コラム「ひびき」  ☆☆お堀端クリニック☆☆

小田原市お堀端通りにある神経内科クリニックです。
折に触れて、ちょっとした話題、雑感を発信いたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

打率

2017年04月19日 | コラム
野球の一流打者の打率くらいの確率で前のチャックが開いているような気がする。
ちゃんと閉めたはずなのに、シャツの端が、矢尽き、折れた弓に結わいた敗残の将の白旗の様に飛び出している事がある。
バーで飲んでいると、隣にいた二十代の女性が仲間に、時々、スニーカーのファスナーが開いている、と話していた。ふと、安心し、そしてはっとなり、前を確認した。その時はしっかりしまっていた。
けれど、油断はできない。この打率は、年々、良くなっていくのだ。近い将来、十割打者も夢じゃない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あとがき | トップ | あなたならどうする »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL