虫干し映画MEMO

映画と本の備忘録みたいなものです
映画も本もクラシックが多いです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オペラ座の怪人 (2004/米)

2005年01月31日 | 映画感想あ行
THE PHANTOM OF THE OPERA
監督: ジョエル・シューマカー
製作: アンドリュー・ロイド=ウェバー
出演: ジェラード・バトラー エミー・ロッサム パトリック・ウィルソン ミランダ・リチャードソン ミニー・ドライヴァー 

 ミュージカル名作の映画化。
 1870年、パリ、オペラ座は、ゴーストと名乗る謎の存在に脅かされている。寄宿生で孤児のクリスティーヌはコーラス・ガール。そして彼女はバイオリニストであった父の魂だと信じる声の指導で歌手の才能を開花させつつある。そして支配人が変わり新しいパトロンとしてやってきたのはクリスティーヌの旧知の青年ラウル。しかし彼は彼女に気付かない。そんな時、彼女が代役として歌うチャンスで喝采を浴びる。

 心を豪華な世界に遊ばせてくれる映画で、本当に心地よかった。一番大きいスクリーンで音響も良かったので、本当に酔わせてもらった。舞台はナマを見ていないので比較なんて全然出来ないし、ガストン・ルルーの本はまったく別物。
 あの音楽と共に、廃墟のような劇場が豪華な装いを取り戻し、続いてのエントランスから楽屋裏から、舞台まで往時の賑わいと活気がよみがえるシーンには、涙が出てしまった。
 そして、人の気持ちの温かさを知らないファントムが、それを知る時は、自分が一番望むものが決して得られないと悟る瞬間-非情なファントムに思わず同情してしまう。

 オペラがちゃんとオペラで、でもファントムの声がオペラの声ではない。地声のまま伸びていくような発声。でもはじめは違和感だったのが、そのうちにこれでこそファントムと思えてしまった。やっぱりかっこいいし。彼のかっこよさがないとこのお話は成立しません。
 ラウル役の声も甘くて美しくぴったり。それに17歳のエミー・ロッサムの声には感嘆。やっぱり芸暦が長いだけに若くても安定しているし、それに強さは感じなかったけど始めのほうは、本当に「穢れを知らぬ乙女」の清々しさがあり、でもラストにかけてのドン・ジュアンのシーンで妖しさが、最後のシーンで激情が、と本当に聞かせてくれました。

 大げさなプリマドンナのミニー・ドライヴァーが、かわいかった。
 サウンドトラックより、DVD待つことにして、とりあえずピアノスコアを発注してしまった。主題歌、カラオケに入らないかなあ!またみんなの頭痛の種を増やしてやれるのになあ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (19)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クジラの島の少女 (2002/ニ... | トップ | 恋は邪魔者 (2003/米) »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ファントムは~ (cyaz)
2005-01-31 18:04:13
ningyoさん、TBありがとうございましたm(_ _)m



ファントムは生きていたんですかねぇ^^

内容は別にして、

豪華絢爛な衣装や舞台装置、あのシャンデリアには

感嘆しました!

ミニ・ドライバーも好きな女優産なので得した気分でした^^
Unknown (いら)
2005-01-31 21:21:03
こんばんわー。

エミー・ロッサム,柔らかい歌声でよかったですね。「ミスティックリバー」にも出演したいたとは気ずきませんでした。



シャンデリアは,ほんと素晴らしかったです。

冒頭のシーンでぞくぞくしちゃいました。

TBさせていただきま~す。
私は満足でした (ningyo)
2005-02-01 08:13:53
cyaz様

TB・コメントありがとうございます。

私はとっても満足でした。

それにしてもあちらの俳優さんの実力には

本当に目を見張る思いです。



いら様

素敵でしたよね!!

あれで劇的に世界が変わっていく実感がありました。

あとは素敵な、不思議な、ちょっとダークな夢の中の、あっという間の2時間半!
楽しみです! (ろびん)
2005-02-01 16:10:22
ningyoさん、こんにちは!

