秘密保護法を考える四日市の会

秘密保護法に反対し、その廃止を求めましょう!

4月2日再び、大人と子どもが一緒に楽しむ憲法カフェ「花より団子で憲法カフェ(テーマ 共謀罪)」開催!

2017年02月25日 | スケジュール
またまた憲法カフェ開催します。大人と子どもで一緒に楽しむ第2段!

第1部ではお花見だんごをいっしょに作って食べます。第2部では共謀罪についてしっかり学べます。講師は芦葉甫弁護士です。お話のときは小さなお子様の見守りいたします。

どうぞ奮ってご参加くださいね!

「花より団子で憲法カフェ!それで、キョウボウザイって何ですか?」

4月2日(日)14時より
中部地区市民センター調理室(三重県四日市市西浦1丁目8−3)
第1部 お花見だんごを作って食べよう
第2部 共謀罪について知ろう、話そう(小さなお子様の見守りあります)

講師  芦葉 甫(あしば はじめ)弁護士
(秘密保護法対策弁護団、明日の自由を守る若手弁護士の会、国会前見守り弁護団に参加、
岩波ブックレット『秘密保護法対策ブックレット』著者の一人、四日市リベラ法律事務所)

参加費 小学生以上300円
お申込 3月25日までに主催者へ 090-2925-0138


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪学習会

2017年02月25日 | スケジュール
名前を変えて提出をもくろまれている共謀罪法案ですが、当会は自主勉強会をすることにしました。共謀罪について学びたい方はどうぞお越しくださって一緒に勉強しましょう。当会のメンバーがそれぞれ勉強してきて発題をします。一人一人が自分の頭でしっかり理解することは大事なことです。参加をお待ちしています。


共謀罪自主学習会

2月28日(火)10時30分~12時
四日市市中部地区市民センター調理室(三重県四日市市西浦1丁目8−3)
参加費無料。カンパ歓迎。

内容:当会のメンバーによる発題を元に共謀罪について知る。茶菓子付き。

問合せ 秘密保護法を考える四日市の会 事務局090-2925-0138


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月6日、ピースアクション行動です。

2017年02月05日 | スケジュール
2月6日(月)は、近鉄四日市駅前ふれあいモールで秘密保護法に反対するピースアクション・よっかいちが街頭宣伝をします。個別のいろいろなことがつながって、戦争への道を開いていきます。それらを注視し、指摘しなければいけません。秘密保護法廃止、共謀罪関連法の阻止、安保法制廃止など、強大な力に抗して市民が訴えていかなければなりません。ご一緒に声をあげましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月7日、ピースアクション

2017年01月08日 | メッセージ
日付が変わってしまいましたが、1月7日も、秘密保護法に反対するピースアクション、少人数ながら街頭宣伝、チラシ撒きなど近鉄ふれあいモールで活動しました。今年はこのあたりは穏やかな天候に恵まれた正月でした。しかし共謀罪法案を国会にだすなどまたとんでもないことがまかり通ろうとしています。この政権の幼児性、人権意識のなさ、人格に対する尊重のない愚劣さは格別です。対して多くの人は「もうしかたがない」とか「じぶんの生活の中に政治に物言うなどのことを取り入れるつもりはない」と思っているかもしれません。

このようなときこそそれではいけないと物言わねばなりません。市民の戦いは無力感の克服がいつも課題です。今政治権力が中央で行っていることは沖縄に対しては差別と市民への弾圧であり、全国的に見ては個人の自尊心を損ない不安に陥らせ、無力感とあきらめの淵に沈めて支配しやすい国民を作る試みです。「対案を出せ」という一見それらしく思える論法に乗る必要はなく、大きな権力に対して市民は個人として「いやなことはいや」「当たり前の生活がしたい」と意志表示をするだけでよいのです。

あきらめないでいましょう。市民が学び、自分の考えを構築しましょう。そして心の弱っている人を力づけましょう。民衆は力を持っているのですから。大きな権力のなすがままではもはやひとびとの生命が危ぶまれる事態になっています。

ここ四日市では毎月19日にも活動が続けられています。1月19日(木)16時から近鉄ふれあいモールで「アベ政治を許さない」プラカード掲示など街頭行動が予定されています。(「戦争させない・憲法壊すな!よっかいち市民ネット」主催 連絡先:090-2925-0138)志のある方はどうぞご一緒に行動してください。お待ちしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「子どもと大人が一緒に楽しむ憲法カフェ」終了!

2016年12月10日 | メッセージ
今日12月10日はご存知の通り世界人権デーですが、2年前の今日、「特定秘密保護法」が施行されたのを、あの身を抉るような憤りとともに思い出すのです。
必要性もなかったこの法律を無理に作り、その後の安保法成立へと導いた道程は忘れられないものです。

そんな思いを胸に感じながら、この日、当会は「子どもと大人が一緒に楽しむ憲法カフェ」を実施しました。新しい参加者5組の親子がおいでになり、高校生以下の子ども達は合計で9名、3歳のお子さんも何人もあってとーっても楽しい、愉快な3時間を過ごしました。

美しいデコレーション押し寿司と、個性的なシュークリームツリーがみんなの作業でたくさんできあがり、おいしいお吸い物やサラダ、コーヒーなどもおいしく頂きました。

子どもさんたちは何でも一所懸命、きらきらした瞳で全身でいろんなことを知ろう学ぼうとしてるのがよくわかりました。憲法クイズ、朗読でいろんな角度から憲法に触れた後、芦葉甫弁護士のお話です。短いお話ですが子どもたちもお母さんたちもメモを取りながら熱心に聞いていて、わからん、難しい、何で、などストレートな反応もあり、いろんな質問も次々出て、とても活気ある時間になりました。食の安全についてのお話もあったり、たくさんの人がデモをしたのにどうして安保法制は通ったの?など鋭い質問もあり、主催者はそんな姿に非常な刺激と感銘を受けました。

そこここで無名の人々が民主主義を作り出していく、人権を学んでいく、こういった試みを続けて行きたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加