一日一蟲 

徒然なるままに『蟲』への思いを綴ります 

ヤマノモンキリガ

2018年12月10日 | 


『今日の蟲』は、【 ヤマノモンキリガ Sugitania clara 】 です。
帰宅後、イツモノヨウニ「裏山」へ・・・・・。
「糖蜜トラップ」には、[ ヨスジノコメキリガ ] が多く見られます。
そして、フェンスには、[ フサヒゲオビキリガ ]。
1本の [ ネズミモチ ] に差し掛かった時、見えたのが写真の個体。
「コーリング」です。。。
「フェロモン嚢」が見えます。。。
感動です。3シーズン目にして「コーリング」観撮完了です。。。


シバラク♂個体が飛来するのを待ちましたが・・・・・アラワレマセンでした。。。
しかし、こうして「コーリング」する事がワカリマシタ。
生態を垣間見る事が出来ました。。。


ヤマノモンキリガ Sugitania clara 鱗翅目 ヤガ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + FL-300R

Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント

キマエキリガ

2018年12月09日 | 


今年の [ 蜻蛉目 ] は・・・・・
誕生日(4月21日)に [ ヨツボシトンボ ] を撮ったのを皮切りに、
「裏山」での、[ オニヤンマ ] の産卵シーン。
更に、レンタルした M.ZUIKO 300mm F4 Pro での [ ギンヤンマ ]。
意外な程、気に入ったのが、TG-5 の深度合成モードで
白バック深度合成撮影をした、[ ギンヤンマ ]。と、撮る事が出来ました。
毎年、[ トンボ ] に力を入れる。と、謳っている割には・・・・・
[ トンボ ]・・・・・少ないです。。。
もっと、撮りたいんですけどね・・・・・ムズカシイです。。。


さて本日、非常に寒い一日・・・・・。


帰宅後、「裏山」へ昨日仕掛けた「糖蜜トラップ」を見に行きます。
『今日の蟲』は、【 キマエキリガ Hemiglaea costalis 】 です。
「裏山」初記録種です。今シーズンで「冬夜蛾」3シーズン目デスガ、初記録です。
ナントモ、品のあるタタズマイ。。。
上翅外縁の黄色いラインのおかげでか、スラッっと見えます。
ナンダカ、マントを背負っている様です。
見ていて、飽きない種です。。。


山に棲む種だと思って、見てみたい「冬夜蛾」ランキングの上位だった本種。
意外や意外、「裏山」で出会ってしまいました。。。


凄いぞ「裏山」。。。


キマエキリガ Hemiglaea costalis 鱗翅目 ヤガ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40

Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント

クロオビフユナミシャク

2018年12月08日 | 


今年も [ カマキリ目 ][ ナナフシ目 ][ 直翅目 ] の掲載は少なかったです。
まぁ、蘭丸がこの辺の『蟲』を見分けられない。と云うのが一番の要因でしょう。
その中でも、20数年ぶりにみた [ チョウセンカマキリ ] は、心に残る『蟲』です。

続いて、[ 脈翅目 ]。[ キバネツノトンボ ] と [ コマダラウスバカゲロウ ]
しか、掲載していませんが・・・・・。
[ キバネツノトンボ ] は、長野県で見ました。
もう少し近くで見られると嬉しいのデスガ・・・・・何処かヨイ場所はナイかな。
[ コマダラウスバカゲロウ ] は、数少ない市内産です。
ネタ『蟲』に困った時に頼れる奴です。。。


『今日の蟲』は、【 クロオビフユナミシャク Operophtera relegata 】 です。
MyF1♂ を学校まで送り、その足で「生田緑地」へ。。。
私の行動圏内2種目の「冬尺蛾」が撮れました。。。
街灯の近くの偽木柵に止まってイマシタ。。。
まだ、♂しか活動していない様です。。。
ソウイエバ、【 クロオビフユナミシャク 】 の♀は撮った事がナイかもしれません。


今年は撮りたいモノです。。。
さて、MyF1♂ を迎えに行くかな。。。


クロオビフユナミシャク Operophtera relegata 鱗翅目 シャクガ科 神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40


Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント

クロスジフユエダシャク

2018年12月07日 | 


『今日の蟲』は、【 クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 】 です。
え~~~~っと、他に『蟲』が撮れませんでした。。。
ソレデモ「冬尺」が撮れれば満足です。。。
ソコカシコで他種の「冬尺」も報告が上がっているのデスガ・・・・・
私の行動範囲では、まだ 【 クロスジフユエダシャク 】 ダケの様です。。。


トコロで、「冬尺」を探していると・・・・・非常に間違い易い。と云うか・・・・・
がっかりさせられる『蟲』が居ます・・・・・[ カネタタキ ] です。。。
今日も何度もヌカヨロコビ・・・・・。


「冬夜蛾」も [ ノコメトガリキリガ ] しか見られなかったし・・・・・
まぁ、大好きな「冬尺」が見られたからヨシとしますか・・・・・


クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 鱗翅目 シャクガ科
神奈川県 横浜市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40


Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント

ウラギンシジミ

2018年12月06日 | 


本日休日。
朝から冷たい雨の一日。。。


ソロソロ、今年を振り返ってもヨイかと・・・・・
マズは、機材から。。。


ナントイッテモ、D850・・・・・は買えなかった・・・・・


え~~~~っと、OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ です。
勢いで買いました。。。
丁度、無印E-M1 が修理から帰って来て、使っていない綺麗な状態だったのでオークションに出品。
修理代金プラスになり、Mk-Ⅱ購入の資金プラスになりました。
画素数が上がった他、イロイロと性能向上が見られ・・・・・ヨイ買い物でした。。。


まぁ、今年は OLYMPUS に注ぎ込んだと云っても過言ではないでしょう。
夏に M.ZUIKO 300mm F4 Pro をレンタルした事からその性能に惚れ、秋に購入。
コレマタ、ヨイ買い物でした。。。


その OLYMPUS 用に Nissin i40 と云う スピードライト も購入。
コレ、ヨイです。。。


更には、バッグも新調。


まぁ、コレで OLYMPUS と Nikon の使い分けをどうするか。が決定。
基本的に、Nikon D800 は 魚眼レンズ機として、時に 300mmF4VR で使用。
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ は、マクロと望遠機として使用。
と、なりそうです。。。


さて、
『今日の蟲』は、【 ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta 】 です。
亜種小名が付いているので調べたのデスガ・・・・・
基亜種の産地がワカラナイ・・・・・
種としては、アジアに広く分布しているそうです。。。


シバラク、機材は増えない。と、思うのデスガ・・・・・
まぁ、RICOH から、GRⅢ も出るし。。。
ドウナルカナァ・・・・・


ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta 鱗翅目 シジミチョウ科 神奈川県 横浜市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40

Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント

ヒゲナガサシガメ

2018年12月05日 | カメムシ


『今日の蟲』は、【 ヒゲナガサシガメ Serendiba stalianus 】 です。

え~~~~っと、本文が思いつきません・・・・・
明日は書ける様がんばります。。。


コメント

ナナフシモドキ

2018年12月04日 | ナナフシ目


冬は何処へ・・・・・な、温かさ。
っていうか・・・・・暑い。。。


仕事帰りに、「県立三ッ池公園」へ。。。
前半は、「冬夜蛾」を探します。風が強く、[ サザンカ ] に「冬夜蛾」は見られません。
いや、少しは見られますが・・・・・
[ ヤツデ ] の花序には、[ カシワオビキリガ ] が。。。
一重の[ サザンカ ] の花には、[ ノコメトガリキリガ ] が。。。
それぞれ少ないながらも見られました。。。
ココイラで新規追加種が欲しいトコロです。。。


後半は、「冬尺蛾」探し。。。
人止めの立杭を見てゆきます。。。
え~~~~っと、イマセン。。。


『今日の蟲』は、【 ナナフシモドキ Baculum irregulariterdentatum 】 です。
え~~~~っと、孵化っちゃったみたいです。。。
ソレホド暖かかったか・・・・・
っていうか、積算温度で孵化日って決まるのではないのですか。。。


今年のトアル研究に『ナナフシは鳥に食べられて卵を遠くへ運んでもらうのか』
と云うモノがあったそうで、コレ、オモシロイです。。。

話すと長いのデスガ・・・・・
ヨウスルニ・・・・・鳥が 【 ナナフシモドキ 】 を食べるのですが、
【 ナナフシモドキ 】 の体内にアル「卵」は消化されずに「糞」と一緒に排泄。
排泄された「卵」は「孵化」する。
で・・・・・鳥は飛ぶので離れた地へ拡散できる。。。
                          と、云うお話。。。

コノ個体も何処からか運ばれて来たのか。と思うと・・・・・ロマンです。


ナナフシモドキ Baculum irregulariterdentatum ナナフシ目ナナフシモドキ科
神奈川県 横浜市 
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40

Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント

クロスジフユエダシャク

2018年12月02日 | 


MyF1♂ が卓球の試合だったので、試合会場まで送った後、
その足で『蟲撮り』に・・・・・「生田緑地」へ。。。
イツモとは違うトコロを歩いてみよう。と思い・・・・・


しばらくすると・・・・・[ コナラ ] 林の丘がアリマシタ。
下草や [ アズマネザサ ] は刈られ、その上に落ち葉が積もっています。
『今日の蟲』は、【 クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 】 です。
丘の地面付近では、物凄い頭数の 【 クロスジフユエダシャク 】 の♂ が舞っています。
「コレは狙えるかも…」地面付近を飛ぶ ♂個体 を目で追います。。。
何頭目かの ♂ が、ある地点の落ち葉の上でセワシナク飛んでいます。
その様子を見ていると・・・・・落ち葉上に静止。落ち葉の裏へ潜って行きました。
少し、時間を置いてからソノ落ち葉を捲ると・・・・・交尾しているではないですか!!


カメラを替え、レンズを替え・・・・・ポジションを替え・・・・・撮影して行きます。


少し視線を外せば、もうドコだかワカリマセン・・・・・探します。撮ります。


数年前に【 クロスジフユエダシャク 】 が落ち葉下でコーリングをする。
と云う、記述を見つけてから、ずっと探していました。
♀ は落ち葉の下でコーリングしているし、
♂ はそのコーリングからフェロモンを嗅ぎ取り落ち葉の下へ潜って行きます。

素晴らしい生態を目にする事が出来ました。

どうりで杭廻りでは ♀ がミツカラナイ筈です。。。

ココは個体数が多いので見つけられたのだと思います。
来年もココで探すことにしましょう。。。
ソレニシテモ・・・・・♂ ダケで100頭位は飛んでいたぞ。。。


クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 鱗翅目 シャクガ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40


Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント (2)

サトキマダラヒカゲ

2018年12月01日 | 


我奥様と映画ボヘミアンラプソディーを観に行きました。。。
すんごくヨイです。最後の伝説のチャンピオンが流れた時は涙が・・・・・


『今日の蟲』は、【 サトキマダラヒカゲ Neope goschkevitschii 】 です。
あれ・・・・・【 サトキマダラヒカゲ 】 は幼虫越冬だけっか・・・・・
と、帰宅後に検索。「蛹」で越冬する。とアリマス。探してみようかな。。。


って、捕まえてくればヨカッタのか・・・・・
まぁ、「蛹」探しをするのも、冬の楽しみの一つに加えられたら・・・・・ってぇ事で。。。


どうも、地上の落ち葉の中で吊る。との記述を見つけましたが・・・・・はて???
コレは、探して確かめる以外にナイ。。。
見つかるとヨイのだけれど・・・・・。



サトキマダラヒカゲ Neope goschkevitschii 鱗翅目 タテハチョウ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40


Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント (2)

ヤエヤママルバネクワガタ

2018年11月30日 | 甲虫(鞘翅目)


