レトロの小部屋で植物図鑑

古いものと、植物が大すきです。

カーボン紙

2017-04-24 09:23:31 | 文具

2通を作れるがゆえに1通を発信し、他の1通を保持するときには後日の参考として、商取引の錯誤により、紛争を生じたるとき・・・・・・云々。

複写の重要性を示した販売広告の一文だとか。

複写しようと挟んで書くと、上の紙の裏に逆さ文字、丁寧に扱わなければ指や他の物に色が移る。
他に赤色の物もあり、返品伝票には一枚目の紙を赤のボールペンで書いた。
何度も使ってるうちに書いた場所のインクが減って、透けてくる。

3枚複写の場合、一枚目の下と二枚目の下にもそれぞれカーボン紙を挟む煩わしさ。

多枚の複写の必要性と伝票や各種文書にも用いられて、複写可能な用紙への加工が進んで姿を消した。
その専門的筆記具ボールペンの台頭で、万年筆は胸ポケットから姿を消した。

自分のノートへの複写の必要性もあるだろうと半分切れを持っていたが、使いもせず今、レトロ感にひたる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インク壷とペン立て | トップ | シャープペンシル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文具」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。