時の扉♪心の兎びら

愛兎しろんの事、日々の中で見つける
嬉しい事楽しい事を
綴っていけたらいいなと思っています

ラスト遠軽の芝桜♪

2016-05-24 14:02:45 | お出掛け&ランチYちゃんと

上湧別からの帰り道、遠軽の太陽の丘公園へ寄り道しました
ここは去年、チューリップを見に行く前に偶然見つけた芝桜の公園だったのです
その時もこんな風に満開で、思いがけない秘密の花園を見つけたようでメッチャテンションが上がりました
あまりの感動に“もうこのまま帰っちゃってもいいくらいだね〜”ってYちゃんと話したのを覚えています

この日はさすがに疲れていたしちょっと立ち寄って帰るつもりだったけれど
これを見ちゃったら、疲れも吹っ飛んで“行こう行こう見て歩かなくちゃ”って元気に駆け足



滝上に比べたら規模はおもちゃ箱みたいに小さいけれど、密集度満開度見た瞬間の感情の高まりはこちらがWinnerかも



相変わらず細い散策路で(バランス崩したら横倒れしそうです)元気にポーズ
真ん中辺にあるのはステージです
右奥にある芝桜はこれから満開を迎えそう



バスできていた韓国のツアー客の(多分)みなさんは、この細い散策路は敬遠していましたよ
去年は1番上まで行けたんだけれど、今年は道がなくなっていました



芝桜の甘い香りに酔ってしまった《ご機嫌すぎる酔っ払いの2人》



チューリップのコーナーもあってコンパクトながら両方を満喫できますよ



芝桜もチューリップも青空も甘い香りも1人占め〜



1時間後腹ぺこのお腹を満たしてくれた比布紙風船の寿しそばセットYちゃんは海老鍋



滝上芝桜公園では冷たいおそばを食べました
予定ではチューリップ公園で食べるつもりだったのに、お腹が悲鳴を上げて繰り上げたんです〜



なのでチューリップ公園ではソフトクリームをいただきました
ただ数種類あるソフトの中でバニラだけ売り切れで、私は我慢しました〜
バニラ以外はとっても甘そうで、この時の私にはダメそうだったんです
Yちゃん、おいしそうに食べてて羨ましかったよぉ



家についたのは19:10
大きくてきれいなお月様が出ていました



そして何と何と嬉しい事にちびたんが玄関前で待っていてくれたんですよぉ
いや、たまたま偶然そうなったのかもしれないけれど

でもちびたん“おかえり〜”って言ってくれた気がしたんですよね〜



ハードスケジュールでちょっぴり疲れたけれどいい1日でした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝上芝桜&上湧別チューリップ♪

2016-05-23 20:36:14 | お出掛け&ランチYちゃんと

Yちゃんと一緒にかなりハードな花巡りしてまいりました〜

滝上芝桜⇒ぐるっと紋別まわりで上湧別チューリップ、ラストは遠軽太陽の丘公園の芝桜
距離にしておよそ330km強
おまけに天気予報はその日全国で1番高い30℃〜33℃