『今日の蟲』は、【 ヤエヤママルバネクワガタ Neolucanus insulicola insulicola 】 です。


私が子供の頃の図鑑では、日本産の [ マルバネクワガタ ] は、
[ タテヅノマルバネクワガタ ] と [ チャイロマルバネクワガタ ] の2種に分類されていました。
戦後長い間、生息地がアメリカに接収されていた為に採集に入れず、詳しい事が分かっていなかった事
等が、原因として考えられます。。。
この、[ タテヅノマルバネクワガタ ] が生息地の日本への返還後に精査され3種に分けられました。


【 ヤエヤママルバネクワガタ 】 をはじめ、[ マルバネクワガタ属 ] は、
褐色腐朽菌によって、ヨク分解された樹木のフレーク状になった部分を食し成長します。
そんな、[ マルバネクワガタ属 ] の中でも 【 ヤエヤママルバネクワガタ 】 は
比較的、飼育しやすい種類と云えます。。。


今回、大歯型の♂ と、大型の♀ を入手することが出来ました。
これで我家には2系統の 【 ヤエヤママルバネクワガタ 】 が居る事になります。
さて・・・・・10頭程度でヨイから・・・・・幼虫取れないかなぁ。。。


ヤエヤママルバネクワガタ Neolucanus insulicola insulicola 鞘翅目 クワガタムシ科
石垣島 屋良部岳産  
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40


Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント

クヌギカメムシ属の一種

2018年11月29日 | カメムシ


本日休日。
少しづつ、年末へ向けての掃除などを始めたのデスガ・・・・・大変。。。


その重圧から逃れる様に『蟲撮り』へ。。。
『今日の蟲』は、【 クヌギカメムシ属 の一種 Urostylis sp. 】 です。
昨年、一昨年と「裏山」でも再び活動する姿が見られました。
今年の春には、「幼虫」が活動する姿も見られたのデスガ・・・・・イナイ。。。
「裏山」では、今年 【 クヌギカメムシの仲間 】 を見る事が出来ませんでした。


で・・・・・「県立 東高根森林公園」へ・・・・・
【 クヌギカメムシの仲間 】 は、生息している筈なので、ゆっくり探すとして・・・・・
マズは、[ クロスジフユエダシャク ] の♂を追います。
追っている内に、♀の元へ辿り着く筈なのデスガ・・・・・
地面付近で細かく羽ばたく個体は要チェックです。。。
が・・・・・♂単なんです・・・・・。
イナイ筈はナイんですが・・・・・って位、♂は沢山飛んでいます。。。
[ クヌギ ] や [ コナラ ] の幹もチェックします。。。
イマセン・・・・・。


で・・・・・目に入ったのが、【 クヌギカメムシ属の一種 】。
♀で、卵を沢山お腹の中に持っているので、ハチキレンバカリです。。。
な、様子なので・・・・・わざわざ触る事もなかろう。
と、種まで絞り込めませんが触りませんでした。。。


「裏山」ではまた見られる日が来るのか・・・・・
まぁ、ココへ来れば見られるんですけどね。。。


クヌギカメムシ属 の一種 Urostylis sp. 半翅目 クヌギカメムシ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40

Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント

オオツノカメムシ

2018年11月28日 | カメムシ


『今日の蟲』は、【 オオツノカメムシ Anaxandra gigantea 】 です。
【 一日一蟲 】 300個体目の [ カメムシ ] は 【 オオツノカメムシ 】 でした。


「裏山」で「冬尺」の発生が始まった事から、「県立 三ッ池公園」へ日没を見計らい行きました。
前半は「冬夜蛾」。後半は「冬尺」だったのデスガ・・・・・ミラレズ・・・・・
あ・・・・・「冬夜蛾」はいくつかイマシタけどね。。。
既に今シーズン掲載済みの種ばかりでした。。。


で、[ サクラ類 ] の幹に居た 【 オオツノカメムシ 】。
「巨大」を意味する 種小名 が付けられる大型種で、
前胸背のスパイクが太長く立派。しかも・・・・・赤。


ネット上には [ クロウメモドキ科 ケンポナシ ] から吸汁する事が書かれていましたが、
ココで [ ケンポナシ ] はミタコトナシ・・・・・。
さて・・・・・ナニが代替え植物なのか・・・・・
興味深いデスガ・・・・・ワカラナイだろうなぁ・・・・・。


