西湘ケチおばRIN

こういうものが欲しい!を中心に
(読書はたいてい借り物で…)

遺品を みだりに人に譲ろうとする前に

2017-02-13 23:11:28 | 高齢化してますぜ

これは、「財産と言えるものがあって、親族に適切に配分しなければならない」場合を除くハナシだ。

6年前に母が亡くなり。
1年と数カ月前に、父が亡くなった。

この間に、ワタシもいろいろ経験した。
「前と今」は違う。
5~6年の間に、世の中も変わった。

(母が亡くなった直後、「人形供養」の依頼先は妙に少なかった。今、たいていの神社で受けている。需要があるんだわ、きっと!)

言うに忍びないことだが、「遺品を人に譲ろう」と思い込んではならない。
特に、先だった連れ合いのものは。

もったいない、とも思うだろうし。
誰かに使ってもらいたいと、感情的に思うだろう。

よくわかる。
わかるけれども…。

「よかったら…」
と、言われた相手は、断りにくい!

ワタシ自身、断れなくて、いただいてしまった物もある。
でも…今、使うかと聞かれれば…使ってませ~ん。

これを、いつ処分すればいいのだろう。
譲ってくれた方の、亡くなったあとかしら。

知り合いに譲ろうとする前に、ちょっと落ち着こう。
1年くらいすれば、捨てるとか、寄付するとか、何か思いつくし、気持ちの踏ん切りもつく。

とにかく、人間、正気のうちに、身辺を整理しなければならない。

その第一歩は、「買わないこと」「ものを増やさないこと」だ。

難しいことだと、わかっている。

若い世代の子から義務的にしか接してもらえないと、年金で物を購買すること以外で、世の中と肯定的にかかわることができない。

「実家の親が、いらないものをやたらと買う」と思っている人たちは、実家の親の孤独を知らない。
ただ無駄な用が多いだけなのに、「自分の人生は充実しており、親の世話は余分な苦労」だと思い込んでいる子供たち。

とても面倒なことだが、老親とかかわることをお勧めする。
それは、「充実してる」あるいは「意味があって忙しいと錯覚している」ご自分の生活が、もう片足を突っ込んでいる老年時代を知るチャンスだ。

ジャンル:
その他
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清水富美加 引退・出家 | トップ | 公共の場での授乳が問題にな... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あまおう)
2017-02-14 00:44:13
今晩は。
今日の記事は、近くに寄ってきて遠巻きに責めるって のパターンの記事で、難しい。
Unknown (あまおう)
2017-02-14 08:02:36
おはよう御座います。
目覚めに ひらめいたので一発ギャグを

本日はバレンタインデー

やり取りするチョコレートは
バレンタインチョコ
が主流。

ひょっとして・・・
義理で頂くチョコを
こう呼ぶかな??


ボランタイン チョコ


面白かったら、、反映を、、
ダメナラ  反映不要に・・・
Unknown (あまおう)
2017-02-15 00:59:58
今晩は。
あらァ~・・保険の約款の様な小さい文字になってます。眼鏡を替えなくっちゃ~・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

高齢化してますぜ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。