ただ生きるのではなく、よく生きる

自然の法則をとらえ、善(よ)く生きるために役に立つ情報を探して考えてみる

地球上で宇宙的な社会を実現する

2017-07-11 17:47:05 | 異星人情報
ただひとことで「宇宙的な社会」といっても、それを明確に頭の中でイメージできる人は
少ないと思います。現在の地球では、一見すると文明が発展していますが、高次元宇宙
ではそれよりもはるかに進んだ「高次元テクノロジー」というものが存在しています。

もし、人類がこの地球上で宇宙的な社会を実現していこうとするなら、まずはエネルギー
資源を、石油や石炭などから宇宙船に使われているフリーエネルギーに切り替えていか
なければなりません。

このフリーエネルギーというのは、エジソンと同時代の発明家であるニコラ・テスラに
よって、地球でも百年以上前に発見されていました。テスラは、地球内部に存在している
電気振動と共振させることにより、莫大なエネルギーをタダ同然で、しかも永続的に
世界中に配給できるという事実に気付いていました。しかし、当時はエネルギー供給
を独占している企業の策略によって、意図的にそのアイディアが封印されてしまいました。

このような情報の隠ぺいは、何も地球社会の一部だけでおきていることではありません。
私たちの社会では学校教育や企業などでも、闇の権力による情報操作が日常的に
行なわれています。たとえ、それがひとりの人間だけを洗脳していくようなコントロール
であっても、いつしか社会全体までもが動かされていくことにその恐怖が隠されています。

もし、テスラの時代に人々がフリーエネルギーについての真実を共有していれば、現在の
私たちはもっと豊かな社会の中に暮らしていたはずです。ですが、時の権力者の横暴
のために、人類に有益な情報ほど隠されてきたという闇の歴史が、地球上では長らく
続いてきました。

私たちの社会が、今のように一部の権力者によって情報操作されている要因の一つ
には、お金が中心にあって動かされている社会システムの存在があります。
人の生活基盤にはお金が無くてはならないものだという常識概念があるために、
地球人はまるで借金奴隷のようにあくせくと働かされていますが、そんな光景を、ET
たちは宇宙から不思議そうに眺めているのです。

宇宙には、元から金銭によって経済を動かしていくという概念が無く、また病気や
戦争などの混乱もありません。とはいえ、”宇宙は自由な場所だから、何をしても許され
ます”という考え方でもなくて、宇宙に生きているETたちもあるルールに従って動いて
います。

そのルールの一つに、クリーンエネルギーを利用して、自分たちが住んでいる惑星を
永遠に美しい環境に保っていくというものがあります。これは、本来なら地球に暮らして
いる我々も当然のように守らなくてはならない基本ルールですが、現在の地球では
残念ながらそれが守られているとはいえません。

また、これから先の地球社会では、人が精神的にも豊かに人生を生きていく「宇宙
ライフスタイル」の実現が望まれています。宇宙には、どんな時でも他者に対する
思いやりとサポート精神が見られますが、そのおかげで豊かさが巡りめぐって、結局は
自分の元に返ってくるというシステムが当たり前に機能しています。

現在の地球社会では、どちらかといえば、「いい人が損をする」と思われている傾向
がありますが、宇宙の法則に鑑みれば、実はこの概念自体が間違いだったということ
ができます。ですから、地球がその誤りを正して、元の方角にコンパスを合わせることが
できれば、私たちの社会も宇宙の法則どおりの「いい人が得をする社会」にもどって
いくことでしょう。

現在では、地軸の傾きも23.4度から元の直立位置に戻ろうとしています。地球の
地軸はアトランティスの時代から斜めになっていましたが、私がETから受け取った
情報によると、これも本来なら真っ直ぐであるべきだということでした。

この地球で宇宙的な社会が実現できたあかつきには、全人類がいまより安全で
もっと幸福な未来を迎えることができるでしょう。

─『ホログラムマインド 宇宙意識で生きる地球人のためのスピリチュアルガイド』
  アセンション・ガイド グレゴリー・サリバン著 キラジュンヌ株式会社刊








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間の内的発展も完全に段階... | トップ | 人間はどう生きるべきか、ど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

異星人情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。