努力うさぎは卒業する

物語と詩を書いています。
ときどき更新します。
ショートショートのお話作りをしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もふもふさんとうちでのこづち四十八話

2016-10-16 10:56:14 | 物語
(もふもふさんの食べかけのぶどう)
村のもくもくさんからぶどうが送られてきました。
もふもふさんはそのぶどうを一房一階のちゃぶ台の上に置きました。
大粒でとても美味しそうなぶどうでしたが、実によって熟し具合が違うようなので、
もふもふさんはちょうどいい熟し具合の実を選んでいくつか食べました。
ですから、ちょっと見ただけではまだ一つも食べてないぶどうのように見えました。
日まわりにでかけるにはまだ少し時間があったのでもふもふさんは二階に上がってミステリーの続きを読んでいました。
しばらくしてもふもふさんが一階に下りていくとそこにわっふーがすやすやと寝ていました。
でもよく見ると口の周りがぶどう色です。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もふもふさんとうちでのこづ... | トップ | もふもふさんとうちでのこづ... »

コメントを投稿

物語」カテゴリの最新記事