那須の里。。。

那須の里の季節の移ろいと、世間話や日々の暮らしを綴りたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長らく大変ご無沙汰しました。

2013年11月24日 | Weblog

ニャン子のマロンもいつしか大きくなり~

シャム猫?と思いきやだんだん黒くなり今ではすっかり

ミックスならぬ雑種猫ちゃんです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ショコラとマロン

2012年12月04日 | 今日の出来事

まだマロンが小さいので、ショコラと常に一緒にするのは心配なので~~

様子を見ながらショコラとマロン

見合い?させています。

コタツの上に乗り、周りを伺うマロン。

 

 

 

ショコラはコタツのへりでうたた寝気味

なんか?雰囲気が違うのか?匂いに敏感なのか?

そっと撮ろうとしたら起きてしまいました。

 

 

 

 

なんだなんだ!

 

 

 

猫じゃらしについ気を取られて夢中になってじゃれついています。

実は・・・一番楽しんでいるのは私本人です

 

 

 

 

いつの間にかショコラも近くに寄り~

じゃれていたマロンも気配を感じて体勢を立ち直しました。

 

 

 

ショコラ 一度猫パンチもらっているので~~ 

恐る恐る顔を近づけます。

マロンも毛を逆立てることなく無事対面です。

 

 

 

少し離れてショコラはマロンを気にしています。

 

 

 

 

昼間は常に見ていられないので

マロンは妻と一緒に仕事場(実家)に連れて行き

夜はショコラとマロンの触れ合いタイムです

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大変ご無沙汰いたしました。

2012年10月25日 | 今日の出来事

嬉しいニュースです!

我が家に子猫が来ました

23日の夜8時頃~

妻が勤めている会社の玄関先に子猫がいるのを妻の妹が偶然見つけ

妻のに連絡がありました。

妹のところに気の強い猫ちゃんがいるので

どうしょう?

家にもワン子のショコラがいるので

どしたものかと・・・

話し声が聞こえたのでもしショコラと相性がよければいいんじゃない?

様子を見てダメなら里親を探すことにしたら?と思わず口にしてしまいました

実は大の猫好きで携帯とPCのアドレス

以前飼っていた猫ちゃんの名前が入っています。

 

ショコラは最初興奮していましたが、二日たって落ち着いてきたので子猫ちゃん

我が家の一員になりました。

 

名前は妻が決めて

マロンです。

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

卒業♪

2012年03月01日 | 今日の出来事

本日 生意気な次男坊

無事高校卒業しました。

長かったような短かったような・・・

中学、高校と役員続けたおかげか?

学校での次男の様子が伺えて~大変だった半面とてもよかったです。

 

卒業アルバム

 

 

高校名は変わりましたが~

私の母校です。

 

生意気な次男坊の農業経営科クラス

 最後の余白のページに

ニックネームで呼ばれた寄せ書き~

見たらなんだか鼻の奥がツーンときて

いろんな出来事思い出したらウルウルしちゃいました。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

晴耕雨読♪

2012年02月22日 | 今日の出来事

雨で仕事が休みになり

読み返しの本 読んでいます。

 

池波正太郎作 「仕掛人・藤枝梅安」

梅安乱れ雲

 

何度も読み返して~~

大分本が傷んできました。

 

昼間からなーにしてんだかと

怒られてしまいますが、大好きなビールとともに

読み耽るのもの楽しみです。

もちろん妻が帰ってくるまでには

空き缶の証拠隠滅は言うまでもありません。

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰してます。

2012年02月22日 | 今日の出来事

一年以上ブログから遠ざかってしまいました。

風邪も引かずピンピンと身体は大丈夫ですが~

仕事や家庭内でいろんなこと起きました。

少し落ち着いてきました。   

 

生意気な次男坊 三月一日高校卒業です。

無事、地元会社に就職が決まり一安心です。

 

ワン子のショコラはモチモチ状態は相変わらずですが~

元気ですよ

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

読書♪

2011年05月29日 | Weblog

 

休日や夜のバイトでお小遣いに多少なりとも余裕が出た時は大好きな本を楽しみます。

新刊の単行本は高いのでもっぱら文庫本です。

最近読んだ本です。  本の紹介は裏表紙に記載されている内容です。

 

『八日目の蝉』 偽りの母子の先が見えない逃亡生活…

心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。  私も夜更かしして一気読みしちゃいました。

映画化されて上演しているので一度映画館で見てみたいです。

  

 

 

 