日曜日にハウルを観にいったのですが

シネコンの隣のホールで「オペラ座の怪人」を上映していたので、そちらも見たいなあと思ってしまいました。

素敵な作品だったのですね。

本屋でこの映画の特集雑誌が売られていて、買おうかと迷っていました。怪人役の俳優さんも素敵な人ですね!

観るのが楽しみです!
こんにちわ~! (nicoco)
2005-02-02 07:40:37
よかったですよね(*^。^*)

もう一度観たい!と昨夜から興奮!

あ~今日もレディースディ!(⌒o⌒;A

舞台も観に行きたくなりました♪
もう素敵で! (ningyo)
2005-02-02 08:28:49
ろびん様

ほんとに素敵でした。

是非見てくださいね。出来れば一番大きいスクリーンと、最高の音響で!



nicoco様

こんにちは。

何度でも見たい、あの世界にどっぷりつかりたい!

と激しく思いますよね。

舞台の良さも、期待しちゃいます。

私も出来れば見に行きたいです。
舞台もいいけど (chishi)
2005-02-04 14:50:19
映画もね♪というぐらい私は感動しました。

ningyoさんと同じように冒頭のシーンは、体中ゾクゾクしましたし!

通常舞台を観るのだと何万円もかかるので、これきしの値段で鑑賞できるなんてなんてお得なんだ!とあらたまて感動しました。

これは絶対映画館で見るべき作品だと思います!記事が出来ましたらまたTBしにまいります。
舞台のお値段は (ningyo)
2005-02-05 08:57:53
仕方がないと思うんですよね。特にバレエなんて。

でも安い席があると嬉しいけど。

1800円でこれだけのモノがみられるんですから

この映画ほんとにお得です!

素晴らしかった!!!
映画自体は (arudenteな米)
2005-02-08 00:27:07
凄く素晴らしかったですねぇ…

「映画」には満足でした。

言葉が出ません。
はい (ningyo)
2005-02-08 07:56:59
素晴らしい出来でした。

これも「ロード・オブ・ザ・リング」みたいに

気になる点も「いいや!」になり

ただ酔わせてもらいました。
そういえば (arudenteな米)
2005-02-10 09:43:36
ファントムがクリスティーヌを最初に向かえるときに地下道で馬に乗ってましたが自分はそこにファントムの歪んだ美意識を感じたのですが 「女性を迎えるときは馬」っていうのは求婚サインなんでしょうか? ラウルも白馬の王子様状態でしたが 原作まだ未見なので質問というか語り足りないので話題というか。
読んだのが高校の時で (ningyo)
2005-02-11 08:31:52
登場人物もずっと多いし

ダークさも、ミュージカル以上だと思いましたが…

この連休で本を発掘して

確認しますので、申し訳ありませんが少しお待ちください。
本は出てきました (ningyo)
2005-02-11 15:22:29
初めて読んだ時の日影丈吉訳じゃなくて

5年位前に買った文庫の長島良三訳が出てきました。

なんとなく調子が違います。

クリスティーヌが初めて怪人と対面する時、

確かに船のところまで馬で向かいますが

ラウルに関しては、それほど白馬の王子様的な

場面は用意されていません。

求婚サイン的要素は感じられないです。



原作では、怪人は本当に二目と見られぬ容貌です。

それにクリスティーヌも負けてはいませんし

ラウルの兄フィリップ、謎の〈ペルシャ人〉の存在、

ジリー婦人はいささかコミカルな役回りと

映画とは趣がかなり違います。

怪人はダ・ヴィンチ張りの万能天才で

実際に原作どおりにするなら

ドミンゴ、カレーラス以上の歌手起用しないと嘘になります。

もう一度ちゃんと読んで本のほうも記事書こうと思います。
初トラックバック! (にゃら)
2005-02-17 12:20:52
こんにちは。

トラックバックありがとうございます!

「初」だったので凄く嬉しいです。



暫くは余韻に浸っていたい、抜けたくない、そんな映画でした。

原作とか詳しい話は知らないので、特に「気になる」なんて事もなく素直に楽しんで来ました。



早くDVDになりませんかね~。

素敵な世界に (ningyo)
2005-02-18 07:31:38
連れて行ってくれました!

