起動時のWindowsとMac OSの選択画面をカスタマイズするには

Macの起動時にOptionキーを押していると表示されるブートメニューは、シンプルながらも、それでいて美しいものです。しかし、Boot Campで毎回OSを切り替えるために毎回Optionキーを押すという操作には、やや煩わしさも否めません。そこで、今回はブートメニューをカスタマイ ズする方法をご紹介します。

以前このブログの「Intel MacでMac OS XとWindows Vistaをデュアルブートするには~その6~」でご紹介したrEFItを使って、Front Row風のブートメニュー(デザインが今イチなのは、管理人のセンスの限界です……)にカスタマイズします。すでにrEFItを導入済みの方は「■メニューの表示設定をカスタマイズする」からご覧ください。

【08/02/29訂正】rEFIt 0.11リリースに合わせて、内容を更新いたしました。画面は旧バージョンのままですが、ほぼ同様の操作となっております。

■ブートローダー「rEFIt」をインストールする
rEFItは無償で利用できます。ここでは導入手順だけを紹介しますが、URLにあるドキュメントには一通り目を通しておいてください。

 Mac OS Xを起動してSafariから以下のURLにアクセスし、「rEFIt 0.11 (6.5M Mac disk image) 」をクリックしてダウンロードを開始する。

・The rEFIt Project
http://refit.sourceforge.net/
  

【Mac OS X 10.4 (Tiger)の場合のみ】
「“rEFIt-0.11.dmg”にはアプリケーションが含まれています。」と表示されたら、「続ける」ボタンをクリック
  

 ダウンロード完了後に開いたウィンドウ内の「rEFIt.mpkg」をダブルクリック
  

 「rEFItのインストール」の画面が表示されたら、「続ける」ボタンをクリック
  

 使用許諾契約を確認して、「続ける」をクリック
  

 「同意する」ボタンをクリック
  

【Mac OS X 10.4 (Tiger)の場合のみ】
起動ディスクに指定しているMac OS Xのシステムパーティションをクリックし、「続ける」ボタンをクリックしてください。
  


 「インストール」ボタンをクリック
  

 パスワードを求められたら、ログインしている管理者権限のユーザーのパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリック
  

 インストールが完了したら、「閉じる」ボタンをクリック
  

これで、rEFItのメニューが起動時に表示されるようになります。これだけでも、Windows VistaとMac OS Xの起動選択には十分です。

■Windows Vistaアイコンの作成
rEFItには標準でWindowsアイコンが用意されていますが、Windows Vista用のアイコンを追加しましょう。アイコンの作成方法は「Mac OS X上のWindows Vistaドライブのアイコンを変更するには」で紹介した手順と同じです。上記記事ですでにアイコンファイルを作成済みの方は、アイコンのファイル名を「os_winvista.icns」に変更した上で、手順14にお進みください。

 下記のURLにアクセスし、「Get img2icns!」のリンクをクリック

・img2icns 0.4(Shiny Frog様 作、フリーウェア)
http://www.shinyfrog.net/en/software/img2icns/

10 ダウンロードが完了すると、デスクトップにimg2icnsのアプリケーションが展開される
  

11 アイコンにしたい、アルファチャンネル(透過情報)を持ったPNGファイルを用意する
    

※ここでは、上記のPNGファイルを例として使用します。右クリックして「イメージをデスクトップに保存」し、今回はファイル名を「os_winvista.png」に変更してください。

12 ダウンロードしたPNGファイルを、img2icnsにドラッグ
  

※画面は流用のため、実際のファイル名とは異なります。

13 img2icnsのウィンドウが開き、「os_winvista.png」ファイルから「os_winvista.icns」ファイルが作成される
  

※画面は流用のため、実際のファイル名とは異なります。

14 デスクトップのMac OS Xディスクをダブルクリックして開き、「efi」-「refit」-「icons」の順に開いて、手順13の「os_winvista.icns」ファイルをドラッグしてコピー
  

これで起動時に表示されるWindows Vistaパーティションのアイコンが変更されました。

■背景色とバナー領域画像、選択状態画像の変更
rEFIt のデザインは、上部に表示するバナー画像と、選択状態を表す144ドット四方の画像によってカスタマイズできます。背景色はバナー画像の左上1ピクセルの 色によって決められます。ここではとりあえず下記の画像をお使いになって感覚をつかんでから、ご自分のカスタマイズをお楽しみください。

15 rEFIt上部のデザインとなる下記のPNGファイルを右クリックして「イメージをデスクトップに保存」をクリックし、ファイル名を「banner.png」に変更する
  

※1280×800~1920×1200の解像度まで対応できるサイズで作成しております。ダウンロードして開くと横に巨大な画像となりますがご了承ください。

【補足1:プレビューで作成したBMPファイルがrEFItで表示されない場合】
Mac OS X 10.5 (Leopard) のプレビューで作成したBMPファイルは、rEFItで利用できないことがあります。この場合、手順16~20の保存操作を荻原 剛志様 作のフリーウェア「ToyViewer」を用いて進めてください。

 上記リンクからToyViewerの最新版をダウンロードし、アプリケーションフォルダにコピーする
  

 ToyViewerを起動し、このページからダウンロードしたrEFIt用の画像をDockのToyViewerアイコンまでドラッグする
  

 「ファイル」メニューの「形式を選択して保存」-「BMPで保存」の順にクリック
  

 ファイル名の右横の「▼」をクリックして、Mac OS Xパーティションをクリックし、「efi」-「refit」の順に開いて「保存」ボタンをクリック
  

16 保存した「banner.png」をダブルクリックしてプレビューで開き、「ファイル」メニューの「別名で保存」をクリック
  

17 「フォーマット」から「BMP」を選択して、Mac OS Xパーティションをクリックし、「efi」-「refit」の順に開いて「保存」ボタンをクリック
  

18 起動ボリュームの選択状態を表す下記のPNGファイルを右クリックして「イメージをデスクトップに保存」をクリックし、ファイル名を「selection-big.png」に変更する
  

