→→→ 移転先はこちら ←←←

■=== ブログをご覧になるうえでの注意点 ===■
2013年3月20日より以前の記事(一部除く)は、ブログデザイン変更の影響で、色文字が見えにくくなっています。
あしからず、ご了承ください。範囲選択をすると、見えやすくなります。
2014年4月1日より、価格は全て「税別価格」に統一して表記しています。
2014年3月より以前の記事で書かれている「税込価格」については、全て”5%税込”であることをご理解ください。




社長が訊く「ニンテンドーDSi」


>本体だけで売らなくてはならない

PSPは三代目を発売しましたが、主に性能の向上でアピールしてきています。それは、触ったら実感できるようなそんな違いを感じることが出来ます。
ただ、DSでは「性能の向上」と言われても…元々そちら方面を目指していないということもありますし、多少クオリティが高くなったからって売り出せるほどの絶対的な魅力には繋がりにくい。
そういう意味でも「本体だけで」という意思は強かったのかもしれません。ただ、まだ初代DSでプレイしているユーザーも少なくないので、そこまで気兼ねする必要は、なかったのかもしれませんけどね…。


>30万画素のカメラ

サイズにすると、640×480ピクセルだとのことで…。DSのサイズは256×192ピクセルなので、30万画素でも有り余るみたいですね。

私はデジカメを使ってブログに写真を載せたりしていますが、基本、私も640×480ピクセルに設定して利用しています。(今使ってるデジカメで一番低い設定)だって…ポスターくらいのサイズに印刷するならまだしも、一般的に果たしてそんな画素数って、必要なのか?ってつくづく思いまして…。
だからこそ、今回の対談で言っている「単純に画素数を高めても容量が大きくなるだけ」というのはまさに納得で、30万画素というのが別にすごいとか凄くないとか、それより一歩踏み込んだもので考えられていることが理解できました。

前もコラムで「ゲーム業界にとっての数字の意味」なんて言いましたが、数字が小さいだけでしょぼいと判断しないことが、真に商品価値を知るためには大事なことだと感じます。


>宮本茂さんがSDカードを使えるようにすることを
とても強く主張していた


その後、カンファレンスでも発表されたDSiサウンドを、宮本さんが作り上げたということで…。『Wii Music』が出たこともあり、今年の宮本さんは、サウンドという存在に注目しているみたいですね。


>当初のニンテンドーDSiは
DSソフトが2本ささるようになってた


確かに、容量的なことを考えたら、プレイステーションとかでもよくある2枚組みみたいなことって、やりたいところは多かったのかもしれません。対談でも「そういう要望をよく頂く」ということで。
しかし、元々物量的な方向には行かない形でしたし、ユーザー的には2つさせることによるメリットは…あると言えばありますが、嬉しいほどの要素でもなく…という気はしました。

ただ逆に、対談の中で、社内での初見せで「でかい」という印象を与えてしまい、より「とにかくできるだけ薄くする」という方向にかなり力を注ぐ形になったんだと思います。それによって、ダブルスロット化だけでなく、GBAスロットまでなくなる形になったわけですが…これもまた、苦渋の選択だったのでしょう。


>「ニンテンドーDSを薄くする」ってどういうことなんですか?
>>DSをつくる場合は、見た目のデザイン、使いやすさのデザイン、内部の構造、強度、量産性、製造コスト、ぜんぶのバランスをとらないといけない


今回でしたら、それに+ユーザーの要望でしょうね。上記でも言ったように「本体だけで売らなくてはならない」という考えだったので、これまで以上にDSi本体自体のクオリティをどこまで追求するか?そのバランスが難しかったでしょう。
特に、強度に関しては任天堂は徹底していますよね。過去作品でもそうですし、私も正直言うと…何度となくDSを膝や腰の高さから落としたことがありますが、今のところは問題ないです。(一時期、本体の一部が破損しているという不具合はありましたが…)


>ニンテンドーDSを、アイコンみたいにしていきたいと思ってるんです。

現状でも、充分アイコンレベルで表現できる存在にはなっていると思いますけどね(笑)
まあ、それを追求することで、要素はいろいろあるが見た目がシンプルになるなどの利点は生まれてくることでしょう。


>リセット機能
>電源を切らずにソフトの入れ替えができる


どうやら、DSiのちょっとした機能として、上記の2つの機能があるみたいです。

リセット機能は、今までいちいち何をやるにも電源を落としていたDSですが、電源ボタンを、兼リセットボタンとして、押すとDS本体のメニュー画面に飛ぶみたいな仕組みを導入しているみたいです。

ソフトの入れ替えですが、これは、DSメニュー画面で電源を付けたままDSソフトの差し替えができるということみたいです。これも、いちいち電源を…というところに繋がる話でしょうね。
ただし、当然ですがゲーム中はソフトを差し抜きしないようにしましょうね(笑)


他ブログ様の関連記事:(追記 2008/11/02 11:48)
「社長が訊く 『ニンテンドーDSi』」が公開されていました (無数の月さんより)


関連記事:
『社長が訊く「ニンテンドーDSi」 DSi内蔵ソフト編』を読んで

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 軽くゲーム情... 近状報告 200... »

 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。