Noriaki Hosoya - 細谷紀彰のドイツ日記

ベルリン在住、日本人ベーシスト細谷紀彰のあれこれ。
www.noriakihosoya.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Pete Schmidt Strap購入、しかし……

2016-02-06 | 楽器と機材
さてさて、先日お伝えした通り、ようやくAdamovicのフレットレスを入手致しました。

入手する以前は、僕のHaloともボディシェイプも近いし、Haloに使っているRichter StrapのBeaver's Tailを使い回しして、2つのベースで一つのストラップを使えたら良いな、と思っていたのですが、フレットレスにHaloのストラップを使うと好みの高さよりも低くなってしまい、このアイデアは断念しました。

同じくフレットレス用にRichterを用意しても良かったのですが、同じモデルだと、どちらがどちら用のストラップか見分けにくくなりそうで、ここは敢えて違うストラップを探していました。

そこで見つけたのがPete Schmidtのストラップ。

カラーバリエーションも豊富ですし、何よりオプションで最短で34インチ(約86センチ)まで短く出来ることに惹かれて、そして新しいものを試してみたいとの好奇心にも駆られ、送料と関税がかかる事を覚悟して、アメリカのサイトからオーダーしてみました。

そして届いたのがこちら。


なかなか良い感じです。これはVintage Burgundyという色です。


写真だと伝わりにくいですが、肉眼で見るとこんな感じで少し光沢があります。
ストラップの幅は3,5インチなので、Richter StrapのBeaver's Tailと一緒ですね。


僕はショートサイズをオーダーしたのですが、このようにストラップの後ろの部分が2つ届きました。一つが標準の長さで、もう一つがショートサイズという事ですね。

という事で、早速フレットレスに着けてみました。

なかなか良い感じです。

このストラップは、裏地も革なので、Richter StrapのBeaver's TailやMoodyのスエード生地ほどのホールド感はないです。それよりももう少し滑る感じですが、Adamovicは楽器のバランスが良いので気にならず。
作りの面で言うと、正直な所、Richter StrapやMoodyには及ばないですが、その分お値段も安いので(結局送料や関税でそこそこのお値段になってしまいましたが)そこは目をつぶりたい所ですかね。とは言え、平均以上の作りにはなっておりますので、良い物だとは思います。

そして何より嬉しかったのが、先にも書きましたけど、オプションでショートサイズが選べる事!
フレットレスに手持ちのRichter StrapのBeaver's Tailを試しに着けていた時も、最短サイズにしているHalo用のストラップがフレットレスには短い、とあって、どうしたものかと思っておりました。が、Pete Schmidtにさらに短いストラップがあると知って、これは試してみよう、と。
結果、フレッテッドとフレットレスを持ち替えた時に違和感のない高さになったので満足です。


が、ショートサイズを注文した事によって、弊害も生まれてしまいました。。。

上の楽器に装着している写真でも分かると思いますけど、ショートサイズにする事によって、ストラップの幅広の部分がだいぶ楽器側まで来てしまいました。
それによって、演奏中にストラップが右手に当たって、これが結構気になります。




右腕がストラップに触っているのが分かるでしょうか?これが、弦移動の時などに腕にひっかかる感じがして、結構な違和感です。
標準サイズで使用していれば絶対に発生しないようなトラブルですね。僕も今回初めて経験しました。
オーダー品ですし、アメリカから取り寄せたものなので返品も出来なさそうですし、ストラップ・ロックも取り付けちゃったし、どうしようかな(苦笑)

という訳で、しばらく様子見です。フレットレスでどうしようもなかったら、このストラップはプレベ用にしよう(笑)
しばらく使ってみて、腕に当たる部分が柔らかくなってこずにずっと気になるようなら、改めてRichter Strapを購入して無理矢理短くして使おうかな。というか、最初からつまらない事を試さずに、素直にRichter Strap買っておけば良かったかなぁ。。。。ああ、残念。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Adamovic Eclipse 6 String Fretless "Contrabass"

2016-01-25 | 楽器と機材
お久しぶりです。。。


2016年になり、Adamovicより新たなベースを入手致しました!



Adamovic Eclipse 6 String Fretless "Contrabass"
The DarkThe HollowといったAdamovicの中のコンセプト・ベースの中の新たなシリーズ"Contrabass"の記念すべき第一号のベースです!