19 保存した「selection-big.png」をダブルクリックしてプレビューで開き、「ファイル」メニューの「別名で保存」をクリック
  

20 「フォーマット」から「BMP」を選択して、Mac OS Xパーティションをクリックし、「efi」-「refit」の順に開いて「保存」ボタンをクリック
  

これで素材は全てそろいました。後は、rEFItの設定を変更するだけです。

■メニューの表示設定をカスタマイズする
rEFItの標準では、ブートパーティション以外にrEFItのコマンドプロンプ トやツールのアイコンが表示されますが、今回はFront Row風ブートメニューのために、バナー画像とブートパーティションの選択メニューだけ表示されるようにし、Windowsパーティションが優先的に選択される よう変更します。あと、起動時に必ずOSを選択できるよう、20秒経つと自動起動する機能もオフにします。

21 アプリケーションフォルダを開き、「テキストエディット」をダブルクリックして起動して、「ファイル」メニューの「開く」をクリック
  

22  Mac OS Xパーティションをクリックし、「efi」-「refit」-「refit.conf」の順に開いて選択して、「開く」をクリック
  

23  rEFItの設定ファイルが開いた
  

・9行目付近の「timeout 20」を「timeout 0」に変更。
- 数秒後に自動起動させたい場合は、数値の部分に秒数を指定する
・40行目付近の「#banner hostname.bmp」を「banner banner.bmp」に変更。
・51行目付近の「#selection_big selection-big.bmp」を「selection_big selection-big.bmp」に変更。
・末尾の「#EOF」の2行上にある「#legacyfirst」を「legacyfirst」に変更。
- Mac OS Xのパーティションを優先的に起動したい場合は、「#legacyfirst」のままにしておく
・末尾の「#EOF」の上に「hideui tools funcs label hdbadges」の1行を追加。
- OSアイコンの右下にディスクアイコンを表示したい場合は、上記から「hdbadges」を削除する。
- 選択したボリュームの説明文を表示したい場合は、上記から「label」を削除する
- 再起動ボタンを表示したい場合は、上記から「funcs」を削除する。その場合、29行目付近の「#selection_small selection-small.bmp」を「selection_small selection-small.bmp」に変更し、下記の画像を手順18~20と同様の方法で「selection-small.bmp」として保存す る。


※refit.conf ファイル内に説明が記されているので、上記解説でわからない場合は、そちらもご参考ください。

【補足2:Apple Hardware Testや外付HDDを非表示にするには】
一 部のMacにプリインストールされているApple Hardware Testや、起動ボリュームではないUSBメモリや外付HDDを非表示にしたい場合は、末尾の「#EOF」の上に「disable hwtest external」の1行を追加してください。「hwtest」がApple Hardware Test、「external」がUSBメモリを含む外付ドライブ全般を指します。

24 保存して、テキストエディットを終了

【補足3:rEFItをアンインストールするには】
rEFItをアンインストールする場合は、下記の2つのフォルダを削除します。
Macのボリューム直下にある「efi」フォルダ
「ライブラリ」-「StartupItems」内にある「rEFItBlesser」フォルダ

これですべての設定は完了です。再起動して、本記事のトップのような画面が表示されたらOKです。それでは、また。
コメント ( 56 ) | Trackback ( 5 )
« Boot Camp 1.1... Mac OS XからW... »
 
コメント
 
 
 
Vistaアイコン右下ののドライヴ (bloggerblue)
2007-02-09 14:07:42
クールな起動画面ですね。早速使わせていただきました。
質問と要望ですが、Vistaアイコン右下の小さなドライヴアイコンを消すことは可能でしょうか?同じく私の環境ではAppleアイコンの右下隅にOSXのデスクトップで使用しているドライヴアイコンも表示されます。この辺のカスタマイズが可能でしたら是非お願いいたします。
 
 
 
記事に反映させていただきました。>bloggerblue様 (管理人)
2007-02-09 16:30:26
コメントありがとうございます。>bloggerblue様

ご要望の件は、記事に反映させていただきました。お手数ではございますが、ご確認の上、再度refit.confの設定をお願いいたします。

ちなみに、この設定では内部HDDに限りアイコンが非表示になります。USB接続、Firewire接続の外付HDDのアイコンをも非表示にすることもできますが、この設定は、ブータブルCD/DVDや外付HDDのシステムを見分けられなくなる(例:Mac OS X Install DVDと内蔵HDDの見分けがつかなくなる)ため、おすすめできません。よって、記事掲載は見送らせていただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
THANKS AGAIN! (bloggerblue)
2007-02-09 16:32:16
迅速かつ丁寧な対応(追記)ありがとうございます。
起動画面が楽しくなりました。
 
 
 
お役立ていただけて何よりです。>bloggerblue様 (管理人)
2007-02-10 01:33:08
ご評価いただき、ありがとうございます。>bloggerblue様

私も、このカスタマイズのおかげで再起動が苦でなくなりました。また、きちんとブートメニューが出ることで「あぁ、OS Xを立ち上げたかったのに……」ということも無くなりました。些細ではありますが、こうした小さな使い勝手の改善が、印象を大きく変えるものだと常々感じております。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
macパーティションを優先的に選択するには? (ketcho)
2007-02-13 10:58:02
なにもわからないまま勢いで、mac book pro にbootでvistaを入れた者です。
このblogを拝見させてもらってからあらゆる問題が解決されました。

