商標の広場

弁理士の福島が商標のお話をします。

十勝川西長いも

2016-10-13 09:14:03 | 日記

農林水産省は12日、気候風土など地域の特性を生かした農産品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度の対象に、「十勝川西長いも」など4品目を追加登録したと発表した。登録されたブランド名は知的財産として保護される。管内からは初登録となり、道内2件目。

GI保護制度は、生産地の気候や風土、伝統的な文化との結び付き、品質に対して、国が“お墨付き”を与えることで産地の活性化につなげる狙い。昨年12月に「夕張メロン」など7件が初回の登録として発表された。道内ではそれ以来の登録。今回は「下関ふぐ」「三島馬鈴薯(ばれいしょ)」「能登志賀ころ柿」も加わり、全国で計21件となった。

農林水産省は12日、気候風土など地域の特性を生かした農産品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度の対象に、「十勝川西長いも」など4品目を追加登録したと発表した。登録されたブランド名は知的財産として保護される。管内からは初登録となり、道内2件目。

GI保護制度は、生産地の気候や風土、伝統的な文化との結び付き、品質に対して、国が“お墨付き”を与えることで産地の活性化につなげる狙い。昨年12月に「夕張メロン」など7件が初回の登録として発表された。道内ではそれ以来の登録。今回は「下関ふぐ」「三島馬鈴薯(ばれいしょ)」「能登志賀ころ柿」も加わり、全国で計21件となった。

「十勝川西長いも」は、帯広かわにし、めむろ、中札内村、あしょろ、うらほろ、新得町、十勝清水町、十勝高島の8JAで生産している。長さが短いとっくり形で歯ごたえや食感が良く、すり下ろした時の粘りに定評がある。海外への輸出も盛んで、米国や台湾などで高い評価を受けている。

JA帯広かわにしは「海外に輸出していく中で、模倣品があったときなどは自らトラブルを解決しなくてはいけなかった。GI登録で行政が介入してくれることでとても安心感がある」としている。「十勝川西長いも」は、帯広かわにし、めむろ、中札内村、あしょろ、うらほろ、新得町、十勝清水町、十勝高島の8JAで生産している。

長さが短いとっくり形で歯ごたえや食感が良く、すり下ろした時の粘りに定評がある。海外への輸出も盛んで、米国や台湾などで高い評価を受けている。JA帯広かわにしは「海外に輸出していく中で、模倣品があったときなどは自らトラブルを解決しなくてはいけなかった。GI登録で行政が介入してくれることでとても安心感がある」としている。これが地理的表示の概要である。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もののけ姫 | トップ | はちみつの話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。