かよさんの雑記帳

お箏の先生・かよさん。4児の母のかよさん。
半径100mの日常+αの雑記帳です。

根付いているもの

2017-05-16 | お箏
久しぶりに本屋さんへ行ったら
興味深い本を見つけました。





『和洋折衷音楽史』奥中康人著・春秋社

んんん~、内容については全部ちゃんと説明できませんが(^^;)

すっかり洋楽が当たり前に思えるような現代においても
明治以前から連綿と続いている自国の音楽文化は
いろんな場で「折衷」の形で意外にしぶとく生きているんだなあ、ということがわかります。

しかもその「折衷」が、意図的に作られたこともあれば
自然発生的に生まれていることもあって興味深い。

フィールドワークに基づいた様々な事例を紹介しつつ、
欄外の注釈でチクリと世相に針をさす著者も面白いです。

長野県諏訪地方の御柱祭におけるラッパも取り上げていて
 #その部分を立ち読みして「よし、買った!」…となるところが信州人ですな
確かに郷里の御柱祭でも
消防団のラッパはいつも「さあやるぞ」という時に高らかに吹き鳴らされていたっけ。


題名からして音楽史の本なのですが、
雑誌に連載されたエッセイがベースになっているので読みやすいです。

そしてまた、ここにでてくる事例は、YouTube等で実際の演奏を聴けるので、
脳味噌の中で勝手に妄想を膨らませずにすみます。
「北村大沢楽隊」や「つのだ☆ひろの『般若心経』」等々、
ここのところ「端正で洗練された」地歌三絃なぞを聞いていた耳には
なかなかのカルチャーショックをかましてくれました。

音楽って、すごい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« まだ勝てる | トップ | 単衣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。