ありがとうございます。

見苦しいA型的質問をさせてください。
macパーティションを優先的に選択されるようにするには
どのようにすればよろしいのでしょうか?
ファイル内の変更ということになるのでしょうか?
お返事頂ければ幸いです。
 
 
 
legacyfirstをコメントアウトします。>ketcho様 (管理人)
2007-02-13 12:38:14
コメントありがとうございます。>ketcho様

また、Macパーティションを優先的に選択させたいとのこと、説明が不足しており誠に申し訳ございませんでした。

手順25のrefit.confの編集において、末尾の「#EOF」の2行上にある「legacyfirst」を「#legacyfirst」のままにしておくことで、Mac OS Xのパーティションが優先されます。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
ありがとございました。 (ketcho)
2007-02-14 13:09:00
ファイルの書き換えをし、無事にMac OS Xのパーティションが優先されるようになりました。

これからも参考にさせて頂きたいと思います。

ホントにありがとうございました!!
 
 
 
お役立ていただけて何よりです。> ketcho様 (管理人)
2007-02-14 18:28:41
ご評価いただき、ありがとうございます。>ketcho様

こちらこそ、説明不足の点を気づかせていただき、誠にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
起動画面にボリュームアイコンを。 (Magnum)
2007-09-02 18:45:14
はじめまして、こんにちは。
楽しく拝読させて頂いております。
こちらの記事を参考に起動画面もカスタマイズさせて頂きました。

誠に下らない質問と要望で恐縮なのですが、
例えば、OS Xの起動ボリュームを内蔵Diskに、
仕事用と個人用といった具合に二つ作っていた場合、
起動画面にボリュームアイコンを表示させる事は可能でしょうか?
選択したボリュームの説明文を表示させて、
そこから判別するしかないのでしょうか?

この辺りのカスタマイズが可能でしたら、
是非お願い致します。
 
 
 
コメントありがとうございます。>Magnum様 (管理人)
2007-09-03 00:20:36
コメントありがとうございます。>Magnum様

起動画面にボリュームアイコンを表示させるには、手順25にありますrefit.confのオプションを変更します。

「hideui tools funcs label hdbadges」の1行にある、「hdbadges」を削除し「hideui tools funcs label」とすることで、OSアイコンの右下にボリュームアイコンが表示されるようになります。どうぞお試しください。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
ありがとうございました。 (Magnum)
2007-09-03 00:56:33
誠にお早いお返事を頂いて有難うございます。
早速、試させて頂きます。

記事違い、そして御存知の事とは思いますが、
ntfs-3g1.826のソースコードが配布されていたので、
早速、インストールしたトコロ、
うまく動作しませんでした。
pkgでも配布されていたので、
インストールしてみたのですが、
うまく使えませんでした。
仕方無くntfs-3g1.710のソースからインストールしたトコロ、
元通りに動作してくれて一安心しました。
ちなみにpkgは1.710が配布されていたようです。
pkgがうまく使えると便利なのですが、
私にはよく分かりませんでした。

今後とも宜しくお願い致します。
更新、楽しみにしております。
 
 
 
ntfs-3g 1.826は私の環境では問題ございませんでした。>Magnum様 (管理人)
2007-09-03 01:45:18
ntfs-3g 1.826の件、情報のご提供が遅くなっており誠に申し訳ございません。>Magnum様
検証は済んでいるものの、まだ記事に反映できていない状態でございます。

ちなみに私の環境では、本ブログでご紹介している1.710と同じ手順でmakeしておりますが、問題なく動作しております。うまく使えない、とのことでしたが具体的にどのような状態になられましたでしょうか。もしお時間が許すようでしたら、お教えいただければ幸いです。
 
 
 
状態ですが、、、 (Magnum)
2007-09-03 09:21:05
おはようございます。

こちらの状態ですが、
1.826導入時にMacFuseも+0.40にアップデート致しました。
その後、私もこちらの記事も1.710と同じ手順で行いましたが、
Vistaボリュームへの書き込み時に、
"十分なアクセス権がないので書き込み出来ない"
とのダイアログが表示されます。

試しにインストールしたモノを、
ntfs-3gとMacFuseを分かる範囲でアンインストールして、
Fuse0.30+1.826、Fuse0.40+1.826、Fuse0.40+1.710と、
組み合わせを変えてインストールしたところ、
最後のFuse0.40+1.710で書き込み出来ました。
Fuse0.30+1.710の組み合わせは動作実績があったので、
今回は試していません。

vimによるテキスト入力は作成したファイルをその都度、
バックアップを取って削除し、
新規作成とバックアップの差し替えとを試しました。
コマンド入力は、
その都度、手入力で実行と上キーで履歴から実行とを試しました。
Fuseとntfs-3gのインストールからやり直していた訳ですが、
1.826では書き込み出来ませんでした。
1.826では、
起動時の自動マウント、手動マウント時でも書き込み不可でした。
全てのケースでマウントはするのだが書き込めない状態です。

こちらの環境が問題かも知れませんので、
今回、トラブルが発生したマシンの状態を書いておきます。

MacBook Pro CoreDuo 2Ghzモデル。
内蔵HDDは160GB(自分で交換)。
このマシンは、
OS X+Vista+Fedora7のトリプルブートにしておりまして、
ディスク構成は、
/dev/disk0
#: type name size identifier
0: GUID_partition_scheme *149.1 GB disk0
1: EFI 200.0 MB disk0s1
2: Apple_HFS Mac OS X Tiger 99.3 GB disk0s2
3: Microsoft Basic Data UNTITLED 96.8 MB disk0s3
4: Microsoft Basic Data Windows Vista 30.1 GB disk0s4
5: Linux LVM 19.3 GB disk0s5
となっております。
勿論、こちらの記事の環境とは、
デバイス名が異なっておりますので、
ターミナル及びvimでの入力の際は適宜置き換えております。
1.710では書き込み可能な状態で動作しておりますので、
腑に落ちないのではありますが、
コレと言って他に思い当たる事がないものですから。

記事違いで誠に恐縮ですがご報告させて頂きます。
毎度、真摯な応対を頂きまして有難うございます。
 
 
 
検証が不足しており申し訳ございませんでした。>Magnum様 (管理人)
2007-09-03 23:59:08
検証が不足しており、大変お手数をおかけいたしました。>Magnum様

ご指摘の通り、私の環境で再度確認したところ、同様なエラーメッセージが表示されておりました。誠にお恥ずかしい限りです。

ntfs-3gのオプションの全面見直しを行い、記事に反映いたしました。具体的には、下記のようなコマンドになります。

sudo /usr/local/bin/ntfs-3g /dev/(ディスク識別子) /Volumes/Windows\ Vista -o default_permissions,locale=ja_JP.UTF-8,volname="Windows Vista"

Magnum様におかれましては、私の検証不足で余計なお手間をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。また、至らぬ点をご指摘いただきましたことを御礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
コチラでも動作を確認出来ました。 (Magnum)
2007-09-04 02:15:15
管理人様、こんばんは。
素早い検証と修正を頂きまして有難うございます。
早速、mountwinを修正して再起動してみましたトコロ、
見事に書き込みに成功しました。

>私の検証不足で余計なお手間をおかけいたしました
余計な手間などとは、とんでもございません。
本来、こういった作業は自助努力にて行うべきでありますのに、
管理人様の記されております本ブログの様に、
詳細な記事を参考にさせて頂ける事に感謝こそすれ、
お詫びして頂くなど。
こちらこそこの度は、
私の要望に多大な労力を費やして頂きまして、
誠に有難うございました。

これからも記事を楽しみに拝読させて頂きます。
今後ともよろしくお願い致します。
 
 
 
レパードで、背景が・・・ (ぐっさん)
2007-10-28 02:03:12
管理人様、こんばんは。
いつも、とても参考にさせていただいております。
実は、早速、26リリースのレパードでも同様にしたいと思い同様の手順で行ってみましたが、なぜか背景色とバナー領域画像、選択状態画像が適用できません。
なぜでしょうか?
教えていただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。
 
 
 
refit.confでコメントアウトされておりませんでしょうか?>ぐっさん様 (管理人)
2007-10-30 21:04:36
コメントありがとうございます。>ぐっさん様
また、回答が遅くなりましたことを深くお詫び申し上げます。

私の環境(MacBook 1G + Mac OS X 10.5)でも動作検証いたしましたが、問題なく背景が表示できております。

refit.conf内の記述で「#」と付いている行はコメントとして無効化されてしまいますので、ひょっとすると背景画像と選択画像の行の先頭に「#」が付いたままになっておりませんでしょうか? 今一度ご確認いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。
 
 
 
#は、大丈夫なのですが・・・ (ぐっさん)
2007-10-31 22:12:13
管理人様、ご回答ありがとうございました。
再度確認しましたが、やはり、間違いはなく、結局うまくいきませんでした。
もしかして、bmpのビット数とかかなぁと考えて、いろいろ試してみましたがだめでした。
いったん、あきらめます。ありがとうございました!
 
 
 
お役に立てず申し訳ございませんでした。>ぐっさん様 (管理人)
2007-11-01 01:00:16
お役に立てず、申し訳ございません。>ぐっさん様

後考えられる方法としては、ぐっさん様がお使いの画面サイズ以内に収まる画像をお試しいただくくらいしか思い当たりません。もし、お時間が許すようでしたら、小さめの別画像(http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3a/22/7903e26f2ed6b9b5ffbd7341e1f2876b.png など)もお試しいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。
 
 
 
私も背景が適用されません (exmo)
2007-11-01 18:24:51
上の方も報告されてますが、私もleopard環境で背景が適用されていません。
コメントアウトはもちろん大丈夫なんですが
プレビューからビットマップファイルを作成するとき
フォーマットがBMPでなくWindows BMPになっています。
多分そのこと自体はあまり関係ないとは思うんですが、
parallelsで起動したVistaでBMPを作り直したり
拡張子を隠すのチェックボックスを外したりしても適用されずじまいです。
解決方法は未だ見つかっていませんが、一応報告だけしておきます。
 
 
 
Leopardのプレビューの問題のようです。>ぐっさん様、exmo様 (管理人)
2007-11-06 07:41:03
ご指摘を受け、再度Leopardのプレビューにてpng画像からbmp画像を作成したところ、問題が再現いたしました。先に検証した際には、手元にあったbmp画像を利用したため見落としておりました。検証が不足しており、大変申し訳ございませんでした。>ぐっさん様、exmo様

代替手段として、荻原剛志様・作フリーソフトウェア「ToyViewer」(http://www7a.biglobe.ne.jp/~ogihara/software/OSX/indexj.html)を使って変換したところ、こちらは問題なく利用できました。お手数をおかけして恐縮ですが、こちらをお試しいただければ幸いです。

この方法は後ほどLeopard対応の補足として記事に反映させていただきます。

よろしくお願いいたします。
 
 
 
背景、適用されました! (ぐっさん)
2007-11-07 22:07:32
管理人様、ご指摘の「ToyViewer」にて再度Bmpファイルを作成し直したところ無事背景の適用がされました。
お騒がせいたしました。ありがとうございました。
 
 
 
解決して何よりでございました。>ぐっさん様 (管理人)
2007-11-08 01:14:46
解決されたとのこと、何よりでございました。>ぐっさん様
私の検証不足により、解決まで大変ご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
Apple Hardware Test (ken)
2007-11-19 12:24:15
管理人様
お世話になります。面白い機能なので早速試させて頂きました。アプリを入れて、ご指示にあります通り、#eofの上に
「hideui tools」(funcs label hdbadgesは削除)
というテキストを追加したのですが、起動時に
「Boot Apple Hardware Test from Macintosh HD」
というものが、MacとWinの間に表示されていまいます。これを削除する為には、どのようにしたら宜しいでしょうか?
ご教授頂けましたら、幸いでございます。
 
 
 
プリンインストールされているモデルもあるようです。>ken様 (管理人)
2007-11-22 01:02:25
コメントありがとうございます。>ken様

Apple Hardware Testとは、文字通りMacのハードウェアに不具合がないかどうかをチェックするためのプログラムです。通常は、付属のインストールDVDからDキーを押しながら起動することで利用します。

私も内蔵HDDにインストールされたApple Hardware Testの存在は知らなかったのですが、調査の過程で下記のような情報を見つけました。

Mac OS X 10.5 Leopard: Using Apple Hardware Test after erasing your disk
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=306568

上記URLの冒頭に「Some Intel-based Macs ship with Apple Hardware Test and Mac OS X 10.4.x preinstalled on the hard drive.」とあるとおり、どうも一部のモデルには内蔵HDDにプリインストールされているようです。よって、ken様の環境でApple Hardware Testが表示されるのは正しい動作となります。

もし、どうしてもこの表示を消したい、ということになりますと、上記にありますようにMac OS X 10.5 (Leopard)のインストール時に「消去してからインストール」を選択することで消去できるようです。

ただ、消去してもインストールDVDから起動できるとはいえ、再インストールに掛かる手間やリスク等を考えると、あまりおすすめはいたしません。

よろしくお願いいたします。
 
 
 
多謝 (Ken)
2007-11-24 14:41:23
管理人様
色々お調べ頂き、厚く御礼申し上げます。
MacBook3,1には、デフォルトでHardware Testが
内蔵されている事は気づきませんでした。
管理人様の仰る通り、メンテの事を考えて削除は
行わず、このままの状態で利用させて頂きます。

ご丁寧な対応、誠にありがとうございました。
 
 
 
アイコンの大きさ (mutsuraboshi)
2008-01-24 01:47:27
管理人様。
はじめまして、すばらしい設定方法ありがとうございます。
一点可能であれば教えてください。
起動時OSの選択画面のアイコンの大きさが大きいように感じられあと
ふた周りくらい小さくしたいのですが。デスクトップのカスタマイズしたボリユームアイコン程の大きさに。
ご教授頂けましたら、幸いでございます。
 
 
 
コメントありがとうございます。>mutsuraboshi様 (管理人)
2008-01-26 21:46:34
コメントありがとうございます。>mutsuraboshi様

rEFIt自体には選択画面のアイコンサイズを変更する設定方法がございません。アイコンのサイズを変更する場合は、実際のアイコンファイル側のデザインを変更する必要がございます。

rEFItで使用するアイコンファイルは128ピクセル四方である一方、mutsuraboshi様がご要望のデスクトップ上のアイコンサイズは48ピクセル四方です。よって、128ピクセル四方の画像ファイルを作成し、その中心に48ピクセル四方のアイコンをデザインします。

サンプルとして、rEFItのiconsフォルダにあるos_macアイコンと本ブログでご提供しているos_winvistaアイコンの元になるpngファイルを上記仕様で作ってみました。

os_mac
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/11/7c/8297ea448031c0763626dd5fd5205b06.png

os_winvista
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/47/25/f96d0b066219e507d4dc55221bd7683e.png

また、上記の変更に伴い、選択状態を示すselection-big.bmpも同様に編集する必要がございます。これもサンプルを下記にご用意しました。

selection-big
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/32/37/1c52769fa4d5e1ffd307ec59c4d26be0.png

手順が煩雑なため、概要とサンプルのみのご提供で恐縮ですが、ご参考になれば幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
管理人様ありがとうございます (mutsuraboshi)
2008-01-26 22:43:22
管理人様、早速のご返事ありがとうございます。
思った通りの事が出来て涙が止まりません。
実は今年になって購入した私のimacも上記ken様同様にrEFItによってカスタマイズしますと起動時OS選択画面におきましてMacとWindowsの間にPCIスロットルのようなパーツのアイコンが表示されます。そのアイコンをクリックしますとApple Hardware Testなるものが立ち上がります。内蔵HDDにプリインストールされているようです。
全く持って煩わしいアイコンであります。この表示はクリーンインストールでしか消す事が出来ないとの事ですので諦めますがこのアイコンも小さくしたいのですが。申し訳ござません、128ピクセル四方の画像ファイルを作成し、その中心に48ピクセル四方のアイコンをデザインするやり方をご教授いただければ幸いです。でもその煩わしいアイコンはどこにあるのでしょう?
 
