日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

薫風の佐渡を行く - シャンゴ

2017-06-10 12:00:40 | B級グルメ
先日喜多方へ行ったときもそうでしたが、朝食にお誂え向きの品があっても、色々あって後回しになり、昼過ぎまで飲まず食わずになってしまうことがよくあります。そうかと思えば、早々と朝食をいただいた後、これはというものが現れ、しまった先走ったかと後悔させられることもあります。本日は後者の展開をたどりました。悠長に朝風呂を浴びたことにより、「シャンゴ」の開店時間が来たからです。
山田うどんから間が空いていないこともあり、素通りすることも考えはしたものの、去年は一度も立ち寄る機会を作れず、かれこれ二年近い無沙汰をしています。しかも、これを逃せば次の機会がいつ巡ってくるか分かりません。結局悪魔のささやきに負け、少し早めのお昼をいただくことにしました。今回は問屋町支店の世話になります。

前回に引き続いてシスポーザを選びました。アッラビアータに当店特製のミートソースをたっぷりかけた一品です。これまでいただいたのがいずれもミートソースを使った品だったため、カルボナーラも捨てがたいものはあったのです。しかし、ここでしかいただけない味といえば、何といってもミートソースのような気がしました。短い間隔での再訪ならともかく、二年ぶりなら原点に回帰したくなるのが人情というものでしょう。
もっとも、200gのMが数字以上の量なのは分かっています。腹が十分こなれていない状態に鑑み、今回は150gのSにしました。しかしこれでも物足りなさを感じることはありません。むしろ、Mよりも小さくて深い皿に盛られてくるため、見た目の物量感としてはあちらをも上回ります。よほどの空腹時ならともかく、今回はこれで必要にして十分でした。

シャンゴ 問屋町支店
高崎市問屋町1-11-8
027-363-1811
1100AM-2200PM(LO)
火曜定休
シスポーザS939円
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薫風の佐渡を行く - 湯都里 | トップ | 薫風の佐渡を行く - 井野駅 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL