KISSANRUOHO

森堂 音胡(しんどう ねこ)のブログです。

KISSANRUOHO
フィンランド語で、猫草の事です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現在の我が家

2014-04-29 | +Cat


昨年、愛夢が逝き…

今年の初めに美央が逝き…

秀生は低空飛行ながら、18歳半になりました。



ぷるは5歳になり、大分落ち着いてきたのですが…


新入り猫の菊花に振り回されています。


フーシャー言いながらも一応は面倒を見てくれています。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

は!

2010-02-15 | +Cat
ここは何処?

私は誰?





……

………





すいません、さぼりすぎました。



そうして、さぼりすぎている間に…





「何よ!

 眠いんだから!!」





あぁぁぁ…

でもね、ぷーたさん、何?このむっちりとしたお尻は?



しっかりと成長してくれたことには文句はございませんが、これはあまりにも、しっかりと成長しすぎだと思うの?







言いたくはないんですが、今や体重が我が家のNo.2でございます。

見事に愛夢と美央を抜き去りまして、現在、秀生に狙いをさだめております。

(さだめなくって良いっつーの!)





もうね、秀生と並んで寝ていても、この大きさですよ。

お尻のむっちり具合だったら負けていないと思うの。





そんなこんなで森堂家は元気です。



変わったことと言えば…

 ぷる…前述の通り巨大化。

 美央…ぷるに対して威嚇しなくなった。

 愛夢…ちょっとやせた(問題ない程度)

 秀生…寝る時間が増えた。



愛夢のやせてしまった原因は、おそらくフードを必ずしまうようになったせいもあると思います。

…が、出しっぱなしにしておくと、それを全部食べてしまうお嬢さんが1匹。

仕方がないので人間がいるときに時間を決めて出しています。



秀生は、本当に寝ている時間が増えました。

それでも幸せそう~に寝ている顔を見ていると、一応、飼い主として頑張らねばな…と思ってしまう毎日です。



そんなこんな状態で、月に一度は必ず更新したいな…と思って久しぶりの更新をしてみました。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

初対面

2009-02-22 | +Cat

羽斗がいなくなってしまったあの日。
ぷるは初めて2階の居間に来ることになった。


それまで、ぷるは1階の別部屋で暮らしていた。

本当は子猫だし、春とは言え寒かったから居間に連れてきたかったのだけれども羽斗の状態が悪すぎて連れてくることは躊躇われた。
その代り…と言っては何だが、人が家にいる時間は出来る限り別れて面倒を見ていた。


残った猫たち、愛夢と秀生と美央。
実は一番不安だったのは猫みしりの激しい愛夢だった。

それまで秀生と美央はほとんど猫みしりをしていなったので、あまり心配はしていなかったのだ。



それでも生来の好奇心に負けたのか、初対面でぷるの匂いを嗅ぎにきたのは愛夢だった。

その後はすぐに逃げてしまい、その後、ぷるは他の先住猫を無視して居間から寝室を縦横無尽に走り回って探検を開始した。



寝室で見かけた秀生におそれもせずに近づいていった。

寝ぼけていたのか最初のうちこそ匂いをクンクンと嗅いでいた秀生だったが、知らない匂いと分かったのか慌てて退散。
ちょっと遠いところに避難して、何が来たのかをじっくり観察。

この後、自分からぷるに近づくことはなかったように記憶している。


ちなみに美央は、ぷるを見かけただけで避難。
近づかせることすらなかった…




ところが…だ。

何故か愛夢が自分からぷるに近づく。
近づきはするのだけれども…しばらく匂いを嗅ぐと逃げていく。

そうして、またしばらくすると近づく…の繰り返し。


結局、この日、あまりの傍若無人なぷるのふるまいに、1階で使用していたゲージを2階に運び、人間がいない時間と寝ている時間はぷるはゲージの中で過ごすことになってしまった。






このころのぷるの得意技…
腕がボロボロになりました。。。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

名前

2008-11-16 | +Black
ともかく、元気な仔猫だった。
甲斐、愛夢、秀生と3匹の雄猫の仔猫を見てはいたけれど、何せその記憶は10年以上も昔の事…

仔猫の状態で見たのは伽羅だけだった我が家。
悪いとは思ったけれど、伽羅の仔猫時代と比較してしまった事もある。

でも、それは伽羅がいかに大人しい猫だったかを思い返す事になるだけだった。



本当、寝ている顔は天使なんだけど…



我が家の命名方法は、一つだけ。
私が候補を決めて、ダンナが決定する。

基本的に、とあるアニメシリーズからやゲームシリーズから貰う事が多かった。
もっとも覇那と羽斗は外猫さん出身だったので、この方法では名付けていなかったけれど…


黒猫が来る…と、聞いた後から数日間で候補を決定。

候補名は5種類ぐらいだったと思う。
後から一つ加えたり…今までになく名前に悩んだ気がする。



そんな中からダンナが名前を決めた。

命名:ぷる

本当の候補名は、ちょっとだけ違ったのだけれどもダンナの
「オリジナルがいないのに"2(ツー)"を名前に入れるのは可笑しい。」
との意見から、ぷるになった。


何となく、カタカナではなくひらがなで…
それからすでに数ヶ月。

今でも、"ぷる"と呼ばれる事は滅多にない…
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

仔猫登場

2008-11-02 | +Black

仔猫を引き取った当初のタイミング。
まだ、羽斗が弱っていた状態ではあったが頑張っていた時だった。

本当は、もう少し後で引き取る予定だったのだけれども、母猫の都合でそう言う訳にも行かなくなった。
そうは言われても、弱ってしまった羽斗と元気な仔猫を一緒に暮らさせる訳にはいかなかった。


仕方がないので仔猫だけを他の部屋に隔離し、人が起きている時間は人が別れて暮らす事にした。



そんな人間の困惑なんぞ関係ない仔猫。
今まで我が家で見た仔猫とは、比較にならない元気を披露してくれていた。



食う!


寝る!!


遊ぶ!!!


ともかく元気。
起きている時間は、ともかく遊ぶ。

その遊び方もゲージに上って人に飛びかかる。
ジーンズに爪をたてて人に上る。

少しでも紐が見えれば、それにじゃれる。
例えそれが、飼い主の来ている洋服の紐であろうと関係ない。

引き取った当初、親猫を恋しがって鳴くかと思ったけれど、そんな心配は杞憂に終わってくれた。



そうしてこの目の離せないパワフルさが、羽斗が逝ってしまった悲しみを知らず知らずの内に昇華させてくれたような気がする。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加