 
 
Apple Hardware Testのアイコンはos_hwtest.icnsです。>mutsuraboshi様 (管理人)
2008-02-01 01:09:24
お役立ていただけたようで何よりです。>mutsuraboshi様

Apple Hardware Testのアイコンが表示されるとのことですが、rEFItのiconsフォルダ内にあるos_hwtest.icnsがそれに当たります。

以下にアイコンの編集方法の概要をご説明いたします。

1 アイコンファイルをPNGに変換するツール「icns to PNG」を下記URLからダウンロードして、os_hwtest.icnsをPNGに変換する
  http://www.macupdate.com/info.php/id/25890/

2 Photoshop Elementsなどの透過色を扱える画像編集ソフトで、背景を透明にした128x128ピクセルの新規画像を作成する

3 1で変換したPNGファイルを読み込み、48x48ピクセルにリサイズしてコピーし、2の新規画像にペーストする

5 PNG形式で保存する

6 PNGファイルを本記事の手順14以降と同様にアイコン化し、rEFItのiconsフォルダにあるos_hwtest.icnsファイルと入れ替える

不明な点がございましたら、改めてコメントをいただければご説明いたします。

よろしくお願いいたします。
 
 
 
アイコンの配置 (Shiratama)
2008-02-03 05:04:35
私のMacにも、「Apple Hardware Test」のアイコンが出ます。
このアイコンは消せないということで諦めていますが、
せめて、配置だけでも変えられないでしょうか?
私の画面では起動時に、Macのアイコン、Apple Hardware Testのアイコン、Windowsのアイコン、の順番で表示されます。
Apple Hardware Testのアイコンが真中にあって煩わしいので、Macアイコン、Windowsアイコン、Apple Hardware Testアイコン、というふうに配置順を変えることができれば幸いです。
 
 
 
コメントありがとうございます。>Shiratama様 (管理人)
2008-02-03 19:15:33
コメントありがとうございます。>Shiratama様

残念ながら、rEFItでは配置を自由に変更することもできません。ただ、手順25でlegacyfirstの設定を有効にすると、左からWindows、Mac、Apple Hardware Testのように並べ替えられないでしょうか?

私の環境ではApple Hardware Testがないため確実なことを申し上げられず恐縮ではございますが、上記お試しいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。
 
 
 
ありがとうございます。 (Shiratama)
2008-02-04 02:49:03
ご指摘の通り、legacyfirstの設定を有効にすると
順番を変えることができました。
Macの起動を優先にしようと思っていたため、legacyfirstの設定のところはスルーしていました。
これだと、Windowsが優先になりますが、Apple Hardware Testが右端になったので煩わしさもなく満足です。
ありがとうございました。
 
 
 
起動アイコン以外のアイコンを消したい (ヤマジュン)
2008-02-24 22:19:04
管理人様

現在、増設した内蔵HDDと外付けHDDを取り付けていますので、Windowsのアイコンが3つ表示されています。煩わしいので起動アイコンのみの表示としたいのですが可能でしょうか?
 
 
 
再起動時の動作 (K_taka)
2008-02-25 23:23:04
管理人 様

こちらを参考にさせていただきOS選択画面をカスタマイズすることができました。

「MacからWindowsに切り替えて再起動する機能を追加するには」によって再起動する際に、必ずOS選択画面が出てしまいます。
BootCampメニューを使ってWindowsからMacに切り替えて再起動するときも同様です。

この問題は解決できないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
 
 
 
残念ながらアイコンを選択することはできません。>ヤマジュン様 (管理人)
2008-02-28 08:04:05
コメントありがとうございます。>ヤマジュン様
お返事が遅くなりまして、大変失礼いたしました。

残念ながら、rEFItは起動時に接続されているHDDやUSBメモリなどを自動的に表示してしまいます。表示オプションを見る限りでも、表示するアイコンを取捨選択することはできないようです。お役に立てず申し訳ございません。

何卒ご了承の程、よろしくお願いいたします。
 
 
 
どちらか一方をお使いいただければ幸いです。>K_taka様 (管理人)
2008-02-28 08:11:52
コメントありがとうございます。>K_taka様
お返事が遅くなりまして申し訳ございませんでした。

ご質問の件ですが、残念ながらrEFItとOSからの再起動スクリプトを自由に使い分けることは仕様上できません。

再起動スクリプトは、起動ディスクの設定コマンドとシステムの再起動コマンドを実行しますが、rEFItはそれを上書きする形で常に起動時に表示されます。Windows側から再起動したときも同様の動作になります。

もしも、常にいずれかのOSから再起動を掛けることで他方のOSに切り替える使い方をされるのであれば、rEFItをアンインストールするしかありません。

ただ、マシンの起動時にOSを選択したいこともおありでしたら、rEFItによる運用がおすすめかと存じます。

ご検討のほど、よろしくお願いいたします。
 
 
 
Apple Hardware Testと外部HDDを非表示にできるようになりました (管理人)
2008-02-29 00:53:15
rEFIt 0.11より、Apple Hardware Testのアイコンおよび、外部HDDのアイコンを非表示にできるようになりました。合わせて記事を更新しております。

本件でお困りの方は、是非バージョンアップをお試し下さい。

よろしくお願いいたします。
 
 
 
ありがとうございます (ヤマジュン)
2008-03-05 20:34:01
管理人様

御返事ありがとうございました。
ところで本日、増設した内蔵HDをFAT32でフォーマットしたところ、偶然にもアイコンが非表示になりました。
 
 
 
selection-big の変更は可能でしょうか? (TAKA坊)
2008-03-10 12:22:45
管理人様

はじめまして。いつも懇切丁寧な記事の掲載を楽しく読ませていただいております。

今回も大変すばらしい設定方法を詳細にご教授いただきありがとうございました。

私もこちらを参考にさせていただき、OS選択画面を無事にカスタマイズすることができました。

そこで、大変厚かましいお願いで恐縮ではございますが、下記内容をご検討いただければとコメントを投稿させていただきました。


OS選択画面において表示される、起動ボリュームの選択状態を表す「selection-big.png」を、いわゆるDockのIndicator画像と組み合わせて表示させるための新たな画像を作成いただくことは出来ないでしょうか。

特に起動ボリュームの選択ということで、leoparddocks.com様で紹介されている下記Indicator画像がふさわしいかと、勝手な提案なのですがいかがでしょうか。
http://www.leoparddocks.com/download/Power%20Indicators.zip

小生、画像編集・加工に全く疎いもので、お恥ずかしい限りですが、もし可能なようでしたら、上記ご検討いただければ幸甚です。

 
 
 
説明に不備がございました、申し訳ございません。>ヤマジュン様 (管理人)
2008-03-12 00:00:55
FAT32形式の増設内蔵HDDは表示されなかったとのこと、私の説明に至らぬ点がございましたことをお詫び申し上げます。

ヤマジュン様の増設された内蔵HDDは、Mac OS XのディスクユーティリティにてFAT32形式でフォーマットされておりませんでしょうか。

詳細はわかっておりませんが、Windows側でフォーマットした場合はシステムの有無に関わらずrEFItの起動ディスクとして表示されてしまいますが、Mac OS X側でフォーマットした場合は、システムがインストールされていないHDDであることを判別して非表示になるようです。

正直に申し上げますと、ヤマジュン様から指摘されるまで、この挙動(表示される場合とされない場合の法則)が分かっておりませんでした。今回のご指摘を受け、改めて検証したところ上記の法則が当てはまることが判明した次第です。

ヤマジュン様におかれましては、貴重な気づきをお与えいただきましたことを心より御礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
別記事にてご紹介させていただきました。>TAKA坊様 (管理人)
2008-03-12 03:19:42
コメントありがとうございます。>TAKA坊様

確かにMac OS X 10.5 (Leopard)で視覚的にも変化があったのに、旧バージョンのFront Row風ではいささか面白みに欠けますね。ご指摘いただいてから、急に今のデザインが古くさく見えてしまったため、別記事にてリニューアルデザインとしてご紹介させていただきました。

rEFItの画面をMac OS X 10.5 (Leopard)風にアレンジするには
http://blog.goo.ne.jp/pcqanda/e/510953e935cfb6afe6b138792ea96cf0

TAKA坊様よりご依頼いただきました、Power Indicatorをあしらった画像も同様にご提供しておりますので、ご利用ください。

よろしくお願いいたします。
 
 
 
Unknown (TAKA坊)
2008-03-12 09:19:37
管理人様

先日は誠に勝手なお願いを投稿させていただき、失礼をいたしました。

この度は、大変丁寧な、且つ私の想像以上のご対応をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

こちらの記事を拝見していると、「これぞmac!!」と言う楽しみを味わえ、共有できることが本当に楽しみでなりません。

今後とも更新を楽しみに読ませていただきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。


 
 
 
アンインストール (ゆきんこ)
2008-04-05 13:31:26
はじめまして☆
ここのページを見て、インストールをしてみたのですが
やっぱりもとの画面に戻したいと思っています。
どのようにすれば戻すことができますか?
 
 
 
rEFItに関する2つのフォルダを削除してください。>ゆきんこ様 (管理人)
2008-04-06 15:20:33
コメントありがとうございます。>ゆきんこ様

本文中に補足3として追加させていただきましたが、下記の2フォルダを削除することで元の画面に戻すことができます。

 Macのボリューム直下にある「efi」フォルダ
 「ライブラリ」-「StartupItems」内にある「rEFItBlesser」フォルダ

よろしくお願いいたします。
 
 
 
rEFITが起動しません (tobacco shop)
2008-05-21 10:20:00
初めまして。
この春にMacデビューしたばかりの超初心者です。
Mac入手後、様々な疑問に悩みましたが
こちらのサイトで次々と解決することができ、本当に感謝しております。ありがとうございます。

さて、このサイトの別トピック、「デスクトップ上のアイコンを変更する」をまず実践し、大変感動したのですが、
起動OS選択画面のWinアイコンは連動して変更されないことを知り、このトピックに辿り着きました。
早速記述どおりeEFITを導入したのですが、端末電源をOnしても普通にMacが立ち上がってしまいます。
Optionボタンを押して起動すると、rEFITとWinの選択になっております。
rEFITを選択すると、rEFITの画面になるのでインストールは成功しているような感じですが...

設定をし忘れているだけ、など基本的なことだとは思うのですが、全くMacに疎いため探し出せません。

もしよろしければアドバイスをお願いします。
 
 
 
コマンド操作をお試しください。>tobacco shop様 (管理人)
2008-05-25 18:01:58
コメントありがとうございます。>tobacco shop様

もしMacを何度か再起動してもrEFItの画面が表示されないようでしたら、下記の手順でrEFItを手動で有効化する作業をお試しください。

1 「アプリケーション」-「ユーティリティ」フォルダを開き、ターミナルをダブルクリックして起動

2 下記のコマンドを入力(各行末でそれぞれreturnキーを押す)

cd /efi/refit/
./enable.sh

3 パスワードを要求されたらログインしているユーザのパスワードを入力

まずは、上記をお試しいただければと思います。
よろしくお願いいたします。
 
 
 
Unknown (tobacco shop)
2008-05-26 01:23:05
お忙しいところアドバイスありがとうございます。

御指南どおりコマンド入力を行おうと思ったのですが、その前の「何度か再起動...」が気になって、再起動をかけてみました。
一度目はやはり私がコメントしたような現象だったのですが、次は期待通りrEFItが起動しました!

