★すべての原発いますぐなくそう!全国会議・福岡〜NAZEN福岡ブログ★

被曝労働者なしには1日も稼働しない原発に反対です。
原発再稼働・新設・海外輸出を許さない。全原発を直ちに廃炉にしよう!

川内原発いますぐ止めろ! 福島、広島ー長崎、沖縄の怒りと結びつき、ゼネストで社会を変えよう!

すべての核をいますぐなくせ!日米軍事同盟による朝鮮戦争=核戦争阻止!
オバマ広島訪問反対
全国集会・デモ 5月26日(木)18:30 原爆ドーム前   
★オバマ訪問当日抗議デモ 27日(金) 12:30原爆ドーム前

国鉄1047名解雇撤回! 安倍政権の改憲-雇用・労働破壊に反撃を!

6・5国鉄闘争全国運動全国集会
 6月5日(日)午後1時開始
 江戸川区総合文化センター大ホール(東京都江戸川区中央4―14―1)
 呼びかけ 国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動

フクシマで生きる子どもたちに、今何が起きているのか 「A2-B-C」上映会やりました! 

2016年05月23日 | NAZEN福岡



5月22日(日)午後からももちパレスで映画「A2-B-C」自主上映を行いました。
参加者は45名でした。
街宣でチラシを受け取った人など、初めての人が何名も来てくださりうれしかったです。

「すでに観た」からカンパだけね〜というみなさんの支えにもホント、感謝しています!

(少なくとも過去に「A2-B-C」は久留米で2回、佐賀で1回、福岡市内で2回上映されています)



映画上映後は豊島耕一さん(佐賀大学名誉教授)の講演です。

豊島さんは、環境省が4月28日、東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物に関し、放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8000ベクレル以下に下がった場合は指定を解除し、一般ごみと同様の処分を認める新ルールを正式決定したことについてほとんど報道されなかったが、「放射能を分かち合う政策」と批判。また、玄海原発周辺での白血病多発と原発の稼働によって大量に排出されるトリチウムの問題や規制基準の問題点を指摘。そして
「技術者には、軍事関連プロジェクトや環境に悪影響のあるプロジェクトに対しては、不参加による不服従があり得る。」と話しました。これがみんなの心をつかみ、後半の質疑・討論では「いま私たちにできることは何か?」が語られ、大学や職場で原発反対を言っていくためには・・・実際にそうやっている動労水戸の話や合同労組の取り組みなど伝える場となりました。


NAZEN福岡からの提起
1、命を守る拠り所「ふくしま共同診療所」を支え、発展させよう。
2、被曝労働拒否のストライキを取り組む動労水戸を支援しよう。
3、長崎保養と8・6−8・9反戦・反核集会を成功させよう。
4、動労総連合・九州と共に、熊本震災の救援活動に取り組もう。
5、川内原発の稼働停止、玄海ー全国の原発再稼働を阻止しよう。
6、7月参院選挙で鈴木たつお弁護士の勝利を勝ち取ろう。

おわりに、5月19日、NAZENとして4回目の経産省への署名提出行動が行われ、合計16万8434筆を提出したことを報告し、オバマ大統領の広島訪問に福岡からも反対の声を上げに駆けつけようと確認しました。
ぜひ、これからもいっしょに行動しましょう!

この運動を支える年間賛同にご協力をお願いします!
カンパもよろしくお願いします!!


