秘密保護法と共謀罪を考える四日市の会

秘密保護法・共謀罪に反対し、その廃止を求めましょう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12月ピースアクション終了

2020年12月12日 | メッセージ
本日、12月のピースアクションを行ないました。
風も出てきて冷たいのですが、飛び入りも含め9人で「秘密保護法と共謀罪の廃止、問題点の訴え、監視国家化への警鐘、人間の大事にされる政治を」などを訴えました。
国連自由権規約委員会へ、この秋国内23の団体が共同で表現の自由を脅かす日本の現状の具体例を詳しいレポートにして訴えました。秘密保護法、共謀罪の問題もその第2部に多くのページ数を割いて書かれており、これらの法律はそもそも必要性のなかったということが改めて突きつけられています。多くの方がこのレポートを読み、国際人権についても我が身のこととして知っていただきたいと思います。ひとりひとりの尊厳に新たに気づき、内心も強められることでしょう。12月4日に、このレポートに基づいたオンラインセミナーの第1回が行われており、今も誰でも動画を見ることができます。別途文字起こしもされています。見て聞いて、多様な学び方が可能です。
中で話されているのは海渡雄一弁護士、藤田早苗さん、望月衣塑子さん、近藤ゆり子さんです。どなたでも、この貴重な内容を何度も繰り返しご覧になるとよいと思います。なおセミナー第2回は2月に行われる予定です。
秘密法と共謀罪に反対する愛知の会はその23団体のうちのひとつで、全国の秘密保護法反対運動の先駆け、また牽引役として力強い働きをされていますが、そのHPに記事がありますのでリンクを貼らせていただきます。https://nohimityu.exblog.jp/31879929/
コメント

学習会終了

2020年11月10日 | メッセージ
11月7日、学習会「秘密保護法と共謀罪はいま」が終了しました。定員いっぱいの参加者で、大垣警察市民監視事件違憲訴訟原告の近藤ゆり子さんから、充実した内容のお話を聞き、話し合いました。秘密保護法、共謀罪の直接の適用はまだなくとも、そのリハーサルのような事柄は既に起こっているし、両法が目指した社会は既に実現しつつある。(公文書の破棄、改竄、市民の間の不信と分断、権利運動の弾圧)
 ものを言う市民を敵視する、長期間の監視により本人の許可なく個人情報を集め、真実ばかりでなくそうでないものも捏造して架空の人格を新たに作り出し、利用することさえしている。そう言ったことを縦横に行う公安警察のあり方は先の戦争の特高警察の戦後も生き残った姿であり、デジタル機器の普及により飛躍的に監視技術が進展して膨大な情報が蓄積されている。そういった権力による人権侵害を市民がチェックする機関が、度重なる国際社会の警告にも関わらず日本にはいまだありません。これは早期に作る努力をしなければいつまでもできないでしょう。日本は人権後進国と見なされ続け、信頼を失うことでしょう。
 警察を相手取っての厳しい裁判を市民が行い続ける意味について、そうしなければよりひどい人権侵害が大手を振ってしまうとの言葉が重く響きました。


 
コメント

学習会(会員向け)「秘密保護法と共謀罪はいま」実施のお知らせ

2020年10月19日 | スケジュール
随分涼しくなってきています。
当会は、下記のように会員およびその紹介者対象の学習会を行います。
(コロナウイルス対応のため、不特定多数の集まりを避けるためです)
大垣警察市民監視事件という非常に重要な事件を通して、秘密保護法、共謀罪の本質について深く知り、じっくりと考えます。
講師は大垣警察市民監視違憲訴訟原告でいらっしゃる、近藤ゆり子さんです。
貴重なお話が聞けることを楽しみに、準備しています。

*********************************
学習会(会員向け)
「秘密保護法と共謀罪はいま」
ー警察による監視・介入の公然化と共謀罪のねらい-大垣警察市民監視事件を例として-

講師:近藤ゆり子さん
大垣警察市民監視違憲訴訟原告、9条の会・おおがき世話人、岐阜総がかり行動実行委員会事務局長。著作、『徳山ダム導水路はいらない』(2009年、風媒社)、『これでわかる!「秘密保全法」ほんとうのヒミツ』(中谷雄二弁護士と共著、2012年、風媒社)


日時:11月7日(土) 13:30~15:30

場所:四日市市文化会館第1会議室〒510-0075 三重県四日市市安島2丁目5-3

対象:当会会員および会員による紹介者に限定致します。事前申込により、定員20人になりましたら締め切りますのでご了承ください。

資料代:300円

主催:秘密保護法と共謀罪を考える四日市の会
連絡先:080-3661-6935(代表)/090-2925-0138(事務局)/メール peachankato@gmail.com
コメント

10月ピースアクション終了

2020年10月08日 | メッセージ
あいにくの雨が降り出しましたが、昨日、無事にピースアクションを終了しました。
約100枚のチラシを配り、両方の問題点のほか、内閣総理大臣による日本学術会議会員任命拒否に関する法政大学長のメッセージを伝えました。
学問の自由が憲法で保証されているのは、日本がかつて犯した過ちを繰り返さないためです。
しかしそれを政府が平気で踏みにじっています。この恐ろしさは背筋が凍るほどですが、「おかしい、許されないことだ」と言い続けねばならないことです。

特定秘密保護法、共謀罪についても多くの人は存在を気に掛けなくなっているか忘れかけているかもしれません。
しかし共謀罪「型」弾圧と言われることは関西生コン労働組合に対してもうすでに起こっており、ストライキなどの通常の組合活動に対して大量逮捕、現在は保釈されましたが中には最長600日の拘留を受けた方々もあります。これはかつてなかったほどの異常な事件です。
特定秘密保護法、共謀罪(法)は最初は大人しくとも次第に醜悪な性質をむき出しにすることが予測されていました。かつての治安維持法も、適用対象を次々に求め、法律自身を大きく変質させて巨大化させていきました。反対意見も押しつぶして行きました。性質を同じくすると言われる両方の廃止運動の必要な所以です。
コメント

10月ピースアクション

2020年10月06日 | スケジュール
随分朝晩は冷え込むようになりました。

総理大臣が代わっても、方針は継続とのこと。森友問題、加計問題はじめ余りにも多くの課題と、稀代の悪法も依然として残っています。当会は特定秘密保護法と共謀罪、人権と自由を抑圧するものに対して否を訴え続けます。
10月7日(水)16時30分から、近鉄四日市駅前ふれあいモールにて街頭行動「ピースアクション」を行います。
コメント