ザ・クアトロ

クアトロの父のたわごと

12月のおすすめ~王侯貴族の食後酒とチーズ

2016年12月11日 | ワインの話

ドイツのアイスワインがクアトロに入荷した。
食事のしめくくりにおすすめのデザートワインだ。
ドイツは寒冷の地のためブドウの糖度がなかなか上がらない。
やっと糖度が上がりワインを作れるようになるとすでに雪の降る冬になってしまう。
収穫を忘れ、取り残されたブドウの木があったのだろう。
その完熟のブドウの水分は氷結し、干しぶどうのようになったそのブドウは糖度と旨味が凝縮している。
そのブドウを大量に集めてやっと一本のワインが出来る。
しかも、厳寒の早朝に手詰みで収穫する。
出来上がったワインは、蜂蜜のようにトロリと甘くしかも爽やかな酸も備えている。
それがアイスワインだ。
限られた環境でなくては作れないこのアイスワインはとても手間がかかる。
昔は王侯貴族しか味わえなかった贅沢なワインだ。
ブルーチーズの王様、ロックフォールは洞窟に羊飼いがチーズを置き忘れたのがきっかけで生まれたチーズと云われる。
アイスワインには、ロックフォールがとても良く合う。
王侯貴族の気分をクアトロで堪能してみよう。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月のおすすめ~美味礼讃のチーズとワイン

2016年12月10日 | チーズの話

あれは中校生の頃だっただろうか。
喫茶店で「サヴァラン」なるケーキを初めて食べた。
お酒が効いているケーキだ。何て美味しくて、おしゃれな食べ物だと思った。
何やら覗いてはいけない大人の世界に踏み込んだ気がしてドキドキしたものだ。
チーズにも、「ブリヤ・サヴァラン」という名のものがある。どちらも、フランスの美食家ブリヤ・サヴァラン氏(1755-1826)の名前をいただいたものだ。
チーズの方のブリヤ・サヴァランは、生クリームを混ぜ込んで乳脂肪75%、トリプルクリームという分類のチーズで、味わいはクリーミーで濃厚だが、後味は爽やかである。
高脂肪は良くないとされるが、このチーズを口にするとそんなことは、もうどうでもよくなる。
ドライフルーツやジャム、ハチミツなどを添えるとワクワクドキドキである。
このブリヤ・サヴァランの著書に「美味礼讃」がある。
彼の言葉で「チーズのない食事は片目を欠いた美人のようなものですね」というのがある。
彼は政治家でもあるので、現代だったら、不適切な表現とされるかもしれないが、云いたいことはよくわかる。
ブリヤ・サヴァランに、南フランス・ラングドックのシャルドネを合わせてみた。
これが良く合う。
クアトロで美味礼讃をいかがだろう。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月のおすすめ~霧のワインとチーズ

2016年12月09日 | チーズの話

イタリアの北西にあるピエモンテは山の足という意味だ。
アルプスの麓にある地域がピエモンテなのである。
トリノ・オリンピックが開催されたように冬はとても寒い地域である。
太陽に向かって斜面の広がるこの一帯には乾燥した夏も訪れる。
これらの条件がワイン造りに最適の地域である。
イタリアの高級ワインの大半はこの地域で生産されている。
その高級ワインの主役は“バローロ”や“バルバレスコ”であろう。
ワインの王とかワインの女王と呼ばれるワインである。
そのバローロ、バルバレスコを作るブドウが“ネッピオーロ”である。
このネッピオーロとは“霧”という意味だが、乾燥した夏から雪の降る冬に移る頃にこの地域は霧に包まれ、その時期に収穫されるブドウのためこの名前が付いたと言われる。
このネッピオーロからバローロを作った搾りかすにチーズを漬け込んだものがある。
これが絶品である。
“オッチェッリ・アル・バローロ”と言う。
ネッピオーロのワインとこのチーズをクアトロで合わせてみてはいかがだろう。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新着チーズ~プティ・アグール

2016年12月08日 | チーズの話

まるでカーネーションのようなチーズ「プティ・アグール」はクアトロで起きた謎の怪事件である。
口溶けが良く、とてもクリーミーなのに味わいにコクがある。
これが羊のミルクならではの美味しさなのだろうか。
この羊たちの沈黙と同様に、新しい美味しさの謎は、若きFBI訓練生クラリスをまたも悩ます。
クラリスは、危険を覚悟して、獄中のハンニバル・レクター博士のもとへ。
「プティ・アグールの謎を解くヒントをあげよう、クラリスお嬢さん」
レクター博士の目が光る。
さて、あなたもプティ・アグールの美味しさの謎にクアトロで挑戦しよう。
ただし、このチーズの美味しさの虜にならないように、警告しよう。


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クアトロのおせちと生パスタで謹賀新年

2016年12月07日 | クアトロ・スタジオーネの話

おせちのご予約を受付中のクアトロ。
例年、二段重(約20センチ四方)のおせちでしたが、来年のおせちは、一段重(約19センチ×29センチ)。
クアトロならではの、生ハムやチーズなどを中心にしたオードブルをボルュームアップで色々と取り合わせ。
価格は、12,960円(税込)。
お正月に、ワインや日本酒などと共に楽しんでいただきたいクアトロ風おせちです。
ご予約・お問い合わせは、☎04-7142-7444(水曜日定休)
12月31日、クアトロでのお引き渡しになります。
配達のご相談も承ります。

*写真は、サンプルですが、当日はさらにグレードアップしたおせちをご用意いたします。

さらに、年越しパスタに年越したパスタはいかがでしょう。
クアトロ自慢の生パスタを6食とトマトソースと四種チーズのソースを各3食ずつのセットです。
冷凍にしてありますので、お好きな時に簡単に調理できます。
生パスタは冷凍にするとコシがでるので、美味しいパスタでお正月を迎えられます。
価格は、3500円(税込)
ご予約・お問い合わせは、☎04-7142-7444(水曜日定休)
12月27日までの営業中と31日、クアトロでのお引き渡しになります。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加