一応、対外的には「Nikolaと僕の共同開発で完璧なデザインを作り上げた」という事になっていますが、実際の所は、僕が「Anthony Welington氏の使っているフレットレスがすごく良かったから僕にも6弦で同じようなのを作って」と丸投げしたのをNikolaがブラッシュアップしてくれた、という感じです。苦笑
なので、このベースはNikolaの献身と、Anthony Welington氏のフィードバック(彼のベースがプロトタイプという事になるらしいです)がたくさん詰まっています。



色々な写真がありますが、色味的にはこれがいちばん見た目に近いです。


それではスペックをざっと紹介していきます。

Model : Contrabas (僕のもらった証明書では”Contrabass”ではなく"Contrabas"と、最後のsが一つになっていました)
Number of Strings : 6

Body
Top wood : Plum
Body wood : Walnut
Back wood : Plum

Neck
Neck wood : Maple / Walnut
Fingerboard : Ebony, 30 fret
たぶん僕のHaloと同じCustom 16,5-17mm string spacingのはずです。ナローピッチなのは確かなはず。

Tuners : Hipshot Ultralites, Black
Bridge : Ebony
Pick Ups : Bassbar, ebony cover (Series / Single Coil / Parallel switch) + Piezo
Electronics : East 3-band

Knobs : Ebony

Finish : Catalyzed Oil

重さは確認してないですけど、僕のHaloと同じかそれより気持ち軽いくらいなので、おそらく3,8-3,9kg前後だと思います。
そして、ラウンドワウンド弦ではなく、ブラック・ナイロン弦によってセットアップされています。



後ろ姿も美しい。そして、木製ブリッジなので弦が裏通しになるようになっております。


今回も、完成した時にAdamovicの工房まで行き、直接このベースを受け取ってきました。

この僕の嬉しそうな顔。笑


サウンドは、見た目通りとてもアコースティック。ブラック・ナイロン弦と相まって、とても心地よい空気感を含んでいます。
そこからピエゾをブレンドしていくと、さらにエアー感が増し、エレキベースではなくてまるでアコースティック楽器を弾いているような錯覚さえ覚えます。

とは言え、プリアンプによるサウンドメイクの幅も広く、何よりピックアップの配線セレクター(シリーズ/シングル/パラレル)による音色の違いも大きくて、シリーズにするとソリッドな音もしっかり鳴ります。見た目以上に多彩な音色が作れます。


もう何年もフレットレスを弾いていなかったので、最初に受け取った時はあまりの難しさに恐れおののいてしまいました。とんでもないじゃじゃ馬を手に入れてしまった、と、最初はこのベースをちゃんと弾きこなせるか不安でした。苦笑

ベルリンに帰ってきて、何日か弾き込む事によって、少しずつではありますけど慣れてきた感じはします。道のりは長いですけど、希望は見えてきた感じです。
素晴らしい楽器を作ってくれたNikolaに改めて感謝です。
これからもっと弾いていって、この楽器の事をもっと知っていって、体の一部になるように大切に弾いていきたいと思います。




モデルは違えど同じAdamovic、そして同じ6弦、同じ弦間スペーシングという事もあり、この2本を持ち替えた時の違和感はゼロ!ハンドメイドの楽器なので、多少はネックのサイズが違うのかもしれませんが、それでも本当に違和感ゼロ!これは本当に嬉しいです!
僕がバークリーにいた頃の師匠も「フレットレスの上達を助けるには、似たようなフレッテッドがあるのが大事だ」と言っていたので、Adamovicで二つのベースを作ってもらえたのはまさに理想的。
そして、フレットレスを弾いた後にフレッテッドを弾くと、とても弾きやすい!いかにフレットに助けられているかが分かります。フレッテッドとフレットレス、同じようで別物、別なようで同じですね。


左が完成したてのネック、右が2年半ほど弾き込んだネック。

この2本のベースさえあれば、他のベースは何もいりません。
とはいえ、お仕事の事を考えると他のベースも欲しくなったりしますから、人間って本当に欲深い生き物ですね。苦笑


と、ファーストインプレッションはこんな感じです。
先ほども書きましたが、とてつもなく素晴らしい楽器なので、これから時間をかけて仲良くなっていきたいと思います。


P.S.1
このベースをオランダから持って帰ってきて、僕のHaloに着けているストラップを着けとうと思ったら、シャーラーのストラップ・ロックが外れなくなりました。

こんな状態です。
どうやらシャーラーのストラップ・ロックの規格が変わったらしく、ストラップ側の古い規格が今回受け取ったベース側の新しい規格にうまく対応しておらずに、こうして噛み合ったまま外れなくなってしまったみたいです。
急いでNikolaに相談し、アドバイスをもらい、ブランケットを間にかまして、ロックを解除しながら外す方向にハンマーで優しくトントンしたら、無事に外れました!慎重に作業したので、楽器本体にももちろんノーダメージです。
シャーラーのストラップロックをお使いの方、古いストラップロックを新しいロックピンに着けると規格が違うのでこんな事が起こります。お気をつけを!

P.S.2
このフレットレスの名前は「桃子」になりました。理由は……トップ材がPlumなので。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一時帰国中の個人レッスンのご案内

2015-07-15 | 日記
今回の一時帰国中、空いている時間で個人レッスンもやろうかと考えています。
有り難い事に、割と毎日リハーサルやライブで予定が埋まっているのですが、その隙間の時間で、何とか時間を合わせてやっていきたいです。

東京での時間が実はもうほとんどないのですが(焦)、例えば大阪、関西エリアなら8月26日夜、27日、28日と時間を作れそうです。(今後のスケジュールの組み方にもよりますので要調整ですが)

東京でも、先にも書きました通り隙間の時間で都合がつけられるかもしれませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

キャンセレーション・ポリシーは今回は敢えて厳しめに設定させていただいております。これは僕が普段日本にいないため、レッスンに合わせて移動のスケジュールを組まなければいけないため、レッスンが出来なくなってしまうと金銭的のみならず、時間的な損失が大きくなってしまうためです。ここだけは日本に住んでいてレッスンをするのと違い、身軽に動けないので、申し訳ありませんが、その点どうかご了承下さい。

要は、ドイツでもやっているレッスンを日本でも楽しくやりたい、という事なので、興味がありましたら

noriakihosoya(at)gmail.com

までお気軽にお問い合わせ下さい!


プライベートベースレッスン

基礎練習、ベースライン、インプロヴィゼーション、音楽理論の知識などなど、僕が教えられる事は何でも教えます。
場所:音が出せる所ならどこでも!おそらくは、主にリハーサルスタジオを予約して頂いてのレッスンになると思います。他に、自宅等で音を出せる環境が整っていれば、そちらでのレッスンも可能です。
費用:60分5000円+交通費(東京なら麻布十番からの、関西圏なら南海高野線、初芝駅からの交通費)
60分以上のレッスンをご希望の場合はお問い合わせ下さい。

備考:スタジオを予約してのレッスンの場合は上記の費用に加えてスタジオ代もかかり、スタジオの予約は生徒さんに予約して頂いております。ご了承下さい。
キャンセルの際は、キャンセルの理由、時期を問わず全額のお支払をお願いしております。スタジオを使用してレッスンをする際のスタジオのキャンセル料も、生徒さんに負担していただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月一時帰国します&ライブ情報

2015-07-11 | 日記
ブログではお久しぶりになってしまいました。皆様お元気でしょうか。

さてさて、今年も8月に一時帰国が決まりまして、それに伴ってライブのブッキングもしておりました。
思った以上に色々な場所で演奏させていただけるのは、有り難い限りです。改めまして、協力していただいた皆様に本当に感謝。
どこかでお会いできると嬉しいです!

8月8日(土)Wataru Inaga Group
Welcome back to Japan vol. 2
東京 自由が丘Hyphen
Open 19:30 / Start 20:00
Music Charge 3000円+1オーダー(税抜)
Sax: 前川直人
Trumpet: 谷殿明良
Keys: 斉藤アリア
Guitar: 金子健太郎
Bass: 細谷紀彰
Drums: 稲田渉

8月9日(日)Noriaki Hosoya Trio Landscapes
東京 大久保Boozy Muse
1st set 19:40- / 2nd set 21:20-
Music Charge 2800円+テーブルチャージ600円
Piano: 杉山貴彦
Bass: 細谷紀彰
Drums: 會川直樹
http://www.boozy-muse.com/

8月11日(火)Kentaro Kaneko Group
東京 銀座Bar MUGEN
Start 19:30- (2sets)
Music Charge 2500円+テーブルチャージ1000円
Guitar: 金子健太郎
Piano: 杉山貴彦
Bass: 細谷紀彰
Drums: 會川直樹

8月12日(水)Noriaki Hosoya Trio Landscapes with Kentaro Kaneko
静岡LIFETIME
OPEN 18:30
1st set 19:30- / 2nd set 21:00-
Music Charge 4000円(前売り)/4500円(当日)いずれも1ドリンク付き
Guitar: 金子健太郎
Piano: 杉山貴彦
Bass: 細谷紀彰
Drums: 會川直樹

8月14日(金)チャランペッター自由が丘ツアーファイナル!!
東京 自由が丘Hyphen
Open 19:00 / Start 19:30
Music Charge 3000円(予約)/3500円(当日)+1オーダー(税抜)
Tpt/Flh: 鈴木”チャランペッター”敦史
Guitar: 佐田慎介
Keys: 松下福寿
Bass: 細谷紀彰
Drums: 稲田渉

8月15日(土)Wurstkäse 森田悠介×細谷紀彰 New Experimental Electric Bass Duo
東京 三軒茶屋 四軒茶屋
open 19:00
1st set 20:00~/2nd set 21:15~ *入れ換え無し
charge 1800円+1order
Bass: 森田悠介
Bass: 細谷紀彰

8月19日(水)ベーシスト細谷紀彰 凱旋Jam Session!
東京 下北沢Music Bar RPM
*参加型Session
Open 19:00
Start 19:30
Music Charge 1000円+別途1drink
Guitar: 平木Laggy宏隆
Piano: 工藤拓人
Bass: 細谷紀彰
Drums: 山内陽一郎

8月23日(日)細谷紀彰凱旋記念セッション
東京 目黒 東京倶楽部目黒店
Open 18:30
Start 19:30- / 21:30-
Music Charge 2500円(前売り)/3000円(当日)+税
Guitar: 平木Laggy宏隆
Piano: 渚まいこ
Bass:細谷紀彰
Drums: 吉川弾

8月25日(火)Wataru Inada Group
Welcome back to Japan tour 2015 Feat. Noriaki Hosoya
福岡 music bar S.O.Ra.
Open 19:00
Start 19:30
Music Charge 3000円(予約)/3500円(当日)+1オーダー
Guitar: 佐々木正治
Keys: 斉藤アリア
Bass: 細谷紀彰
Drums: 稲田渉

8月29日(土)Wataru Inada Group
大阪 本町 Mrs.Dolphin
Open 18:30
Start 19:00 (2sets)
Music Charge 3500円
Trumpet: 谷殿明良
Keys: 斉藤アリア
Guitar: 金子健太郎
Bass: 細谷紀彰
Drums: 稲田渉

8月30日(日)Wataru Inada Group
大阪 関目 Live Spot Brownie
Open 16:30
Start 17:00 (2sets)
Music Charge 3500円
Keys: 斉藤アリア
Guitar: 金子健太郎
Bass: 細谷紀彰
Drums: 稲田渉
+スペシャルゲスト

8月31日(月)Wurstkäse 森田悠介×細谷紀彰 New Experimental Electric Bass Duo
大阪 西中島南方 Live Bar D3
Open 19:30
1st set 20:00 / 2nd set 21:15 *入れ換え無し
Music Charge 1800円+1drink
Bass: 森田悠介
Bass: 細谷紀彰

9月1日(火)荻野やすよしGroup
大阪 梅田Always
Start 19:45 (2sets)
Music Charge 2300円(一般)/1000円(学生)
Guitar: 荻野やすよし
Piano: 植田良太
Bass: 細谷紀彰
Drums: 棟允嗣

9月2日(水)荻野やすよし・細谷紀彰デュオ
奈良 三郷 カフェ ファンチャーナ
Details TBA(昼間のライブになります)
Guitar: 荻野やすよし
Bass: 細谷紀彰

