世界の彼方此方へ行きたい

気ままな旅の様子を綴っていきます

世界遺産「アンティグア」へ(2016中米no3)

2016-10-28 | 中米

  

 

 この大聖堂をカテドラルという。カテドラルと教会とどこがどう違うの? と聞いてみました。 カテドラルには、司教さんの椅子があるというのです。司教さんは牧師さんよりズ~と偉い人なんですって。もう何年もあちこちの教会・カテドラルを見て歩いているのに、呼び方が違うだけで、同じものと思っていた。なんとも情けない知識であったことか。

 多分、町のど真ん中でしょう。中央公園でしばしの時間。国立文化会館の裏には大統領官邸もあるという。マヤの民族衣装をまとったお母ちゃんたちもあちこちに。

 グアテマラシティの標高は1533m。その街を出たバスは、2070mの峠道を越えて、1979年に世界遺産に登録されたという町「アンティグア」に向かうのでした。途中、民家の家並みを写してみました。 

 グアテマラシティから約1時間やって来ました世界遺産の町。最初の被写体が学校を終えて帰路につく女の子。制服にリュック姿だ。 

 

 「十字架の丘」アンティグアの街が眼下に拡がります。 背後に山頂が雲に覆われたアグア火山 (3760m) 写真には入っていませんが、ほかにもほぼ同じ高さを持つ火山がふたつ連なっているのです。

 こんなに商品が並んでいるのに、売り子のお母さん、お客さんに恵まれないのか編み物をしていました。 

 手前の黄色い建物、午後訪ねるメルセー教会でしょう。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国立考古学博物館(2016中米no2) | トップ | メルセー教会(2016中米no4) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL