→→→ 移転先はこちら ←←←

■=== ブログをご覧になるうえでの注意点 ===■
2013年3月20日より以前の記事(一部除く)は、ブログデザイン変更の影響で、色文字が見えにくくなっています。
あしからず、ご了承ください。範囲選択をすると、見えやすくなります。
2014年4月1日より、価格は全て「税別価格」に統一して表記しています。
2014年3月より以前の記事で書かれている「税込価格」については、全て”5%税込”であることをご理解ください。







テトリスパーティ
対応ハード : Wii(Wiiウェア)
配信開始日 : 2008/10/16
配信価格 : 1,200Wiiポイント(=1,200円)
ジャンル : パズル
プレイ人数 : 1~4人(オンラインでは2~6人)
CERO : A(全年齢対象)
使用ブロック数 : 244ブロック
通信機能 : ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
備考 : Mii対応・バランスWiiボード対応


○Wiiウェアでいろいろテトリス
毎度お馴染みのテトリスが、Wiiウェアのお手ごろ価格で登場。色々なルールがあり、wi-Fiコネクションによる通信対戦も遊べます。


○操作方法
今作は、Wiiリモコン横持ちと、クラシックコントローラーの2タイプがあります。
今回は、Wiiリモコン横持ちで紹介します。

十字ボタン左右…ブロックの移動
十字ボタン下…ブロックを早く落とす(ソフトドロップ)
十字ボタン上…ブロックを瞬時に落とす(ハードドロップ)
2ボタン…ブロックを右回転
1ボタン…ブロックを左回転
Aボタン…ホールド
テトリスDS』にもあったシステムで、ブロックを一時的に取っておくことができます。以後Aボタンを押すと、今のブロックとホールドされているブロックが入れ替わります。

Bボタン…アイテム
対戦時には、光るブロックを消すことでアイテムを獲得することが出来ます。
アイテムは「なし」でプレイすることも出来ますよ。

+ボタン…ポーズ(一時停止)


○モード紹介

◆ひとりでテトリス
1人プレイ用モードです。5種類のルールが楽しめます。
・マラソン
お馴染みの、どんどんレベルが上がっていくモードです。

・COM対戦
COMと1対1の対戦ができます。

・のぼってブロック
フィールドの中で「クライマー」というキャラクターがちょこちょこと歩いています。このクライマーを、フィールド上にある全てのチェックポイント(旗)を通過させた後に、一番上のゴールに導いてください。
クライマーは、ブロック1段分は登ることができるので、階段のように積み上げてうまく誘導しましょう。

・えあわせブロック
フィールドに描かれている絵の影に沿ってブロックを置いていき、絵を完成させるというルールです。1人用では、条件を満たすことでステージクリアとなります。
なお、3分という制限時間があります。

・コースをすすめ
フィールドが強制スクロールとなっており、ブロックが下降していきます。道中にはブロックで作られた道があるので、それに引っかからないように下へ下へと降りていきましょう。引っかかって一番上までブロックが行ってしまうとゲームオーバーです。


◆みんなでテトリス
2~4人プレイ用モードです。1人でも、COM相手で楽しむことが出来mス。
全部で7種類のルールが楽しめます。

・VSバトル
最もスタンダードなルールの対戦です。

・VSのぼってブロック
ルールは、1人用と同じです。いち早くクライマーをゴールに導きましょう。

・VSホットライン
フィールド上に、緑色のラインが引かれています。緑色のライン上でブロックを消すと、緑色のラインも消えます。この要領で、いち早く全てのラインを消した人が勝ちになります。

・VSえあわせブロック
ルールは、1人用と同じです。制限時間いっぱいで、完成度の最も高い人が勝ちになります。完成度が100%になった人がいたら、その時点で勝ちが決まります。

・VSコースをすすめ
ルールは、1人用と同じです。いち早く降下してゴールを目指しましょう。

・きょうりょくテトリス
2人プレイ専用のルールです。普通の2倍の幅があるフィールドで、2人が協力してテトリスをします。基本的なルールは全く同じですが、ホールドは共用で使用するので、あまりやたらみったらとホールドを変えると相手に怒られちゃいますよ(笑)

・かこんでスペース
2人プレイ専用の対戦ルールです。「きょうりょくテトリス」と同じ大きさのフィールドで、ブロックで囲んだスペースの広さを競うというものです。
普通にブロックを重ねるだけでも広さが増えていくわけですが、例えば自分の置いたブロックによって閉じた空欄ができた場合、その空欄も自分の分のスペースとして加算されるわけです。
それを狙いつつ、より広いスペースを確保したほうが勝ちに鳴ります。

◆やさしいテトリス
1人プレイ用の練習用テトリスです。通常の2倍大きいブロックでプレイします。


◆ニンテンドーWi-Fiコネクション
Wi-Fi通信で、世界中の相手とフレンド対戦・フリー対戦が出来ます。
アイテムを「あり」にすると最大で6人の対戦。アイテムを「なし」にしたら、1対1の対戦となります。
また、チャットメッセージをあらかじめ用意されているものから4種類を選択しておいて、対戦時に使用することが出来ます。


◆バランスWiiボードでテトリス
Wii Fit』でお馴染みのバランスWiiボードで楽しめるモードです。
操作方法は…

左右に重心をかける…ブロックの移動
上下に重心をかける…ブロックを早く落とす
屈伸…ブロックの回転

となります。
ブロックは、通常の2倍の大きさです。3種類のルールが楽しめます。

・バランスマラソン
基本のルールと同じです。

・バランスウルトラ
基本のルールと同じですが、3分間の制限時間があります。

・バランスコンピュータたいせん
COMと対戦することが出来ます。


●ルールが多彩なのはいいが、基本的なことが…
いろいろなルールが用意されているのはいいのですが…どれもこう、盛り上がるには一歩足りないような気がします。全体的に地味な印象を受けました。いや、別に面白くないというわけではないんですが…。
Wiiウェアでは初となる、バランスWiiボードによる操作もちょっと楽しみにしてたんですが、遊んでみると…なんかとってつけたような操作感。いかにも上層部から「バランスWiiボードを使ったモードを入れて」と言われてとりあえず入れたという感じがします。

あと、それ以上に思ったのは、ブロックがカラフルで…どうも見にくいです。
『テトリスDS』でもカラフルではあったんですが、あれは全然問題なかったんですよね…。こちらは色合いが強すぎたり、背景もちょっと凝ったアクションをしていたりするので、そのせいで見にくくなっているのかもしれません。テトリスの背景に、変に凝った演出は蛇足だと思うんですけどね…。
当然ながら、多人数でプレイするとフィールドも人数分出てくるので、さらに見にくくなります。ちょっと…これは基本的なところを抑えられていないような気がします。

価格は1,200円ですが、この内容だと…ルールが色々とかいう以前に、目に優しくない感じなので、飽きる前にプレイしたくなくなる可能性があるかもしれません。1人プレイならまだいいですが、多人数プレイはそこそこ大きなテレビでもないと、楽しむところまでいかないような気がしました。
『テトリスDS』と同じような路線で行こうとして、結果としていろいろ足りない感じのテトリスになってしまったような気がします。ちょっとだけ残念です。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« 近状報告 200... クラブニンテ... »

 
コメント
 
 
 
Unknown (ななーしさん)
2011-11-06 22:17:42
購入前にみといてよかったです!
とても参考になりました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。