努力うさぎは卒業する

物語と詩を書いています。
ときどき更新します。
ショートショートのお話作りをしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もふもふさんのうちでのこづち七十三話

2017-01-04 20:46:59 | 物語
(町のくまさん冬のごもり)
花ちゃんが取り寄せたハチミツせっけんの箱の中に
「冬ごもりのため暖かくなるまでハチミツせっけんの販売は中止とさせて頂きます。町のくまさんより」
というカードが入っていました。
花ちゃんはハチミツせっけんを多目に取り寄せました。
10個です。
そして気づいたのです。
「冬ごもりってなにかしら」
花ちゃんは町っ子なので冬ごもりを知らないのです。
そこで田舎暮らしに詳しいもふもふさんのところに行きました。
「クマも冬眠するんだよ。冬ごもりは冬眠のことだよ」
花ちゃんは冬眠のことを知っていました。
「町のくまさんへ
灯油は足りているかしら。
春になったらまたせっけんを買います」
花より
(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もふもふさんとうちでのこづ... | トップ | もふもふさんとうちでこづち... »

コメントを投稿

物語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。