フランスに揺られながら DANS LE HAMAC DE FRANCE

フランス的なものから呼び覚まされることを観察するブログ

J'OBSERVE DONC JE SUIS

ハイデッガーの二つの顔 (I) LA DOUBLE FACE DE HEIDEGGER (I)

2006-07-09 13:26:14 | Heidegger
       Martin Heidegger (26 septembre 1889 - 26 mai 1976)

先週届いた Le Point の文化欄に、ハイデッガーとナチとの関係について特集が組まれている。ハイデッガーの死後30年ということと上級教員資格試験 (agrégation) に彼の哲学が初めて取り上げられたことが関係しているらしい。ハイデッガーを知らずして高校の哲学教師にはなれないということになる。

私も先日ハイデッガーを味わうために生まれてきたとのご宣託をいただき、最近彼の 「ヒューマニズムについて」 を暇を見て齧っているので、初めての言葉に溢れている6ページの記事を読んでみることにした。

ハイデッガーのナチ問題については、1987年にヴィクトル・ファリアス Victor Farias が出した "Heidegger et le nazisme" (Verdier) により再燃し、例えば、ジャック・デリダ Jacques Derrida などの発言や ユーゴ・オット Hugo Ott "Martin Heidegger. Éléments pour une biographie" (Payot, 1990)、エマニュエル・フェイ Emmanuel Faye "Heidegger, l'introduction du nazisme dans la philosophie" (Albin Michel, 2005) などに対し、フランソワ・フェディエ François Fédier を中心とした激しい敵意に満ちたカウンターアタック "une virulente contre-attaque" (今年の4月には "Heidegger à plus forte raison" が出ている) が続いているという。

南ドイツのカトリックの村に樽職人 (tonnelier) の息子として生まれる。その生まれからか、彼は終生土地にしっかりと根ざした人間としてあることを望み、根無し草として世界に生きること ("cosmopolite"、"déraciné") を拒否した。彼にとって資本主義の論理は異質なものとしてあり、自然を技術で加工していくことの先に見えるものを予見し、犯罪的な破壊であると見ていた。

初めは神学を勉強していたが、20歳の時に哲学に転向する。しばらくは目立ったこともなかったが、37歳の時に発表した "Sein und Zeit" ("Etre et Temps" 「存在と時間」) で一躍有名になる (Le retentissement est immédiat.)。それは古代ギリシャのプラトン、アリストテレスの時代からある問題だが長い間忘れられていた 「存在の意味 le sens de l'être」 に光を当てたからである。彼はすでに存在するいろいろなものの属性について問うのではなく、「なぜ何もないのではなく何かがあるのか」 という問題について考察を加えた。そこに彼の真価があった。また理性の支配する領域に詩的な語り口を求める。そのためフライブルグ大学でも人気が出て、ハンナ・アーレント Hannah Arendt、エマニュエル・レヴィナス Emmanuel Levinas などの優秀な学生が集まった。

1960年代から80年代までは、彼とナチとの関係についてはほとんど話題にならなかった。ここまでは彼の明るい顔 (face claire) になる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある土曜日 アフリカ・リミ... | トップ | ハイデッガーの二つの顔 (II)... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハイデッガー批判書誌 (天神茄子)
2006-10-15 21:02:03
ハイデッガー批判に関する有用な書誌情報、感謝します。
訪問ありがとうございます (paul-ailleurs)
2006-10-15 21:24:50
天神茄子様

ご丁寧にコメントを残していただき、ありがとうございます。少しでもお役に立てて幸いです。素人がやっておりますので、ご批判のほど今後ともよろしくお願いいたします。
ハイデッガーは好きです☆ (ぱんだ)
2007-05-26 22:36:59
はじめまして、ぱんだといいます。
ハイデッガーには大学のときに出会い、
本当に感動しました。
コチラのブログでも連載してますので、
よろしければご意見、感想など聞かせて
いただければ、たいへんありがたいです!
外に開く (paul-ailleurs)
2007-05-27 13:50:00
パンダ様
コメント、TBありがとうございます。ハイデッガーは名前しか知らなかったのですが、1年ほど前、元哲学教師のフランスの方から私のフランス語版ブログにコメントが届いてから、気になる存在になっています。そこには、私のものの見方が現象学的で、フッサールやハイデッガーなどを愛するためにいるという興味ある言葉がありました。少しずつ読み始めているのですが、彼らのお話がよく私の中に入ってくることに驚いております。これからも閑を見て読み続けていきたいと思っているところです。貴ブログも参考にさせていただきたいと思います。
http://blog.goo.ne.jp/paul-ailleurs/e/845f361615a6f48c8ce7bf93714a8156

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アーレントとハイデガー (Delfini Workshop)
月曜日、{/hiyoko_cloud/}のち{/hiyoko_thunder/}。旧暦、6月8日。 疲れて、昼まで眠。午後、雑用。土曜日に図書館で借りてきた『アーレントとハイデガー』(みすず書房 1996年)を一気に読んでしまった。いろいろな意味で興味深い本だった。この本を読んで、考 ...
西洋哲学は2回のパラダイムシフトを経て、東洋哲学に帰結する!??ハイデッガー(3) (グーグーパンダの語る人生の目的)
さて、ハイデッガー3回目です(^-^)/(まだまだ続きますよ!)   (ハイデガー) 「ひと」=「世界内存在」と規定した、20世紀最大の哲学者、 ハイデッガー! その難解な「世界内存在」の理解に挑戦しているわけですが、 何となくでも分かったら、大変な感動があ...
西洋哲学は2回のパラダイムシフトを経て、東洋哲学に帰結する!??ハイデッガー (グーグーパンダの語る人生の目的)
さて、いよいよ実存主義の大成者、 マルティン・ハイデッガー の登場です☆ マルティン・ハイデッガー  (Martin Heidegger,  1889年9月26日 - 1976年5月26日)  ドイツの哲学者。  現象学の手法を用い、存在論を展開した。  また、後の実存主義、構造主義、ポ...
西洋哲学は2回のパラダイムシフトを経て、東洋哲学に帰結する!??ハイデッガー(4) (グーグーパンダの語る人生の目的)
さて、ハイデッガー4回目です☆ (ハイデガー) ハイデッガーは、人間の究極の存在可能性は「死」といい、 人間を「死への存在」といいました。。 「大人のための哲学授業」には、次のように書かれています。 日常的な生=頽落(たいらく)の何がいちばんの問題...
浄土真宗親鸞会公式HPより・『歎異抄』に驚嘆した哲学者ハイデガー (浄土真宗 親鸞会 講師のブログ・人生の目的と生きる手段)
ハイデッガーは1920年代から仏教などの東洋哲学と出会い、 学び始めたと言われます。 そして 「いはゆる有時は、時すでにこれ有なり、有はみな時なり」など、 仏教では存在と時間は分けられないことが説かれいることを知り ハイデッガーは大変驚いたそうです。 つまり主...