9月2日(水)荻野やすよしGroup
奈良VANDA MELILIE
Start 19:30 (2sets)
Music Charge 2200円
Guitar: 荻野やすよし
Bass: 細谷紀彰
Drums: 棟允嗣
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好不調の波

2015-05-03 | 日記
前回のブログからまたしてもとても時間が空いてしまいました。
去年の一時帰国回想もまだまだ終わっていませんが、本日はちょっと思う事があったので更新。今回はほぼ自分用の備忘録です。


僕は割と演奏の好不調の波が激しい方だと思うのですが、最近また不調の時期にさしかかってきてしまった気がします。
本日もジャムセッションで演奏してきたのですが、なかなか納得いく演奏が出来ませんでした。(そもそも自分が完璧に満足する演奏が出来るのかどうか、というのはまた違う話になるので、ここでは自分の演奏に「納得」できたかどうか、という事について書きたいと思います。)


自分が思ったように演奏できない=上手く演奏できない時は、パッと挙げられる要因として、
(1)練習不足(基礎練を含む)
(2)その場所の機材(アンプやモニターなど)との相性が悪い
(3)会場の響きが難しい
(4)共演者との相性
他にもその日の体調、メンタル面などなど色々ありますが、僕の場合は主にこの4つが挙げられます。

例えばジャムセッションなど、他の人と機材を共有しなければいけない時だと(2)の要因、また、共演者を選べない事もあり(4)の要因も考えられると思います。今日調子が悪かったのはこの二つが原因ですね。

(1)の練習不足という事に関しては、基礎練をちゃんと出来る時間が取れない時もそうなのですが、実は新しい事を練習で色々と試している時に不調に陥ったりもします。
僕の場合は、新しいフレーズやコンセプトを無理矢理本番でねじ込もうとするがあまり、リズムがヨレたり気合いが入りすぎて失敗したりする場合が往々にしてあるので、新たな事が考えなくても弾けるようになるくらい完全に自分のものになるまでの半年~一年間くらいは演奏に欲を出すとよく失敗します。

(2)の機材に関しては、僕は割と某A○pegなどのようなゴリゴリして音の「スピード感」がないアンプは苦手なので、出来るだけ自分の機材を持って行くようにするしかないですね。僕が普段使っているVanderkleyのキャビネットは音の立ち上がりが早いので、そうでないアンプの時にどうするか、セッションの場合は、苦手なアンプでの音作りをもっと上手くなるのが課題です。
また、フロア・モニターやスタジオでのヘッドホンからの音も、実はハイが固くてスピード感がないので苦手なので、自分の好みでないアンプでの演奏の時と同じくこれらをどうするかは今後の大きな課題です。

(3)の会場の響きは、僕個人はあまりデッドすぎず、音が跳ね返りすぎないくらいが好みです。これはもうどうしようもないので、慣れの問題ですよね。アンプを置く位置、耳への距離でも聞こえ方がだいぶ違うので、この辺はもっと研究ですね。

(4)の共演者との相性というのはなかなか厄介で、上手い人でも自分とは会わなかったり、そのまた逆も然りです。
人間関係と同じで、全ての人に好かれる事も不可能なので、全ての人と上手く気持ちよく演奏するのもほぼ不可能だと思うのですが、苦手なプレイスタイルの人と一緒に演奏する時に、どれだけ自分の土俵に持ち込めるかにもよるのかな、と思います。
後は、共演者のことを音楽的にも人柄的にもよく知っているのはやっぱり大きいですね。自分がどこまで攻めていいか、どこまで引けばよいのかのさじ加減を明確にしながら演奏できるのは全然違います。

後は、これらの組み合わせでメンタル面で萎えてしまっていると、散々な演奏になったりもします。(今日はこのパターン)


今後自分に出来る事としては、基礎練を怠らないという事と、上記の対策方法をもっと練る事。
そして、ここまで書いておいて何ですが、あまり深く考えずにとにかく演奏する事ですかね。苦笑
何だかんだで最終的に演奏するのは僕自信なので、自分がもっと絶対的に上手くなれば、要は全てが無事解決するんですよね。
どんな状況でも一定以上の演奏が出来るような図太く、逞しい演奏家になるまでの道はまだまだ険しいですね。


今はこうして壁にぶち当たっておりますが、壁は突き破るためのものだと信じてこれからも地道に精進したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加