ものすごい太陽の歓迎を受け汗まみれになりながらもスケジュール通りにこなしたのでありまする〜

まず最初の目的地滝上の芝桜公園へ
駐車場で車を下りて、斜面の芝桜を見た瞬間は“あれ〜まだこんなもん”でした〜



でも最初のありゃありゃはすぐに雲散霧消、甘い香りと居るだけでピンク色に染まりそうな可憐な芝桜にテンションMax



風があるので思ったより体感温度は低かったかな
何より風があるからブヨがいないのがありがたかったです



濃淡の芝桜、まさしく花のじゅうたんです



北海道が芝桜〜



裸の大将のロケもあったんですね〜ここでおにぎり食べたのかな〜



芝桜と新緑と残雪の山々、夢見るようなきれいな景色でした



このきれいな芝桜を守っているスタッフのみなさん、暑い中ご苦労様です
きれいな風景を見せてくださってありがとうございます



芝桜をきれいに咲かすためには雑草取りが大事なんだそうですが、たんぽぽとの競演メッチャきれいで可愛いです



これは桜の木です
もう少し前だと満開の桜も楽しめたそうです
でもその頃は芝桜が3〜5分咲なんですよね〜



滝上公園は何度か来ていますが、すべてのコースを歩いたのは初めてでした
帰り道少し離れた所から見た時“あっちからこっちまで歩いたんだよ〜すごいね〜”って我ながらびっくり
歩いてる時は夢中だからわからないんですよね
でも車に戻った時はかなりバテバテでした
Yちゃんが用意してくれた冷たい麦茶やオレンジ、それにポテチで助かりました〜
車のエアコンも強めにして、紋別経由で次の目的地上湧別チューリップ会場へ

平日の金曜日なのにこちらも大変な賑わいでしたよ



風車の展望台
風車って見るからに涼しげなイメージがあるけれど、上湧別は滝上より暑ーい



風車の展望台から見る景色
入口と駐車場、国道方向のチューリップ畑



小さな展望台があるブルー系の可愛い花畑



ハートの花壇は文句なしの可愛らしさです



遠くに花車が見えたのでズーム
花車に乗れば、母もチューリップ畑を見る事が出来るかなぁ



展望台を下りた後は、ひたすらグルグル花畑を見て回しました



個性的な建物も見ているだけで楽しい気分にさせてくれます



去年もYちゃんとここへ来たんです
もう終わりかけって言われてる時期で、“こんなにきれいなのに終わりかけなんて嘘でしょう”って話したんだけど
満開最高潮の時はこんなに鮮やかな色をしているんだって納得しました
去年も本当にきれいだったけれど、やっぱり色が違ったんですよね〜



国道沿いに八重の桜が咲いていました
桜を主役にしたらチューリップの色が淡くなっちゃったけれど、どちらもとってもきれいでした



ここでもいっぱい歩いたので、またもやバテバテ
でもエアコン効かせた車を運転しているとだんだん元気になっていくんですよね〜
私、本当に運転大好きなんです

遠軽太陽の丘公園へ続く

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塩狩峠一目千本櫻♪

2016-05-22 13:05:06 | ドライブ・お出かけ色々

朱鞠内湖から帰る途中、塩狩峠に寄りました
思いがけない満開の桜はこの塩狩峠です

桜の向こうに見えるのは三浦綾子さんの旧宅を復元した《塩狩峠記念館》です



去年もっと早い時期に来た時、桜は終わりかけでがっかりしたんですが11日も遅いこの日が満開だなんて
桜の開花日、そして満開ってわからないものですよね〜



去年は“えぇ〜全然違うでしょう”と思ったこの言葉今年は大きくうなずき納得しました〜



ロングドライブで疲れたは母、最初車で待っていたのですが
あまりの見事さに“1番近くまで車で行けるから一緒に見ようよ写真撮ろうよ”と誘って、ここまで来てもらいました


線路の向こうには行けなかったけれど、ここから見る線路沿いの桜は本当にきれいでしたよ



去年はたっちの差で撮れなかった電車も撮れましたよ
車から下りてたら電車が行ってしまうと思って車の中から写しました



出発の時は助手席の窓を開けてパチリ
小さなひなびた駅舎、満開の桜と電車
まっこと絵になりますの〜



この時期桜前線は最北の地に到着しています
それでも高低のある北国では、探せばまだまだきれいな桜を見る事が出来るかもしれませんね


『世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし』
桜咲く頃、いつも心がザワザワする私です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羊と雲の丘&朱鞠内湖♪

2016-05-21 10:13:03 | ドライブ・お出かけ色々

15日の日曜日、母とちょっと遠出のドライブをしてきました
朝、行きたいって言った場所が母的には結構遠くだったのでびっくりするやら嬉しいやら
気力とか体力が充実している証拠ですものね