★更新月の方は年間賛同金のご入金をお願いします。 
◇賛同金 1口2000円/1年

◇個人1口、団体3000円以上 

・賛同人の方には毎月、NAZEN福岡事務局通信をお渡しします。

郵便振替口座 
01760−5−150273 
加入者名 NAZEN福岡


この記事をはてなブックマークに追加

福島、広島−長崎、そして沖縄の怒りと結びつき、核・原発なくし、戦争とめよう! NAZEN福岡・街宣◇報告

2016年05月21日 | NAZEN福岡

5月20日(金)天神コア前で街頭宣伝を行い、5月22日のA2-B-C自主上映会の告知をしました。
さらに、5月19日、NAZENとして4回目の経産省への署名提出行動が行われたことをご報告。
合計16万8434筆を提出していることをマイクで伝えると、通りかかったおじちゃんもちょっと驚いていた。

熊本地震で水道も新幹線もストップしたとき、なんで川内原発(鹿児島)は止まらなかったのか?
川内原発で過酷事故が起きたら避難に使うはずだった新幹線が使えないのに、道路は亀裂が入ったり、ぼこぼこだったりしても破たんした「避難計画」のまま、原発止まってないのは九州だけだ。
鹿児島の川内原発1号機、2号機だけが動いてる。
九州に住む私たちの命よりも1%の利益と核武装のための原発が大事な安倍政権、打倒しよう!

福島、広島ー長崎、沖縄の怒りと結びつき、ゼネラルストライキで社会を変えよう!
いま、大学で、職場で、ストライキで闘う仲間がいます。
韓国で、ゼネストやってる。
戦争やろうという1%に対して、99%はゼネストできる。
そして核兵器も原発もなくそう。

 


映画『A2-B-C』自主上映
 

日 時:5月22日(日)13時30分〜 
ところ:
ももちパレス 福岡県立ももち文化センター 視聴覚室 
資料代:1000円 
主 催:NAZEN福岡

映画『A2-B-C』自主上映カンパにご協力をお願いします。
郵便振替口座 01760−5−150273  加入者名 NAZEN福岡

 

フクシマで生きる子どもたちに、今何が起きているのか? 映画『A2-B-C』予告編◇5月22日福岡で自主上映!
『A2-B-C』予告動画はこちらをクリック

すべての原発いますぐなくそう!全国会議 NAZEN福岡★事務局通信 NO.49(ブログ版)
NAZEN福岡事務局通信もぜひご覧ください。
クリックすると記事が読めます。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

●民主労総と連帯し、沖縄全島ゼネストへ! 「復帰」44年 5・15沖縄闘争 【写真・報告】

2016年05月19日 | NAZEN福岡

民主労総と連帯し、沖縄全島ゼネストへ! 「復帰」44年 5・15沖縄闘争に駆けつけました!
簡単ではありますが、報告します。

「復帰」44年 5・15沖縄闘争 【写真・報告】


5月14日、沖縄県庁前で沖大学生自治会委員長・赤嶺さん

沖大で闘う全学連A君がこの日、警視庁公安部によって「傷害」でっち上げで不当逮捕されたことを伝えました。そして「こういう弾圧によって労働者、学生の怒りは折れることはない!」と力強いアピール。

怒りのデモへ。


5・14那覇市内デモ 国際通りでは道行く人々と一体でコール

安倍打倒! 基地撤去! 戦争反対! 安保粉砕!

解雇の自由を許さないぞ! 
闘う組合職場に作ろう!
ストライキで闘おう!
団結すれば絶対勝てる!



「復帰」44年 5・14沖縄集会には、韓国の民主労総ソウル地域本部、チャンソクジュ主席副本部長、パクチャンスン政治委員長も駆けつけ、登壇しました。

5月15日 基地見学 普天間基地 


嘉手納基地


県民大会

そしてデモへ。
デモのあと、IJBS支援共闘会議第3回総会へ。


16日、IJBS社前闘争

全国から「闘う労働組合を軸にストライキ〜ゼネストで社会を変えよう!」という人々が集まり、声を上げました。


沖縄の美しい海 
沖縄陸軍病院第三外科壕の解散命令後、ひめゆり学徒隊が米軍からの攻撃から逃げるためたどり着いた場所。


ひめゆり平和祈念資料館 ベンガルヤハズカズラ
花言葉は「誠実」

おわりに、沖縄闘争を闘い、無実で獄中41年(徳島刑務所)の星野文昭さんからの「復帰」44年 5・14沖縄集会メッセージ(抜粋)を紹介します。

「この時代は決して絶望の時代ではなく、労働者人民が団結し闘い、資本・権力から人間労働を奪い返すことを通して、人間的共同生活・社会と全生命活動を奪い返して全面的に発展していくことができる希望の時代なのです。」

