ザ・クアトロ

クアトロの父のたわごと

ラスパドゥーラ3始動!

2017年02月21日 | チーズの話

花びらのように削って食べるラスパドゥーラ。
クアトロではどうやって食べるのだろうか。
まずは、そのまま前菜として食べる。
シーザーサラダとして、野菜にたっぷりとトッピングした「ラスパドゥーラたっぷりのサラダ」。
ピッツァにトッピングした「ラスパドゥーラたっぷりのピッツァ」(写真)
そして、パスタやリゾットにトッピングして食べる。
おすすめは、「トマトとチーズ」「アラビアータ」「ポモドーロのパッパルデッレ」「生ハムときのこ」「きのことホウレン草のクリームソース」「ボロネーゼのタリアテッレ」「パルミ・ペンネ」「パルミ・リゾット」などにトッピングするのがおすすめだ。
たっぷりとトッピングして200円になります。
また、ワインはもちろんとして、日本酒にもよく合います。
おみやげにもなります。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラスパドゥーラ3到着!

2017年02月20日 | チーズの話

クアトロに、ラスパドゥーラの3代目が入荷。
ラスパドゥーラとは、イタリアのロンバルディア地方特有のチーズ。
6ヶ月熟成した柔らかいチーズの表面を専用ナイフで薄く削って、前菜にしたり、サラダやパスタやリゾットやピツツァにトッピングして食べます。
パルミジャーノの柔らかい感じのもので、そのとろける口溶けとコクのある旨みが魅力。
このチーズのファンもすっかり定着しました。
今回の3代目の封切りはまもなくです。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月のおすすめ~石垣鯛

2017年02月19日 | 魚の話

石垣のような模様の魚だから、石垣鯛と云うらしい。
この刺身が旨い。
食感はコリコリとしていて、旨みがジワッと云う感じだ。
絞めてからから、少し時間をおくとさらに旨みが増すように思える。
今晩あたりが食べ頃だろうか。
クアトロは、カルパッチョだけでなく、刺身の盛り合わせもおすすめ。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の居酒屋クアトロ~牛タンの味噌漬け

2017年02月18日 | 食の話

昨日は、クアトロの居酒屋でした。
なかなかの盛況をいただきました。
その中で、人気のあったメニューのひとつが“牛タンの味噌漬け”。
もちろん自家製です。
ギュウタンも柔らかく、味噌との旨みが絶妙でした。
そして、日本酒に良く合います。
その牛タンの味噌漬けと、牛タンの赤ワイン煮が若干あります。
裏メニューでのご紹介です。
食べたい方は、そっとクアトロの父にお尋ね下さい。
表のメニューも本日も充実しております。
魚介では、天然ブリ・活タコ・真イワシ・石垣鯛・カマス・ホタルイカ・甘エビ・ギバサ・殻付きカキなどなど。
こちらは、堂々とクアトロの父にご注文ください。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の居酒屋クアトロ~白レバーの甘辛煮

2017年02月17日 | 魚の話

昨日と今日は、クアトロの居酒屋。
今回の居酒屋メニューの新作のひとつが“白レバーの甘辛煮”。
クアトロの父は、偏食家のため、鳥や内臓ものがだめ。
それでも、フォワグラなら食べる。
白レバーは、自然に発生した鳥の脂肪肝で、とても希少価値がある。
臭みも少なく、まさしくフォワグラのようだ。
この白レバーを焼き鳥のタレのように甘辛く炒め、そこに黒コショウをかける。
これが旨い。
クアトロの父も納得の逸品だ。
さらに、日本酒が良く合う。
居酒屋限定のメニューだが、形を変えてまた、登場するかも・・・。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加