秘密保護法を考える四日市の会

秘密保護法に反対し、その廃止を求めましょう!

共謀罪閣議決定。抗議し、廃案に!

2017年03月22日 | メッセージ
更新の間が空いてしまっていますが、当会は3月も3日に街頭行動(6日を今月は繰上げ)、そして市内の団体で作る「戦争させない・憲法壊すな!よっかいち市民ネット」(当会も加盟しています)は19日に街頭行動を行うなど、粘り強く悪い法律に反対、廃止、および戦争へ向かう道を阻もうと活動を続けています。

昨日はついに共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪と呼ばれる)法案が閣議決定され、国会に提出されました。非常に由々しきことです。現内閣の強硬な姿勢によれば、今までの法案と同様強行採決、成立させられる可能性が高いと思われます。わたしたちは全力でこの法案の廃止を行わなければなりません。

昨日夕方、近鉄四日市駅そばで市民有志数名により共謀罪法案閣議決定に抗議する緊急スタンディングを行いました。日も暮れかけた中ではありましたが、多くの方が行動を目にしていかれました。

特定秘密保護法はご存知の通り特定秘密をもらすよう働きかける行為、扇動する行為などを禁じています。それだけでも非常な悪法ですが、昨年改正された盗聴法によってハードルが下げられた「市民の電話・メール・SNSなどの盗聴・監視」が、共謀罪の成立によって、その3つ絡みで一挙に拡大すると思われるのです。

市民にいまだ浸透していない共謀罪の危険な内容の周知と、抗議、廃止の運動はどうしても必要です。
「これが成立すれば一巻の終わり」と昨日の行動に参加してくださった弁護士が語られました。その意味は重いものです。

4月2日(日)14時からの憲法カフェは過去の治安維持法、共謀罪について分かりやすく誰でも学べる時間です。初めての方も遠慮なくおいでください。お問合せは事務局090-2925-0138、またはFBイベントページhttps://www.facebook.com/events/1768365780157762/のメッセージやコメント欄をご利用ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月2日再び、大人と子どもが一緒に楽しむ憲法カフェ「花より団子で憲法カフェ(テーマ 共謀罪)」開催!

2017年02月25日 | スケジュール
またまた憲法カフェ開催します。大人と子どもで一緒に楽しむ第2段!

第1部ではお花見だんごをいっしょに作って食べます。第2部では共謀罪についてしっかり学べます。講師は芦葉甫弁護士です。お話のときは小さなお子様の見守りいたします。

どうぞ奮ってご参加くださいね!

「花より団子で憲法カフェ!それで、キョウボウザイって何ですか?」

4月2日(日)14時より
中部地区市民センター調理室(三重県四日市市西浦1丁目8−3)
第1部 お花見だんごを作って食べよう
第2部 共謀罪について知ろう、話そう(小さなお子様の見守りあります)

講師  芦葉 甫(あしば はじめ)弁護士
(秘密保護法対策弁護団、明日の自由を守る若手弁護士の会、国会前見守り弁護団に参加、
岩波ブックレット『秘密保護法対策ブックレット』著者の一人、四日市リベラ法律事務所)

参加費 小学生以上300円
お申込 3月25日までに主催者へ 090-2925-0138


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪学習会

2017年02月25日 | スケジュール
名前を変えて提出をもくろまれている共謀罪法案ですが、当会は自主勉強会をすることにしました。共謀罪について学びたい方はどうぞお越しくださって一緒に勉強しましょう。当会のメンバーがそれぞれ勉強してきて発題をします。一人一人が自分の頭でしっかり理解することは大事なことです。参加をお待ちしています。


共謀罪自主学習会

2月28日(火)10時30分~12時
四日市市中部地区市民センター調理室(三重県四日市市西浦1丁目8−3)
参加費無料。カンパ歓迎。

内容:当会のメンバーによる発題を元に共謀罪について知る。茶菓子付き。

問合せ 秘密保護法を考える四日市の会 事務局090-2925-0138


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月6日、ピースアクション行動です。

2017年02月05日 | スケジュール
2月6日(月)は、近鉄四日市駅前ふれあいモールで秘密保護法に反対するピースアクション・よっかいちが街頭宣伝をします。個別のいろいろなことがつながって、戦争への道を開いていきます。それらを注視し、指摘しなければいけません。秘密保護法廃止、共謀罪関連法の阻止、安保法制廃止など、強大な力に抗して市民が訴えていかなければなりません。ご一緒に声をあげましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月7日、ピースアクション

2017年01月08日 | メッセージ
日付が変わってしまいましたが、1月7日も、秘密保護法に反対するピースアクション、少人数ながら街頭宣伝、チラシ撒きなど近鉄ふれあいモールで活動しました。今年はこのあたりは穏やかな天候に恵まれた正月でした。しかし共謀罪法案を国会にだすなどまたとんでもないことがまかり通ろうとしています。この政権の幼児性、人権意識のなさ、人格に対する尊重のない愚劣さは格別です。対して多くの人は「もうしかたがない」とか「じぶんの生活の中に政治に物言うなどのことを取り入れるつもりはない」と思っているかもしれません。

このようなときこそそれではいけないと物言わねばなりません。市民の戦いは無力感の克服がいつも課題です。今政治権力が中央で行っていることは沖縄に対しては差別と市民への弾圧であり、全国的に見ては個人の自尊心を損ない不安に陥らせ、無力感とあきらめの淵に沈めて支配しやすい国民を作る試みです。「対案を出せ」という一見それらしく思える論法に乗る必要はなく、大きな権力に対して市民は個人として「いやなことはいや」「当たり前の生活がしたい」と意志表示をするだけでよいのです。

あきらめないでいましょう。市民が学び、自分の考えを構築しましょう。そして心の弱っている人を力づけましょう。民衆は力を持っているのですから。大きな権力のなすがままではもはやひとびとの生命が危ぶまれる事態になっています。

ここ四日市では毎月19日にも活動が続けられています。1月19日(木)16時から近鉄ふれあいモールで「アベ政治を許さない」プラカード掲示など街頭行動が予定されています。(「戦争させない・憲法壊すな!よっかいち市民ネット」主催 連絡先:090-2925-0138)志のある方はどうぞご一緒に行動してください。お待ちしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加