核・原発をなくし、基地をなくし、戦争をこの世からなくそう!! 
そのために、まず、私自身が変わろうと誓った沖縄闘争でした。(た)

3・14法大弾圧を許さない法大生の会 写真をいくつか使わせてもらいました。全学連の活動、ぜひ、知ってほしい。希望はココにあると確信します。


この記事をはてなブックマークに追加

終わっとらん福島原発事故、誰も忘れとらんよ! はよ、川内原発止めんば! NAZEN福岡街宣!

2016年05月07日 | NAZEN福岡



5月7日(土)博多駅横の音羽公園にて

今日は暑い!
「こんなやったら帽子がいるね」と仲間と話しながら、すべての原発いますぐなくそう!NAZEN福岡街宣、開始。
5月22日の映画『A2-B-C』自主上映のアピールはもちろんのこと、「いま、川内原発止めんってどういうこと?」と声を挙げる。
原発立地・周辺自治体の労働組合でも被ばく前提の「避難計画」に反対と声が上がっていることなど伝える。「(自治体の労働組合の取り組みを聞いて)
衝撃を受けた!」と話す知人に、「あれっ?ブログ読んでないんかい」て思ったりもする。
いやいや、とにかく伝えよう!

うんうんってうなずきながら通る人。
チラシを受け取る人も多い。

原発と無関係の人はおらん。
福島原発事故はわたしたちにそのことを突きつけた。

署名を集めていると、「地元に原発があり、不安」「福島の親戚がいまも避難しています」とそれぞれの思いがにじみ出る。受けとめたいと思う。私たちも出来ることはほんと少ないかもしれないけど、続けていくことが力になると信じる。動労総連合・九州や地域の仲間とともに力を合わせて、生き抜く闘いを切り開くぞ!(た)



久々にボード作りました

映画『A2-B-C』自主上映 
日 時:5月22日(日)13時30分〜 
ところ:
ももちパレス 福岡県立ももち文化センター 視聴覚室
              ★映画上映後には豊島耕一さん(佐賀大学名誉教授)のお話もあります
 
資料代:1000円 
主 催:NAZEN福岡

映画『A2-B-C』自主上映カンパにご協力をお願いします。
郵便振替口座 01760−5−150273  加入者名 NAZEN福岡

フクシマで生きる子どもたちに、今何が起きているのか? 映画『A2-B-C』予告編◇5月22日福岡で自主上映!
『A2-B-C』予告動画はこちらをクリック

すべての原発いますぐなくそう!全国会議 NAZEN福岡★事務局通信 NO.49(ブログ版)
NAZEN福岡事務局通信もぜひご覧ください。
クリックすると記事が読めます。


この記事をはてなブックマークに追加

川内原発今すぐ止めろ! 福島原発事故を繰り返すな! 5月22日はももちパレスで映画『A2-B-C』自主上映!

2016年05月04日 | NAZEN福岡

 いまも揺れ続ける大地。わたしたちも「川内原発をなんとしても止めねば!」と街頭へ、熊本へと飛び回っています。福島原発事故を繰り返してはいけないという思いを持つみなさん、5月22日は家族や友人、職場の仲間を誘って映画『A2-B-C』自主上映会場 ももちパレス に足をお運びください。
※熊本地震前に作成したチラシですが、お伝えしたいのでブログ版でお届します。


「上映中止」を超えて・・・あなたに伝えたい福島の真実
『A2-B-C』ってなに?

