努力うさぎは卒業する

物語と詩を書いています。
ときどき更新します。
ショートショートのお話作りをしています。

もふもふさんとうちでのこづち四十八話

2016-10-16 10:56:14 | 物語
(もふもふさんの食べかけのぶどう)
村のもくもくさんからぶどうが送られてきました。
もふもふさんはそのぶどうを一房一階のちゃぶ台の上に置きました。
大粒でとても美味しそうなぶどうでしたが、実によって熟し具合が違うようなので、
もふもふさんはちょうどいい熟し具合の実を選んでいくつか食べました。
ですから、ちょっと見ただけではまだ一つも食べてないぶどうのように見えました。
日まわりにでかけるにはまだ少し時間があったのでもふもふさんは二階に上がってミステリーの続きを読んでいました。
しばらくしてもふもふさんが一階に下りていくとそこにわっふーがすやすやと寝ていました。
でもよく見ると口の周りがぶどう色です。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もふもふさんとうちでのこづ... | トップ | もふもふさんとうちでのこづ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。