秘密保護法と共謀罪を考える四日市の会

秘密保護法・共謀罪に反対し、その廃止を求めましょう!

読書会終了

2019年03月07日 | メッセージ
当会の読書会、本日無事に終了しました。

特定秘密保護法ができてからはや5年となり、その間余りにも多くのことがありました。
それで、今日は記憶や感覚、知識そのものが漏れたり薄れたり、ということに気づかされもしました。
今回、発題者が歯ごたえの硬さに四苦八苦しながらも、秘密保護法そのものに集中して学習できたのはよかったです。またそれによって少人数ながら参加者みんなで自由に語りながら、励まし合って学べたのは気持ちのいいものでした。

機会を見つけてこのような学習会をまたしていきたいものだと思います。

コメント

公開自主学習会開催間近。ご参加ください。

2019年03月01日 | スケジュール
3月7日(木)13時30分から四日市市文化会館第1会議室にて「公開自主学習会(読書会)」ーテキスト”特定秘密保護法ー制定の経緯と背景とその影響”(三木由希子さん著)、開催間近となりました。
今発題の準備をしていますが、本当にためになります。学んでおくことは自分の力になります。

秘密保護法についてさらい直したい、制定に至る背景を少しでも知りたいという方はどうぞいらしてください。テキストはインターネットで検索して下さればすぐ出てきますので、各自お読みになってからご参加ください。

あるいは申し込み時にテキスト希望とお伝えください。お送りいたします。

お申し込みをお待ちしています。詳細はチラシをご覧ください。


コメント

ピースアクション&公開自主学習会のお知らせ

2019年02月06日 | スケジュール
掲載が遅くなりましたが、1月10日、そして本日2月6日、当会はピースアクションを行いました。
特定秘密保護法がどんな法律か、改めて知っていただきたいと願って、通りがかる方々に訴えました。記憶から薄れさせるわけにはいかない存在だからです。

3月7日(木)は13時30分から公開自主学習会(読書会)を開く予定です。情報公開クリアリングハウス理事長の三木由希子さんの書かれた論文「特定秘密保護法ー制定の経緯と背景とその影響」をテキストに、特定秘密保護法が出てきた経緯を含めてみんなでこの法律のことを学習し合います。

当会のメンバーが発題を行います。参加費300円(学生無料)。定員20人。会場は四日市市文化会館第1会議室です。

※お願い 事前にテキストを読んでご参加ください。

コメント

「憲法であそぼ!」終了しました

2018年12月17日 | メッセージ
12月15日、「憲法であそぼ!」、無事終了しました!
参加してくださった方、もろもろのご協力や応援をくださった方、心から感謝致します。
当日は小学生以下及び学生の方4人を含み、25人で、憲法をいろいろな角度から体感し、学び合いました。靴を脱いで広い絨毯の部屋なので、初めからリラックスムードでした。街頭でチラシを受け取ってがきっかけの、全く初めての方のご参加もありましたことを特に嬉しく思います。

歌を歌って身体をほぐし、絵本「おりとライオン」の読み聞かせ。これが圧巻で、大人も子どももしんとして聞き入りました。小さな子どもでも立憲主義の本質を学び取ることのできる、わかりやすく考えさせられる絵本ですね。ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

続いて「ひいおじいちゃん」の世代からということで、小学生の詩を紹介しながら日本国憲法の意味について子どもたちに語られました。日本国憲法のできる前とできる時とその後を経験された立場からの、真摯なお話でした。
さて、「明日の自由を守る若手弁護士の会」が作ってくださった「憲法ビンゴカード」をふた組使って、憲法かるたをしました。最初は大人も混じってのという計画でしたが、変更して大人は応援にまわり、子どもさん同士の輪になってやりました。読み上げながら憲法条文の解説やクイズをしてくださったので、みんなで学べて面白かったです。札取りが真剣勝負となったのは言うまでもありません。

そして最後に、芦葉弁護士自身が脚本を書かれた手書きの絵による紙芝居式スライドショーによる憲法のおはなし。物語風のリアルな設定で、日本国憲法が作られた経緯に焦点をあてて語られていく作品でした。これは小学校高学年以上が対象に作られたものと思いますが、大人が学べるものだと思いました。小さなお子さんは託児の工作の方に行かれましたが、低学年でも最後まで視聴した子どもさんもありました。
質疑では、「憲法カフェ」とは何かについて、変えるか変えないかを押し付けるものではなく、参加者の憲法への今後の考えの形成や話し合いのきっかけとなっていくものだとの、講師からの回答がありました。これは大切なことです。
今回も真摯な準備をしてお話くださった芦葉弁護士に、深く感謝いたします。

このお話の間、小さな子どもたちは工作に勤しんでいました。いろんな材料から面白い作品が工夫して次々にできていく。つい大人も応援に行って戻ってこなかったり。

憲法についてはいろいろな学び方と角度があると思いますから、それぞれのプログラムは互いに補い合っていたと思います。また、人によって興味の関心が違うのでどれかに興味を持って参加することができたのではと思います。

もし戦争の世になれば、楽しみ喜ぶ、仲良く遊ぶ、個性を面白がり尊重する、自由な選択をしたり表現したりするなどのことも削り取られていくのではないでしょうか。そうならないように、当会も努力をしていきたいと願います。


コメント

12月6日ピースアクション行いました

2018年12月07日 | メッセージ
昨日12月6日(木)、ピースアクションを行いました。
あいにくの小雨でしたがプラカードでの訴えの他、たくさんのチラシを配ることができました。
特定秘密保護法強行可決から丸5年、じわじわとこの法律が功を発しているように感じています。
あの審議経過、成立とされた方法、燃え上がった反対の声、そして法律の内容、忘れてはならないと思います。
今後さらに学習を深めながら、この法律の廃止を訴えていきたいと思います。

その時からずっと、人々の命に直接関わる可能性の高い法案が、結果ありきの体であの手この手のやり方で強行可決、無理やりに成立させられてきました。同日可決された水道法改正然り、成立の可能性の高いとされる漁業法改正、深い怒りを覚えます。入管法改正の強行、辺野古への土砂投入の非道、弾圧。


諦めてしまってはいけない。権力の暴走を止める責任が主権者にはあり、その力も持っているのですから。
自分が無力だと思うのでなく、小さくとも個人の力を持っているのです。
こんなとき、憲法を学んでみませんか。

12月15日(土)13時30分からの「憲法であそぼ!」は小さなお子様から大人まで、それぞれに憲法とは何かを知ることができる場として開催します。中部地区市民センター音楽室にて開催します。歌に絵本、憲法かるたにわかりやすいお話でお待ちしています。どうぞお越し下さい。


コメント