なごらいの活動レポート

なごや外来種を考える会
・・・略して「なごらい」です。
http://nagorai.org/

明徳公園トウネズミモチ駆除実験続き

2019-01-17 | 日記
‘19年1月14日10:30~13:00



2015年から侵略的な外来樹木トウネズミモチを食塩で枯死させる実験を続けてきましたが、今年も継続実験を行いました。と言っても太めの樹木を枯死させる「塩盛り法」は昨年までに85%枯死させることが検証できたので、今回は細いひこばえや実生を枯死させる「テープ筒塩法」をさらに検証しました。



 
 

 

昨年の処置で40%までしか枯死させられずひこばえを再生してしまったのは、紙製ガムテープが弱かったためと考え、18年9月24日に3本のひこばえに布製ガムテープでしっかりと「テープ筒塩」を処置しました。その4か月後に確認しに行ったところ、やはり2本から再びひこばえが再生しており、もう1本は公園管理者による倒木積み上げのため確認ができませんでした。いずれにしてもひこばえの駆除方法はまだまだ改善の余地があるようです。

 

実は9月24日の処置時にはひこばえの根元に塩水アンプルも注入しておいたのですが、これも効果が薄かったと言えそうです。特に大きな木を切り倒した後のひこばえの場合、根が深く長く伸びているはずなので、根元にアンプルの塩水を1~2本注入したぐらいでは十分に塩分を吸収させられないのだと思います。
それでは次の一手はどうするか?ということで考えたのが、「テープ筒塩」のふたを閉める前に食塩を水で湿らせて、師管から吸収させやすくすることを思いつき、今回やってみました。これでまたしばらく様子を見たいと思います。


コメント

ムネアカハラビロカマキリを発見

2018-11-20 | 日記
‘18年11月17日と18日

10月6日に猪高緑地で侵略的な外来種「ムネアカハラビロカマキリ」の調査を行い、その時は発見できませんでしたが、11月18日に名東区の猪高緑地内の塚の圦池北側で別の活動中に1匹発見しました。また、その前日には尾張旭市(守山区のすぐ隣)の森林公園南門付近を散歩中にやはり「ムネアカハラビロカマキリ」を1匹発見しました。やはり名古屋市内でも分布を着実に広げているようです。



 


ムネアカハラビロカマキリが最近急激に各地で発見されている原因の一つに、「中国産竹ぼうき」に卵塊が付着していることがあるそうです。販売店や公園管理者の方が竹ぼうきを取り扱う時にカマキリの卵塊が付着していないか確認して欲しいと思います。
コメント

「第5回なごや生物多様性センターまつり」

2018-10-29 | 日記
‘18年10月27日(土)10:00~15:00

9月の「環境デーなごや」に続き、第5回センターまつりにブース出展しました。場所は天白区塩釜駅近くの「なごや生物多様性センター」です。天気も晴れあがり、10時に名古屋市環境局の増田達雄都市推進監とアウトドアタレントの鉄崎幹人さんの挨拶、それから森山昭彦センター長の開会宣言、そして私立平針中学校吹奏楽部のファンファーレでスタートしました。

 

私達「なごらい」の出し物はウシガエルの皮、ミシシッピアカミミガメの甲羅で作った太鼓、外来昆虫の標本、外来種立体パズルと最近の活動報告パネルです。

 

生きものが好きな人がたくさん来場してくれました。外来昆虫標本に見入っては熱心に質問してくれる人、カメの太鼓にハマって笑う学生、立体パズルに何回もチャレンジする子供達で1日中にぎわいました。おかげで用意した外来生物の資料や外来種カードのプレゼントも全部持って帰ってもらえました。タレントの鉄崎さんもカメ太鼓に感激してもらえて、ケーブルテレビの取材をしてくれました。

 

私達「なごらい」は啓発活動を重視しているので、今回のイベントも外来生物の問題意識を多くの人に発信できる良い機会になったと喜んでおります。来場していただいた多くのお客様、ありがとうございました。

 
コメント

猪高緑地でムネアカハラビロカマキリ調査

2018-10-15 | 日記
‘18年10月06日13:00~15:00

猪高緑地で外来種「ムネアカハラビロカマキリ」の調査を行いました。近年国内で分布を増やしている外来種で、特徴は体長が6~8cmと大型で胸が赤いことです(写真参照)。特に豊田市では2008年以降激増して、在来種のハラビロカマキリを駆逐しているほど侵略性が高いとのことです。調査場所選定に当たり事前に名古屋昆虫同好会の間野さんから昨年の名古屋市内の目撃情報をお聞きして、猪高緑地内でも目撃されていたので調査場所に選定しました。

 

6日は台風25号の影響で小雨の中、参加者はスタッフだけですが調査決行です。しかし雨が降るとカマキリのエサである羽虫や蝶が飛ばなくなるため、カマキリも捕食活動ができず姿を隠してしまいます。なかなか見つからずカクレミノやヤツデなど大きな葉の裏をめくりながらの調査です。緑地の中心部で在来種のオオカマキリがたくさん固まって見つかりました。胸や羽の色を確認するため掴み取ると、鎌を背中に回して指を挟んで怒る元気者もいます。結構痛いです。交尾中のものもいましたが、かわいそうなので触らずにおきました。予定時間超過のため緑地内全部は歩けませんでしたが、今回は在来種のオオカマキリばかり9匹発見し、外来カマキリは見つかりませんでした。しかし、昨年目撃情報もあったので油断はできません。今後も観察を継続します。

 

間野さんによると中国製の竹ぼうきにムネアカハラビロカマキリの卵塊が付着している例が多いそうなので、猪高緑地の管理倉庫の竹ぼうきもチェックさせてもらいましたが、卵塊の付着あとは見つかりませんでした。
そのかわり外来種の「キマダラカミキリ」と「タイワンタケクマバチ」は捕獲しました。これらも最近大量に見かけるようになりました。

  

コメント

「環境デーなごや2018」

2018-09-19 | 日記

‘18年9月15日10:00~16:00

今年も「環境デーなごや」にブース出展しました。場所は栄セントラルパークのエンゼル広場。ブースの出し物はアカミミガメの生体展示と甲羅で作った太鼓、外来種立体パズルと最近の活動報告パネルです。あいにくの雨模様の中ですが、4名のスタッフが集まり、元気にスタートしました。



今年は松浦さんがカメの甲羅を使って太鼓を作ってきてくれたので、パカポコパカポコと良い音がして良い客引きになります。その隣にはかわいいミドリガメの生体の水槽。下には衣装ケースに大きなミシシッピアカミミガメの生体を隠しておいて、その成長ぶりにビックリしてもらう趣向です。大人も子供も大勢が見て行ってくれました。

 
 
 

またテントの奥には立体パズルと、組み立てられた人への外来種カードプレゼント。
子供連れの方がたくさん来て、遊びながら外来種に関心を持ってもらえました。
また壁には今年の活動記録のパネルを5枚展示して、質問にお答えしました。

 
 

私達「なごらい」は個別に外来種の駆除活動をしても追いつかないことから、駆除実験や啓発活動を重視しています。その問題意識を多くの人に共有していただける良い機会を今年もいただくことができました。来場していただいた多くのお客様、ありがとうございました。
コメント