300個体目の「カメムシ」はイカシタ奴でした。。。


オオツノカメムシ Anaxandra gigantea 半翅目 ツノカメムシ科  神奈川県 横浜市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40

Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント

クロスジフユエダシャク

2018年11月27日 | 


帰宅後、イツモの様に「裏山」へ・・・・・。
フェンスにも糖蜜にもイツモの「冬夜蛾」が見られます。
只、ソロソロ違った種が見たいのも本音です。。。
で・・・・・樹の周りで『蟲』を探していると・・・・・


『今日の蟲』は、【 クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 】 です。
♀個体発見です。樹の根本の落ち葉の上をセワシナク歩いていました。。。
翅の小さな♀は歩く事に特化していて、歩くスピードは相当な速さです。。。
コノ個体も、落ち葉上で撮影した後、樹幹に上り始め・・・・・あっという間に背の届かないトコロへ。。。


小さな「翅」を持った代わりに長い「脚」でスバヤク移動します。


昨日の今日(♂を見てから)で、♀個体を見られるとは思っていなかったので・・・・・
見つけた瞬間、声をあげてしまいました・・・・・。
以外とじっとしていてくれない個体で、撮影には苦労しましたが、
コレで来年もまた、確実に 【 クロスジフユエダシャク 】 が見られる筈なので嬉しい事です。


クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 鱗翅目 シャクガ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40


Amazon Kindle より、【 一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 発刊中です。
コメント (3)

一日一蟲 ~FLYING INSECT~

2018年11月26日 | ツレヅレナルコト


Amazon Kindle から、デジタル写真集を発刊しました。
一日一蟲 ~FLYING INSECT~ 】 です。

Kindle Comic Creater を使って、作りました。
コレが結構手間です。。。
まず、写真集ですから写真を用意します。
その写真全てを 2560X1600 のサイズにします。
比率で求められるソフトなら、8:5 です。

続いて、文字を入れたいのですが、入れ方が判らなかったので、
Windowsのペイントソフトを使って、文字入れ(学名)を入れてゆきます。

で・・・・・ソフトで編集。
それから、Amazon に登録するのデスガ・・・・・買い物より面倒くさいです。
特に、税のトコロ・・・・・え~っと、知りたい方は、コメントを下さい。

皆さんにご覧頂きたい訳デスガ・・・・・

Kindle のアプリをダウンロードして頂かなければナリマセン。。。
iOS の方は・・・・・コチラ
Android は・・・・・コチラ

で・・・・・ダウンロードが済んだら、【 一日一蟲 】 で検索してみて下さい。

ここ5年位の撮った写真の中から、厳選した作品を入れてあります。
【 一日一蟲 】 に載せていない写真もアリマス。
是非、ご覧頂きたく・・・・・よろしくお願いいたします。
コメント (2)

クロスジフユエダシャク

2018年11月25日 | 

早朝、陽が昇ると同時に「裏山」を散歩。。。


足元に気を付けながら歩きます。。。


『今日の蟲』は、【 クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 】 です。
他所に遅れる事何日? 「裏山」でもヨウヤク成虫が発生しました。。。
イヨイヨ・・・・・「冬尺シーズン」の到来です。。。
ソノ、先陣を切る 【 クロスジフユエダシャク 】。昼行性なのがオモシロイトコロです。
昼間の雑木林の林床をヒラヒラと飛んでいます。。。
♀は、翅が小さくなり飛ぶ事はデキマセン。。。
落ち葉の裏等で、フェロモンを出し・・・・・♂を誘います。
ナカナカ見つかる『蟲』デハナク・・・・・毎年、チマナコになって探しています。。。


さて、♂が発生したという事は・・・・・♀も活動を始めるでしょう。
昼間の雑木林へ行って、探さねばなりません。。。
そして、今年こそ・・・・・交尾シーンを・・・・・


クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria 鱗翅目 シャクガ科 神奈川県 川崎市  
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-Ⅱ + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40
コメント (2)