和室2・3号へようこそ☆

新潟大学裏千家茶道部のブログ。
いつでも気軽に見学どうぞ。
ブックマークのところに掲示板もあります☆

卒業茶会2017

2017-03-12 02:30:38 | お茶会関連
ご無沙汰しております、裏千家茶道部です。更新が遅れて申し訳ございません。
先日行われた卒業茶会の様子をお伝えさせて頂きます。
当日は雨が降り、お足元のわるい中でしたが、沢山のお客様にお越し頂きました。
また、桃の節句の翌日だったため、燕喜館さんで飾られていた、雛人形をご覧になられたお客様もいらっしゃったようでした。

濃茶席の様子になります。


濃茶席のお菓子は美豆伎庵さんの「花衣」でした。


お軸は円能斎筆の「研心」でした。


香合は 祥瑞写 扇面 で平成25年度の卒業生から頂いた記念品になります。


お花は、白いつぼみが白玉椿です。細長く伸びている枝は利休梅で、小さな星型の実が3つ、ついていました。



薄茶席の様子です。


薄茶席のお軸には淡々斎の筆で、「養雛成大鶴」(雛養ひて大鶴と成る)と書いてありました。


お花は曙椿(あけぼのつばき)と、旭町キャンパスの梅、香合は蕗薹(ふきのとう)で、卒業生の方々の門出をお祝いしているようでした。




お菓子は胡蝶と蕨(わらび)です。春らしいですね。


奥の方で見えにくいのですが、蒔絵の薄器は今年度頂いた、卒業記念品になります。雲綿大棗 鵬雲斎大宗匠箱、京の一瓢斎の造りだそうです。素敵な記念品をありがとうございます!


卒業される先輩方には、お茶の心構えや決まり事、お点前など、本当にたくさんのことを、忍耐強く、教えて頂きました。先輩方の門出をお祝いするとともに、学ばせて頂いたことを、身に刻み込んでおきたいと思います。
ご卒業、おめでとうございます!そして、本当に、ありがとうございました!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初釜茶会2017

2017-01-24 02:52:58 | お茶会関連
あけましておめでとうございます。裏千家茶道部です。昨年度は大変お世話になりました。
今回から、1年渡辺がブログ担当として、お茶会の様子などを皆様にお伝えさせていただきたいと思います。よろしくお願い致します。

それでは、1月14日に行われた初釜茶会についてご報告します。
当日は燕喜館の木々が真っ白なぼうしをかぶるほどの雪が降りましたが、沢山の方にお越し頂きました。


今年は1、2年生が点心を作ってきて、お出ししました。



濃茶席のお菓子は花びら餅でした。


お軸には 松韻通萬古(しょういんばんこにつうず)と書いてあり、松が風に当たる音が昔から変わらないように、真理は不変である、という意味だそうです。


お花は旭町キャンパス付近に咲いていた、賀茂本阿弥(かもほんあみ)という白い梅だそうです。


お釜と香合の写真になります。香合は唐津焼で、茄子の形が可愛らしいものでした。




続いて薄茶席の様子です。薄茶の点前は、新入部員が務めました。


上からお軸、お花、香合の写真になります。
お軸には佳気満高堂(かきこうどうにみつ)と書かれているそうです。
お花の写真が見えにくく申し訳ないのですが、桃色の花が西王母という名前の椿で、黄色の花は蝋梅です。西王母は中国の神話に出てくる、不老長寿の桃をもつ女神のことで、縁起の良い、新年を飾るにふさわしいお花だなと感じました。






薄茶席のお菓子は、美豆伎庵さんの、今年の干支の酉が描かれたせんべいと、羽子板の形のお菓子でした。



初釜ということで点心があったり、またOBやOGの方が沢山いらっしゃったりして、より華やかで、賑やかなお茶会だったなと感じました。また、先輩のお点前や立ち居振舞い、同期のお点前の姿を見て、少しでもその背中に近づけるよう、追いつけるよう、練習に励みたいと、気持ちを新たにできた日でした。
寒い日々が続きますが、このブログをご覧の皆様も、どうか風邪などに気を付けてお過ごしください。
最後になりましたが、本年も新大裏千家茶道部をよろしくお願いします!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学生茶会 2016

