Mac OS XからWindowsのNTFSパーティションに書き込めるようにするには(1)

より簡単に導入できる手順を「Mac OS XからWindowsのNTFSパーティションに書き込めるようにするには(改訂版)」として公開いたしました。こちらの一連の記事は、ソースコードからコンパイルしたい方のみお読みください。

ごぶさたしております。

Mac OS Xは標準でNTFSパーティションに書き込みができません。しかし、FUSE(Filesystem in USErspace)と呼ばれる仕組みを使うことで、Windows以外のOSでもNTFSパーティションを読み書き可能な状態でマウントできるようになります。今回は、Mac OS Xでこれらを可能にする、MacFUSEとntfs-3gというソフトウェアを導入する手順を解説します。

しかしながら、今回の内容は非常に危険です。もちろん、私の環境で正しく動作しておりますが、内容が理解できない、正しく行なう自信が無い、Windowsパーティションに重要なデータが保存されている、という方にはお勧めいたしません。

今回は、Boot Campのインストール以上に危険度が高いことをご了解いただいた上で、お進みください。

【注 意!】ここで紹介している手順は私の環境での動作実績はありますが、必ずしも皆様の環境で同様に行えることを保証するものではありません。 Apple、Microsoft、各種ソフトウェア作者、ならびにパソコンよろずQ&A管理人のいずれも、この情報を元に実施した作業のいかなる 責任の一切を負わないことを、あらかじめご承知おきください。


■参考Webサイト
実際の作業に入られる前に、下記のWebサイトに一通り目を通されることをお勧めいたします。私の解説はいささか冗長ですので、こちらをご覧になるだけで済んでしまう方も多いかと存じます。

・NTFSファイル書き込み - 新蝸牛 (Yan 様)
http://www.yansite.net/ntfsrw.html

ntfs-3gのMac OS Xに対応させるためのconfigureとソースコードの改変方法は、こちらの情報を大いに参考にさせていただきました。

・FUSE : Filesyste in Userspace - Open Tech Press (五百川明 様)
http://opentechpress.jp/developer/article.pl?sid=05/04/15/2034200
http://opentechpress.jp/developer/article.pl?sid=05/05/11/2027206

FUSEそのものについて、これまで経緯と構造の解説をされています。裏で何をやっているかを知るためにご一読をお勧めいたします。

・OS Xハッキング!「第213回 噂の「MacFUSE」を試す(1)」 - MYCOMジャーナル (海上忍 様)
http://journal.mycom.co.jp/column/osx/213/

MacFUSEの概要はもちろん、ntfs-3g以外に現在利用できるファイルシステムについても紹介されており、MacFUSEの仕組みやメリットを理解する上でも、大変参考になります。

■XCode Toolsのインストール
まず最初に、Mac OS Xに標準で添付されている開発ツール「Xcode Tools」をインストールします。これはMacFUSE上でNTFSの読み書きを実現するntfs-3gをインストールするために必要となります。

 Mac OS X Install Disc 1を挿入し、「Xcode Tools」フォルダをダブルクリックして開く
  

 「XcodeTools.mpkg」をダブルクリック
  

 「Xcode Toolsのインストール」の画面が表示されたら、「続ける」ボタンをクリック
  

 使用許諾契約を確認して、「続ける」ボタンをクリック
  

 「同意します」ボタンをクリック
  

 インストール先となるMac OS Xのパーティションをクリックし、「続ける」ボタンをクリック
  

 「インストール」ボタンをクリック
  

※ハードディスク容量に余裕が無い場合は、「カスタマイズ」ボタンをクリックして以下のパッケージのチェックを外しても構いません。
・Java 1.4 Developer Tools
・デベロッパマニュアル
・デベロッパ・サンプル・ソフトウェア
・Cross Development
  

 パスワードを求められたら、ログインしている管理者権限のユーザーのパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリック
  

 インストールが完了したら、「閉じる」ボタンをクリックし、Mac OS X Install Disc 1を取り出す
  

Xcodeインストールが完了したら、続けて別の開発ツールをインストールします。

■Finkとpkgconfigのインストール
FinkはMac OS XにUnixのオープンソース ソフトウェアをインストールするためのソフトウェアです(Finkプロジェクトそのものの詳しい解説は下記URLをご覧ください)。今回は、pkgconfigというソフトウェアを導入するために利用します。

10 Safariから以下のURLにアクセスし、「Fink 0.8.1 バイナリインストーラ (Intel) 」をクリック

・Fink
http://www.finkproject.org/index.php?phpLang=ja (トップページ)
http://fink.sourceforge.net/download/index.php?phpLang=ja (ダウンロードページ)
  

11 「”Fink-0.8.1-Intel-Installer.dmg”にはアプリケーションが含まれています。」と表示されたら、「続ける」ボタンをクリック
  

12 デスクトップにダウンロードされた「Fink-0.8.1-Intel-Installer.dmg」をダブルクリックしてマウントし、開いたウィンドウ内の「Fink-0.8.1-Intel-Installer.pkg」をダブルクリック
  

