:3.5mm  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + FL-LM2 Trimming
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キゴシハナアブ

2016年11月26日 | 双翅目


本日、10596 歩。。。


『今日の蟲』は、【 キゴシハナアブ Eristalinus quinquestriatus 】 です。
この画像は・・・・・偶然の産物で・・・・・
まぁ、偶然でも何でも飛んでりゃぁヨイんです。。。


種小名の [ quinque ] は [ 5 ] を意味します。
そして、[ striatus ] は [ 線 ] を意味しますので、[ 5つの線 ] となります。
と、思ったら・・・前胸背には4本の線しかアリマセン・・・・・


特徴的な複眼を持つ、【 キゴシハナアブ 】。
偶然でも飛んでいる姿は嬉しいモノなのです。。。


キゴシハナアブ Eristalinus quinquestriatus 双翅目 ハナアブ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + FL-LM2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンシロチョウ

2016年11月25日 | 


昨日とは打って変わっての秋晴れのヨイ天気。
本日 10618 歩。。。


天気はヨイのだけれど、空気は冷たい。。。
『蟲』も見られないか・・・と、歩いていると、目の前を横切った
『今日の蟲』は、【 モンシロチョウ Pieris rapae crucivora 】 です。


追いかけ、マズハ証拠写真。
実は・・・・・モンシロチョウを撮るのが得意ではアリマセン・・・・・
[ キタキチョウ ] も苦手です。。。
と、云うのも・・・スピードライトの光を翅が反射してしまい、トンでしまうのです。。。


で、マズハ証拠写真。と、云う訳デス。。。
その後、魚眼レンズに換装して・・・・・と、思ったら・・・・・ロスト・・・・・


今日は、【 モンシロチョウ 】 を撮れたダケでもヨシとせねば・・・・・


モンシロチョウ Pieris rapae crucivora 鱗翅目 シロチョウ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + FL-LM2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マックレイテナガコガネ

2016年11月24日 | 甲虫(鞘翅目)


54年振りに11月の雪だそうです・・・寒いです。。。


『今日の蟲』は、【 マックレイテナガコガネ Cheirotonus macleayii 】 です。
先日書いた 【 一日一蟲 】 で、「インドのダージリンなんて言われると・・・弱かったり・・・」
と云う件。。。
その「インドのダージリン産」の個体です。体長:69.5mm 最大級の個体です。
他にも、我家にはインド北部産の [ アッサムセタカガメ ] と云うカメもいたりします。。。
と、云う具合に蘭丸は行った事もナイ [ インド北部 ] に弱かったりするのです。。。


蘭丸は10年程前まで [ テナガコガネ亜科 ] の標本の収集もしていました。
Depression 再発後、家に居る時間が長いので・・・・・標本箱を引っ張り出して来たのです。。。


【 マックレイテナガコガネ 】 は、[ テナガコガネ亜科 ] の中でも
Cheirotonus 属 ] の基準種となります。
インドやネパールに分布していますが、国勢柄か、輸入される個体数が多くはアリマセン。
ここ10数年、この種は輸入されていないものと思われます。


OLYMPUS OM-D E-M1 の深度合成モードで撮りましたが、標本撮影にはモッテコイの機能です。。。


Cheirotonus macleayii 鞘翅目 コガネムシ科 テナガコガネ亜科 インド ダージリン地方産
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro 深度合成モード
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒゲナガサシガメ

2016年11月23日 | カメムシ


昨日と一転・・・冷たい風の吹く日です。。。
コンナ日は歩いていても『蟲』はミラレナイだろうけど・・・・・
と、歩いたのは 10391 歩。。。


最後に、「裏山」へ寄り道します。
まぁ、「裏山」でも見られる『蟲』は少なかろう。と、葉捲り。。。
葉捲りのシーズンが来ました。


で、何本目かの [ ヤツデ ] の葉裏から目に飛び込んだ
『今日の蟲』は、【 ヒゲナガサシガメ Serendiba stalianus 】 の幼虫です。
サイケデリシャスなこの『蟲』に「裏山」で逢えるとは思いもしませんでした。。。
角度を変えながら数カット撮影。
[ ヤツデ ] の葉裏から動かないであろうから、この冬の定点観察地になりそうです。


『蟲』を見る事が出来なさそうな日にサイケデリシャスな『蟲』と逢え、高揚したのでした。


ヒゲナガサシガメ Serendiba stalianus 半翅目 サシガメ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + FL-LM2
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加