ほんと帰るのが惜しかったです。



今原作のほう読んでますが

かなり違います。特に時代感が、

ミュージカル・映画より、本のほうが

すごくキャラクターが古風。



このミュージカル、もともと主役はサラ・ブライトマンで書かれたものだったそうですね。

知ってみると、声質なんかまさにそのものです。
ファントムの声 (はっち)
2005-02-19 07:36:01
僕は、ファントムの声が弱すぎて、映画と

しての魅力が薄れてると思った人です。



確かに (ningyo)
2005-02-19 09:58:44
ファントムだけ声が異質でした。

私は、この映画は「かくあれかし」と願っていた映像を

期待したように見せてくれて

ゴージャスだったので、一応満足しました。
TB、コメントありがとうございます (ろびん)
2005-03-31 07:47:36
おはようございます。

コメント、TBとありがとうございました。

私も早速TBさせていただきました。

宜しくお願いします!

あのシャンデリアのシーンは、本当に鳥肌が立ちました。舞台裏の細かいところまで映像で楽しめて本当に楽しかった!

もう一度映画館で観たいです。
広報活動中です (ningyo)
2005-03-31 08:25:20
チラシ大量に持ち帰ってあう人に、

「良かったから、是非!」と渡してまわっています。

でも映画館に、最近置いてないので、口コミで活動中。



シャンデリアのシーンだけでも

映画館にいく価値あると思いますよね!

あわせて読む

関連するみんなの記事

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『オペラ座の怪人』 (京の昼寝~♪)
■監督 ジョエル・シュマッカー ■製作・作曲 アンドリュー・ロイド・ウェバー ■キャスト ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン  それは、哀しくも美しい愛の物語 19世紀のパリ。オペラ座では、連日華やかなショーが繰り広げられる一方、怪
オペラ座の怪人 期待通り★5 (おえかき上達への道)
二回目観てきました。ちょっと冷静に感想を。(1/30) オペラ座の怪人 ★★★★★ 今までこんなに待ち遠しかった映画があったでしょうか。 席について他の映画の予告とかやるじゃないですか。 いつもはあ~この映画要チェックかも。とか楽しんでるのですが、今回は・・ 早くは
オペラ座の怪人 二回目感想。二箇所だけ受け付けないシーンを告白 (おえかき上達への道)
オペラ座の怪人、二回目観てきました。 初日、大興奮でしたが、 今回冷静に観てきました。 ・・つもりなんですが、 今、自分は映画館でオペラ座の怪人の映画を観ているんだよ、 と何度も確認しないと落ち着きませんでした。 そう、冷静に観たいなと思ったり、もしかして眠く
オペラ座の怪人 (蛇のように鳩のように)
ミュージカルが凄く好きなわけではなかった。 セリフをわざわざ歌わないで,といった気持もあった。 けれど質の高いミュージカルに触れて,そんなことはすべてぶち壊されてしまった。 「オペラ座の怪人」は凄い。目と耳を怖ろしく刺激され圧倒され,2時間半という長
オペラ座の怪人(1/13 新橋) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『やっぱり名曲♪そして、ファントムの哀しい愛に涙』  さて、ず~っと楽しみにしていた「オペラ座の怪人」です。私はこの物語が好き…といいながらも、実は原作(ガストン・ルルー著文庫アリ)は挫折してるし、四季の舞台も未見(今月いくんです!)。なのに、なぜ好きな
オペラ座の怪人 (film lab  (暴れん坊同盟本部))
映像綺麗!音楽よろし! ストーリーも悪くない! でも。悲しい話だ。 救いはあったのだろうか? ミュージカルなだけあって歌・歌・歌! うーん。物語を追うとセリフが歌に転じているわけで 進行が普通のお芝居に比べ遅いかな。 2時間ちょっとだったがすごく
オペラ座の怪人 (AV(Akira\'s VOICE)映画,ゲーム,本)
音の洪水と,ゴージャスな美術にうっとり!
オペラ座の怪人 (CinemaCoconut)
『あなたの声で私の花が開きはじめる・・』 何も考えずに・・ 夢に身をゆだねるのだ どんな熱い炎が 魂を包み込むのか・・・
「オペラ座の怪人」 (ひらりん的映画ブログ)
「映画の日」2本目。 テーマ音楽は文字にすると、 「ジャーーーン、ジャジャジャジャ・ジャーーーン・・・・」でしょうか。 先週1/29に公開したばかり。 6:30の回で450名くらいのスクリーンで7割くらいの入り。 隣に座った客がマクドナルド買ってきやがってて、アブラ
オペラ座の怪人 (そーれりぽーと)
ジョエル・シューマッカーが何故か作ってるからよっぽど見せてくれるんだろう、アンドリュー・ロイド=ウェーバー自身も携わっているんだから凄いに違いない!と大期待して「オペラ座の怪人」を観てきました。 確かにアンドリュー・ロイド=ウェーバーの楽曲や、それが幾重に
★★★★★「オペラ座の怪人」ジェラルド・バトラー、エミー・ロ... (こぶたのベイブウ映画日記)
もし私が怪人だったら、淋しくて、やりきれない。この世界に、自分の理解者が、誰ひとりいないのだ。クリスティーヌへの愛が屈折したものだとしても、彼の心の傷みを思うと、仕方のないことだと思う。もう中盤から涙ボロボロ、最初から最後まで、心に響く名場面の連続で、...
オペラ座の怪人(3) (distan日誌)
初日に観てから、まだ3日しか経ってないというのに、 どうしても、また観たくなって、 シネコンに足を運んでしまいました。 初日は、音楽と映像のすばらしさに圧倒されて、 登場人物の細かな心の動きを、十分追いきれなかったのですが、 さすがに二度目は、かなりの余裕♪
オペラ座の怪人 (future world)
あまりにも有名なテーマ曲、ファントムが美女をゴンドラに乗せ漕ぎ行くシーンぐらいしか知らず、もちろん劇団四季のミュージカルさえも観てないのでワクワクしながらの観賞。 まずは豪華絢爛、衣装や舞台セット、オペラ座の造りなど見ごたえアリ。あのクリスタルシャンデ
オペラ座の怪人 (映画を観たよ)
誰でも一回は聞いたことがあるこのミュージカル。 もうすっごい豪華絢爛!! 観てる途中、口が開いてました。(間抜け面・・) そのくらいすごくて私は大好きです! 舞台も見たことなくストーリーもほとんど知りませんでした。 だからこんな悲しい美しい話だとは知らず ちょ
オペラ座の怪人 (arudenteな米)
素晴らしい…ほぼ満点 オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera) http://www.opera-movie.jp/ 自分はガストン・ルルーの原作は正式なのは読んだことが無い 多分中学時代に超訳されたものを読んだくらいだと思う ガストン・ルルーの作品も「黄色い部屋の謎」しか読んで
映画『オペラ座の怪人』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点ならば貴方は何点と採点しますか? ※自分満足度  ←金返せ! / ブラボー!→           0点□□□□□□□□□□10点 ※オススメ度  ←止めさせる/ 推薦する→ 最近、劇場での映画鑑賞に中毒気味の私。怒涛のように繰り出される
オペラ座の怪人 ((ほとんど)シネマ日記)
ミュージカル「オペラ座の怪人」は、僕自身は一番回数を観ているミュージカルなのです。前半を観て、あの傑作な舞台をよくもこんな薄っぺらな映画にしてくれましたね、と恨みの一言も書こうと思っていたのですけれど、正直に言うと後半はそれなりに楽しめたのです。でも、僕
オペラ座の怪人 (Diarydiary!)
《オペラ座の怪人》 2004年 アメリカ映画 - 原題 - The Phant
感想追加!オペラ座の怪人★★★★☆ファントムのやるせない想い... (kaoritalyたる所以)
以前、劇団四季の舞台を見たのはいつだっただろう・・。もう何年も前に見たミュージカルの名作、『オペラ座の怪人』を観てきました。映画でやるには間延びしそうで正直、それほど見たいと思っていたわけではなかったが、ブログ仲間が見た感想にサッと目を通すとかなり良さ...
オペラ座の怪人 再び観る! (It\'s a Wonderful Life)
しかし1週間で同じ映画を劇場で3回観た!ってのは正直初めてですね。 →映画を観る前の期待についてのブログ(ミュージカル舞台版について) →「オペラ座の怪人」初見の感想。 感想にも書いてますが、決して映画として大きく完成度の高いものだとは 思っ...
オペラ座の怪人 (デジタライフ研究所)
行ってきました。映画「オペラ座の怪人」 いつものごとく何の予備知識も持たずに飛び込んだ映画館。 今回は有楽町駅前の日劇PLEXで観賞してきました。水曜日(レディースデイ)ということもあって女性が多く、座席もほぼ満席となっていました。 今日はじめて気がついたん
「オペラ座の怪人」2回目感想! (Cinema,British Actors)
昨日、2回目観てきました!! そのシネコンで2つめに大きい劇場。 音響もいいから、音楽がビンビン身体に響いてきます。 歌詞も大体分かってるし、もう字幕を見なくてもいいので2度目は表情などに注目。 やっぱり良すぎる、ファントム。 そしてそして、1回目に
「オペラ座の怪人」The phantom the Opera (Cinema,British Actors)
やっと、やっと観てきました。試写会にはどれも時間が合わなくて行けなかったから、公開を楽しみに楽しみにしてたんです。 感想は、一言で言うと「背筋がゾクゾクした」 あのOvertune。 鏡に映るthe Phantom。 ロンドン公演のCDを聴き慣れているので、ジェリー
オペラ座の怪人 (how do you like movies?)
監督  ジョエル・シュマッカー 「フローレス」「タイガーランド」「フォーンブース」 音楽  アンドリュー・ロイド=ウェバー 「ジーザス・クライスト=スーパースター」「キャッツ」「エビータ」 出演  ジェラルド・バトラー  エミー・ロッサム  パトリック・ウィル
★★「オペラ座の怪人」観てきました★★ (★★かずくんままのマネー&育児日記+α(モブログチャレンジ中)★★)
昨日、2本目に観た「オペラ座の怪人」の感想です! タイトル通りミュージカル「オペラの怪人」の完全映画化です。 10年前にニューヨークでミュージカルは観にいきました。 とはいっても親に連れて行かれたので寝ちゃったんですよねぇ 目が覚めたときには「オペラ座の怪
オペラ座の怪人 (観たよ~ん~)
「オペラ座の怪人」を観てきました~♪19世紀のパリ、オペラ座。正体不明のファントム(ジェラルド・バトラー)が引き起こす怪事件に悩まされていた。プリマドンナを目指すクリスティーナ(エミー・ロッサム)は、ファントムを音楽の天使だと信じ、歌のレッスンに励んでい
「オペラ座の怪人」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で『オペラ座の怪人』を観てきました。 怪人『ファントム』役に『ドラキュリア』『タイムライン』の「ジェラルド・バトラー」、『クリスティーヌ』役に『ミスティック・リバー 』『デイ・アフター・トゥモロー』の「エミー・ロッサム」、『ラウル』役に『アラ
絶え間ないファンファーレが眠りを誘う (soramove)
「オペラ座の怪人」★★★☆ エミー・ロッサム、ジェラルド・パトラー出演 ミュージカルには基本的に 押さえておかないと いけない部分がある。 普通の映画のつもりで見に行くと、 急に歌いだすという違和感を 引きずることになるからだ。 自分の心情を歌に...
『オペラ座の怪人』 (Kenji\'s cafe)