『最後の一日』 いくつもの「さよなら」を超えてゆく人生のエールを綴った十編の短編小説。

涙が自然と流れて切ない物語ですが~読後は温かな気持ちになりました。

しおりが若葉で風薫る季節を感じます。

 

 

 

『ぼくの手はきみのために』 この星でひとつきりの組み合わせに辿り着くまでの、もどかしほどに優しい愛の物語です。

ラストは幸せな気持ちになります。

 

 

 

 『地下室の女王』 作者紹介では、ショッキングな題材を透明感ある美しい文体で綴る独自の作風で、着実にファン層を広げていますとなっていますが、

暴力的で官能描写が凄いので、レディの方にはふさわしくないかも知れません…

 

 

 

『阪急電車』 片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。

恋のはじまり、別れの兆し、途中下車と~~ほっこり胸キュンの物語です。

こちらも映画化予定なので楽しみです。

 

 

 

『REVERSEリバース』 「チッチと子」を読んでから石田衣良ファンになってから本屋のコーナーでじっくり探すようになりました。

送ったメールは取り消すことができない。 やり直しのきかない人生のように…全く新しい恋愛小説。

私も以前メールに夢中になっていた頃があり、いけないことですが彼女に恋したことありました…

近頃、恋愛小説にはまっています。

 

 

 

『夜の桃』 禁断の関係ゆえに深まる性愛を究極まで描き切った瑞々しくも濃密の恋愛小説。

出会いと運命に翻弄される男と女。 その後どうなるのか…

想像するのも楽しみです。

 

 

『逝年』 石田衣良作、娼年の待望の続編。

永遠の別れを前に、愛する人に自分は何が出来るのか?

普段は本屋から家に直行ですが、本屋に併設されているカフェで美味しいコヒーを飲みながら読むのは最高の贅沢です。

ちょっと贅沢にミルクレープを頼み~~コヒーのお代わりもして最後まで読みふけってしまいました。

 

本の世界に浸る時間はとても幸せな気分。

カフェは頑張る?自分へのご褒美かな

 

 

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ドックラン♪

2011年05月28日 | Weblog

UPするの一ヶ月以上経過しちゃいましたが…

桜が満開のお気に入りの千本松牧場のドックランに遊びに行きました。

 

 

ここ最近~~女の子、男の子見境なく腰に乗ってしまう♂ショコラ

そのたびにリードを付けないとダメなので、誰もいない早めの時間に連れて行くようになりました。

他のワンちゃんと遊ぶ姿見たい気持ちありますが、一人伸び伸び遊ぶ姿見るのも和やかな気持ちになります。

 

 

ミニュチュワ・ダックスとは思えない超モチモチです

 

 

一時間程遊ぶと息が切れて喘いでいます…

ワンちゃん用の牛乳売っているので~たっぷりあげます。

 

 

 

一心不乱に飲んでいる姿を見るとほっこり温かい気持ちになります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

節分♪

2011年02月04日 | 今日の出来事

 

関東地方では恵方巻きを食べる習慣ありませんでしたがテレビや宣伝で大分?恵方巻きが食べられるようになった感じです。

でも家は食べないよと言う言葉も聞きます。

 

以前はお祝いごとにバアちゃんが太巻きを作りましたが最近は回転寿司の恵方巻きを買うようになりました。

 

バアちゃんが串刺したヤキトリです

 

焼いたのを撮るつもりでしたが~~

焼けた先から食欲旺盛の息子たち、あーっと言う間に食べてしまうので撮り損ねてしまいました

 

先月車検の予約をしたらワインをもらい恵方巻きを肴に白ワインを飲みながら晩酌です

 

はじめに缶ビールを一本飲んで、ワイン一本飲んだので酔いがまわって更新一日遅れてしまいました(反省)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰しちゃいました。

2011年02月01日 | 今日の出来事

 

病気や怪我じゃなく…身の回りでいろんなことが重なり半年以上ブログから遠ざかってしまいました。

少し落ち着いてきたので久しぶりに再開です。

長い間更新出来なくてごめんなさい。

みなさんのブログにもまたマメ(しつこい?)にコメントいれますので今後ともよろしくお願いします

 

 

ワン子のしっぽが写っている表紙が目に付き~~早速購入。   

新堂冬樹「天使がいた三十日」

チョコレート色したアイリッシュ・セッターのマリーと死を覚悟した主人公と偶然公園で出会い

物語がはじまります。

切なく悲しい純愛小説です。

何度かうるうるとなりラストは涙が出てしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加