2016-12-07 17:54:16 | お茶会関連
更新が滞っておりまして申し訳ありませんでした、
新大裏千家茶道部です。

最近めっきり寒くなってきましたね。
皆様風邪などひかれていないでしょうか。



先週行われました学生茶会について報告いたします。

今回の学生茶会は、燕喜館とりゅーとぴあを使用させていただきました。
私たちは燕喜館の前座敷にて茶席を設けました。


当日は小雨が降っていました


こちらは待合の様子です。合計9つもの新潟県内の茶道部が集まりました





こちらが床の様子です
鵬雲斎大宗匠の筆で、流水寒山(りゅうすいかんざん)の路(みち)と書かれています

花は照葉の柏葉あじさいと白玉椿です。鮮やかな紅色の葉が目を惹きますね

花入は谷本洋の伊賀、香合は十代長左エ門の飴釉でした
写真ではわかりませんが、香合には坐忘斎宗匠の彫字で「聴松風」とあります


菓子は美豆伎庵さんの製で初霜という銘を付けました
菓子器と合わせると、まるで葉の上に霜が乗っているかのようですね

以下は一部ではありますが茶席の様子です


茶会では今回が炉開きということもあり、季節を感じながら茶会を行うことができました。
またお客様からお褒めの言葉も多くいただき、部員一同より精進してまいりたいと思います。

末筆となりましたが、お手伝いに来ていただいた方やお客様、
そして学生茶会を総括していただいた新大茶道部の皆様に感謝を申し上げます。




2016年12月7日
新潟大学裏千家茶道部
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新大祭 2016

2016-10-25 20:48:32 | お茶会関連

ご覧のみなさま、ご無沙汰しておりました。新潟大学裏千家茶道部です。
この二三日で急に寒くなってきましたね。みなさま体調管理には十分お気を付けください。



遅くなりましたが、10月22日に行われました新大祭の様子について報告いたします。

当日は天候に恵まれ、絶好の学園祭日和でした


短冊に書かれているのは「喫茶去(きっさこ)」。お茶でも一服召し上がれといった意味です
花はご覧の通りです。上からすすき、リンドウ(青)、秋のきりん草(黄)、タデ(赤)、野路菊(白)です


教室での茶会ということで、野点(のだて)に用いられる御園棚で点前を行いました
お客様も机といすでお茶を飲んでいただきました


今回は例年以上に着物の部員も多く、華やかな茶席となりました
来ていただいたお客様、手助けしてくださった方々へ感謝を申し上げます。ありがとうございました



さて、このように私たちの部活ではお点前を覚えられるだけでなく着物を着るチャンスもあります
少しでもご興味がありましたら是非見学に来てください!お菓子とお茶を用意してお待ちしております
↓以下は練習日時です

週2回、大学会館和室2・3号
・火曜日:16:30~19:00
・土曜日:9:00~15:00


2016年10月25日
新潟大学裏千家茶道部
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集中練習 2016

2016-09-19 14:05:53 | 練習について
ご覧のみなさまこんにちは、新大裏千家茶道部です。


台風の接近数が多い時期ということもあり、このところ沈んだ天気が続いております。
みなさんは晴れの日と雨の日、どちらがお好きでしょうか?
どちらにも違った良さがありますよね。筆者はどちらも好きではありません。

9月17・18日に行われました集中練習の様子についてご紹介します。




今年度は新入部員の人数が多いということもあり、燕喜館を使わせていただきました。
また、例年通り浴衣を着用して練習にのぞみました。



外は小雨が降っておりました


部員が練習した点前は以下のとおりです。
(もちろん全員が以下のすべてを行ったわけではなく、自身の習熟度や許状に見合った点前を行いました)

・盆略点前
・花月(薄茶更好棚)
・薄茶(平点前・貴人点・茶箱点前)
・濃茶(平点前・唐物・茶通箱・四ヶ伝など)
・炭点前(道安風炉・鬼面切掛風炉/初炭点前・後炭点前)

またしても写真が少なくて申し訳ありませんが練習の様子をご覧ください。









花月や炭点前など、なかなか普段は練習できないものも行うことができました。
貴重な時間を過ごさせていただき、先生をはじめご指導をくださった方々、また燕喜館の方々に感謝を申し上げます。
ほんとうにありがとうございました。



2016年9月19日
新潟大学裏千家茶道部
コメント
この記事をはてなブックマークに追加