13 「続ける」ボタンをクリック
  

14 「ようこそFinkインストーラへ」の画面が表示されたら、「続ける」ボタンをクリック
  

15 情報を確認して、「続ける」ボタンをクリック 
  

16 使用許諾契約を確認し、「続ける」ボタンをクリック
  

17 「同意します」ボタンをクリック
  

18 インストール先となるMac OS Xのパーティションをクリックし、「続ける」ボタンをクリック
  

19 「インストール」ボタンをクリック
  

20 パスワードを求められたら、ログインしている管理者権限のユーザーのパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリック
  

21 インストールの途中に「Setting up your Fink environment」のメッセージが表示されたら「Yes」ボタンをクリックし、インストールの完了後に「閉じる」ボタンをクリック
  

22 「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダから、「ターミナル」をダブルクリックして起動する
  

23 下記のコマンドと注記(赤字)を参考に入力し、pkgconfigをインストールする
macbook:~ user$ sudo apt-get install pkgconfig ←apt-getコマンドを使ってpkgconfigをインストールする
Password:  ←管理者権限を持つユーザーのパスワードを入力
Reading Package Lists... Done
(表示内容一部省略)
pkgconfig (0.15.0-2) を設定しています ...
macbook:~ user$ ←インストールが完了した


【補足:上記の方法でapt-getコマンドが実行できないときは】
上記1行目のapt-getコマンドが実行できず「-bash: apt-get: command not found」とエラーが表示される場合は、インストールしたfinkのディレクトリにパスが通っていません。下記のコマンドを実行して、パスの設定を行なってください。
macbook:~ user$ /sw/bin/pathsetup.sh

【07/04/07追加】パスの設定がされず、apt-getが実行できない場合があったため、補足として追加いたしました。ご指摘いただきました999様、コメントにてフォローいただきましたたく様におかれましては、この場を借りて御礼申し上げます。

ここまでで、開発ツールのインストールが完了しました。

続いて(やっと)、MacFUSEとntfs-3gのインストール手順をご紹介いたします。次の記事「Mac OS XからWindowsのNTFSパーティションに書き込めるようにするには(2)」にお進みください。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 起動時のWindows... Mac OS XからWind... »
 
コメント
 
 
 
ターミナル (999)
2007-04-05 23:55:12
ターミナルでのコマンド入力で、赤文字の部分を入力しても
Password:
が出てきません。何らかの記入ミスでしょうか?
macbook:~ user$ sudo apt-get install pkgconfig
sudo: apt-get: command not found
macbook:~ user$

の繰り返しです。
 
 
 
私もそこでつまりました!! (たく)
2007-04-06 01:19:51
999様、はじめまして。
私も同じ所で詰まりました。
どこか見落としてるのかなぁ?と思い読み返してみた所、「Finkのダウンロード」のページで見つけました。
インストールの方法の3に
「インストールの最後にターミナル.appが開き・・・・」とありますが、私の場合開きませんでした。使っているのがMacBook第2世代(MA700J/A)だからなのか、たまたまなのか分からないですが。
なので、その後に書いてある方法を試したら大丈夫でした。
ダウンロードしたディスクイメージの中の「pathsetup」をダブルクリックすると、インストールしても良いか確認画面が出ますので、そのまんま「yes」で出来ました。
その後は、上記に書いてある通り打ち込めばインストールできました。
出しゃばった真似をしましたが、少しでも参考になれば幸いです。
この後もお互いがんばりましょう!!

管理人様
いつも参考にさせて頂いております。
間違っている部分、足らない部分がありましたら、助言を頂けると幸いです。

 
 
 
成功!! (999)
2007-04-06 19:41:38
たく様こちらこそ初めまして。
そして、管理人様にもいつもお世話になっております。
やはり私も「pathsetup」を実行することでうまくインストールできました。的確なご指導に感謝感謝です。
ありがとうございました。
 
 
 
お役に立てず申し訳ございませんでした。>999様 (管理人)
2007-04-07 01:41:55
お役に立てず、申し訳ございませんでした。>999様

たく様にフォローアップして頂いた内容で解決されたようで、何よりでございます。Finkのインストール後にバイナリのディレクトリにパスが通らないケースがあることは認識しておりませんでした。ご不便をお掛けいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。

後ほど、記事にも反映させていただきたく存じます。
今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
フォローアップありがとうございました。>たく様 (管理人)
2007-04-07 01:51:12
999様のトラブルへのフォローアップ、誠にありがとうございました。>たく様

私の説明の至らぬ点をフォロー頂き、情報を共有いただけたことを深く御礼申し上げます。パスが通ってないケースについては、全く考慮しておりませんでした。貴重な気付きを与えていただきましたことを改めて御礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
NTFS-3G Stable Read/Write Driver (hyde)
2008-10-16 20:25:54
NTFS-3G Stable Read/Write Driver
でてますよ
http://www.ntfs-3g.org/
簡単に導入でき、かつ正常に動いてます
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。