40号線をひた走り、最初の目的地士別の《羊と雲の丘》
ここは大好きな場所で何度も行っているのですが、今回来たのはかなり久しぶりです

青空でポコポコした雲が浮かんでいる時、この丘はその名のイメージ通りの美しく可愛い風景になるんですよ
この日は空全体がグレーでちょっと残念でした



行った時は小屋から出ていなかったヒツジさんが、そろそろ出発しようかって時にやっと出てきてくれました
時間の関係で触れ合う時間が持てなくてこれまた残念



展望台から見た丘の風景です


青空で雲が浮かんでいると、この丘に雲の影が流れてそれはそれは素敵なんですよ


地面に近い幹からたくさん花を咲かせていた桜
少し小高くて気温が低めなので桜の開花も遅いんでしょうね



母が行きたいって言った朱鞠内湖到着〜
でもこの朱鞠内湖周辺へ入った途端“なんじゃこりゃここはまだ冬ですかい”って大きな声を出したくらい
あちらこちらにけっこうたくさんの雪が残っていて、水芭蕉もそれはそれは小さくて
木々はまだ枯れ木のようだし、この日の曇り空とあいまって“冬だぁ”と気分はダダ下がり〜

この写真は2ケ所目の展望台ですが、やっぱり淋しい雰囲気でしょう
ここへ来るといつの上っていたやぐらも《危険》と判断されていたのか撤去されていたし



順番が逆になったけれど、1ヶ所目の展望台
駐車場にもたっぷり雪が残っていましたよ



対岸にも雪があるでしょうもっと大量に残っている場所がいっぱいあったんです



それでも観光船が出ていました
ずいぶん昔、父が元気だった頃3人で乗った事があります
その時は紅葉の時期で天気もよく、とっても気持ちが良かったのを覚えています



昭和53年2月17日、幌加内母子里で−41,2℃を記録したモニュメントです
昔上川町にあるアイスパビリオンでこの気温を体験したのですが、息を吸うと肺が痛くなるんです
寒さもそうですが呼吸するのが辛くて数分しかいられませんでした



こんな天気だけれど釣り人はたくさん来ていました
実は朱鞠内へ来る楽しみがもう一つあって、ここならまた満開の桜が見られると思ったんです

ところが桜もまだ枯れ木っぽくて蕾もまだまだ小さくて固くて、読みが外れてしまいました〜



桜見たいけれど、その為にまたここまで来るって言うのもちょっと迷ってしまいますよね〜

でもなんと帰り道でまさかの満開の桜に出会うことができたんです

まさかの満開桜編へ続く

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2度目のお迎え記念日の頃☆

2016-05-20 08:12:43 | しろん

2016年5月20日はしろんの10回目のお迎え記念日です
地球時間では8回目で卒業してしまったけれど、しろんをお迎えした日はやっぱりお祝いしたいんですよね
しろん、あの日私と出会ってくれて家族になってくれてありがとう

写真は2008年、2度目のお迎え記念日頃のものです
ブログを始めた頃でもあるので、たくさんのうさ友さんと出会い交流が始まった頃でもあります

しろんと同じおうち出身の『ネネちゃん』
しろんの後輩うさちゃんです
ネネちゃんには会った事はないけれど、ネネママさんとはオフ会で会ってお話しした事があるんですよ



初めてのうさ友さん、ショコラママが作ってくれた羊毛しろんにチュッするしろん
ショコラママ家のショコラちゃんもしろんと同じお家の出身でしろんの先輩です
虹の橋でも先輩のショコラちゃん
憧れの先輩がいたからしろんも安心して虹の橋を渡れたよね



こむぎ君も虹の橋の先輩です
こむぎ君は王子としても大先輩で、しろんを王子道へと導いてくれました



うちの子になった頃は気難しい一面もあって、反抗期も何度かあって子育てに悩んだ時期もあったけれど
この頃には心も通じ合って、どんどん甘えっ子に弾みがついてきていました
膝に飛び乗って遊んで攻撃をする《めんこいしろん》



ブログを始めた頃鬼の霍乱的に風邪をひいた時
ウサギさんには人間の風邪はうつらないって聞いても心配でマスク着用でしろんのお世話をしました
しろん的には怪しい人の見えたのか、手からもらうおやつもなるべく離れた所でって態度が見え見えですね〜



何年経とうともしろんとの思い出は色あせる事がなく、極彩色で蘇ります

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加