秋田でアクティブに活動

学費無料の無償学習塾、イベント運営、アプリ作成、趣味 … などの活動内容です。

2017年5月13日 活動内容

2017-05-13 23:59:59 | 活動内容
本日は、秋田県児童会館の「エジソンの部屋」に参加しました。

身近な材料を使い、カメラを作成しました。
レンズを通過した風景を、薬包紙に投影する実験です。

【材料・道具】
・牛乳パック:1個
・方眼厚紙:1枚
・薬包紙(白いレジ袋でも代用可):1枚
・直径3cmくらいのレンズ(虫眼鏡):1個
・直径5cmくらいの紙コップ:1個
・セロハンテープ
・はさみ
・カッター
・きり

【手順】
1.牛乳パックの口を開き、上部の折り目よりも少し上の部分(図の赤線)を切り取る。
  折り目の上約5mm,周囲を全て切り取ること。
  上部の折り目と切り取り線に囲まれた箇所(※)を内側に折り込む。

2.薬包紙を、牛乳パックの断面と同じ形状となるように切り取る。
3.2の薬包紙を、牛乳パックの外側から1(※)の上に覆うように貼る。
  薬包紙に風景が投影されるため、薬包紙はピンと張り、中心部にはセロハンテープを
  貼らないこと。
4.牛乳パックの底の中心に、きりで小さい穴をあける。
5.牛乳パックを覆う大きさとなるように、方眼厚紙で側面4面+底面1面から成る箱を
  作成する。底面の中心に、紙コップが収まる大きさの穴をあける。
  投影された風景がよく見えるようにするため、なるべく外部から光が侵入しない
  構造にすること。
6.紙コップの底面の中心に、レンズの直径よりも少し小さい穴をあける。
  紙コップの外側から、穴の上にレンズを貼る。
  レンズの中心部にはセロハンテープを貼らないこと。
7.レンズ(紙コップの底面)を箱の外に向けるようにして、6を5の穴に取り付ける。

8.7の箱に、1~4で作成した牛乳パックを薬包紙側から入れると完成。

【遊び方】
レンズを見たい風景に向けて、牛乳パック底面の穴から内部をのぞき込む。
※ 注意:太陽は絶対に見ないこと。)
薬包紙に風景が投影される。
投影のピントが合うように、レンズ付きの箱をスライドさせて調整する。

【結論】
レンズを通過した光(風景)は、一定の距離にあるスクリーン(薬包紙)に投影される。
このとき、上下左右は反転する。


投影された風景を見たときの皆さんの喜びが印象的でした。

次回の「エジソンの部屋」は、6月10日(土)10時~ です。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブロック崩しゲーム 進捗2 | トップ | 2017年5月20日 活動内容 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。