☆めざせ!!いつまでもかわいい主婦ふ?☆

田舎に住み、毎日育児に追われている私(なっつ☆)の大好きなモノについて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ごぶさたです。

2012年01月20日 21時02分38秒 | カン太の特技

かなりご無沙汰になっていました。

今年もよろしくお願いします。

カン太は、小5。
まっひぃは、小1。

知らない内に大きくなっていました。

家庭環境は、変わりましたが、息子たちは、元気いっぱい!!
変わらず、生活しております。

カン太と言えば、昨年末、某作文コンクールにて、最優秀賞をいただき、全国コンクールの表彰式に行ってきました!!
久々に上京し、緊張しながら、霞が関に向かいました。
地下鉄で霞が関まで行き、目的のビルを探すため、ウロウロしていると、なぜか、警官があちこちに立っているのがすごく気になる…
地図も田舎もんのなっつ☆には、わからない為、人口滝のようなところに立っている警官に道を聞く。

なっつ☆『すみません。霞が関ビルってところに行きたいんですが…』(地図を見せる)
警官『あー…  うーん…(ポケット地図を取り出す)    …   …  ここが○○病院だから… あー ここをまっすぐ行ってください。』

なっつ☆『(ん?まっすぐ) まっすぐでいいんですか?ここを?』
警官『そう。まっすぐですね。  ところで、ここ、どこだか知ってます?』
なっつ☆『わかりません。』
警官『内閣官邸です。』
なっつ☆『…そうですか。』

田舎もんは、内閣官邸も知りませんでした。カン太やまっひぃに説明したけど、よくわかってない様子。

それから、カートをゴロゴロ引きながら、まっすぐ歩いて行くけど、ビルは、遠ざかって行く。
上を見ると、→六本木 の看板だし…


仕方なく、もう一度戻って、他の警官に聞く。

すると、

警官『あー!!ここを右に曲がって下さい。』
なっつ☆『えっ!!何分ぐらいで着きますか?』
警官『10分くらいかなぁ』

えぇぇぇぇ!!!!!
ギリギリだよぉぉぉ。

またまた、カートを引きながら、ダッシュ!!!


まっひぃが『おかあたん!!走れないよぉ』とグザる。

すると、カン太がまっひぃをおんぶする。


信号まで行き、カン太と交代する。


なんとか、ギリギリセーフ!!





表彰式は、長かった。

そして、人が多すぎて、見えなかった(涙)

まっひぃは、途中で寝てしまった。


ドタバタだったけど、いい緊張感を味わえ、いい経験になりました。


そのあとは、お楽しみの『野の葡萄』へ。

帰りに二人に何が良かったか聞くと、

カン太・まっひぃ『ののぶどう~!!』


まぁ、そんなもんか。


日曜日まで、コンクールのHPにカン太の作文が掲載されます。

その時助けてくれた、お兄さん二人に読んでもらい、改めて、お礼をしたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『おかあたん!!ちなないでぇ~』

2010年09月19日 22時12分25秒 | カン太とぶっひぃ
何か月ぶり?
わたくし、発熱しまして、仕事に行く→寝込む 仕事に行く→寝込む を繰り返していました。

とにかく、夕方になると、発熱。

咳も止まらなくなるし…

なっつ☆には、毎度おなじみ、『マイコプラズマ肺炎』??

とドキドキ。

寒くなって布団に入ると

カン太『お母さん、はい!!』

体温計を渡してくれる。

熱を測る。


だいたい、38°になってしまう。

カン太は、アイスノンを取りに走って行く。
まっひぃは、横にぴったりついている。

まっひぃは、横で『おかあたん!!ちなないでぇ~(死なないで)』

なっつ☆『大丈夫。風邪だから、死なないよ。』

まっひぃ『わかった。何かいる?』

なっつ☆『お水、飲みたい。』

まっひぃ『おにいちゃ~ん!おかあたん、お水飲みたいって!!』

まっひぃに頼んだのに、ぴったりとついて離れないまっひぃ。


献身的な看病は、三日間続き、だいぶ良くなりました。


いつもいつも、カン太やまっひぃに頼りっぱなしのワタシ。

やさしい子に育っていることに感謝です。


一緒に悩んだり、いっぱい考えたり、怒ったり、泣いたりしても、
次には、沢山笑って、仲良くできれば、それでヨシとしよう。

そして、カン太がこの頃よく言う

『お母さん、まあまあ、気楽に気楽に♪』
をモットーにしていきます。

二人が大きくなるまでは、お母さんは、何としても、ちなないから、安心して。

なっつ☆『』
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

やさしいライオン

2010年08月15日 20時48分45秒 | カン太の特技
やなせたかしさんの『やさしいライオン』という絵本。

大好きなんです。大・大・大好きなんです


この絵本との出会いは、幼少のころ…

すごく悲しいお話だってことを覚えてて、でも、ブルブルが大好きでした。

カン太が生まれて、絵本に興味を持ちだした頃、絶対!!この本を買う!!と決めていたので、早速購入するも…

読んであげると

必ず号泣しちゃうんです


そのうち、カン太もまっひぃも

『この本を読むと、お母さんは泣いちゃうから、読まないで。』

と言われるようになって、しばらく封印してました。



が、

カン太たちが、影絵劇をやることになり、なんと台本がこの『やさしいライオン』になったのです!!


