なごらいの活動レポート

なごや外来種を考える会
・・・略して「なごらい」です。
http://nagorai.org/

「トウネズミモチ駆除実験の検証」

2018-01-11 | 日記
‘18年1月07日14:00~16:00

私達「なごらい」では2015年から名古屋市内の明徳公園で外来樹木トウネズミモチを塩盛り法で枯死させる実験を続けてきましたが、今年はその検証を行いました。



「塩盛り法」とは樹木の切断面にドリルで穴を開け、塩を盛ってカバーをする駆除方法です。また「テープ筒塩法」とは細い立木や蘖(ひこばえ)の切断面をガムテープで筒状に巻いて中に塩を詰める方法です。




検証する実験体は主に17年1月に切った5体と16年に蘖(ひこばえ)にテープ筒塩法を処置した1体です。17-①と⑤は塩盛り法だけで枯死していました。しかし同じ塩盛り法を施した17-②は切り株の根元から3本もの蘖(ひこばえ)が再生していました。また細い立木にテープ筒塩法を施した17-③と④もそれぞれ蘖(ひこばえ)を再生させていました。さらに17年に再生蘖(ひこばえ)にテープ筒塩法を処置した15-⑦も2年連続で蘖(ひこばえ)を再生させていました。高さ2m位のものを3本も。しぶといヤツです。






15年からの駆除実験を整理すると「塩盛り法」の駆除率は13体の内11体が駆除できているので85%ですが、これに対して「テープ筒塩法」は5体の内2体のみで40%しか駆除できていません。この原因はやはり切断面が細くて塩を吸収させにくいためでしょう。改善策として考えられるのは丈夫な布製で幅の広いガムテープを使って断面をしっかり漏斗状に巻き、塩を多めに詰めること、それから根元に食塩水のアンプルを刺し込んで注入しておくことぐらいでしょうか。それらの検証は来年度やって行きたいと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外来オオバナイトタヌキモの堆肥化

2017-11-09 | 日記
‘17年7月末~11月上旬

名古屋市名東区の猪高緑地内にある塚の杁池で、2015年はほとんど目立たなかった外来生物のオオバナイトタヌキモが’16年の夏に大繁殖して水面を覆うほどになりました。水中の酸欠を引き起こす原因になるので、水面に浮遊するオオバナイトタヌキモを取りあえず除去したいのですが、取り除いたとしても悪臭がひどく、このままでは処分にも困るので、最初はコンポスト処分を考えました。
 

大きなコンポストを作って竹チップ・竹炭・米ぬかを混ぜて、臭いを抑えつつ発酵分解しながら、林の中で土に返す案です。7月末に少量の実験体を作って経過観察したところ、臭いは採取時よりも抑えられましたが、発酵温度は30℃ぐらいまでしか上がらず、コンポストとしてはうまく発酵させられませんでした。
 

この後8月に、琵琶湖のオオバナミズキンバイの堆肥化に成功したことで有名な立命館大学の久保幹教授のもとに出向き、相談に乗っていただいたところ、「藻類は発酵させなくても、天日干しで乾燥させて粉砕すれば、そのまま肥料として利用できるし悪臭も発しない」とのことです。それなら簡単なので早速やってみました。
 


9月23日塚の杁池から採取したオオバナイトタヌキモを網戸の上で3日ほど天日干しし、市販のみじん切り器を使って粉々に切り刻みました。このサンプルを久保教授のSOFIX研究所に送って成分分析をしてもらいました。その結果、全炭素・全窒素・C/N費は肥料として申し分ない値で、リン・カリウムが不足しているだけなのでそれらを補えば堆肥化は可能であると結論が出ました。これで来年以降、塚の杁池のオオバナイトタヌキモの駆除~堆肥化を行い、猪高緑地内で畑を作っている市民グループに消費してもらうストーリーができあがりました。駆除される生物にとっても地域の役に立てるというものです。
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外来カマキリ調査

2017-11-06 | 日記
‘17年11月4日(土)10:00~12:00

外来のムネアカハラビロカマキリ調査を行いました。
この外来カマキリは数年前から豊田市内で増え続けており、在来のハラビロカマキリを駆逐しているようなのですが、2年前のなごや生物多様性保全協議会主催の名古屋市内のカマキリ一斉調査では守山区の東谷山フルーツパークでだけ発見されていて、それ以後も「なごらい」ではずっと気にしていたのです。
 

今回の調査場所も守山区の東谷山フルーツパーク。日付は10月15日にやる予定でしたが、大雨予報が出たため前日に宇野顧問が一人小雨の中を5時間も探してくれました。しかし雨のせいか、カマキリは姿を隠して外来種も在来種も1匹も発見されず、でした。ただ高い木の枝に卵塊を一つ発見し写真に撮ってくれていました。形状や色からオオカマキリの卵塊と思われます。
  

その後は毎週末ごとに大雨や台風が続き、やっと11月4日に野中が二人で2時間探してみましたが、もうカマキリの季節は終わったのか、1匹も発見できません。卵塊も探せませんでした。花はツマブキ、タンポポ、セイタカアワダチソウなどが咲き乱れており、昆虫類も蝶・蜂・蜘蛛・コオロギ類などたくさん見られるだけに、カマキリだけいないのがとても残念でした。
  

しかし先日のセンターまつりでは天白区や千種区でムネアカハラビロカマキリを見たという口コミ情報が得られており、ここ守山区以外の名古屋市内でも着実に外来のムネアカハラビロカマキリは増え続けていると思われます。今年の調査はうまく行きませんでしたが、来年以降も外来カマキリ調査を続けて行こうと思います。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「センターまつり」

2017-10-30 | 日記
‘17年10月28日(土)10:00~15:00

なごや生物多様性センターの「センターまつり」にブース出展しました。ホスト役は宇野顧問と野中の2名です。


 

台風が近づきあいにくの雨の中でしたが、生物好きの子供さんや中高生がたくさん見に来てくれました。
私達の出し物は先日と同じ外来生物の立体パズルです。このパズル、一見簡単そうですが、やってみると意外と難しくて、できた時の達成感からハマる人が続出!私たちもホストのやり甲斐があります。景品の外来生物カード10種類も欲しがる子が多くて売り切れてしまいました。
  

パネル展示を見てアメリカザリガニの味などについて質問してくれる人も多く、また最近名古屋市内にも現れ始めたムネアカハラビロカマキリの情報交換もできて有意義なイベントとなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「名建協イベントにブース出展」

2017-09-19 | 日記
‘17年9月16日09:00~16:00

毎年9月は「環境デーなごや」にブース出展しているのですが、今年は同日開催の名古屋建設業協会40周年イベントの方に出展しました。名建協さんとはオオキンケイギク駆除でコラボしているご縁です。場所は栄のオアシス21広場、ブースの出し物は子供さんも遊べる外来種立体パズルと最近の活動報告パネルです。
 

朝9時からのイベントオープニングセレモニーと同時に店開きを行いました。当日は台風18号の接近にともない雨模様で来場者数は少な目ですが、オアシス広場には大きな屋根がかかっているため会場には雨降りの心配はありません。
 

家族連れもたくさん来て、立体パズルで遊んで行ってくれました。一面完成させたら手作りの外来種カードを1枚プレゼントです。いろんな生き物の話しをしながら、子供さんや親御さんが外来生物のことを一つずつ覚えてくれたらいいなと思っています。
 

またパネルを見て外来生物のことをいろいろ質問して行く大人の方も多く、今回も啓発に役立てたかなと感じます。なかには外来種問題は「貿易を辞めない限り手の施しようがない」というご意見もありましたが、それも含めて多くの市民の方々に外来種問題を共有してもらうことが改善の第一歩だと考えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加