大変お騒がせしました。おかげさまで、徐々に私好みのMacに成長しています。本当にありがとうございました。
 
 
 
共有ハードディスクのアイコンについて (ピオネール)
2008-06-19 17:56:25
ところで、途中の説明に出ている"SHARED"フォルダの、アップルマークとWindowsVistaのマークが融合したようなアイコンはどこに落ちているのでしょうか?
とてもすてきなので使いたいのですが、検索しても見つかりませんでした…
もしよければ教えていただきたいのですが。
 
 
 
コメントありがとうございます。>ピオネール様 (管理人)
2008-06-22 06:18:19
コメントありがとうございます。>ピオネール様

こちらのアイコンは興に乗って作ってはみたものの、記事中で大々的に掲載するほどではないと思い、隠し(?)リンクとさせていただいておりました。

「Mac OS X上のWindows Vistaドライブのアイコンを変更するには」(http://blog.goo.ne.jp/pcqanda/e/afacb2ae9cee89fc81cde46cf836a267)中のWindowsアイコンの下にある文中「。」からリンクしてございます。ご活用いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。
 
 
 
XPとVista (WBC)
2009-03-24 09:46:43
管理人様

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。今回も大変すばらしい設定方法を詳しく教えて頂きありがとうございます。

私もこちらを参考にさせていただき、OS選択画面を無事にカスタマイズすることができました。

さて、私のMacはWindowsXPとVistaのトリプルブートになっております。ご指南どおりにVistaアイコンを作成し、起動してみるとXPは元のアイコンで、Vistaは作成したアイコンになり快適に使用しておりました。しかし、この度Windowsの再設定をおこなったところ、両方のアイコンがVistaになってしまいました。Windowsのブートローダーが書き変わってしまったせいだとは思いますが何処をどう変更すれば良いのかわかりません。

rEFItはWindowsのどこを見てXPとVistaを判断しているのでしょうか?

もしよろしければご教授いただけないでしょうか。

よろしくお願い致します。
 
 
 
NTLDRとBOOTMGRで判別されております。>WBC様 (管理人)
2009-03-30 21:49:46
お返事が遅くなりまして、誠に申し訳ございません。>WBC様

refitは、お察しの通り当該パーティションにあるブートローダーによってOSを判別しております。Windows XPはNTLDR、Windows VistaはBOOTMGRとなります。

大変恐縮ながらテストする時間が取れないため検証ができておりませんが、1つめのパーティションにWindows XPをインストール後、2つめのパーティションにWindows Vistaをインストールすると、1つめのパーティションにBOOTMGRとNTLDRが存在し、2つめのパーティションにはブートローダーが存在しない、という状態です。ここでrefitで1つめのパーティションを選択すると、WindowsのOS選択画面が表示され、2つめのパーティションを選択するとブートしない、という状況になるかと思います。

WBC様の現在の状況を詳しくお教えいただければ、何かお手伝いができるかもしれません。

よろしくお願いいたします。
 
 
 
Unknown (JEI)
2009-08-15 18:24:48
refitの設定後
bannerの画像を自分で
作ったものに変えたら
サイズが大きかったようで
画像しか表示されず
OSの選択アイコンも消えてしまいました。
キーボードのどのボタンを
押しても動きません。

OSを選べないので
macで起動できなく
直すことができません
どうしたらmacで起動できるでしょうか?

自分のミスなのに申し訳ありません。

 
 
 
お聞きしたいことがあります。 (初心者)
2010-03-20 14:37:11
こんにちは、

最近MacBook Airを購入し、この記事を参考にrefitを導入しました。
無事に導入もでき、アイコンや背景も変更することができました。

しかしパソコンを起動し、OSを選択するアイコンの下に「boot mac os x from Macintosh」や、windowsのアイコンの下にも似た表示があります。

なるべくシンプルにしたいのでこの文字を消したいのですが、どうしたら良いでしょうか。

よろしければコメントお願いいたします。

また、refit.confの下から2行目は「hideui tools funcs hdbadges」
と、このように記述しました。

何かおかしい所がありましたらご指摘お願いします。
 
 
 
Unknown (初心老人)
2010-05-11 20:11:42
管理人様

はじめまして。いつも楽しく読ませて頂いております。
画像の美しい青いアップルマークは、
どちらで手に入るのでしょうか?
デフォルトだと間抜けな灰色なので、青いのがあれば良いなあ、と思っていた次第です。
 
 
 
Unknown (初心老人)
2010-05-11 20:14:45
自己解決しました。
先のコメントは無視してください(汗
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
Intel Mac起動時に必ずOS選択を行えるようにカスタマイズ (3 Days Monk)
Intel Macをお使いの方は、Mac OS XとWindows XP、あるいはWindows Vistaを入れて、デュアルブートしている方も多いと思います。しかしBootCampの場合、起動時にOptionキーを押し続けていなければ選択画面が出てこない為、慣れてくるとこの作業が煩わしくなってきます。 ...
 
 
 
rEFItの画面をMac OS X 10.5 (Leopard)風にアレンジするには (パソコンよろずQ&A)
今回はちょっと趣向を変え、rEFItのLeopard風デザインに無謀にもチャレンジしてみたいと思います。本ブログの「起動時のWindowsとMac OSの選択画面をカスタマイズするには」のコメントで、TAKA坊様より「rEFItの選択画像をLeopardのDockのIndicator画像と揃えたい」という...
 
 
 
MacOSXとWindows Vistaのデータ共有 --Vistaパーティションにアクセスする (うらしまMac覚え書き)
以前の記事でBoot CampでインストールしたWindo...
 
 
 
ブート画面の謎? (うらしまMac覚え書き)
パソコンよろずQ&AさまのMac起動画面のOS選択をカスタ...
 
 
 
Knoppix On Macbook (うらしまMac覚え書き)
ライブ形式のLinuxディストリビューションとして有名なKn...