先日、六本木ヒルズで映画『オペラ座の怪人』を鑑賞しました! 感想ですが、最初から感動!あまり言うとネタバレになってしまいますが(と言ってもそんな隠す事もありませんが(^^;)、冒頭のオークションのシーンでシャンデリアに掛かった布をバッと取るシーンと音楽にもう
オペラ座の怪人2(ネタばれの危険あり) (NARI STYLE)
オペラ座の怪人予告どおり見てきました。ある素敵な方を誘いまして。。。デート(…っ...
オペラ座の怪人 (ロビンシアター)
1919年、豪華絢爛だったパリ・オペラ座を偲ぶ品々が、廃墟となった劇場でオークションにかけられていた。ラウル・シャニュイ子爵(パトリック・ウィルソン)とバレエ教師マダム・ジリー(ミランダ・リチャードソン)の姿があった。オペラ座の怪人がおこした惨劇に関わったシ
オペラ座の怪人 劇場 (坂部千尋のsparrow diary)
 先日(熱でぶっ倒れる数日前)ふとオフの日に突然「今日観に行かなきゃ公開中に劇場で観れないよ」と見えない何かに捕われたように思い立ち(笑)数年振りにひとり映画館して観てきました{/kaeru_en4/}  これだけ有名なお話なのでオチは知っていたのですが、それでも面白かっ
The Phantom of the Opera★★★★★ (なおのオススメ文芸。)
『19世紀のパリ、オペラ座で、そこに住む伝説の男ファントムの仕業とされる怪事件が多発。それらの事件は、彼が見初めた歌姫クリスティーヌをプリマドンナにするために起こされたものだった。彼女と心を交わしながらも、彼女はラウルという伯爵の恋人ができ、事件は悲劇へ...
オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★製作総指揮は「ミッション・インポッシブル」シリーズと同じ人(P・ヒッチコック) 15年も前から映画化の企画が持ち上がりながら、紆余曲折を経てようやく完成にこぎつけた本作。その舞台裏のそのまた裏には「インポッシブルなミッション」に挑むエグゼ
オペラ座の怪人 (映画チラシ館)
2004年 140分 監督 ジョエル・シューマカー 出演者 ジェラード・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、ミランダ・リチャードソン、ミニー・ドライバー  1919年のパリ。 今や廃墟となったパリのオペラ座でオークションが行なわれていた。
オペラ座の怪人 (外部デバイスへの記録)
公開:2005年1月29日 監督:ジョエル・シュマッカー 製作/作曲:アンドリュー・ロイド・ウェバー 出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン ミュージカルを映画化した話題作。劇場で鑑賞しようと思っていたけど、結局時間とタイミングが.
オペラ座の怪人-映画を見たで<今年163本目>- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ジョエル・シュマッカー 出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン 評価:95点(100点満点) 公式サイト かっこええ・・・。 これはたまりませんわ。 今頃見てなにをゆうとんじゃと突っ込まれそうだが、こ
【外国映画】オペラ座の怪人 ジェラルド・バトラー エミー・ロッサム パトリック・ウィルソン主演 (あるある人気アイテム紹介隊)
パリ、1870年代、オペラ座では“ファントム”(オペラ座の怪人)の仕業とされる謎の事
オペラ座の怪人 (cinema note+)
The Phantom of the Opera 2004年 米・英 タイトルだけは知っていたので、一度見ておかねば!と思い、思い切って見てみた。 感想はというと・・・最初から華麗な世界にうっとりでした
オペラ座の怪人 (I Love Movie!【ホームシアター映画日記】)
●れんたの満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7.5点 歌の素晴らしさとオペラの豪華絢爛さにすっかり引き込まれてしまいました。。 過去への回想へ入るシャンデリアのシーンは、タイタニックを思い出しますね~ 目を奪われてしまいます。 ヒロインを演じるエミー・
『オペラ座の怪人』’04・米・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1919年、パリ・オペラ座の舞台上。その所有物がオークションにかけられている。車椅子の老人はその中の一つ、オルゴールを落札する。そして、シャンデリアを覆っていたベールが取り払われた時パイプオルガンの荘厳な響きとともに時は半世紀を遡り豪華絢爛なオ...
『オペラ座の怪人』(2004) (【徒然なるままに・・・】)
何度も映画化されているガストン・ルルーの『オペラ座の怪人』ですが、今回は大ヒットしたアンドリュー・ロイド=ウェバーのミュージカル版の映画化したというのがポイントです。以前から見たい見たいと思いつつも、今日に至るまで舞台を見ることが出来なかったので、その...