 A2-B-C:福島県と県立医科大が11年10月から実施している子どもの甲状腺がん検査の判定レベルにちなむ。5ミリ以下の結節(しこり)などがあると「A2」、それ以上だと、2次検査が必要な「B」「C」と判定される。何も確認されなければ「A1」。2013年制作。国内外の24カ所の映画祭に出品され、ドイツなどで入賞。映画に出てくる診察映像(写真下)は「避難・保養・医療」のふくしま共同診療所で撮影。

甲状腺がん・疑い含め167人に!
(2016年2月15日 福島県民健康調査検討委員会)

 2011年の震災と福島第一原発事故から5年。岡山大学の津田教授によれば福島県内の子どもたちの甲状腺がんは日本全国と比べ 最も高いところでは約50倍、低いところでも20倍という異常状態です。そして、甲状腺がんだけではなく、心臓や血管、血液の病気も 増えています。放射線はゼロではない限り安全ではありません。しかし国や県は「福島原発事故の影響とは考えにくい」という立場を貫き、帰還・復興キャンペーンで、いまなお県外に避難を余儀なくされている10万人をこえる人びとへの精神的賠償も、「自主避難」した人たちに対する住宅支援も打ち切ろうとしています。

福島圧殺、帰還と被曝の強制のための常磐線全線開通宣言

 さらに、政府は震災と福島第一原発事故の影響で一部区間が不通になっているJR常磐線について、20年春までに全線開通をめざす方針を決めました。JRで働く労働者の組合「動労水戸」は地域住民とともに絶対反対で闘っています。福島第一原発から近く、放射線量が高い駅や線路を使えるように除染すること、列車を走らせることは乗客や労働者を被曝させることになるからです。被曝労働の強制、安全無視・低賃金非正規での、原発収束作業・除染作業への労働者の動員。「経済的徴兵」で若者を戦争に駆りだそうとしている、安倍政権の戦争政策と東京オリンピック前までの常磐線全線開通宣言、根っこは同じです。

 映画・『A2-B-C』は福島に住む人々の現実と、切実な訴えをそのまま映像で伝えています。 この映画は昨年、突如、「上映中止」に。安倍政権・東京電力・原子力ムラが知られたくない内容だったからです。しかし「報道規制」に監督イアンが立ち向かい、再上映をかちとることができました。ぜひ、会場に足をお運びください。

玄海原発再稼働阻止しよう!

 3・11福島原発事故後に作られた「新規制基準」に適合したという高浜原発3・4号機もついに停止に追い込まれています。「もう二度と事故を繰り返してはならない」という福島現地の怒りと結びついた原発立地、周辺自治体の労働組合による「原発再稼働・事故も被曝も仕方ないという『避難訓練』に反対」の闘いが力になっています。原発を動かすのも、止めるのも労働者、現在福島で収束作業や除染作業に従事しているのも労働者です。あらゆる産別・地域で働く労働者が団結し、原発を再稼働して福島と子どもたちの未来をうばっていく、資本家と安倍政権の政策に絶対反対を貫きましょう。川内原発停止・玄海原発再稼働阻止に向けてともに闘いましょう。
   NAZEN福岡

映画『A2-B-C』自主上映 
日 時:5月22日(日)13時30分〜 
ところ:
ももちパレス 福岡県立ももち文化センター 視聴覚室 
資料代:1000円 
主 催:NAZEN福岡

映画『A2-B-C』自主上映カンパにご協力をお願いします。
郵便振替口座 01760−5−150273  加入者名 NAZEN福岡

フクシマで生きる子どもたちに、今何が起きているのか? 映画『A2-B-C』予告編◇5月22日福岡で自主上映!
『A2-B-C』予告動画はこちらをクリック

すべての原発いますぐなくそう!全国会議 NAZEN福岡★事務局通信 NO.49(ブログ版)
NAZEN福岡事務局通信もぜひご覧ください。
クリックすると記事が読めます。


この記事をはてなブックマークに追加