少しオリジナルのお話を付け加えて、オリジナルの歌も作って、

進度を聞いているだけで、また号泣



そして、影絵劇当日…


朝、カン太に言われたことは、

カン太『お母さん、泣いちゃうに。最初から。』
なっつ☆『えぇ~なんで??』
カン太『全部は、言えんけどな。多分、お母さんなら、最初から泣いちゃうな。』

へぇ~私の性格をよくご存じだそうで。


劇の内容は、よりムクムクとブルブルの親子愛を大事にしたものになっていて、
ブルブルの『お母さん、大好き。』というセリフが何回も聞かれて、
それにまた号泣



ラストまで、とにかくタオルを握りっぱなし





オリジナルの歌がまた良くて、歌詞を載せたいくらいだけど。

いつもいっしょにいたい、どこでも連れて行ってあげるよという内容の歌詞。


私の中で、勝手にやさしいライオンのブルブルは、カン太。
太った犬のお母さんのムクムクは、自分になってました。




短い時間で、みんなまとまってよく作り上げたなぁと感心しつつ、また、号泣





やさしいライオンがより一層、好きな絵本となりました。


次回の発表の場が楽しみになりました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の足

2010年07月18日 22時12分28秒 | なっつ☆の声
仕事柄、マニキュアはできないので、夏の間、足の爪だけでもカワイくしようと奮闘中!!


今日は、まっひぃと歩いてお買い物に行って、いいもの発見したので、早速使ってみました。

全体、豹にするとくどいんで、ななめ半分が豹。

一個とばしで、豹。

ストーンも入れたんだけど、光っちゃって見えません。

ちなみに、左足の爪、まだ成長中。


セコセコしながらも、オンナ磨きを忘れずにいようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

決闘!!

2010年06月29日 22時38分18秒 | カン太の特技
カン太のボクシングについて行く。

カン太のやる気のないような縄跳びやダラダラした態度が異常に気触る

なっつ☆『カン太!!早く練習しなさい!!ダラダラしてちゃ、ダメ!!。』

カン太『だってぇ~。なわとびが短いんだもん。』

言い訳をしていて、どんどん時間は、過ぎていく。

この日は、音楽会でがんばっていたからかな?
ちょっと、気が抜けたのかな??

って、最初は、やさしく考えては、みたものの…もともと、ラテン系なのか!?
それとも、30過ぎた頃からかなぁ?なっつ☆イライラする!!ってカンジなんでしょうか?

妙に、ダランダランしてるのが気になる。


何度も声をかけても、言い訳ばかりしていたので、とうとう自分でもブチンっと切れる音がした。

なっつ☆『カン太!!リングにあがれ!!お母さんがボッコボコにしてやる!!』

カン太『えっ??』

なっつ☆『早く、ヘッドギアとグローブつけて、上がりなさい!!』

カン太は、急いで準備している。

周りで他の小学生の子供たちがワイワイ言いながら見ている。
『カン太くんのお母さん!!がんばって!!』

3ラウンド勝負!!


私は、カン太に①お母さんは、強いんだぞという親の威厳
         ②お母さんもやればできるんだぞという姿勢

を見せたかったんだけど…


多分、本気で小学4年生と殴りあう親なんて私ぐらいだろうな…と思いながらも、見よう見まねのボクシングをした。

ダッシュでずっと走っているよりさらにキツイ。

しかも、私、運動が不得意なのに。

あと10秒。

息切れしながら、パンチを出す。

カン太の左ストレートが顎にヒット!!
頭がクランクランするけど、気付かれないように振る舞う。


30秒の休憩。



果たして、身体が持つのか…




後の2ラウンドは、あんまり覚えていない。

ただただ、息が苦しかったのと足が痛かっただけ。


終了の合図。

なっつ☆『もう…ムリ…』

ハアハア息をあげていると、カン太もハアハア息をしていた。

痛いつま先をみてみると、血が出ていて、人差し指の爪が取れていた。




心の中では、『痛いよぉ

でも、カン太の前では、『カン太も大したことないな。』と強がる。


1年生からボクシングやっているカン太と全くの素人の私。
子供だから勝てると侮っていました。


悔しかったけど、カン太が頼もしく見えました。


こんな無茶は、もうやめよう。と心に誓いました。

でも、爪が生えてきたら、再チャレンジしたりして?



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加